エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

小学校で男性社員に下半身を攻められた話

   


もう10年も前の頃のことだけど
路上痴漢?から始まった不思議な関係について語るよ!

私が高校2年の時
高校と言っても定時制だったんだけど
学校は夕方6時から夜9時までの3時間で4年間だった
定時制だからクラスには歳が何個かはなれてる人もいた
不良っぽいのとかヒキとかいじめられてた子とか
高校受験失敗した子とか家庭の事情とかいろんなのがいたかな
痴漢と学校はあんま関係ないんだけど
学校が終わって帰り道のことです
学校が終わって帰るんだけどいつも私は仲のいい女の子と学校から歩いて15分くらいの駅まで 
自転車ひきながら歩いて話したりジュース飲んだりしながら
その子の乗る電車が来るのを待って帰ってた
当時は自販機でお酒とかも買えて
たまに一緒に飲みながら電車まってたりしてた
タバコもタスポなしで買えたしね

定時制だから本当は普段は私服なんだけど、数人の仲いい子達の間でどこからか調達してきた高校の制服を着るのが流行ってて
私も先輩からもらった近くの制服きて通ったりしてた
そんなある日、制服着ていつものように、友達を駅まで送って電車くるまで待ってたんだけど、その日はどっちかのバイトの給料日で自販機でビール買って飲んじゃおっか?ってなって二人で1本づつ買って飲んで
電車がきたからバイバイってなって電車を見送って私も帰ろうとしたら知らない男の人に、高校生がお酒飲んでいいと思ってるの?って声かけられました

ただいま!そして支援ありがと!
続き
男の人は20代後半くらいでスーツでメガネ、あとで年齢も名前もわかるんだけどね
○○高の子だよね?(そこの高校の制服きてたけど関係ない)こんな時間に外出してお酒のんでいいとおもってるの?高校生なのにみたいなこと言われた
今ならうまくごまかして逃げれただろうけど当時は知恵の回らない17歳で、頭の中はひたすらどうしよう、ばれたらやばいってひたすらあせってた
そこからなんか言われてたけど、ずっとどうしようとか親とか学校に連絡されたらって考えてて、ひたすらはい、とかしか言えてなかった
で、とりあえず歩きながら話そうって言われて歩いて近くの小学校へ行ったかな。道中で馬鹿正直に本当は○の定時制に通ってて昼間はバイトしてるんですとか、うち父子家庭でバレたりしたら本当にヤバいんですみたいなこと話しちゃってた

そして小学校に到着。途中で逃げればいいのに。非常階段みたいなとこで座ってなんか話してたと思う。
学校に言われたら困るんだよね?黙っててあげるから・・・みたいな流れになった

なぜか靴と靴下を脱がされて階段に座らされて太ももを撫で回された。なんか色々話してたと思う。はっきりと内容覚えてないけど私はずっと下むいて耐えてた。
そうしてるうちに、その男の人(Tさんとします)が私の下の方に移動して私の足の指を舐め始めた。
気持ち悪いような、くすぐったいような感じで耐えてた。Tさんはずっと私の足を舐めながら太ももをさすってて、どうしようとか怖いとか考えてた。
だんだん下が膝のほうまで来て本当にジワジワとゆっくり足を舐めて、確実に上に上がってきた

気持ちいいわけじゃなかったと思うけどだんだん濡れてきてたかな。
太ももまで顔が来て、もうだめだ・・・って思ってたら「ちょっと壁に手つけて立ってみて」って言われて、壁に上半身をつけるような感じで立つことに
そうしたら今度は立ってる私の後ろにまわって膝の裏とか太ももの後ろとか手で撫でながらじわじわと舐めてきた
けど、肝心なとこには一切触れずにひたすら足とか舐めてたんだけど、ついにお尻に手が来てゆっくりと撫でながら私のパンツをTバックみたいな感じにキュってしておしりを舐めてきた

そのくらいから私もだんだん気持ちよくなって声がすこしづつでてた。お尻だけじゃなくってもっと触ってほしいとか思ってたら「もう一回座って?」って言われて今度は階段に足開いて座らされた。
私はもう信じられないくらい濡れてた。パンツに染みちゃうくらいに。
座って広げた足の間に顔が近づいてきて、私はやっとあそこを触ってもらえると思ったんだけど違って、クロッチの部分(2重になってるとこ)の脇とかを撫でたり舐められたりでいつまでたっても脱がしたりさわってこない。

時々「気持ちいいの?」って聞かれたけど私は恥ずかしいのもあってずっと、わかんないって答えてた。
本当はすごく気持ちよかったです、このまま最後までしたいって思うくらいw
でも、私の携帯が鳴って・・・。お父さんからでした、その時は出なかったけど
そこで時間みたら11時で、帰らないと怒られるみたいな事言ったら、携帯教えてって言われて、よくわかんないうちに番号とアドレス交換させられてた
お父さんの電話で一気に現実に戻ったって言うか正気になったと言うか急にあわてだした私に「とりあえず水道にいこう」言って水道まで言ってささっと太ももあたりまで水で洗ってくれた
濡れた足のまま靴下はいて靴はいてたら「パンツ脱いで」って言われてよくわかんないままパンツぬいだらパンツ取られて「すごい濡れてるね」って
「メール送るから返事ちょうだいね、急がないと」って言われてそこで解散
パンツとられたまま!
仕方がないから私はノーパンで、でも急いでたから途中立ち漕ぎしてなんとか家にかえりました

思い出すとなんかノーパンで自転車とかww


もう10年も前の頃のことだけど
路上痴漢?から始まった不思議な関係について語るよ!

私が高校2年の時
高校と言っても定時制だったんだけど
学校は夕方6時から夜9時までの3時間で4年間だった
定時制だからクラスには歳が何個かはなれてる人もいた
不良っぽいのとかヒキとかいじめられてた子とか
高校受験失敗した子とか家庭の事情とかいろんなのがいたかな
痴漢と学校はあんま関係ないんだけど
学校が終わって帰り道のことです
学校が終わって帰るんだけどいつも私は仲のいい女の子と学校から歩いて15分くらいの駅まで 
自転車ひきながら歩いて話したりジュース飲んだりしながら
その子の乗る電車が来るのを待って帰ってた
当時は自販機でお酒とかも買えて
たまに一緒に飲みながら電車まってたりしてた
タバコもタスポなしで買えたしね

定時制だから本当は普段は私服なんだけど、数人の仲いい子達の間でどこからか調達してきた高校の制服を着るのが流行ってて
私も先輩からもらった近くの制服きて通ったりしてた
そんなある日、制服着ていつものように、友達を駅まで送って電車くるまで待ってたんだけど、その日はどっちかのバイトの給料日で自販機でビール買って飲んじゃおっか?ってなって二人で1本づつ買って飲んで
電車がきたからバイバイってなって電車を見送って私も帰ろうとしたら知らない男の人に、高校生がお酒飲んでいいと思ってるの?って声かけられました

ただいま!そして支援ありがと!
続き
男の人は20代後半くらいでスーツでメガネ、あとで年齢も名前もわかるんだけどね
○○高の子だよね?(そこの高校の制服きてたけど関係ない)こんな時間に外出してお酒のんでいいとおもってるの?高校生なのにみたいなこと言われた
今ならうまくごまかして逃げれただろうけど当時は知恵の回らない17歳で、頭の中はひたすらどうしよう、ばれたらやばいってひたすらあせってた
そこからなんか言われてたけど、ずっとどうしようとか親とか学校に連絡されたらって考えてて、ひたすらはい、とかしか言えてなかった
で、とりあえず歩きながら話そうって言われて歩いて近くの小学校へ行ったかな。道中で馬鹿正直に本当は○の定時制に通ってて昼間はバイトしてるんですとか、うち父子家庭でバレたりしたら本当にヤバいんですみたいなこと話しちゃってた

そして小学校に到着。途中で逃げればいいのに。非常階段みたいなとこで座ってなんか話してたと思う。
学校に言われたら困るんだよね?黙っててあげるから・・・みたいな流れになった

なぜか靴と靴下を脱がされて階段に座らされて太ももを撫で回された。なんか色々話してたと思う。はっきりと内容覚えてないけど私はずっと下むいて耐えてた。
そうしてるうちに、その男の人(Tさんとします)が私の下の方に移動して私の足の指を舐め始めた。
気持ち悪いような、くすぐったいような感じで耐えてた。Tさんはずっと私の足を舐めながら太ももをさすってて、どうしようとか怖いとか考えてた。
だんだん下が膝のほうまで来て本当にジワジワとゆっくり足を舐めて、確実に上に上がってきた

気持ちいいわけじゃなかったと思うけどだんだん濡れてきてたかな。
太ももまで顔が来て、もうだめだ・・・って思ってたら「ちょっと壁に手つけて立ってみて」って言われて、壁に上半身をつけるような感じで立つことに
そうしたら今度は立ってる私の後ろにまわって膝の裏とか太ももの後ろとか手で撫でながらじわじわと舐めてきた
けど、肝心なとこには一切触れずにひたすら足とか舐めてたんだけど、ついにお尻に手が来てゆっくりと撫でながら私のパンツをTバックみたいな感じにキュってしておしりを舐めてきた

そのくらいから私もだんだん気持ちよくなって声がすこしづつでてた。お尻だけじゃなくってもっと触ってほしいとか思ってたら「もう一回座って?」って言われて今度は階段に足開いて座らされた。
私はもう信じられないくらい濡れてた。パンツに染みちゃうくらいに。
座って広げた足の間に顔が近づいてきて、私はやっとあそこを触ってもらえると思ったんだけど違って、クロッチの部分(2重になってるとこ)の脇とかを撫でたり舐められたりでいつまでたっても脱がしたりさわってこない。

時々「気持ちいいの?」って聞かれたけど私は恥ずかしいのもあってずっと、わかんないって答えてた。
本当はすごく気持ちよかったです、このまま最後までしたいって思うくらいw
でも、私の携帯が鳴って・・・。お父さんからでした、その時は出なかったけど
そこで時間みたら11時で、帰らないと怒られるみたいな事言ったら、携帯教えてって言われて、よくわかんないうちに番号とアドレス交換させられてた
お父さんの電話で一気に現実に戻ったって言うか正気になったと言うか急にあわてだした私に「とりあえず水道にいこう」言って水道まで言ってささっと太ももあたりまで水で洗ってくれた
濡れた足のまま靴下はいて靴はいてたら「パンツ脱いで」って言われてよくわかんないままパンツぬいだらパンツ取られて「すごい濡れてるね」って
「メール送るから返事ちょうだいね、急がないと」って言われてそこで解散
パンツとられたまま!
仕方がないから私はノーパンで、でも急いでたから途中立ち漕ぎしてなんとか家にかえりました

思い出すとなんかノーパンで自転車とかww

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★レズ天国な女子テニス部なんです

 17才の高三の香里です。テニスクラブに属してます。つい先日クラブ練習の終了後、部室で同期で同じクラブの沙緒里と明子そして私の三人で着替えをしていました。女性だけなので三人とも上はノーブラ下はシーツ一枚で、汗をタオルで拭いていました。 沙緒里が突然に香里の乳は大きくていいな・・と言いながら、沙緒里はわたしの乳に触れてきました。三人の中では、確かに一番大きい(B83)だからいやだ沙緒里ったら。と両手

no image
★うぶな後輩に手伝ってもらった時

 会社のイベントのポスターや飾りを貼っていました。そこに後輩が通りかかったので一人じゃちょっと大変なので手伝ってもらうようにお願いしたの。その子は今年はいった子でわたしに好意を持ってるらしく、わたしが話すと顔を赤くするの。「ポスターを貼るから脚立を支えていてね。」「はい。先輩。」わたしは脚立にのぼり飾り付けをしていったの。「ねえ、それとって。」と後輩のほうに向くと後輩はうつむいてるのよ。「下を向い

no image
妻を育てる4/4

スナックでの乱痴気騒ぎと、ラブホテルでの合宿型調教の一部始終を妻から聞き取った翌朝、リビングで向き合った妻に問いただしました。「もし、Aさんから、またスナックへ誘われたら、出て行くのか?」と。妻は、しばし沈黙しましたが、うつむいて答えました。「もう、Aさん…

no image
バナナ

俺は学生時代、女を性処理の道具としか思わず遊びまくっていたそれは会社に入ってからも同じで会社の女、合コンで知り合った女と・・・しかし、入社6年目の何月か忘れたが月末金曜日なのにその月、遊び過ぎで金も無く、一人帰ろうとしていると同じ部署で働いている入社2年目…

no image
★パートのおばちゃんでも襲われる

 40代なかばの頃、子供の手が離れて駅前の小さなお総菜屋で1年間調理パートをしていました。桜祭りの夜、お店が忙しくて残業となった時、夜9時に全部の片付けと翌朝の仕込みを終えて帰り支度をしていたら、 一緒に残っていた店長がいきなり事務所で私に抱きついてきて、壁際に押し付けられて無理やりキスされてしまいました。必死で抵抗したことがよけいに店長を刺激したみたいで、そのまま「世津子さん、一回くらいいいだろ!前

no image
★密会サークルの旅行って良いよな~

『人妻密会サークル』の掲示板で知り合った先輩達と女5男5で密会旅行に行った時のこと。そのうち女2は用事あって一泊で帰って、二日目の夜は宴会をすることになった。男のうち3人は王様ゲーム好きってきいてて、案の定スタート。最初は一気からはじまり氷がとけるまでディープキスとか。そのへんで酒に弱い男が一人脱落。 その次は下着をつけたまま氷が解けるまで乳首攻め。続いて男も女もあそこ以外を攻める。ここもまだ下着

no image
映画館で…

先週の週末、女性に大人気の某映画を見に行きました。春休みで週末の昼間ということもあり、館内は超満員の状態でした。私は暇つぶしと会社での話題にでもなるかな?程度の気持ちで入ったんですが、気が付けば後ろで立ち見をするはめになっていました映画は既に始まっていた…

no image
★数十年前の伝言サービスの体験談

 昔は携帯キャリアが伝言サービスを行っていたころ、連休の中日で家族が出かけて暇な私は色々残された伝言を聞いていました。その頃は女性も積極的にお相手を募集していました。そこで始めての女性の伝言が・・「連休で暇してます。誰か遊んでもらえませんか?30台の主婦で~す。できれば話の合う同年代の方でお願いしま~す。」と、非常に軽いお誘い。私も軽いノリで・・

no image
★男性社員の憧れの的、美人社長秘書との話

 歌舞伎町の居酒屋で話が弾んで、かなり酔いが廻った麻美でした。フラフラ千鳥足歩きになってしまった麻美なんです。僕の腕に纏わりついて身を寄せてる麻美を腰を抱えてラブホテルに強引に入ったんです。部屋のドアを開けてベットに倒れ込む麻美。僕は朦朧状態の麻美のコートを脱がせ、洋装姿でスカートの裾が乱れて、黒のストッキングからの美脚に見とれていたんです。 麻美は枕にしがみついて寝込んでしまったんです。僕は麻美

no image
★チョット変わった童貞喪失をしました

 都内に住む29歳のケンヤです。僕の初体験は21歳の夏と遅めなものでした。これはその時の話です。大学生だった当時、出会いもなく悶々とした生活の中で、とにかく早く童貞を捨てたいと言う気持ちばかりが先走っていました。この年で童貞なのは恥ずかしく、 どうせなら年上の人妻にでも相手をしてもらい童貞を捨てたい・・と考えるうちに夫婦交際という世界を知りました。当然、性欲の塊と化した私はこの世界に興味を持ち、そう