エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

ギャルも捨てたもんじゃないな…

   

ギャルも捨てたもんじゃないな…

  • 2014/05/21
  • 12:00
僕はギャルが苦手だが、最近なぜかギャル率が高いんだよな。
だから苦手なんじゃなくて
ホントは好きなんじゃないかと思い始めている今日この頃…

某出会い系で知り合い、少し前からテレホンSEXを続けていたギャルと
リアルで中出しSEXに成功した。

待ち合わせにはミニスカ、パンストで現れた。
色白で清潔感もあってなかなかのレベル。

身長も高くかなりの美脚だ。自分は生足派だが、
この女はスタイルもいいから黒いパンストも似合っていてけっこうエロイ。

久々の当たりかな、これは。

「お酒はあんまり飲めないけど少し飲んでからがいい」
って事だったから軽く飲みに行く。

特にこれといった話しはしていないが、
どうにもこのギャルの美脚が気になってしかたがない。

「足すっごいキレイだよね」と褒めてみると
「そうかなぁ?ちょっと太くない??もっと痩せたいんだけど」
と若干否定するも嬉しそうだ。

自分はガリに比べれば若干ムチムチの方が好みだし、
過去に何人かヘビー級の女に会っているので
それに比べたら贅沢すぎるほどの美脚だ。

カクテル1杯しか飲んでいないがこのギャルは既にフラフラで
「もう酔っちゃった☆」と少し甘えん坊になってきた。
そろそろいいかなってワケでそのままホテルへ移動。

このギャルの美脚を見ていたら生足もいいけどパンストもいいな、
と思えてきたからそのままプレイする事に。
するとホテルに売ってるバイブが気になったみたいで
「おもちゃ使ってみたぁい!」とバイブをリクエスト。

種類はお任せだって言うからミニ電マをチョイスし、
早速パンストの上からおもちゃでイジメてみる。

このミニ電マは見た目からは想像できないほど強烈だった。
持ってる手の感覚がおかしくなるくらいの振動で
「何これ、ちょっとヤバイよぉ、待って…」といきなりMAXでよがるギャル。

そのまま電マを続けると、あっと言う間に果てた様子。
「何なのコレ、マジでヤバイよぉ。でももっとして欲しいカモ…」とさらにバイブプレイをねだってくる。

今度はもっと美脚を堪能しようとノーパンでパンストを履かせ、
ソファにM字開脚の状態で座らせた。
「ちょっと丸見えじゃない?恥ずかしいんだけど…」
と足を閉じようとするから「んじゃ、やめる??」
と意地悪してみると「いやぁ、もっとしてもしい…」と素直におねだり。

やっぱり電マの快感には敵わないらしい。
さらに電マで刺激してみると、
またすぐ「イッちゃうよぉ…ダメ…ダメ…」と言いながらまた果てるギャル。

もっとイジメてやろうとそのまま電マで責め続けると、
相当な喘ぎ声を出しながら何度も何度も絶頂を迎え、
最終的には「待って、出ちゃう…出ちゃうよぉ!!!」
とお漏らしまでするパンストギャル。

「こんなの初めてだよ、コレ絶対ハマるよ、ヤバイねっ」と満足そうだ。

それから「今度は私がしてあげる」とフェラを開始。
電マ効果なのか相当興奮しているらしく喉の奥まで
咥え込んでクネクネしながらのバキュームフェラ。

するとフェラで我慢できなくなったのか「生で入れて欲しい」
と生SEXをリクエストしてくる。ちょっと考えたが
「今日は大丈夫な日だから生でいいよ」と追い討ちが。

まだパンスト状態だったから、
AVとかにありがちなパンストを股間の部分だけ破っての生挿入にチャレンジしてみた。
正常位で挿入し、足を思いっきり開かせると
「いっぱい入ってるよぉ…ねぇ、入ってるトコ見て…もっと見て…」
と恥ずかしい事をおねだりし、
挿入しながらも電マを自ら股間に当ててよがりまくるパンストギャル。

明らかにテレホンSEXの時より淫乱になっているギャルの姿に興奮し、
そろそろヤバイと思っていると「
ねぇ、中に出して…お願い…今日は大丈夫だから…」
と中出しをねだられた。

よく出会い系で初めて会った奴に中出しさせれるもんだなと思ったけど

PR:無料で使える???
手軽なポイントで会う約束ができる???

まぁ大丈夫って言うなら。
って事で思いっきり中出しでフィニッシュすると
パンストギャルも若干痙攣気味にビクビクしながら果てた。

久々の中出しだったけど、やっぱ中出しはいいな。

その後「ちゃんと生理来たよ☆」
って報告もあったからとりあえずは一安心。

完全な生足派だったけど、
このパンストギャルのおかげでパンストの
魅力が少し分かった気がするな。





エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、ギャル、パンスト、痙攣、中出し、出会い系

 - 投稿体験談 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
無性に股間が熱くなってしまいます…

ネットでみかける、単独男性からの募集記事を読みながら 無性に股間が熱くなってしまいます・・・・妻が他の男のセックスの虜になる、他の男の為に化粧して出でかけ、 抱かれている間も嫉妬に狂いながら帰りを待つ。夫婦の様に何度も唇を重ねていちゃつき、 そして貴方の目の前で男と本気で愛し合い結ばれる。舌を絡め合い、 男の名前を呼びながら結婚指輪をはめた手で相手にしがみつき腰を振って 歓び大きなもので狂い、何度も激

no image
初めての浮気、初めてのお持ち帰りでのドキドキ体験談

浪人時代の友達との飲み会での話。10年以上の話だが、初めての浮気で、初めてのお持ち帰りだったから鮮明に覚えてる。受験が終わり、仲間のほとんどが合格したということで、みんなで飲みに行くことになった。その中に、ずっと俺が気にいった女の子もきていた。その子は、若い頃の広末似そっくりだった。(髪は少し長かったが)今まで、二人っきりで話をした事があまりなかったので、これを機に、少しでも親密になればと思っていた

no image
セフレとやる代わりに彼女を取られた・・・

僕(ショウ)と彼女(レナ)は高3の頃から付き合ってかれこれ3年が経ち、お互いに会おうとすることも少なくなり、エッチもマンネリ気味。そろそろ別れの時期がきてるかなと思ってました。それを大学のサークルの先輩に飲みながら相談していると、「じゃー俺のセックスフレンドと一回エッチしてみる?」と言われました。「えっ?てか先輩セックスフレンドなんていたんですか…」。先輩はサークル内にかわいい彼女がいて、もちろん

no image
硬いし、太いし、すごいね

中学のころの話 小学校のころ毎日のようにけんかをしていた俺は当たり前だが、要注意人物として中学に進学した。 入学式の日から、校長に名前で呼ばれるぐらいだから顔と名前は教師には知られていたんだと思う。 そんな俺の担任になったのは、新任理科教師の橋本真奈美先生だった。ちなみにバレー部顧問。 特に成績が悪いわけでも無く、球技音痴でも体育の成績はそんなに悪くなかったが、ゲームセンターで補導されたり学校休ん

no image
絶対誰にも内緒だよ?初お掃除フェラ

入社5年目の時、定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった。部署単位での送別会だったんで参加者は少なく、メンバーは退職する部長(男)そして課長(男)と係長(男)と僕、女子はA子主任(32)、B子(31)の計5人A子主任の方は仕事は真面目でよく働くんで尊敬してる。ちょっとぽっちゃりだけど、可愛らしく松たか子似なんで以後は松さん(仮)と呼びます。B子の方は松さんとは性格が真逆でおっちょこちょい。見た目も可愛い系の松さんとは

no image
酔って部長の物を締め付けいきまくりました

 小倉君は普段から仕事の相談をしたり、愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。研修の最終日には、打ち上げ替わりの新入社員による余興などがあり、人事部長など偉い方もいらっしゃって賑やかに楽しく終了しました。 新入社員は研修センターに泊まりますが、私達はビ

no image
8人分の精液を受けた妻の膣内を撮影している男達

私の妻知子は先月35歳になったばかりの美人ではないけど、かわいい感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することが良く有ります。世間で言うお得いさんになっていますそのためかうちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であること

no image
エレベーターの中で夢ような痴漢をしました

昨日、新宿の超有名百貨店のエレベータの中で、痴漢した。その時はまさしく、お昼時で、最上階のレストラン街に行く人達でエレベーターホールはとにかく混雑していた。やっとのことで直通のエレベーターが来て、ドアが空いたのでいっせいに乗り込んだ。まさか、こんなところで痴漢とは考えてもいなかった、そのときは、、、。ドアが閉まる直前に、さらに大勢の人が無理やり乗り込んできた。その人ごみにドドッーと押され、かなり奥

no image
包茎手術した時の体験談

高校2年生の頃真性包茎だった俺は自宅のトイレで無理やりチンコを向いていた頑張って向けたのだが、カリの下あたりでチンコが締まってしまい、皮が戻せなくなってしまったその状態ではなんともなかったのだが、オナニーを試みたところカリの下がギューっとしまり戻らなくなってしまったその夜は鬱血している痛みで眠れず朝一で病院にいくことになった母親に鬱血しているチンコをみせるのは恥かしかったが、それどころではなかった

no image
果汁園の人妻に中出しセックス体験談

小生が生まれ育ち、現在も家族で暮らす場所は所謂『山奥の田舎』です。農業を主体とした人口も減り続ける過疎地帯。今から15年ぐらい前、当時、専門学校に小生は通っていました。田舎なので交通の便が悪いので、車で通学していて、週末に付き合ってる彼女に逢うのが楽しみの普通の学生でした。彼女と何回かSEXした事がありましたが、もちろんいつもゴム付で生中出しなど夢のまた夢・・・でもそれなりに楽しかったと思います。