エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

隣の人妻とリモコンの取り合いで体に触れて

   

隣の人妻とリモコンの取り合いで体に触れて

 アパートの隣に住む人妻.大きめに音楽をかけているといつも注意に来る。ある日、大学をさぼって寝ていると、俺の部屋に勝手に上がってきて、音楽プレーヤーのリモコンを取り上げようとした。もみ合いになり、ベッドに押し倒す形になってしまった。顔は地味なのだが、ジャージの下の胸はかなりでかい。しかもノーブラなのでやわらかさがそのまま伝わってくる。
 リモコンを取り上げるふりをしながら彼女を抱きしめ、大きな胸の感触を味わっていると彼女も口では「やめなさい」といいながら、息遣いが荒くなってきた。キスをすると最初は抵抗していたが、やがて俺の舌を受け入れ自分から吸いついてくる。10分くらい彼女の唇を味わい、自分でパジャマとパンツをおろすと俺のチンポにむしゃぶりついてきた。

 たまっていたのですぐにいかされてしまったが、彼女を素っ裸にしてグラマーな全身を舐めまくっていると回復してきたので挿入、彼女も積極的に俺にしがみついてきて、いきまくっていた。真面目な顔をして小学生の子供がいるのに、スケベさは半端でない。それ以来,俺の部屋に連れ込んで友達を交えてやりまくっている。

 - 知り合いとの体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★先輩カップルのSEX姿が脳裏に

 今年の秋に先輩カップルの正志さん(28)と志穂さん(28)と一緒に那須の別荘に遊びに行った時のこと。ちなみに自分は浩二(22)彼女は優(20)で優は色白で胸はCカップ顔はホントに結構かわいいと思う。 夜になり4人で呑んで楽しく過ごしていた。先輩カップルは8年くらい付き合っていて一緒にいるのがすごく自然な2人だった。先輩たちとはよく一緒に飲みにも行っていてすごくかわいがってもらっていた。優も2人の

no image
僕の姉の短大時代の友達と生で・・

 大学は大阪だったけど夏休みに実家に帰ったときに、姉の短大時代の友達とやった。 3年の夏休みに実家に長めに帰って車の免許とバイトをやってたが、仲のいい友達は東京、大阪に出て帰ってきてない奴が多く、けっこう暇してた。帰省して最初の週末にうちに姉の友達数人が遊びに来た。親もいなくてリビングで遊んでたので俺は用事があってリビングに行ったときにちょっとだけ挨拶した。

no image
★外観は清楚な大学講師をセフレに

 新しいセフレが出来た。彼女は35歳にになったばかりの大学講師。外見は清楚で、スリム。とても不倫するようには見えない。旦那とは全く体の関係は無いらしい。1年ほど前に2度ほど会ったのですが、その時は強引にキスしただけでした。先日、突然のメールがあり「きちんと付き合って欲しいので、また会ってもらえますか?」とのこと。 きちんとお付き合いする気は無かったが(笑)せっかくなので会うことにした。食事して、夜遅い

no image
★彼女の告白に嫉妬した俺

 ある週末の朝、彼女が大学のゼミ飲みから帰ってきた日のこと。いつもはしっかり整えている髪の毛がややボサボサ気味で、酔いがまだ多少残っている彼女の姿に何かエロい色気を感じてしまった僕は、彼女がベッドに入るや襲い、激しいエッチをしました。 1回戦が終わってかなり満足した状態でベッドに寝ていると、突然「あのさ…話があるんだけど…」と切り出されました。急にローテンションな話しぶりに何か嫌な予感を覚えつつ、

no image
★エロく男根を咥えてくれた同期の女性

 43歳の会社員です。私には結婚17年の39歳の妻の里美がいます。出産後は里美は専業主婦になりましたが、元は会社の同期でした。私は大卒、里美は高卒だったので4歳差なんです。実は、同期の中で一番美人だったのは清楚な優子で、大卒なので同い年でしたが社外にもライバルがいる状態で、 私は、優子が取引のある銀行員と交際していることを知って諦めました。そんなときに、同期でも、高卒なのでファッションにも疎く目立たない

no image
★先輩カップルのSEXを覗き見して・・

 今年の秋に先輩カップルの正志さん(28)と志穂さん(28)と一緒に那須の別荘に遊びに行った時のこと。ちなみに自分は浩二(22)彼女は優(20)で優は色白で胸はCカップ顔はホントに結構かわいいと思う。夜になり4人で呑んで楽しく過ごしていた。先輩カップルは8年くらい付き合っていて一緒にいるのがすごく自然な2人だった。 先輩たちとはよく一緒に飲みにも行っていてすごくかわいがってもらっていた。優も2人の

no image
★近所付き合いは大切ですよね

 わたくしの隣家に片山(仮名)さんという40代後半の夫婦が住んでいます。度々、夫婦の営みの声が聞き取れましたが、近所付合いの手前、何事も無いつもりで接していましたが、先日に頼みがあるので、家に来て欲しいと招かれました。 わたくしも、妻に片山さんところに行って来る、と軽く言ってきました。最初は、三人でビールを飲んでましたが、旦那が「ねぇ、ご主人、実は頼みというのは、うちら夫婦の行為をビデオ録画して欲しい

no image
★深夜当直のエロな御褒美

 それは僕が30代の頃でした。病院勤務で深夜当直の夜。当時お付き合いしていたY子(その当時40代後半) から内線電話がかかってきて、僕は患者の容態が急変したのでは。と思って受話器をとると。Y子の甘いささやきが聞こえてきました。夜の12時ころだったかな? ひととおりの見回りも終わり横になろうとしたときでした。 何?と聞くと、今からそっちへ行ってもいい?とのこと。ちょ、ちょっとまずいんじゃ〜といいかけたら、電話がき

no image
従業員との旅行は官能を満喫

  夫を失ってからお願いして、同棲してもらっている若い従業員に誘われ、一泊二日で旅行に行って帰ってきました。私を気遣かってくれたかもしれません。出発前に旅行鞄から下着を没収され、身につけていた下着も命令されて脱いで出ました。最寄り駅に着くまでに服に擦れて乳頭は硬く勃起し息も乱れ、膣は垂れないか心配な程に濡れて、スカート内に入る風に膣はひんやりとして寒く感じました。 新幹線に乗っても署粕Nぶりの新幹

no image
★処女は結婚してする男性に捧げたい

 私は23の時、中規模の広告代理店にアシスタントとして勤務していました。その時出入りしていたひとつ年下の新人クリエイター(の卵)S君が面白くてやさしい人で、時々一緒に食事にいったりするようになってました。実は私は堅い親に育てられ、実家から通っていたこともあり、なんとなくチャンスがなく、23歳で実はまだ処女でした。 そこまで処女だったので「せっかくなら将来結婚を約束してくれる人に捧げたい」と考えるよ