エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

妻の本根は、他の若い子とエロしたい・・

   

妻の本根は、他の若い子とエロしたい・・

 妻が、ベットの上では私のエッチな質問に、女になり素直に答えます。『誰とエッチがしたい』『若い子としてみたい』この言葉に、思わずチンポが硬くなりました。とは言っても、若い男性で熟女好きなんて、いるのだろうか、一昔前なら不可能、それを可能にしたのが、まさにインターネットですよね。
 妻は、私が言うのもなんですが、欲求不満のおばさんではありません、顔にも体にもお金をかけたセレブ妻、熟女好きならたまらないはず、返信あるかと募集すると二人から返事、一行文の返信は無視、一人の若者と何度も話し、友達と二人で約束のホテルに来てくれました。

[PR]年齢詐欺られたけど写メ通りの女とヤれて満足する僕に質問ある?www[PR]

 共に19歳、真面目そうな若者で、緊張していました、ビデオカメラを彼らに渡し私は、部屋を出ます。現場より後でビデオを見るのが、何よりの楽しみなんです。四時間後、妻から『帰ったよとメール』急いで帰り、シャワーを浴び妻に尺八をさせながら、スイッチをいれます。バスローブを脱がすと、妻の両乳房に吸い付く二人、妻の口から小さな声が漏れます。


 一人は下半身へ、オマンコを舐め吸います。『どんな風に、舐められた』と聞くと『舌を入れたよ』と答える妻チンポを入れると、アッと言う間に射精、もう一人も同じく入れるとすぐに射精、なんだこりゃとガッカリした私が、甘かった。射精後彼らは、全く何も無かったかのように、休むことなくオマンコを舐め、チンポもしっかり勃起してるのです。

 妻の足を開き、指でオマンコをしっかり開き観察しています『奥さん綺麗なオマンコですね』『今まで何本入れたのですか』丁寧に言葉攻めです。『奥さんいっぱいして、いいですか』『いっぱいして、したい事していいよ』と答える妻。また一人チンポを入れます、さっきより激しく長く腰を振り射精網一人も、入れ替わりにチンポを、入れます。

 若い激しく突くだけの、チンポに興奮し、激しい声になる妻『奥さん出ちゃいます』『出していいよ、出して』の妻の声に我慢できずに、射精。動けない妻を残し、順番にシャワーを浴びる男の子、性欲が満足すると冷たいもんだなと見ていると、シャワーから出た男は妻にシャワーを、勧めます。シャワーから出た妻に、彼らは驚くべき言葉を発しました。

『奥さんまだ時間大丈夫ですよね』確かに約束の時間までは、まだあります。黙って椅子に座りタバコを吸っていた妻に、左右からチンポをもっていきます、ダブルフェラです。あっと言う間に、チンポは勃起。緊張がとれたのか、ベットでバックから入れ、もう一人が口チンポを『奥さんすごいね、上と下の口にチンポ入ってるよ』『奥さん若いチンポ美味しい』初めの緊張はどこえ・・


 口からチンポを抜き、キスをしながら『奥さんオマンコ好き』『奥さん答えないと辞めるよ』歳下に攻められ、素直に答える妻』『好き、気持ちいい、いっぱい突いて』『これから僕等がしたくなったら、いつでも穴貸す』『貸します、いつでも貸します』『友達いっぱい呼んでいい』『いっぱい、呼んで、何でも言うこと聞く・・』バックからの男が、奥さんイクヨ、と3発目もう一人が、またバックから

『奥さん、すごいね6発目だよ、今度は後一人呼んで、オマンコ壊れるまで突いていい・・』19歳のチンポに夢中の妻は『いじめて、いっぱい入れて、気持ち良いよ・・』奥さん、奥さん、奥さんと、そのフレーズに興奮してるように射精しました。計6発射精した二人は、満足したのか、急に丁寧に妻に『奥さん・ありがとうございました。メチャメチャ気持ちよっかたです』『だんなさん、怒り間せんかね、何発もしたから』『マンコ赤くなってませんか』

 とあしを、開きます。そして『奥さん、顔映しませんから、オマンコをシャメで撮っていいですか』妻はもはや抵抗する体力もなく、されるがまま。一人が妻の足を開き、一人が撮る・・指で開いたり、指を入れたりやりたい放題『またチンポ立ってきた』『もう無理』と妻が言うと『著とだけ』とまたズボンをずらせ挿入、さすがにもう一人も元気やなーと関心してましたが、ちゃんと射精しました。

 妻に何度も礼を言って、帰っていきました。若い男に妻以上に、はまりそうな私です。

 - 社会人の体験談 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★常々愛人を持つ事に憧れていました

 初めまして、憑いているときは、結構憑いているモノです。宝くじで三等が当たり、早速現金にして、趣味の釣りに結構使い、通勤にいるスーツもいいものを買い、当然嫁にもバックなんかを買ってやり、残りも少なくなってきたので、どうせあぶく銭と思い、大穴の馬券を買い、なんと当たってしまい、これは誰にも、教えていないので、考えた「女」風俗と思う方も、多いと思いますが、私は、愛人を何とかしたいて思い、いつも通勤時に

no image
★女性との事で涙で前が霞んだ

 私が学生のころ、年上の女と知り合いになった。彼女は短大の2年で、私を弟のように可愛がってくれて映画やドライブ、食事につれて行ってくれた。彼女が卒業旅行に行きその帰りに私に迎えにくるよう連絡があり、云われるまま迎えに行った。 荷物を持たされタクシーで彼女のアパートに。部屋は3日も留守してたから暑くて窓を開けてもムシムシしていた。彼女は旅行カバンを開けて中身を片付け始め、私は、未成年だったが彼女に教

no image
★犬の散歩で楽しみな事があります

 50代半ばの奥さんは、好きものでした、固い腫れ物が好き。犬の散歩で友達になった奥さん達。ハスキーとラブラドールがジャレあって、ハスキーが一人の奥さんに当たり、奥さんが転倒し捻挫して歩けなくなり皆で、犬と奥さんをマンションまで送りました。私が、「湿布してテーピングすれば良いと」教えると「湿布は有るけど、テーピングって何?」と云う事で、ドラッグストアーへ。 戻ってから、奥さん達とお茶を飲んで、その日は

no image
★人には言えない私の性癖

 今回は新たに2人の女性からパンティを没収したので投稿します。まず1人目。27歳のバツイチ女性で某パチンコ店で親しくなり、そのまま体の関係を持つまでに発展しました。見た目はケバい系のおねえさんですが、かなりの美人でスタイルも良かったです。 私好みの女性だったのですかさず狙いを(パンティ)定めました。作戦決行の夜、私はラブホテル女性を連れ込みいよいよ待ちに待った時間に。ホテルの一室に入ると、女性はまずシャ

no image
★幼少期に目撃した母の淫乱した姿・・1/2

 父が不在の日になると、なぜか母の様子が変わってしまう。母は朝からそわそわとして落ち着きがなくなるのだ。 化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多くなった。父が居る時は楽そうなワンピースなどを着ているけど、着替えた母は、必ずといっていいくらいに、身体のラインがくっきりと目立つ服装になる。  そんな日の母は、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を洗ったついで

no image
★年上のお姉さんと事故の示談で・・

 夏の終わりの出来事です。夜中の3時頃にチャリに乗ってコンビニに行こうとして、信号待ちをしていたら、右折してきたBMWに突っ込まれてこけてしまいました。そんなにスピードは出ていなかったのですが、溝にはまってしまい膝を擦りむいたので、ごるぁあ!と怒ってやろうかと思い車に近づくと、川島なおみ似で30中頃のおねぇさんが出てきました。 「ごめんなさい大丈夫」と出てきたおねぇさんは白のブラウスに黒タイトのスカート

no image
★姉妹丼を体験した俺の体験談

 30歳の冬、2歳年下の女性里美を母の友人から紹介されて付き合っていた。彼女は3兄妹の真ん中で縫製会社のOL、両親や兄夫婦の実家から離れ一人でマンション暮らし、妹の面倒も見るしっかり者。何度かのデートを重ねたが、キスするチャンスもない程ガードが固い女性に俺はイライラだ。 ある夜、マンションに送る時に肩を掴み無理やり唇を奪った、胸の感触はさほど大きくない。今度は、いよいよ彼女の割れ目に固い肉棒を入れてやる

no image
★おばさんに勝手に中出し

 20年ほど前 東北~九州間の長距離トラックをしてる時です。福岡空港近くの健康ランドに泊まり 中洲や長浜辺りに繰り出す事も有りました。風呂に入りビールを飲みながら夕飯を食べたら眠くなり、部屋に帰り眠りました。 そこは廊下続きで宿泊施設が有りました。夜10時頃目が覚めサウナに入り自販機でビールを買い飲んでると、側にクレーンゲームが有るのに気づき 遣って見ました。3本爪で球を掴む物で 簡単に4~5個ゲット

no image
営業電話の相手は綺麗なお姉さんで・・

 僕がまだ21歳の時の話。専門学校を卒業したあと、実家には帰らずにそのまま京都で仕事をしてました。ある日、部屋に電話がかかって来ました。それは宝石の販売の営業電話で、親しい人しか電話番号をしらないので戸惑いました。でも聞いてみるとレンタルビデオ店などから名簿が流れてくると正直に教えてくれました。その日から何回かその女性から電話があり内容は普通の雑談、僕はいつしかその女性からの電話を待つようになってました

no image
★処女を奪って欲しいと言われた女性

 地元の友達と言うか、知り合いの方の妹さんとは言っても、れっきとした人妻さんなのだが。歳は3つ下の子で、この子が高校2年の時に告白と言うよりも、おかしな告白をされた。「処女を奪って欲しい」と言われて、俺は目が点になりながらも、公園の四阿で勝手に制服を脱ぎ始め、全裸になった彼女の処女を奪った。 当時、俺には彼女がいたのだが、それからしばらくは彼女とは会わずに、妹さんと毎日のようにHをしていた。落ち着い