エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

生理中のCカップJKひろみに中出し

   

スペック:東京の女子高生。160cmくらい、割と細身で人なつっ
こい笑顔がとてもかわいかった

顔はゆうきまおみ?に似てた
新宿で待ち合わせ

会う前に電話してたので性格は把握してた
どちらかというとキャピキャピというよりおっとりした感じ

ただ電話で「私迫られると弱くて〜w」みたいなことを言っ
てたのが気になった

「じゃあ俺も襲っちゃうかもよw」
「ええ〜w困るよぅ〜w」
と事前の会話はこんな感じ

会った印象は、まだ中学生かと思った

もともと童顔なんだろうが、まだ幼さが残るその顔で屈託な
くケラケラと笑うその笑顔が、俺は大好きだった

スカートこそちょっと短かったが、髪も黒く、まだスレてな
い、汚れを知らない、ひろみのイメージはそんな感じだった

黒髪清楚系てやつですね

カラオケにいく約束だったので代々木のカラオケへ
しばらく歌って、肩を抱いてみたら「えへへ♪」の反応
キスをしても拒まない

胸を触って制服のスカートの下に手を入れると
「今日整理だから…」

なんだ仕方ない…と諦めかけたところ、

「生でも大丈夫だよ♪」

生理でした

えっ?て思ったけど、ひろみはえへへ♪とあの屈託のない笑
顔でこちらを見る

さすがに病気も怖いし、生理中の生は好きじゃないので、
持ってきたゴムをつける

前戯はキスだけ、会って30分たらずで、もう挿入してた

挿入してる間、俺は色んなことを考えた
ひろみの喘ぎ方は少し「オーバー」だった
「あんっ…あんっ…」と腰を振るタイミングで大きな声を出す

だが、前戯もなしに初めからそこまで気持ちいいとは思えな
い。だが、悪意のある演技には思えなかった

きっと男に「そうしろ」と教わったのだろう。この子が出会
い系で人とセクロスするのは、単に寂しいからなのでは
出会い系の男なんてみんな所詮セクロス目的(俺含め)。

この子はそれを承知で、セクロスしたくて仕方ないから
じゃなく、ただ寂しくて、今俺の上で腰を振っているのかも

喘ぐひろみを見て、そう考えたのを覚えている

帰り際、ひろみは
「カラオケすごく楽しかった〜♪また遊ぼうね♪」
とあの屈託のない笑顔で言った
この子は別にセクロスしたかったわけじゃなかったんだな…

ただそれでも今日は楽しかったって言えるひろみに、無責任
に少し寂しく感じた

その日はそこで別れた

それから三ヶ月ほど経った
その間連絡は取っていなかった気がする
ある日ひろみから連絡が来て渋谷で遊ぶことになった
「俺君久しぶり〜♪」
久しぶりの笑顔は変わっていなかった

渋谷のカラオケに行く
しばらく歌った後、キスをすると、まだひろみは笑顔だった
だがスカートの中に手を入れると、表情が一変した
ひろみのそんな表情を見るのは初めてだった

「ゴメン…今日はエッチできないんだ…」
泣きそうな表情でひろみは言った

「私…今妊娠してるの…」

一瞬ドキっとしたが、相手は俺じゃなかった

「こないだ会った人とね、中では出さなかったんだけど
ちょっとだけ生でしたら…もうすぐ堕ろすんだけどね」

「だけどお金だけ渡されて連絡とれなくなっちゃって不安で…
エッチできないと今まで遊んでくれつた人も会ってくれなく
なって…」

「ゴメンねエッチできなくて。」

ひろみは泣いていた

俺はひろみを抱きしめながらも
どうしたらいいかわからなかった

はっきり言って俺は善人ではない
出会い系も性欲の為にやってるだけだ

でもこの子の胸の内を聞いたとき、責任は取れないし、彼氏
にもなる勇気もないが…

でも出来る限りこの子が望むことをしてあげようと思った

中絶が終わった後も、ひろみとは半年に一回くらいのペース
で定期的に会った

しばらくしてからはまたセクロスもする様になった。もち
ろん避妊はちゃんとした
彼氏が出来ても、ひろみは忘れた頃に俺に連絡をしてきた

「俺くんは特別だから♪彼氏とは違うんだ」

ひろみに彼氏がいても、俺らはセクロスをした
ひろみには「もう俺と彼氏以外とは絶対エッチするな」と会
う度に話した

「うん!」と明るく話すひろみは、もう昔の屈託のない笑顔
に戻っていた

俺は彼女がいる時はひろみに会わないようにしていた。
正義感とも言えるようなもんでもないが…

ひろみもそれをわかってくれて連絡も控えてくれていたが、
ある日バイト中の池袋で、いきなり知らないJKに声をかけら
れた

「あの…俺さんですよね?私、ひろみの友達です。池袋で
俺さんに会ったらこれを渡してほしいって」

ひろみからの手紙とCDだった

内容は

「俺くんに彼女ができたからもう会えないかも知れないけ
ど、今まで本当にありがとう!
辛い時にいっぱいいっぱい助けてくれて、本当に感謝してます
彼女さんとお幸せにね。私もいい男捕まえるぞー♪」

何故か涙がこぼれた
俺が何をしてやったのか…俺なんて結局セクロス目的の、他
の男と変わらないじゃねえか

なのにこいつは…

結局その後、当時の彼女とも別れ、また定期的に会ったんだ
けどね

だがそんな関係にも終わりが来る

出会ってからもう7〜8年が経っていた

ひろみは裕福な家庭の頭のいい子で、出会った当時は高二だっ
た彼女も、有名私立お嬢様学校に入り、航空会社のグランド
ホステスとして働いていた

俺も大学を出てサラリーマンとして働いていた

「私、結婚するんだ」
久しぶりの連絡だった

最後に会う約束をした。二年ぶりくらいだろうか
平日だったが、彼女は夜勤明けで空港から会いにきてくれた
彼氏の話や幸せな話を聞きながら、楽しい食事だった
そして最後のホテルへ

セクロスしときながらなんだが、俺にとっては妹みたいな存在だった

ひろみは一人っ子で、よく「俺がお兄ちゃんだったらなあ
w」と言っていた。彼女のさみしがりはそこから来てるのか
も知れない

ホテルに入って無言でひろみを抱きしめた
ひろみは泣いていた
「…いっぱい…いっぱいありがとう…」

セクロス中、彼女は泣くのを我慢しながら、笑顔だった。
お互いもう二度と会えなくなるのは何となくわかってた

「フェラうまくなったでしょ〜w
彼氏も気持ちいいってw
俺の教育の賜物だね♪」

「ここが気持ちいいんでしょ?知ってるよ〜w」

ただの性欲だけじゃない、けど恋愛感情とも違う、不思議な
感覚だった

「ねえ俺、ゴムはつけなくていいよ。今日はそのまま入れ
て欲しい」

あの時、何故断らなかったかわからない
俺はひろみとのセクロスは必ずゴムをつけていた
優しさというにはあまりにも浅ましい、俺のちっぽけな偽善だった

「最後だし今日は大丈夫な日だから…これで赤ちゃんできた
ら奇跡だよw」

ひろみはあの笑顔で笑った
出会ってから約八年、俺達は初めて何の遮りもなく、一つに
なった

間もなくひろみは結婚した
結婚してからもたまに連絡が来たが、俺は返信をしなかった

もう兄離れの時期はとっくに過ぎている。感情に任せて連絡
を取っても、あいつにとっていいことはないと勝手に考えて
いた

ひろみも悟ったのか、しばらく連絡がこなくなり俺もひろみ
を思い出すこともなくなったある日、メールが届いた

「久しぶり!元気にしてる?あのね、俺に連絡したいこと
があって…」

「私妊娠したの。でも駄目だった。死産だったの」

メールはまだ続いていたが俺はここで続きを読めなくなり、
携帯をほうりなげて泣き崩れた

なんで…なんでコイツばっかりこんな目に…
こいつは何にも悪いことなんてしてない。人よりちょっと純
粋なだけだ。悪いのは俺みたいな性欲目的の男共じゃねえか!
それなのに…

自分でも驚くほど、涙が止まらなかった

しばらく一人で泣き続けた

そして涙が止まるのを待って、メールの続きを読んだ

「でもね、もう大丈夫!もうあの頃みたいに弱くないからね♪」

「旦那の稼ぎも悪いし、私が家庭を守っていかないと!」

「バリバリ働いて、そのうちまた恵まれたら、元気な赤ちゃ
んを産みたいな」

「男の子ったらもしかしたら俺って名前にしちゃうかもw
無断でごめんねw」

ああ、こいつはもうあのさみしがり屋の妹じゃないんだ
俺なんかいなくたって大丈夫。辛い思いをした分、こいつは
きっと幸せになれる

最後に添付されていた夫婦の写真のひろみは、俺が大好きだっ
たあの屈託のない笑顔だった

スペック:東京の女子高生。160cmくらい、割と細身で人なつっ
こい笑顔がとてもかわいかった

顔はゆうきまおみ?に似てた
新宿で待ち合わせ

会う前に電話してたので性格は把握してた
どちらかというとキャピキャピというよりおっとりした感じ

ただ電話で「私迫られると弱くて〜w」みたいなことを言っ
てたのが気になった

「じゃあ俺も襲っちゃうかもよw」
「ええ〜w困るよぅ〜w」
と事前の会話はこんな感じ

会った印象は、まだ中学生かと思った

もともと童顔なんだろうが、まだ幼さが残るその顔で屈託な
くケラケラと笑うその笑顔が、俺は大好きだった

スカートこそちょっと短かったが、髪も黒く、まだスレてな
い、汚れを知らない、ひろみのイメージはそんな感じだった

黒髪清楚系てやつですね

カラオケにいく約束だったので代々木のカラオケへ
しばらく歌って、肩を抱いてみたら「えへへ♪」の反応
キスをしても拒まない

胸を触って制服のスカートの下に手を入れると
「今日整理だから…」

なんだ仕方ない…と諦めかけたところ、

「生でも大丈夫だよ♪」

生理でした

えっ?て思ったけど、ひろみはえへへ♪とあの屈託のない笑
顔でこちらを見る

さすがに病気も怖いし、生理中の生は好きじゃないので、
持ってきたゴムをつける

前戯はキスだけ、会って30分たらずで、もう挿入してた

挿入してる間、俺は色んなことを考えた
ひろみの喘ぎ方は少し「オーバー」だった
「あんっ…あんっ…」と腰を振るタイミングで大きな声を出す

だが、前戯もなしに初めからそこまで気持ちいいとは思えな
い。だが、悪意のある演技には思えなかった

きっと男に「そうしろ」と教わったのだろう。この子が出会
い系で人とセクロスするのは、単に寂しいからなのでは
出会い系の男なんてみんな所詮セクロス目的(俺含め)。

この子はそれを承知で、セクロスしたくて仕方ないから
じゃなく、ただ寂しくて、今俺の上で腰を振っているのかも

喘ぐひろみを見て、そう考えたのを覚えている

帰り際、ひろみは
「カラオケすごく楽しかった〜♪また遊ぼうね♪」
とあの屈託のない笑顔で言った
この子は別にセクロスしたかったわけじゃなかったんだな…

ただそれでも今日は楽しかったって言えるひろみに、無責任
に少し寂しく感じた

その日はそこで別れた

それから三ヶ月ほど経った
その間連絡は取っていなかった気がする
ある日ひろみから連絡が来て渋谷で遊ぶことになった
「俺君久しぶり〜♪」
久しぶりの笑顔は変わっていなかった

渋谷のカラオケに行く
しばらく歌った後、キスをすると、まだひろみは笑顔だった
だがスカートの中に手を入れると、表情が一変した
ひろみのそんな表情を見るのは初めてだった

「ゴメン…今日はエッチできないんだ…」
泣きそうな表情でひろみは言った

「私…今妊娠してるの…」

一瞬ドキっとしたが、相手は俺じゃなかった

「こないだ会った人とね、中では出さなかったんだけど
ちょっとだけ生でしたら…もうすぐ堕ろすんだけどね」

「だけどお金だけ渡されて連絡とれなくなっちゃって不安で…
エッチできないと今まで遊んでくれつた人も会ってくれなく
なって…」

「ゴメンねエッチできなくて。」

ひろみは泣いていた

俺はひろみを抱きしめながらも
どうしたらいいかわからなかった

はっきり言って俺は善人ではない
出会い系も性欲の為にやってるだけだ

でもこの子の胸の内を聞いたとき、責任は取れないし、彼氏
にもなる勇気もないが…

でも出来る限りこの子が望むことをしてあげようと思った

中絶が終わった後も、ひろみとは半年に一回くらいのペース
で定期的に会った

しばらくしてからはまたセクロスもする様になった。もち
ろん避妊はちゃんとした
彼氏が出来ても、ひろみは忘れた頃に俺に連絡をしてきた

「俺くんは特別だから♪彼氏とは違うんだ」

ひろみに彼氏がいても、俺らはセクロスをした
ひろみには「もう俺と彼氏以外とは絶対エッチするな」と会
う度に話した

「うん!」と明るく話すひろみは、もう昔の屈託のない笑顔
に戻っていた

俺は彼女がいる時はひろみに会わないようにしていた。
正義感とも言えるようなもんでもないが…

ひろみもそれをわかってくれて連絡も控えてくれていたが、
ある日バイト中の池袋で、いきなり知らないJKに声をかけら
れた

「あの…俺さんですよね?私、ひろみの友達です。池袋で
俺さんに会ったらこれを渡してほしいって」

ひろみからの手紙とCDだった

内容は

「俺くんに彼女ができたからもう会えないかも知れないけ
ど、今まで本当にありがとう!
辛い時にいっぱいいっぱい助けてくれて、本当に感謝してます
彼女さんとお幸せにね。私もいい男捕まえるぞー♪」

何故か涙がこぼれた
俺が何をしてやったのか…俺なんて結局セクロス目的の、他
の男と変わらないじゃねえか

なのにこいつは…

結局その後、当時の彼女とも別れ、また定期的に会ったんだ
けどね

だがそんな関係にも終わりが来る

出会ってからもう7〜8年が経っていた

ひろみは裕福な家庭の頭のいい子で、出会った当時は高二だっ
た彼女も、有名私立お嬢様学校に入り、航空会社のグランド
ホステスとして働いていた

俺も大学を出てサラリーマンとして働いていた

「私、結婚するんだ」
久しぶりの連絡だった

最後に会う約束をした。二年ぶりくらいだろうか
平日だったが、彼女は夜勤明けで空港から会いにきてくれた
彼氏の話や幸せな話を聞きながら、楽しい食事だった
そして最後のホテルへ

セクロスしときながらなんだが、俺にとっては妹みたいな存在だった

ひろみは一人っ子で、よく「俺がお兄ちゃんだったらなあ
w」と言っていた。彼女のさみしがりはそこから来てるのか
も知れない

ホテルに入って無言でひろみを抱きしめた
ひろみは泣いていた
「…いっぱい…いっぱいありがとう…」

セクロス中、彼女は泣くのを我慢しながら、笑顔だった。
お互いもう二度と会えなくなるのは何となくわかってた

「フェラうまくなったでしょ〜w
彼氏も気持ちいいってw
俺の教育の賜物だね♪」

「ここが気持ちいいんでしょ?知ってるよ〜w」

ただの性欲だけじゃない、けど恋愛感情とも違う、不思議な
感覚だった

「ねえ俺、ゴムはつけなくていいよ。今日はそのまま入れ
て欲しい」

あの時、何故断らなかったかわからない
俺はひろみとのセクロスは必ずゴムをつけていた
優しさというにはあまりにも浅ましい、俺のちっぽけな偽善だった

「最後だし今日は大丈夫な日だから…これで赤ちゃんできた
ら奇跡だよw」

ひろみはあの笑顔で笑った
出会ってから約八年、俺達は初めて何の遮りもなく、一つに
なった

間もなくひろみは結婚した
結婚してからもたまに連絡が来たが、俺は返信をしなかった

もう兄離れの時期はとっくに過ぎている。感情に任せて連絡
を取っても、あいつにとっていいことはないと勝手に考えて
いた

ひろみも悟ったのか、しばらく連絡がこなくなり俺もひろみ
を思い出すこともなくなったある日、メールが届いた

「久しぶり!元気にしてる?あのね、俺に連絡したいこと
があって…」

「私妊娠したの。でも駄目だった。死産だったの」

メールはまだ続いていたが俺はここで続きを読めなくなり、
携帯をほうりなげて泣き崩れた

なんで…なんでコイツばっかりこんな目に…
こいつは何にも悪いことなんてしてない。人よりちょっと純
粋なだけだ。悪いのは俺みたいな性欲目的の男共じゃねえか!
それなのに…

自分でも驚くほど、涙が止まらなかった

しばらく一人で泣き続けた

そして涙が止まるのを待って、メールの続きを読んだ

「でもね、もう大丈夫!もうあの頃みたいに弱くないからね♪」

「旦那の稼ぎも悪いし、私が家庭を守っていかないと!」

「バリバリ働いて、そのうちまた恵まれたら、元気な赤ちゃ
んを産みたいな」

「男の子ったらもしかしたら俺って名前にしちゃうかもw
無断でごめんねw」

ああ、こいつはもうあのさみしがり屋の妹じゃないんだ
俺なんかいなくたって大丈夫。辛い思いをした分、こいつは
きっと幸せになれる

最後に添付されていた夫婦の写真のひろみは、俺が大好きだっ
たあの屈託のない笑顔だった

 - 未分類 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
出会い系での勝負

これは『全国妻の肉体関係掲示板』での事です。携帯電話で、女性掲示板の書き込みを見ていると、こんな書き込みがありました。投稿者:あんな 18歳タイトル:12戦1敗 他の書き込みは、大体「今日~で会える方」とか「援でお願い」とか「プチサポよろ」等、内容はどうあれ出会い…

no image
★出会い系の女性はデブでも良いんです

 去年の5月に出会い系で知り合ったサエ。大学院生で学校が忙しくバイトも出来ず、かと言って仕送りの増額を頼むのも出来ないので、キスと入れるの無しでイチという条件で援を始めたとの事。だが4月から募集して、待ち合わせ場所に行ってもドタキャンで実質俺が初援だったらしい。サエは身長160cm体重70kg代でしずちゃんの目つきを悪くした感じの女だった。 だけど俺はよく友人達から、女の趣味が悪いと言われているくらいだった

no image
★女装が趣味で凄い経験をしました

 わたしは、パンスト好きなM完全女装子です。ちょっとエッチなポーズで写真を撮ってほしくて、普段からホームレスの方にお願いしていました。ある夕方、高架橋の下に住んでいたホームレスの方に声をかけたとき、わたしの姿を、舐めまわすように見ていました。 わたしの格好は、下着が透けてみえるブラウスとフレアスカート、パンストにヒール5cmくらいのパンプスを履いていました。お化粧もバッチリメークで、気持ちも完全女

no image
★ヤクルトレディーの営業

 21才の人妻なんですが、18才で結婚をして、子供が3才になり今年から、託居所のあるヤクルトでパートを始めました。8月に自分の担当エリアの隣のエリアの担当さんが辞めて担当を引き継ぐ事になり、あるマンションへ!お客様の所に挨拶に行った帰りに他のお部屋の方に営業しました。 ヤクルトレディーの給料って、ほぼ歩合制なんで新しいお客さんが欲しくて…!何軒か断られて多少凹みがちである部屋を尋ねると、いきなりドアが開

no image
★映画館の熟女のアルバイト

 東京近郊のショッピングモールでのことです。よく映画見にいくのですがファーストフードの外の席でいつも昼食をとっています。くるたびにぽっちゃり40代ぐらいの女性がコーヒーだけで同じ席にいるんです。3回目の時に思い切って声をかけてみました「いつもいますね。待ち合わせですか?」すると「お金なくて遊んでくれない?いくらでもいいよ」私は冗談っぽく「お金ないしなー2千円しかもってないし・・」おどろいたことに「

no image
ブルマー姿の妻が

またしても長文乱文になってしまいました。続きに興味がある方は読んで頂けたら幸いです。シックスナインの状態のまま絶頂の余韻に浸っていた二人が動き始めました。下にいるNが、右手を妻の股間に滑りこませます。グッタリしていた妻が はああっ! と のけ反りました。 私…

no image
★女は浮気願望が結構あるんですね

 俺が19の頃つきあっていた女だけど・・クリスマスに会おうと言うと 「レゲエのパーティに誘われたからそれに行く」と言われた、なぁんか嫌な予感がしたんで「誰と?」と聞くと「いつも髪の毛切って貰ってる美容室の人達」とゆう風に複数でいく ようだった。 それにしてもなにもクリスマスに行かなくてもと言ったが、なんかお世話になったから頭数の為に言ってくるような感じでどうしても 行くような感じだった「女の人(店の

no image
夏の音楽準備室での思い出

もうかれこれ10数年前のことですが、夏が近づくと必ず思い出します。 今思うと変態的で、語るのも恥ずかしい程です。 当時、私は地方の公立中学に通う普通の中2でした。 その当時は奥手で、クラスにいいと思う子はいるけど、 付き合おうとは考えもしませんでした。 そんな…

no image
★40歳を超えると性欲に貪欲ゆって

 今年40歳になる既婚の男です。小生、若い頃はそれなりに遊んでいたのですが、結婚以降は遊ぶこともなく過ごして来ました。 妻は私より3歳下で性欲に関しては無知です。今から思えば間がさしたと言うのでしょうか?出会い系サイトに駄目元で登録したところ私よりも3歳年上の熟女に巡り合いました。 最初はドライブやお茶程度の付き合いで、私から言うとメル友の延長と言う感じだったのですが…いつもと変わらないドライブの最中に

no image
棚から牡丹餅

俺の職業は鳶です。しかし、不況なので収入が減り、友達の紹介でアダルトショップのアルバイトもしています。アダルトショップといっても客は少なく、仕事内容のほとんどはネットでのおもちゃの販売で、その包装などが多いです。何気なしに、宛先を見ていると、ご近所さん。2…