エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

友達夫婦とスワップで3P4Pの告白談

   

友達夫婦とスワップで3P4Pの告白談

 僕達は30代前半の夫婦です。結婚して2年近く経つがそろそろ新しい刺激がほしかった頃の出来事。その日、嫁さん(=K美)が学生時代からの付き合いだった。女友達(=E子)とその旦那さんが家に遊びにきていたのだ。お酒を飲んで4人とも程よく酔っ払っていた時に、これまでに一番すごかった性体験を語り合う事になった。じゃんけんの結果、最初にK美が話す事に。
 これまで僕自身あまりK美の過去の話は聞いておらず、かなりどきどきしていた。内容は以下だった。「大学時代、当時付き合っていた彼氏とある日ふたりで彼の家で夜を過ごしていたら、彼氏の先輩がふと遊びに来た。先輩は既に酔っていたので早々にいびきをかいて寝始めてしまった。私達はその頃忙しくてなかなか会えなかったので久しぶりのエッチを楽しむ予定だったから、先輩が寝ている横でエッチを始めてしまった。

 そしたら私達二人の声が漏れていたのか先輩が起きてしまい、「俺も参加させてくれ」と言う。もうエッチな気分でいっぱいになっていた彼氏は「K美しだいだ」と言う。実は当時の彼氏と付き合う前に私はその先輩が好きだった事もありOKをしてしまい3Pをする事に。彼氏以外の人、しかも自分が好きだった先輩にあそこを舐められて気持ちよくなっている所を彼氏に見られるのは少し罪悪感があったけどすごく気持ちよかった。

[PR]女「あ~家帰りたくな~い」俺「ちょwちょw家来なよ~」となった結果www[PR]

 しかもその彼氏も夢中で私のおっぱいを舐めていた。二つの舌が違う所で同時に私を気持ちよくするなんて最高だったし、気持ちよくて頭の中は真っ白だった。それにおちんちんが2本あってどっちも大きく固くなってて、夢中で気持ちよくもさせてあげた。」という体験談だった。

 僕はその内容にかなり興奮してしまい既にあそこは、かちんかちんになっていた。よく見ればK美は過去の気持ちよかった事を思い出して、すでに自分のズボンの上から右手があそこに伸びていたのだ。そこで僕は「少し気持ちよくしてあげる」と言い、彼女のおっぱいを触り始めた所、吐息が漏れ出したのだった。その時、K美の友達夫婦も既に寄り添って二人でキスをしつつおっぱいを触っていたのだった。なので僕らはそのままエッチを始めてしまった。

 K美は予想通り既にかなり濡れており、僕の右手を自分のあそこに誘導してくるのだ。僕はK美を下着だけにさせてE子夫婦によく見えるようにK美を四つん這いにさせK美のあそこを触り始めたのだ。そのK美の姿がとてもエッチであった事は間違いなく、E子夫婦もエッチをしながらしばしばK美の様子をちらちらと見ていた。

 K美はどうやらE子の旦那さんと目があう時、更なる快感を感じているようだった。そこで僕はK美に「また3Pをしてみたい?」と聞くと、気持ちよくなりながら目を輝かせて「うん、してみたい。」と言うので、E子の旦那さんが参戦することに。K美はそれまで僕が聞いた事のないようなよがり声をだして気持ちよくなっていたのだった。


 あそこをE子の旦那さんに舐められたり、指を入れられたりしてかなり気持ちいいらしく、何度となくK美は「ごめんね。でも気持ちいいの。上も下も気持ちいいわ。」と甘えた声で言うのであったが僕はそれに興奮して必死にK美のおっぱいを舐めるのであった。そしていよいよE子の旦那さんがK美のあそこにおちんちんを挿入した時、K美は全身を伸ばして、手も上に伸ばして至福の表情をしていた。

 僕はそのK美を見て、K美の顔の前で自分のおちんちんを必死にしごいてしまった。するとK美とは別の喘ぎ声が聞こえてきた。そう、E子はオナニーをしていたのだ。E子もK美と同じぐらいスタイルがよく、おっぱいも大きく僕は夢中でくらいついてしまった。そして既にびしょびしょになったあそこに指を入れると、腰をぐいぐいと動かし始めるのだった。それを見ていた。

 E子の旦那さんとK美はより一層激しいセックスをしていた。そしてK美が上になり騎乗位となって激しく下から突かれている時、K美が僕を呼ぶのである。「私におちんちんを咥えさせて」。E子の旦那さんの上で下から突かれながら立っている僕のおちんちんを舐める。そう彼女はこの状態が今までで一番すごかったエッチだったというのだ。


 その後、K美とE子の旦那さんはいってしまったので、僕はE子と夢中でセックスをした。そしてそばでは二人が鑑賞していたのだ。K美が言うように僕も見られる事に興奮を覚え、K美とE子の顔を代わる代わる見ながらE子を激しく突いた。するとK美はオナニーを始めるではないか。無理もない。

 自分の旦那が他の女性とのセックス中なのだから。E子の旦那さんも二人の女性のいやらしい姿を見ているとまたすぐに大きくなってきたので、E子との3Pを楽しんだ。その後、朝までスワップ、3P、4Pを続けたのは言うまでもない。その後はE子夫婦と月に1度程度、エッチを楽しんでいる。これが僕達夫婦にいいように作用しているから不思議だ。

 - 会社員の体験談 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★俺のペニスに夢中になった女上司

 俺が25歳ぐらいの時の上司が、松嶋菜々子級の38歳の女性だった。仕事はできるがかなり性格もキツく、近寄り難い人だった…5年ぐらい前に離婚をし、美人だが男の噂も無く、仕事一筋って感じで、プライベートは誰も知らなかった。 俺は休みの日に遠方で買い物してたら菜々子(菜々子にしときます)を見かけ、あれ?って思うぐらい可愛らしい格好をしてて、興味本位で付いて行ったらアダルトショップに入って行った…

no image
★奥手で地味な事務員をSEX好きに

 事の発端は忘年会。帰り道が一緒なのとお酒の勢いもあってホテルへ・・・。あまり興味をもってない女でしたが付いてきました。名前は京香(27歳)銀縁メガネの高卒真面目な事務員です。SEXしてもほぼマグロ・・・。フェラは歯があたり大した快感を得る事ができませんでした。  ただ、初めて見たのですが、メガネを取るとけっこうイケてる。そして何よりDカップの谷間・・・。普段は会社の制服のベストでわからなかったんですね・・・。

no image
★海外を周っていた時のエロな話

 当時20歳の自分は東南アジアを中心に色々な国を周っていました。特に理由はなかったのですが、ただ漠然と行ってみたいという衝動に駆られ、1ヶ月程ですが初めて一人で海外に出ました。 右も左もわからずに空港から放り出された時はどうしようと思いましたが、意外とどうにかなるもので3日も経てばゆるい感じで旅をしている自分がそこにいました。さて、旅にも慣れてきた所でタイのバンコクからチェンマイまでナイトバスを使

no image
★電車の車両で毎日会う女性との話

 毎朝同じ電車の車両で顔を合わせた女がいた。髪の長い切れ長の目をした細面の綺麗な女だった。節分の夜、残業で遅くなった俺は、会社に出入りしている保険屋の伯母さんがくれた、子袋の福豆を駅のホームで食べようとしていたら毎朝会う女がいた。「あ、どうも・・これ、いかがです?」「あら、今日は節分だったわね。ご馳走になろうかしら。」これがきっかけで、毎朝挨拶するようになり、言葉を交わすようになり、金曜の夜、また

no image
マンネリ化の解消でポルノ映画を見に行きましたが・・

 私は30歳、妻34歳の×1子供無しの再婚夫婦です。妻とのセックスにマンネリ化したので、何か刺激はないか?と考えたのですが、何も思いつかずに、某雑誌をペラペラとめっくていると、ポルノ映画館での露出プレイが載っていました。私は『これだ!』と思い、妻に「今度、映画でも見に行こうか?」と言いました。

no image
★宅配食材をしている奥さんとの切ない話

 愛知に住む会社員です。昨年マンションに住んでた頃、下のフロアに宅配食材をやっている奥さんがいました。独り身で食事の世話には不自由してましたから良く利用してました。奥さんはHさんといい、どちらかと言うと可愛い感じの30歳でした。 少し、家を空けたので頼んだ食材を取りにHさんのところに行くとシャワーを浴びてる様子。窓越しに名前をいって自室に戻りました。暫くすると食材を持ってHさんが尋ねてきました。お金を

no image
★懐かしい童貞の頃のエロ体験談

 もう何年も前の話、まだボクは童貞でした。高校を卒業して就職した会社の先輩に連れられて、そのお店に行きました。初めてのスナック、化粧栄えしたママとそんなに若くはないホステスが一人だけの小さなお店でした。  ママは当時35歳、ボクは20歳だったと思いますが、そんな細かいことはどうでもいいか…それまで女性と手を握ったことも無かったボクは一目でママに惚れてしまいました。1年ほど通った頃、二人きりになったお店で

no image
★ハローワークでナンパできるなんて・・

 休みだったんですが、会社の用で始めてハローワークに行きました。不況なんですぬぇ~人人人人人…でビックリしましたよ。みんな大変だなぁ~っておもいながら書類をだして、名前呼ばれるのをはじっこの長椅子に座って待ってました。隣に細身で小柄な22、23歳位の色白な子が座って携帯いじってました。 何気にのぞいたらよく見えないながら、自分も使ってた事のある出会い系サイトだとおもわれます。20分位は待って書類を受け取

no image
★慰安旅行での悪夢な事

 数年前の慰安旅行のときのお話です。その年は、混浴で有名な温泉旅館に行きました。旅館に着いて宴会までの空いた時間に各自温泉に浸かりのんびり過ごしました。宴会が始まり、お酒の弱いあきは、なるべく断るようにしていたんですが・・そこは上司から注がれるお酒・・なかなか断れず、飲み進めているうちにかなり酔ってしまったようで、 男性社員の膝を枕に寝てしまいました・・。目を覚ますと・・男性社員の何人かがあきの顔

no image
★部下の女性の体を堪能した

 先週金曜日の話です。自分の職場に部下のHというのがいます。入社3年目でまあまあ仕事はできます。その点は非常に評価しているのですが、一つ気に入らないことが。Hにはミエコという彼女がいます。同じ社内でなかなかの美人です。芸能人の優香×0.9って感じです。 同じ社内で自分の直属ではないのですが入社6年目。このミエコと付き合っているのが妬みなんですけど気に入らないのです。そして先週金曜日のランチどき。会社の休憩