エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

ふとしたキッカケで出会った女性と・・1/4

   

ふとしたキッカケで出会った女性と・・1/4

 私はごく普通の会社員、37才。妻と子供二人(5才男、2才女)がいる(Mという名字である)。職場でもプライベートでも特に、もてると言うわけでもなくごく普通に女性とは会話ができるような男だ。ただ、学生の頃には、一緒に歩いていると「姉さん?」と友人に聞かれるような年上系の(本当は同い年)女性と同棲していた時期もあり当時は毎日のようにやることもやっていた。(その割には挿入すると早いのだが・・)。
 職場の定期異動の対象となり、仕事が少し変わった3年前の春のこと。小さなプロジェクトの会議があり、その集合場所に行くと、Tさんという女性と出会う。Tさんは普通の男性が見れば10人中9人が美人というぐらいの面立ちで、そこで偶然会った同期入社の友人にも、「あの人後で紹介して」と言われるほどであった。

 芸能人にたとえると、CCガールズの、藤森夕子という感じだ。(俺も古いな) 年齢は見た目32プラスマイナス3才という辺りだと予想した。(これはほぼ正解であった。)スタイルも良く、出ているところはしっかり出ている、という感じではある。身長も165センチぐらいあり、一昔前の表現をすると、「ないすバディ」の一歩手前ぐらいだった。


 その会議では初対面でもあり、ごく普通に仕事に関する会話をした。この会議終了時に、駐車場で車に乗り込むTさんを見かけたのだが、車にはしっかりとチャイルドシートがついてあり、「そっかぁ結婚しているんだ」と少しがっかりした。左手には中指にだけ指輪をしており、もしかしたら独身? なんて、ちょっとだけ期待をしたのである。

 その後は特に事件もなく、ある程度仲良くなりつつ、仕事は順調に進む。ある時、「じゃぁこんど飲みに行こうか」と社交辞令的に誘ってみた。帰ってきた答えは、「息子のKちゃんも一緒で良い?」であった。さすがに、私もそれには「そうだよね、簡単には飲みに出られないんだよね。」と回答するだけだった。

 私たちのプロジェクトは恒常的に活動するわけではなく、必要に応じてTさんの会社も含めた数社から人間が集まるようなプロジェクトであった。最初に出会ってから1年ぐらい立ってから、ちょっとしたイベントを企画し無事終了した。このイベント自体は私がメインとなり企画運営した物で、少しだけ関連がある、ということでプロジェクトのメンバーにも関与してもらった。

 打ち上げにも参加してもらうことになる。その打ち上げには、Tさん、また参加できないんだろうな、と思い私はがばがば飲んで、勝手に盛り上がっていた。私のかすかな記憶の中に、Tさんがいた。「何で?」などと思考する余裕も無いまま、私たちは盛り上がっていた。僅かに覚えていたのは、私も風俗に行くこと私もちょっとだけ妻以外に気に入った女性がいることなどを話したことである。


 もう一つ、インパクトがあり覚えていることがあった。それは、Tさんの「そうだよね、浮気するんだったらばれないようにした方が良かったのにねぇ~まだ風俗行く方が良かったよね」という発言。過去形だったこともしっかり覚えていた。このことだけが耳に残っており翌日、Tさんの同僚で、こういった類を聞けそうな先輩に電話をかけてみた。

 私「Tさんって、旦那どうしたんですか?」先輩「おまえ知らなかったの?Tちゃん色んなところで自分から言うんだけどねぇ。バツイチだよ」私「・・あれま。」私としては、バツイチ女性を食べてしまおう、という感じではなく色々大変なんだろうな、ということで、余計アクセスしたくなった。

 ある秋の日曜日、再びちょっとしたイベントにプロジェクト員で対応した。もちろんTさんも一緒。私とは少し離れたブースで仕事をしていた。イベントも終板にさしかかり、お客さんも少なくなってきた頃、首筋に何か暖かい物が触れた。何だ?と思って振り向くと、焼き芋の袋をかかえたTさんがいた。「休憩にしましょう」と無邪気に微笑む。


「いいねぇ」と持ち場をアルバイトさんに頼んで、お客さんから見えないところに行き、二人で段ボールを敷いて座り込む。「美味しいねぇ、暖かいねぇ」と二人で雑談をしながら焼き芋を食べる。仕事のこと・子供のこと、話し出すとTさんは止まらない。あっというまに30分は過ぎただろうか。「私まだお昼食べてなかったんです。もう少しつきあってくれますか?」とTさん。

 今度はどこで見つけたのか、つくねとソフトクリームを買ってきた。(すごい組み合わせだ)「これ、ほひしひでふね、はふはふはふ。」と言いながらつくねを食べるTさん。食べ終わって今度はソフトを食べ始めた。「Mさんも半分食べません?もう少し溶けちゃってますけど、普通のと違う牛の牛乳で作られているらしくて美味しいんですよ。」とTさん。

「スプーンか何かある?」「無いからそのままどうぞ。口紅ついてないですから。」と言われて、中学生のように下半身まで僅かな電流が走ってしまった。少し情けない。とても色っぽい唇が食べたソフトを・・と思うとそれはやむを得ない。「ありがとう。」といいながら、少し興奮してソフトを食べる。味など覚えていなかった。


 翌日、私はTさんにメールを書いた。遅い昼食楽しかったことや、今度は、段ボールの上じゃなくてちゃんとしたランチを食べよう、ということ、代休がれそうかどうか、ということ等などの内容である。結局、その週の金曜日、一緒にランチをすることになった。県庁所在地(といっても小さな街です。)の駅近くのレストランで待ち合わせ、そこでランチを食べた。

 私は余裕を持ってランチ食べられるように午後は休みにしていた(下心40%)ランチを食べ、その後のコーヒーを飲みながら、Tさんはまたまた話す話す。特にも子育て好きの私としては、子供の話も得意だ。ましてやTさんの子供さんは男の子。小学1年生ともなれば、母親では気持がわからない事もあるようだ。時折コメントを入れながら私は話を聞いていた。


 ふと窓から外を見ると、駅からはTDLのお決まり袋をぶら下げたカップルが出てきた。それを見たTさんが話す。「私、しばらくTDL行ってないなぁ。夜のTDL行ってみたいなぁ。一度昼間にKちゃんと行ったんだけど、キャラクター見て怖いって言い出して、すぐ帰ってきたのよ。」「そうそう、Mさん、時々東京出張行くでしょ。私もあわせて東京行くからTDL連れてってよ。夜2時間でも3時間だけでも良いから。ね、ね、ね。」と無邪気に言う。

 私がどう対応して良いものか悩んでいると「あっ、もうこんな時間。今日はお付き合いありがとうございました。仕事戻ります。」とTさん。「じゃぁ東京泊まりで行くことになったらメールするから」と(冗談だぞ冗談と自分に言い聞かせて)言ってみる。日程によっては日帰り出張もかなりある。「メール待ってまーーす。では、ごちそうさまでした。」と職場に帰るTさんであった。

 それから数カ月後の春、私には本当にベストの出張が舞い込んできた。東京には朝8:00に到着していなくてはならない。朝一番の新幹線に乗ってもぎりぎりの時間帯だ。東京駅から先は地下鉄への乗換えも必要なので、ムリかもしれない。ということは、前泊だ。下心70%でメールを書いてみた。まぁ「冗談ですよ、本気にしたんですかぁ?あはははは。」というメールが帰ってくることも覚悟していた。


 そうしたら半日後に「調整するからちょっと待ってね。行けたら行きたいです。覚えていてくれてありがとう。」というメールが帰ってきた。何でも、どうしても泊まり出張などがある場合は車で30分の実家にKちゃんは預けるらしい。

 翌日、私が朝から20分おきにメールをチェックしたのは言うまでもない。そしてお昼少し前、メールが来た。しかし、メールのタイトルだけでは内容はわからない。深呼吸して、メールを開く。「お誘いありがとう。願いを叶えてくれることに感謝。ちょっと仕事が溜まってしまったので、宿泊などの手配はお願いできますか。当日は17:**に到着する新幹線を手配しますので、駅で会いましょう。」という内容であった。

続く

 - 出会い系の体験談 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★出会いの偶然って不思議ですね

 2年前、出会い系で知り合った熟女。メールや電話を重ね、ついに会うことに。ドキドキして待っている私の前に現れたのは、なんと中学生の時の英語の先生!まさかと思ったが、やり取りしていた名前が一致。動揺を隠せなかった。今は教師を辞めたとはいえ、元教え子と出会い系で再会なんて思ってもいなかっただろう。 先生といえば、私を熟女好きにさせたくらいの色気ムンムン巨乳美熟女で、よく先生の裸を想像してはオナニーをした

no image
★出会い系の熟女と気合の3連戦

 今日は仕事が休みなんで外は雨だし…≪熟妻新生活≫のポイント残があったので、メッセージ入れて朝一からメールのやりとり。小一時間で3人とやりとりして、39歳(年齢がちょっと不満、40代か50代が好きなんで)とやることに。 華奢いの好きだし普通のおとなし系の主婦ということと、玩具も快諾、此方まで来てくれると条件はよかった。駅のロータリーで待ってると、黒のワゴンR登場、向こうから降りてきて当方の車の窓を覗き会釈し

no image
★JKと出会え至福の1日を

 先日の肌寒い日の夕方、都内の新小岩駅前のマックにひとりの制服姿の女の子、がコーヒー片手にスマホ弄りしていた。俺はハンバーガーセットを食べながら30分程寛いでいた。彼女は黙々とスマホ弄り。時折溜息を付きながら。席が隣だったので何気に声掛けしてみた。 最初は警戒していて彼女は黙っていたが、俺が同い年くらいになる自分の娘の話をすると少しずつ打ち解けてくれた。彼女は<仮名>野崎あい。といって近所のスーパー

no image
■清楚な主婦だったが、性欲には本性を出して来た・・1/2

 今年の春でした、既婚者の出会い系サイトで美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。「旦那は、相手にしてくれない」「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」「昨日は、あなたの事を想像してエッチなこと

no image
★入れて止める作戦が成功し逝かせました

 今から1年前出会い系に近いサイトで人妻Y子と知り合った。メールでやり取りするうち、いつしか体を重ねることで意気投合。いろいろ話を聞くと旦那とはレスでご無沙汰のようだ。シティホテルのデイユースを予約しいざ本番。恥ずかしながら早漏のため、激しい抜き差しをするとすぐに出てしまう。 なので前後運動は控え、深く挿入してあまり動かさない戦法でいくことにした。時間をかけて愛撫したため、Y子のあそこはぐじょぐじょ

no image
★セックスで初めて中折れに・・

 あれはまだ私が24才だったと思います。その頃は未婚で外回りの仕事をしていました。まだ若く、体力もありナンパや出会い系で一夜を女性と過ごしてばかりの生活をいていたときの事です。出会い系で捕まえた同い年のややぽっちゃり体型。夕方に待ち合わせし、見た目許容範囲だったので繁華街へ。 お酒も入り良い雰囲気で相手もまんざらでは無さそう。軽く口説きホテルへ。その女性が恥ずかしいと言うので別々にシャワーを浴びベッ

no image
★止められない、とまらないテレクラ遊び

 チカ21歳です。誰かに言いたくて、でも、まじめぶってるから言えなくてここに書いちゃいます。実はチカ、エッチ大好きでいじめられたいんです。彼とのセックスだけじゃ物足りなくて、テレクラで知り合った人と結構してます。チカは髪も黒いし童顔で、 今でも高校生に間違われるぐらいなんだけどそれとは反対に、体は成長しちゃって(でも背はちっこいの)おっぱいがGカップもあるからSなロリ好きにはたまらないらしいです。

no image
★変態な関係が続いています。

 わたしは28歳になるバツのついた女です。特定の彼氏はいないのですが、時々(人妻クローバー)で遊んでいます。見た感じは清楚に見られるのですが、かなりHが好きで(照)毎日でもSEXはしたい方です。ある時出会い系へ書き込みをしたのですが、10通20通とメールが来た中で、ひときわアブノーマルなメールに思わず目が止まりました。 その内容は「女性に責めて欲しいのです。出来ればつばや聖水を飲ませて下さい。黄金も頂けれ

no image
★出会い系でナースのタイプの女性

 俺、横浜、35歳(当時)♂、既婚、169/60、奥田民生似。相手 川崎、29歳♀、既婚、146/38(推定)、ナース、写メ交換済み 写メはなっちと中村雅俊妻を足して2で割った感じ。自分的にはかなりタイプ。  ダンナがあまり構ってくれないのと、仕事・家事・育児のストレスでふと寂しくなるらしい。仕事の愚痴や失敗談なども聞かされる。メール開始後2週間くらいで初面接。写メとは多少雰囲気は違うが、細身・コンパクトサイズで顔

no image
★女性は大事に取扱いましょう

 出会い系サイトで知り合った27歳の既婚の女の子、今まで一度も逝ったことがないのが悩みとのこと。結婚前の彼氏は若かったせいもあってか、さっさと入れて動かすだけだったそう。で、今の旦那さんは自分だけ早く逝き、しかも前戯もろくにしないようで、彼女が濡れていなければ、ローションを付けて入れてくるんだそうです。 彼と一緒に逝きたいとの思いもあって、あせって余計気持ちよくなれなかったようです。このまま旦那さん