エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

怯えるJKに容赦なく中出しセックスした話

   


腐れ外道です。
ひひひひ…ひさしぶりに美味しい馬鹿女をヤリましたわ。
たぶん終電だと思いますが、だらしなあい感じのJKでしたわ。
髪はロングの茶髪でクッソ短いグレーの制服スカート、上着の紺のブレザーと同じくらいの丈ですわ。
ピチピチの太股さらけだして、紺のソックスにかかとを潰した革靴でだらしなあく歩いていましたわ。
こんな格好で携帯いじりながらイヤホンして、人間どころか車通りもないような田舎道を夜中に一人歩き…馬鹿女も馬鹿女ですわ(笑)。
ずいぶんと前に違うJKをヤッた方向へ歩いてたので、また同じところでヤッてやるつもりだったが、途中から違う方向へ歩きだしましてな(泣)。
なんかムカついて余計にヤッてやりたくなりましたわ(笑)。

腐れ外道です。
ひひひひ…ひさしぶりに美味しい馬鹿女をヤリましたわ。
たぶん終電だと思いますが、だらしなあい感じのJKでしたわ。
髪はロングの茶髪でクッソ短いグレーの制服スカート、上着の紺のブレザーと同じくらいの丈ですわ。
ピチピチの太股さらけだして、紺のソックスにかかとを潰した革靴でだらしなあく歩いていましたわ。
こんな格好で携帯いじりながらイヤホンして、人間どころか車通りもないような田舎道を夜中に一人歩き…馬鹿女も馬鹿女ですわ(笑)。
ずいぶんと前に違うJKをヤッた方向へ歩いてたので、また同じところでヤッてやるつもりだったが、途中から違う方向へ歩きだしましてな(泣)。
なんかムカついて余計にヤッてやりたくなりましたわ(笑)。

片側はガードレールで反対側は畑になってるところでしたわ。
みはらしのいいところだし、邪魔くさい民家が一軒ありましてな。
畑は通りから隠れるようなところがないし余計にムカつきましたわ(笑)。
でも、よくよくこの民家を眺めると空き家みたいな感じでしてな。呼び鈴も鳴らないしポストはチラシ類が大量にあるし。
俺は民家の敷地で待ち伏せしたわけですわ。
ずっ…ずっ…ずっ…ずっ…ずっ…
革靴のかかとをひきづりながら、馬鹿女がトボトボと近づいてきましたわ。
民家の前に来た時に、俺はダッシュで飛び出してJKに襲いかかりましたわ。
「騒ぐと殺すぞっ!」馬鹿女の口をふさぎながら耳元で脅すと、悲鳴もあげず抵抗もせずおとなしいもんですわ。
俺はそのまま民家の敷地へ馬鹿JKを連れ込んで、庭の端で押し倒しましたわ。

もう既にパンチラ状態で横たわる馬鹿JKを見て、俺はだんだん興奮してきましたわ。
まず携帯を取り上げてから首に手をかけて再び脅しましたわ。こうなればヤレたも同然ですわ(笑)。
持っていたライト付きのライターで照らすとかなり怯えた表情でな。この顔がまた興奮するんですわ。
「いいか、おとなしくしてろよ」俺が言うと馬鹿JKは小刻みに何度も頷いてましたわ。
馬鹿JKの顔を見ながらパンティの中ん手を突っ込んで、そのままいきなり手マンですわ(笑)。
「痛い…」馬鹿JKの顔が眉間にしわよせて歪んだ表情してたが、俺はおかまいなしに中指をオマンコにピストンさせましたわ。
面白いわな…嫌がっててもオマンコは濡れてくるからな(笑)。
白地に小さい星がプリントされたパンティを脱がそうとしたら「お願いです…」って呟きながら、片手でパンティを掴んできやがったんで、ソッコーで平手打ちかましてやりましたわ(笑)。

「殺されたいのかよ…」また脅すと馬鹿JKは首をゆっくりと横に振ってましたわ。
パンティ脱がして俺もズボンとパンツ脱いで馬鹿JKの股を開いて腰を落とすと「ごめんなさい、それは許してください…お願い、お願いします」とか言いながら、両手でオマンコ隠しやがったので、また平手打ちですわ(笑)。
「うぅ…」馬鹿JKは泣き出してな。おかまいなしに勃起したチンコを無理矢理挿入しましたわ。
「ごめんなさい…ごめんなさい…うぅ…うぅ…」
馬鹿JKの泣き顔…最高に興奮しますわ。あとは俺が腰振って気持ちよくなればいいだけですわ(笑)。
ブレザーの上着をはだけて白いブラウスをたくし上げると、パンティと同じ柄のブラジャーでな。
小ぶりのオッパイだったが、JKは感触がちがいますわ(笑)。

俺はすぐにイキそうになったんで、馬鹿JKの耳元へ「いいオマンコだな…もうイキそうだよ」と言うと「お願いします…外に…お願いします…」懇願してましたわ。
「わかったよ」と言いながら、俺は中出ししてやりましたわ(笑)。
最高に気持ちよかったわ。JKは最高ですわ。
泣きじゃくる馬鹿JKはそのまま放置して帰ってきましたわ。
ひひひひ…またヤリたいですわ。


腐れ外道です。
ひひひひ…ひさしぶりに美味しい馬鹿女をヤリましたわ。
たぶん終電だと思いますが、だらしなあい感じのJKでしたわ。
髪はロングの茶髪でクッソ短いグレーの制服スカート、上着の紺のブレザーと同じくらいの丈ですわ。
ピチピチの太股さらけだして、紺のソックスにかかとを潰した革靴でだらしなあく歩いていましたわ。
こんな格好で携帯いじりながらイヤホンして、人間どころか車通りもないような田舎道を夜中に一人歩き…馬鹿女も馬鹿女ですわ(笑)。
ずいぶんと前に違うJKをヤッた方向へ歩いてたので、また同じところでヤッてやるつもりだったが、途中から違う方向へ歩きだしましてな(泣)。
なんかムカついて余計にヤッてやりたくなりましたわ(笑)。

腐れ外道です。
ひひひひ…ひさしぶりに美味しい馬鹿女をヤリましたわ。
たぶん終電だと思いますが、だらしなあい感じのJKでしたわ。
髪はロングの茶髪でクッソ短いグレーの制服スカート、上着の紺のブレザーと同じくらいの丈ですわ。
ピチピチの太股さらけだして、紺のソックスにかかとを潰した革靴でだらしなあく歩いていましたわ。
こんな格好で携帯いじりながらイヤホンして、人間どころか車通りもないような田舎道を夜中に一人歩き…馬鹿女も馬鹿女ですわ(笑)。
ずいぶんと前に違うJKをヤッた方向へ歩いてたので、また同じところでヤッてやるつもりだったが、途中から違う方向へ歩きだしましてな(泣)。
なんかムカついて余計にヤッてやりたくなりましたわ(笑)。

片側はガードレールで反対側は畑になってるところでしたわ。
みはらしのいいところだし、邪魔くさい民家が一軒ありましてな。
畑は通りから隠れるようなところがないし余計にムカつきましたわ(笑)。
でも、よくよくこの民家を眺めると空き家みたいな感じでしてな。呼び鈴も鳴らないしポストはチラシ類が大量にあるし。
俺は民家の敷地で待ち伏せしたわけですわ。
ずっ…ずっ…ずっ…ずっ…ずっ…
革靴のかかとをひきづりながら、馬鹿女がトボトボと近づいてきましたわ。
民家の前に来た時に、俺はダッシュで飛び出してJKに襲いかかりましたわ。
「騒ぐと殺すぞっ!」馬鹿女の口をふさぎながら耳元で脅すと、悲鳴もあげず抵抗もせずおとなしいもんですわ。
俺はそのまま民家の敷地へ馬鹿JKを連れ込んで、庭の端で押し倒しましたわ。

もう既にパンチラ状態で横たわる馬鹿JKを見て、俺はだんだん興奮してきましたわ。
まず携帯を取り上げてから首に手をかけて再び脅しましたわ。こうなればヤレたも同然ですわ(笑)。
持っていたライト付きのライターで照らすとかなり怯えた表情でな。この顔がまた興奮するんですわ。
「いいか、おとなしくしてろよ」俺が言うと馬鹿JKは小刻みに何度も頷いてましたわ。
馬鹿JKの顔を見ながらパンティの中ん手を突っ込んで、そのままいきなり手マンですわ(笑)。
「痛い…」馬鹿JKの顔が眉間にしわよせて歪んだ表情してたが、俺はおかまいなしに中指をオマンコにピストンさせましたわ。
面白いわな…嫌がっててもオマンコは濡れてくるからな(笑)。
白地に小さい星がプリントされたパンティを脱がそうとしたら「お願いです…」って呟きながら、片手でパンティを掴んできやがったんで、ソッコーで平手打ちかましてやりましたわ(笑)。

「殺されたいのかよ…」また脅すと馬鹿JKは首をゆっくりと横に振ってましたわ。
パンティ脱がして俺もズボンとパンツ脱いで馬鹿JKの股を開いて腰を落とすと「ごめんなさい、それは許してください…お願い、お願いします」とか言いながら、両手でオマンコ隠しやがったので、また平手打ちですわ(笑)。
「うぅ…」馬鹿JKは泣き出してな。おかまいなしに勃起したチンコを無理矢理挿入しましたわ。
「ごめんなさい…ごめんなさい…うぅ…うぅ…」
馬鹿JKの泣き顔…最高に興奮しますわ。あとは俺が腰振って気持ちよくなればいいだけですわ(笑)。
ブレザーの上着をはだけて白いブラウスをたくし上げると、パンティと同じ柄のブラジャーでな。
小ぶりのオッパイだったが、JKは感触がちがいますわ(笑)。

俺はすぐにイキそうになったんで、馬鹿JKの耳元へ「いいオマンコだな…もうイキそうだよ」と言うと「お願いします…外に…お願いします…」懇願してましたわ。
「わかったよ」と言いながら、俺は中出ししてやりましたわ(笑)。
最高に気持ちよかったわ。JKは最高ですわ。
泣きじゃくる馬鹿JKはそのまま放置して帰ってきましたわ。
ひひひひ…またヤリたいですわ。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
婚約者を貸し出した…

8月14日の熱帯夜です夜11時…今現在私の目の前で起こっている現実の出来事を書きます!私は愛する大切な婚約者の美幸を酔った勢いも有りまして、先輩に貸し出してしまいました…今私の大事な婚約者の美幸が…目の前で会社の先輩に下から激しく巨大な一物で突き上げられていま…

no image
★今も思い出す10年前のHな事

 私は保健婦としてある職場の医務室に勤務していた時、通勤バイクで転倒した男の子と相手をしました。まだ19歳でした。とにかく真面目そうでおとなしい子。私は当時は結婚していて、40歳になったばかり。 ズボンを半分おろしてもらって、消毒していると、勃起してきました。見慣れているとはいえ、やはり若い男の子のものは新鮮です。男の子は「ごめんなさい」ととてもはずかしそうに謝ってきたので「若いからね」とさすると

no image
ぺったんぺったん

営業主体の会社に勤めていたころの話ある日、出社して自分のデスクに座ったあまーいような女性特有の匂いがしますはて?どうしたのかなって思って、デスクを見てみるとま~るい模様のような汚れがいくつもついてるこれが原因かと思って、雑巾を持ってきてふいていると所長が…

no image
さっき

ジョギングして山道走ってたら神社に草むしりしてるJSがいたからムラムラして神社の周りを見て誰もいないのを確認してからゆっくりと近付いて抱きついて胸を揉んだ。やっぱり小さかったけど、暑かったのかシャツ一枚でブラはしてなかったから乳首の感触もわかった。そのあと…

no image
★お酒が入ると女が欲しくなりますよね

 先週の飲み会の話です。今回はちょっと遠くに住んでるのでなかなか飲み会に参加できないCさんも来ると。はっきり言ってCさん、一年以上前から憧れてました。何度かデートに誘ってはみたものの、昼間のデートだけでなかなか進展できずにしばらく連絡も途絶えていたんですが、今回の幹事に感謝しつつ、はりきって飲み会にGO!  待ち合わせ場所に現れたCさんは、しばらく見なかったせいか、今までより綺麗に見えました。Cさん

no image
ナンパで知り合ったえりかは風俗嬢

スペック:身長165cmくらいのスレンダーな体型、髪は金髪に近い肩くらいまでの長さ顔はね…わかる人いるかなあ…「シルバ」って女性アーティスト10年前くらいにいたんだよね。あの人に似てましたw俺は出会い系やナンパは純粋に性欲というか、「その日に会った人とその日にホ…

no image
同僚の妻

俺、俺の妻、同僚、同僚の妻チハル。四人はよくつるんで遊び歩いていた。俺と同僚は同期入社の45歳、俺の妻43歳、彼女42歳。1、提案昨年の七月、俺たち四人は湖の見えるホテルで花火を眺めていた。その時、酒に酔って上機嫌の同僚は突拍子もない提案をしてきた。「チハルを…

no image
卒業旅行でドイツの温泉へ

学生時代の友達T(♂)が結婚するという手紙が来た。それでいつか書いてみようと思っていた話しを書いてみたいと思う。今から5年ほど前、前世紀の話になってしまうのだが、俺たちはそれぞれの彼女を連れて、4人で卒業旅行にヨーロッパに行った。パリから入ってミュンヘン…

no image
バイト中に集団で

先日、バイト先で痴漢されてしまいました。バイトはスーパーや酒屋などで試飲を勧めたり宣伝する仕事です。 その日はお酒のディスカウントストアで試飲を勧めていました。お昼の人が少なくなったときに野球のユニホームを着た人たちが最初5人くらいお店に入ってきました。…

no image
★外国のマッサージの体験談

 アジアのある国に旅行に行きマッサージをうけた時の事です。お店の人はアジア人ではないようでした。私は足のコース、友達は全身コースを頼み、私は30分、友達は60分でした。美容院も兼ねているところで、美容院のお客はちらほらいましたがマッサージは私たちだけでした。 コースが違うので部屋は別々になり、結局その後会計時まで別でした。部屋に入りGパンと下着を脱ぐように女性に言われタオルと紙でできているような下着、小さ