エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

マックのマネージャー

   

学生時代の話
俺は学生ながらマックのマネージャー(店舗責任者)をやっていた
あの日は新しくマネージャーになった仲のいいバイト仲間のKさん(28歳人妻子持ち)に閉店業務を研修していた。
当時は24時間営業ではなかった為、閉店後は他のバイトが帰れば必然的に事務所で二人きりとなる。
教えながらストックヤードのドアをあけた時、肘が偶然おっぱいに当たってしまった。 あっ・・・と思いつつも研修を続けようとしたら
「ねえ、今おっぱい触ったでしょ?」と笑いながら言ってきた。
「ごめん、ってか小さくて触った気がしなかったし」と、冗談で言うと
「ひどい これでもCカップなんだよ」と笑いながら言うと俺の手をとり自分のおっぱいにもっていった。
俺「ちょwww何するの」と、すぐに手を離す。
Kさん「どうだった?」
俺「びっくりしすぎてわからなかった」
Kさん「じゃあもういっかいさわっていいよ」
俺「結構ですwww」と、その場はそれで終わった。

841続き
仕事が終わりKさんに先に着替えを促し最終確認をしていると、Kさんがブラウスのボタンを
全部はずした状態で出てきた。
Kさん「どおよ?」
俺「ちょっとなししてるんですか?はやく隠して」と、言った。
Kさん「顔真っ赤だよ。なんかかわいいwww」と、抱きついてきた。
俺「ちょwwwやめっ」
Kさん「ほらっちゃんと触って確かめないと許さないから」と、俺の腕をつかんだ。
俺「わかったよ。じゃあホントに触るよ?」 Kさんはいじわるな笑みを浮かべたままゆっくり頷く。
ブラの上からKさんの小ぶりなおっぱいを触ると今まで触ってきたおっぱいを全否定したくなる程柔らかかった。
俺「うわっ超柔らかい」と夢中で揉んでると
Kさん「ちょっと触りすぎwwwもぉ駄目」と体をよじる。 しかし、こうなったらもう止まらずブラをずらして生乳を
揉み、乳首を転がすと、嫌がりながらも吐息を漏らす。


842の続き

そのままキスをするとねっとりと舌をからませてきた。 しかし、すぐ我に帰り
Kさん「あなた自分が何をしてるかわかってるの?これって不倫よ?」
俺「嫌なの?」硬くなった乳首を舐めながら尋ねる。
Kさん「あっ・・・嫌じゃないけど駄目よ」 駄目よを聞き終わる前に、制服のスカートにてを入れると
Kさん「それだけは絶対駄目。私本気になっちゃうから・・・」
俺「でも我慢できないよ」と、再度スカートに手を入れようとするも頑なにガードされる。
Kさん「わかった。口で抜いてあげるからそれで我慢して」と、俺の前に座りズボンを降ろす。
俺のものをゆっくりシゴキ、裏筋からゆっくりねっとり舐め、口に含むと当時AVでしか見たことがないほど
ジュボジュボ音をたてながら舐めた。 俺はその未体験のテクニックから来る快楽と、事務所という場所、
普段接客している制服でフェラをしているという光景、不倫という罪悪感でめちゃめちゃ興奮して5分程で口の中にだしてしまった。
最後の一滴まで吸出し手に吐き出した。ハンパない量だったのを覚えてる

845の続き

帰り道、やっぱり私も我慢できないと、ホテルに誘われたが賢者モードの俺は
「俺もKさんに本気になるのが怖いし、誰かに見られてKさんの家庭を壊してしまうかもしれないからやめよう」
と、断った。 ホントは連射できないだけだがwww
Kさん「そうね、私は前からあなたに本気だったけど、私なんかの為にあなたの未来を壊したくない」と、
おもむろに財布から1万円を取り出し俺に握らせた。 
Kさん「口止め料と、私が割り切る為に受け取って」そう言うと走りさって行った。

その後は以前と変わらぬ態度で接し、時々抜いてもらう日々がしばらく続いた。

だけど一回も最後まではしなかった。 

未だKさんを超えるテクを持った人と出会った事はないな

学生時代の話
俺は学生ながらマックのマネージャー(店舗責任者)をやっていた
あの日は新しくマネージャーになった仲のいいバイト仲間のKさん(28歳人妻子持ち)に閉店業務を研修していた。
当時は24時間営業ではなかった為、閉店後は他のバイトが帰れば必然的に事務所で二人きりとなる。
教えながらストックヤードのドアをあけた時、肘が偶然おっぱいに当たってしまった。 あっ・・・と思いつつも研修を続けようとしたら
「ねえ、今おっぱい触ったでしょ?」と笑いながら言ってきた。
「ごめん、ってか小さくて触った気がしなかったし」と、冗談で言うと
「ひどい これでもCカップなんだよ」と笑いながら言うと俺の手をとり自分のおっぱいにもっていった。
俺「ちょwww何するの」と、すぐに手を離す。
Kさん「どうだった?」
俺「びっくりしすぎてわからなかった」
Kさん「じゃあもういっかいさわっていいよ」
俺「結構ですwww」と、その場はそれで終わった。

841続き
仕事が終わりKさんに先に着替えを促し最終確認をしていると、Kさんがブラウスのボタンを
全部はずした状態で出てきた。
Kさん「どおよ?」
俺「ちょっとなししてるんですか?はやく隠して」と、言った。
Kさん「顔真っ赤だよ。なんかかわいいwww」と、抱きついてきた。
俺「ちょwwwやめっ」
Kさん「ほらっちゃんと触って確かめないと許さないから」と、俺の腕をつかんだ。
俺「わかったよ。じゃあホントに触るよ?」 Kさんはいじわるな笑みを浮かべたままゆっくり頷く。
ブラの上からKさんの小ぶりなおっぱいを触ると今まで触ってきたおっぱいを全否定したくなる程柔らかかった。
俺「うわっ超柔らかい」と夢中で揉んでると
Kさん「ちょっと触りすぎwwwもぉ駄目」と体をよじる。 しかし、こうなったらもう止まらずブラをずらして生乳を
揉み、乳首を転がすと、嫌がりながらも吐息を漏らす。


842の続き

そのままキスをするとねっとりと舌をからませてきた。 しかし、すぐ我に帰り
Kさん「あなた自分が何をしてるかわかってるの?これって不倫よ?」
俺「嫌なの?」硬くなった乳首を舐めながら尋ねる。
Kさん「あっ・・・嫌じゃないけど駄目よ」 駄目よを聞き終わる前に、制服のスカートにてを入れると
Kさん「それだけは絶対駄目。私本気になっちゃうから・・・」
俺「でも我慢できないよ」と、再度スカートに手を入れようとするも頑なにガードされる。
Kさん「わかった。口で抜いてあげるからそれで我慢して」と、俺の前に座りズボンを降ろす。
俺のものをゆっくりシゴキ、裏筋からゆっくりねっとり舐め、口に含むと当時AVでしか見たことがないほど
ジュボジュボ音をたてながら舐めた。 俺はその未体験のテクニックから来る快楽と、事務所という場所、
普段接客している制服でフェラをしているという光景、不倫という罪悪感でめちゃめちゃ興奮して5分程で口の中にだしてしまった。
最後の一滴まで吸出し手に吐き出した。ハンパない量だったのを覚えてる

845の続き

帰り道、やっぱり私も我慢できないと、ホテルに誘われたが賢者モードの俺は
「俺もKさんに本気になるのが怖いし、誰かに見られてKさんの家庭を壊してしまうかもしれないからやめよう」
と、断った。 ホントは連射できないだけだがwww
Kさん「そうね、私は前からあなたに本気だったけど、私なんかの為にあなたの未来を壊したくない」と、
おもむろに財布から1万円を取り出し俺に握らせた。 
Kさん「口止め料と、私が割り切る為に受け取って」そう言うと走りさって行った。

その後は以前と変わらぬ態度で接し、時々抜いてもらう日々がしばらく続いた。

だけど一回も最後まではしなかった。 

未だKさんを超えるテクを持った人と出会った事はないな

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
同僚が遠距離の彼女の近くに転勤

俺には学生時代から付き合っている彼女がいました遠距離だけど結構うまくいってました…うまくいってると思ってましたかなつきあって5年目になるけど、特に問題もなかったし俺も浮気することも無く過ごしてました忙しくなってきて月に2,3回しか会えないのが辛いけどお互…

no image
★大人が使うおもちゃで責められるのが楽しみ

今、6つ年上の彼と付き合ってます。彼はすっごくHが上手みたいで、処女の時からいろいろ教えてもらいました。69はいつも先に私がイッちゃうんだけど、もうクリが気持ち良くて授業中も忘れられない。 休み時間にもトイレでしちゃうくらい。 2週間前、大好きな彼にあげちゃお~って思ってSEXました。そんなに痛くなかった。血も出なかったし。何度かしてるうちに気持ち良くなって来て、昨日は彼が指入れて「ここがマヤのGス

no image
中1の時初めてオナニーした時の気持ち

俺が中学1年の後半だった頃だった。俺は普通に中学生活を送っていた生徒であった。だが、ある日突然「オナニー」って気持ちいいのかって思って来た。最初はし始めた途中でやめた。何故やめたかと言うと、「怖かった」からだ。オナニーしてると「死亡率」や「病気になりやすい…

no image
教授を囲んだゼミの飲み会から

あれは今からもう15年も前の話になるでしょうか。当時オイラはまだ学生でした。ある初冬の木枯らしの吹く中、おいらはゼミ教授(おぢさん)と、ゼミの仲間数人(全部♂)でゼミ終了後のみに行ったんですよ。まだ若くて元気だったあの頃。当然一軒で足りるはずもなく関内にあ…

no image
結婚に焦っているお姉さんとのSEX

 スーパーのインストアの店で働いています。レジ打ちの店員さんで長瀬千里(ちさと)さんという33歳の独身女性がいて、よく千里という名前から「ちーちゃん」と呼ばれています。顔は、目が細くのっぺーとした顔・・。僕は25歳なので「ちーねえさん」と呼んだりしてました。店が10時で閉まり、スーパーはちーねえさん一人。

no image
彼女の電話を傍受して発覚した出来事

雨が降ってきた。車の屋根を叩く雨音は不規則なリズムを刻んでいる。俺は手に持っている機械のツマミを夢中で操作していた。エアコンを切った車内は夜になっても蒸し暑く俺は全身汗でびっしょりになり、額からは汗が滴り落ちてくる。この機械は1年くらい前大学の先輩から貰っ…

no image
先輩と

"519 先輩と 削除依頼 投稿者:夜須 2007/05/16 15:47:57(AhQIWNrp) 投稿削除 会社の旅行で温泉に行った時に、酔い醒ましに混浴風呂に行くと、四歳上の32歳バツイチの女先輩が…「やっ…混浴にきてやらしい」と言う先輩も混浴に来てるからあいこ。「新しい旦那候補探…

no image
★朝までエロな恥ずかしい行為を受けました

 私は、21歳学生です。去年の夏のことなのですが・・サークルのメンバー6人(男子4人女子2人)でキャンプに行くことになり、コテージを借りることになりました。 楽しいキャンプになるはずが、私と美紀は その夜 男たちに朝まで辱めを受けました。4人に服を脱がされ、パンティ一だけにされた私たちはイスに足をM字に広げられた格好で縛り付けられ、向かい合わせにされ、 まるで品定めをするように「美咲の乳首のほうが色

no image
ありさちゃん!続編

 私は、村の先輩に紹介してもらった神戸の某風俗店(ファッションヘルス)のありさちゃん(仮名)に初めて、女性の体がどうなっているのか、触って、舐めて知ることが出来たのですが、この体験には続きがあります。 私は、その二ヶ月後に1人で再び訪れて、ありさちゃんを…

no image
小学生の時の思い出2

そしてえり姉が「勃起・・・してるの?」と言い、僕は「ゴメン」と謝った。するとえり姉は「そっか○○○(僕)も男の子だもんね」と笑ってくれた。僕は少し恥ずかしくなった。そして「ねぇ○○○はオナニーってしたことある?私はあるよ」と聞かれ少し驚いたが「ある」と応…