エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

ゴルフ旅行で?

   

大学のゴルフサークルのメンバーとゴルフ旅行で1泊した時の話です。
7人のうち一人だけ女の子でした。名前は香奈。容姿はきれいでプロポーションもいいのですが、性格は男みたいで何でも話せるし、女として意識していませんでした。

初日の朝早く出発し、ゴルフをし、1泊して次の日またゴルフをして帰るというプランです。
泊まったのは、ペンションでしたがほかに客もなく貸しきりで、食事の後飲んでいましたが、明日もゴルフという事で早めに切り上げ、その女の子を先に風呂に入れ、男どもは後から入りそれぞれの部屋へ戻りました。
男が奇数なので、俺は一人部屋でした。隣がその女の子の部屋です。

何気なくバルコニーに出てみるとその彼女の部屋と共同のバルコニーだったので、何気なしに彼女の部屋の窓に近づいて、カーテンの隙間から見てしまいました。
風呂上りでバスローブ姿でしたが、見ているうちに前をはだけて何かクリームを塗り始めました。

色が抜けるように白く、胸も思っていた以上に大きく形もすばらしく整っていました。乳首は俺好みで小さく、つんと立っています。
俺はいつの間にか完全に勃起したモノを摩っていましたが、もっとびっくりの光景が目に飛び込んできました。

それまで見えていなかった股間がクリームを塗る手が下に降りてきたため股間が丸見えになったのです。その股間にはほんの申し訳程度の陰毛しか生えていなかったのです。開き気味の腿の間からは、スリットがはっきりと見えています。
ほぼパイパンでした。彼氏に剃られているのか・・・
部屋に戻って俺は彼女の携帯に電話しました。

「ああ、俺。ちょっと見せたいものがあるんだけどそっちにいってもいい?」
「えっ、何?いいけど・・」
そう言って他の奴に見られないように彼女の部屋に行きました。彼女はバスローブをきちんと直してベッドに座っています。
「なに?見せたいものって」
「お前さ、彼氏に毛剃られてるの?」
「えっ!?何が??」
「だからさ、パイパンだろ」
「何言ってるのよ、そんなことないよ」
「見ちゃったんだよ〜さっき。バルコニーからさ」
「・・・・・」
「俺の部屋とつながっててさ、何気に見た時に見えちゃったんだ」
「嘘、ホントなの」
そう言って彼女は窓に近づいてカーテンを開けました。

確認して振り向くと
「ねぇ、言わないでよ。誰にも、お願い」
「どうしよっかな〜」
「だめ、言わないで、お願い」
「じゃあ言わないよ誰にも」
「ホント!絶対約束だよ」
「うん、でも胸の形とかは言っちゃうよ」
「えぇ、だめぇ」
「じゃさ、もう一回見せてよ。口止め料で、、」
「・・・・・すけべ、ずるいよ」
「じゃ、言っちゃおう」
「・・・やぁん、恥ずかしいよ」
「早くしないと、、」
「わかった」

そう言って彼女は立ち上がるとバスローブの前をうつむきながら自分で開き始めました。
間近で見る彼女の身体はさっきよりも少しピンクがかって乳首も心なしか立っているように見えます。
俺の股間もジャージの中でびんびんです。

「いやっ、大きくなってる・・・」
「当たり前だよ、こんなにきれいな身体見て立たなけりゃおかしいだろ」
「きれいじゃないよ・・・」
「いや、凄くセクシーだよ、あそこが痛いくらいに立ってるのが証拠だろ」
「ねえ、○君も脱いで見せてよ私だけじゃ恥ずかしいよ」
「いいよ、ほら」
「すっ、すごいね!太いよ・・・・」
彼女は俺のモノをじっと見ています。彼女は急に内股になり、感じているようでした。
「あっ、いや・・・」
「おまえ、俺の見て感じてんだろ。すけべだな」
「・・・」
「その椅子に座ってもっとちゃんと見せてよ」

彼女は少し呼吸を荒くしながらだまって言うとおりに座り足を広げました。
無毛のアソコは少し開きぎみで、露が染み出ているのがはっきりとわかります。
クリも勃起して周りよりピンクの突起が突き出ていました。
彼女はハアハアと息をしながらまだ僕のアソコを見ています。
俺は彼女に近づき、彼女の手を引き、大きくなったモノを握らせました。

「あつい・・・」
「うん、香奈を見てこんなになっちゃったんだ」
「私も感じてきちゃった・・・。これ私の中に入れてくれる?」
「もちろん。いっぱいしてやるよ」

そう言って俺はパイパンのアソコを指でくちゅくちゅいじった。お汁がどんどん溢れてきていて、足の方に垂れていた。
そしてお互い向かい合った状態で、香奈の足を片方持ち上げ挿入した。
香奈は待っていたように僕にしがみつき大きな胸を押し付けながら「ああぁぁ・・」と言ってまだ動いていない俺のものを味わっていた。

「こんな感じるの初めて・・・」
俺はその言葉が終わらぬうちにゆっくりと動き始めました。
「だめっ、動いちゃ、、感じすぎっ・・」
「ああぁぁ、、また、、」
ものすごく締め付けながらビクビクしています。

俺のモノが抜いたり刺したりするのを二人で見ながら
「丸見えだよ、クリちゃんが凄く大きくなってるよ」
「だって、、だって、、」
駅弁の体勢でベッドまで行くと香奈を上にしてしゃがむように乗せるとさらにいやらしい眺めになりました。

香奈はゆっくりと自分から上下に動き始めました。
「奥に当たる・・あぁぁいいよぅ、あぁぁ・・」
声を聞かれないよう押し殺すように言いながらイキそうになってます。
だんだんと激しく腰を上下させ始め、パンパンと音が響いています。

その腰使いに僕も限界で、
「イキそうだ、どうする?」
「いいの、そのままで。アレの前だから大丈夫」
俺は激しく突き上げると同時に香奈のアソコはきゅきゅっと締め付けてきます。
「あぁぁ、いっちゃう、いくっ、、、」
「あぁ香奈、香奈の中にいっぱい出すよ〜!」

自分でもびっくりするほどドクドクと出しました。
香奈はその後も気持ちよさそうに少し上下させていました。
その後汗を流しに二人で温泉へ行きました。

ゴルフ旅行で?へ続く
大学のゴルフサークルのメンバーとゴルフ旅行で1泊した時の話です。
7人のうち一人だけ女の子でした。名前は香奈。容姿はきれいでプロポーションもいいのですが、性格は男みたいで何でも話せるし、女として意識していませんでした。

初日の朝早く出発し、ゴルフをし、1泊して次の日またゴルフをして帰るというプランです。
泊まったのは、ペンションでしたがほかに客もなく貸しきりで、食事の後飲んでいましたが、明日もゴルフという事で早めに切り上げ、その女の子を先に風呂に入れ、男どもは後から入りそれぞれの部屋へ戻りました。
男が奇数なので、俺は一人部屋でした。隣がその女の子の部屋です。

何気なくバルコニーに出てみるとその彼女の部屋と共同のバルコニーだったので、何気なしに彼女の部屋の窓に近づいて、カーテンの隙間から見てしまいました。
風呂上りでバスローブ姿でしたが、見ているうちに前をはだけて何かクリームを塗り始めました。

色が抜けるように白く、胸も思っていた以上に大きく形もすばらしく整っていました。乳首は俺好みで小さく、つんと立っています。
俺はいつの間にか完全に勃起したモノを摩っていましたが、もっとびっくりの光景が目に飛び込んできました。

それまで見えていなかった股間がクリームを塗る手が下に降りてきたため股間が丸見えになったのです。その股間にはほんの申し訳程度の陰毛しか生えていなかったのです。開き気味の腿の間からは、スリットがはっきりと見えています。
ほぼパイパンでした。彼氏に剃られているのか・・・
部屋に戻って俺は彼女の携帯に電話しました。

「ああ、俺。ちょっと見せたいものがあるんだけどそっちにいってもいい?」
「えっ、何?いいけど・・」
そう言って他の奴に見られないように彼女の部屋に行きました。彼女はバスローブをきちんと直してベッドに座っています。
「なに?見せたいものって」
「お前さ、彼氏に毛剃られてるの?」
「えっ!?何が??」
「だからさ、パイパンだろ」
「何言ってるのよ、そんなことないよ」
「見ちゃったんだよ〜さっき。バルコニーからさ」
「・・・・・」
「俺の部屋とつながっててさ、何気に見た時に見えちゃったんだ」
「嘘、ホントなの」
そう言って彼女は窓に近づいてカーテンを開けました。

確認して振り向くと
「ねぇ、言わないでよ。誰にも、お願い」
「どうしよっかな〜」
「だめ、言わないで、お願い」
「じゃあ言わないよ誰にも」
「ホント!絶対約束だよ」
「うん、でも胸の形とかは言っちゃうよ」
「えぇ、だめぇ」
「じゃさ、もう一回見せてよ。口止め料で、、」
「・・・・・すけべ、ずるいよ」
「じゃ、言っちゃおう」
「・・・やぁん、恥ずかしいよ」
「早くしないと、、」
「わかった」

そう言って彼女は立ち上がるとバスローブの前をうつむきながら自分で開き始めました。
間近で見る彼女の身体はさっきよりも少しピンクがかって乳首も心なしか立っているように見えます。
俺の股間もジャージの中でびんびんです。

「いやっ、大きくなってる・・・」
「当たり前だよ、こんなにきれいな身体見て立たなけりゃおかしいだろ」
「きれいじゃないよ・・・」
「いや、凄くセクシーだよ、あそこが痛いくらいに立ってるのが証拠だろ」
「ねえ、○君も脱いで見せてよ私だけじゃ恥ずかしいよ」
「いいよ、ほら」
「すっ、すごいね!太いよ・・・・」
彼女は俺のモノをじっと見ています。彼女は急に内股になり、感じているようでした。
「あっ、いや・・・」
「おまえ、俺の見て感じてんだろ。すけべだな」
「・・・」
「その椅子に座ってもっとちゃんと見せてよ」

彼女は少し呼吸を荒くしながらだまって言うとおりに座り足を広げました。
無毛のアソコは少し開きぎみで、露が染み出ているのがはっきりとわかります。
クリも勃起して周りよりピンクの突起が突き出ていました。
彼女はハアハアと息をしながらまだ僕のアソコを見ています。
俺は彼女に近づき、彼女の手を引き、大きくなったモノを握らせました。

「あつい・・・」
「うん、香奈を見てこんなになっちゃったんだ」
「私も感じてきちゃった・・・。これ私の中に入れてくれる?」
「もちろん。いっぱいしてやるよ」

そう言って俺はパイパンのアソコを指でくちゅくちゅいじった。お汁がどんどん溢れてきていて、足の方に垂れていた。
そしてお互い向かい合った状態で、香奈の足を片方持ち上げ挿入した。
香奈は待っていたように僕にしがみつき大きな胸を押し付けながら「ああぁぁ・・」と言ってまだ動いていない俺のものを味わっていた。

「こんな感じるの初めて・・・」
俺はその言葉が終わらぬうちにゆっくりと動き始めました。
「だめっ、動いちゃ、、感じすぎっ・・」
「ああぁぁ、、また、、」
ものすごく締め付けながらビクビクしています。

俺のモノが抜いたり刺したりするのを二人で見ながら
「丸見えだよ、クリちゃんが凄く大きくなってるよ」
「だって、、だって、、」
駅弁の体勢でベッドまで行くと香奈を上にしてしゃがむように乗せるとさらにいやらしい眺めになりました。

香奈はゆっくりと自分から上下に動き始めました。
「奥に当たる・・あぁぁいいよぅ、あぁぁ・・」
声を聞かれないよう押し殺すように言いながらイキそうになってます。
だんだんと激しく腰を上下させ始め、パンパンと音が響いています。

その腰使いに僕も限界で、
「イキそうだ、どうする?」
「いいの、そのままで。アレの前だから大丈夫」
俺は激しく突き上げると同時に香奈のアソコはきゅきゅっと締め付けてきます。
「あぁぁ、いっちゃう、いくっ、、、」
「あぁ香奈、香奈の中にいっぱい出すよ〜!」

自分でもびっくりするほどドクドクと出しました。
香奈はその後も気持ちよさそうに少し上下させていました。
その後汗を流しに二人で温泉へ行きました。

ゴルフ旅行で?へ続く

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★居酒屋のバイトの子とSEXしましたが・・1/2

 一時期お気に入りの居酒屋が出来て半年くらい頻繁に通ってました。その時の話です。 とにかく週に2~3回、調子いい時は毎日のように行って飲んだくれてました。そうこうしているうちに店員とも仲良くなったし、カウンター席の隣に座った知らない客ともよく話した。ただ俺自身、数年前から酒飲むとすぐ記憶がとぶようになっちゃって、実はその居酒屋での事は、いつも決まって途中からの記憶がありません。 10回行けば8回は後半

no image
★ジョキング中に襲われ感じてしまう私

 川沿いの遊歩道を毎晩ジョギングしてます。途中、大きな公園があって、遊歩道に並行して公園内にも道があります。林と草地に囲まれたそっちの道は土と芝で楽なので、いつもそっちの道に入ります。先週、林の影から出てきた人にいきなり後ろから口を押さえられ、茂みに囲まれたちょっとした空間の芝の上に引き倒されました。あっという間でした。 膝をついた状態で、無言のまま後ろから胸をつかまれると、体から力が抜けました。

no image
ISSA、ほっしゃん。華原朋美から“大人になれない大人”を考える

第56回 ISSA、ほっしゃん。華原朋美から“大人になれない大人”を考えるワガママ勝手に振る舞うISSAやほっしゃん。AKB48河西智美、そして、5年の休業を経て復活した華原朋美。「好き勝手に生きる人は、幸せを感じない」その理由を考える。渕上(ふちがみ)賢太郎博士『モテ…

no image
★上司のSEXの虜になっていたOLの私

 尊敬していた上司にホテルで抱かれた22歳の女子社員だった私。次の日の朝、上司は私の髪を撫ぜながら「昨日のあの時のM、かわいかったな・・お尻を俺の足に擦り付けてたとき」とぼそっと言いました。恥ずかしくて私が一番忘れたいことなのに・・ そして「ちょっといたずらしてみようか」と上司は言って私をうつ伏せにすると、両手を後ろ手にして浴衣の紐で縛ってしまいました。私は「Kさん、やめてくださいっ」と言いましたがも

no image
★主婦は寂しいから出会いを求めてしまいます

 今月で44才になったばかりの主婦です。一人息子は地方の大学に行っていていますから、今年で3年も家に居ませんし、長期休暇もバイトとかって言ってなかなか家に寄り付きません・・。男の子って皆そうなのかなぁ・・主人は単身赴任が5年目で、普段は勿論家には居ませんが、時々気まぐれに突然帰って来ます。浮気を疑われてる感じです。 息子が高校生で受験も控えていたので、主人は仕方なく単身赴任になったのです。主人も息子

no image
まいと彼(風呂場)

フフンと鼻で笑われるかもしれませんが、今日のエチーちょっと気持ち良かったので書いてみます。同棲中の彼が帰宅、昼食後一緒にお風呂入ることになりました。同棲始めて3年目だけど、2人でお風呂は恥ずかしいので、まだ数えるほどしか入ったことがなかったの。湯船で温まって、お…

no image
エロいとこ

中学二年の時に一個下のいとことした初体験の話です。昔から仲良かったけど異性としては見ていなかったのですが下ネタ話してるといとこが擦り寄ってきて変な雰囲気になってしちゃいました。いとこ『まだしたことないんだー?したくなーい?』おれ『そりゃしたいけど相手居な…

no image
風俗で童貞捨てた話、需要ある?

始めは勢いでソープ行こうと思ってたが、不運が重なり延期続き。しかしそのおかげか入念に下調べを行うことができ、結果的には良かった。3日前から予約開始してたので、3日前にその店のNo.1とネットで言われていた嬢を半信半疑ながら、日曜日の15:30から90分コース(28000…

no image
生活苦の人妻と援交したが

 先日…生活苦の人妻(エリ32歳バツ子供有り)と、援交した。8月まで派遣で働いていたが人員削減に合い…今はパン屋でパートとして働いているらしい。『見た目や体型は悪くないと思うので5万もらえませんか?』と、言って来たので写メ見せてもらった。比較的可愛い系だったし、確実に逢ってくれてお金もらえるなら何でもします!

no image
奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした

あまりエロい話ではないのですが、僕達夫婦にとっては刺激的な経験をしたので、とりとめもなく書いてみます。僕は、27歳でデザイン関係の仕事をしてて、スマホがらみの商品が結構ヒットしてる、そこそこ勢いのある会社で頑張ってます。嫁は22歳で、パン屋さんでパートをして…