エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

ああ、そんな意地悪しないで〜

   

ああ、そんな意地悪しないで〜

  • 2014/05/10
  • 00:40
どうしても息子を一流の私立高校に入れたいために雇った家庭教師だったんです。

でも、大学生のアルバイトにしては高額の報酬を支払っているはずなのに、息子の成績は今ひとつパッとしません。

「もっとしっかり頑張らせてよ・・・。ギャラが不足だと言うんなら、考えてもいいのよ・・・」

子供がいない昼間、三浦くんを呼び出して言うと、彼は申しわけなさそうな顔をして頭を下げたんです。

「教える方の熱意というより、子供の成績は当人の素質と、熱意ですから・・・」

「そんなことはわかっているわよ・・・。その熱意を開発してほしくて、あなたを雇っているんじゃないの・・・。

お金だけでは不足と思うなら、別の形での報酬を考えてもいいのよ・・・・・・」

思わせぶりにそんなことを言うと、あたしはソファから立ち上がり、ジーンズに包まれた三浦クンの脚に手を伸ばして、そっと触ってやったんです。

「ああっ、奥さん、何をするんですか~~」

応接用のソファの上で身をそらしかかった三浦クンは、勢いあまってソファの上に仰向けに転がってしまったんです。

「快楽で報酬を支払ってあげようというのよ。三浦先生、オチンチンを女の口で責められたことはないでしょ~」

「あっ、ああっ、奥さん、何をするんですか・・・」

体を震わせる三浦タンのジーパンに指をかけると、ズルズルと引きずり下ろしてやります。

白いブリーフに指をかけると、脹らみの上に唇を押し付け、肉茎の形にそってキスをしてやりました。

「どう、パンツの上からのフェラチオ、パンフェラと言って意外に感じるものなの・・・」

舌で陰茎の形をなぞるようにして、亀頭から肉棒の根元まで吸い上げるようにもてあそんでやると、わたしの唇の中でだんだんにそれが大きく固くなってくるんです。

「ああ、た、たしかに気持ちがいいですが・・・」

三浦タン大学では陸上競技と水泳をやっているというだけあって、いい体をしています。

押さえ込むように肉体を押さえて、ブリーフを下げると、肉棒がそそり立ちます。

「大きいじゃないの・・・」

「見ないでください。恥ずかしいから、ぼくのオチンチン、見ないで・・・」

言いながら股間を隠そうとする三浦タンの手をどけさせて、生身の肉棒を握ってあげます。

「逞しいわ・・・・・・。やっぱり若いって素晴らしいことだわ・・・」

わたしは三浦タンの肉棒をしごきながら、先端にキスをしてやります。

「ああっ・・・」

「女を知らないのね・・・。まだ、セックスをしたことがないのね・・・」

わたしは三浦タンの肉棒を夢中でしごきます。

「あっ、ああっ、奥さん・・・」

「オチンチンも素敵だけど、ソノ下にダラリと下がったモノもかわいいわ。ここは何という場所~」

わたしは玉が二つ入った袋をマッサージするようにもんでやります。

すると、三浦タンはそれだけでたまらない気持ちになるのか、下半身を震わせながら肉筒の先端から熱い透明な液体を噴出させるのです。

「あうっ、恥ずかしい・・・」

「ここの名前は何というのかしら。教えてくれる~?」

「ああ、言えないよ、奥さん・・・・・・」

「うふっ、女の子みたいに恥ずかしがらないでよ。可笑しいわ。言わないとこれ以上、やってあげないわよ・・・」

「あ、あうっ!」

「さあ、このダランと垂れ下がった器官の名前を言って!」

「ああ、キンタマだよ!」

「そんな小さな声では、ちっとも聞こえないわよ。もっとはっきり言ってごらんなさい」

「ああ、キンタマ!あうっ、奥さんが・・・触っているのはキンタマだよ!」

「声が小さいわ!」

「ああ、これ以上は無理だよ。だって恥ずかしいんだもの・・・」

「言わないと、もう指を離すわよ。いいわね」

「ああ、そんな意地悪をしないで、言うよ。ああ言うから~勘弁して・・・」

三浦タンは声を振り絞って、いやらしい場所の名前を何度も口にしながら、肉筒の先端から熱い噴射液を吹き出しました。


こうやって、息子が小学生の時から、次々とやってくる家庭教師をつまみ食いしているわたしなのです。

肉棒の先端から熱いザーメンが噴出する瞬間が大好きで、その瞬間のために家庭教師を次々と変えているわたしなのです。

三浦タンの前は坂井クン。その前は九州男児の野口タン・・・。野口タンの時は、彼の方も性欲が強くて、遊びのつもりだったのに、夢中にさせられてしまいました。

国立大学の優等生の雪村タンはどうやらホモちゃんらしく、わたしの愛撫にはうれしそうな顔をしませんでしたが、息子にも手を出さなかったようなのでホッとしました。

三浦タン、しばらくはわたしの指で射出するだけで満足していましたが、そのうち、昼間に電話してきて、指でやる快感以上のものを求めるようになって来ました。

「したいんです、奥さんと・・・」

わたしの家をたずねてきた彼が、いきなりわたしをソファに押し倒しました。

「あっ、やめて・・・」

「火をつけたのは、奥さんの方ですよ。さんざんじらして、ぼくの体を弄んだじゃないですか!」

わたしのスカートの中に彼は手を入れてきました。突然の訪問だから、わたしは、スカートの中にショーツをつけていませんでした。

ノーパンの秘部を無骨な指でグリグリといじくりながら、彼は喉を鳴らしてわたしのアソコにキスをしました。

「ああ、そこ摘ままないで・・・」

「じゃあ、こうすればいいんですか~」

「おまんこに指を入れちゃイヤ」

「どうすればいいんです・・・・・・めんどうだからー、オチンチン入れますよ・・・」

そう言うと三浦くんはわたしのアノ部分に、そそり立った肉棒の先端を押し当てたのです。

「ああっ!」

「ほしかったんでしょう、奥さん。ここにぼくのオチンチンを入れてもらいたかったでしょうが」

決めつけるように言いながら、三浦くんはわたしの唾の中に、巨大な肉のこわばりを押し込んできたのです。

「ああっ、こんなに大きなの入れたら、こ、壊れちゃう!」

「子供を生んだ体でしょう!これくらいのものを入れられたくらいで、そんなことを言っちゃいけませんよ!」

銀色の汗を日焼けした体に浮かべて、彼は機関車のように力強く律動を開始したのです。

「ああ、たしかにそうだけど、あなたのものは時別、大きいから・・・」

「大きいから感じるんじゃありませんか・・・。ムキムキと音をたててオチンチン入るとき、すごく感じるでしょ~」

そう言いながら三浦くんは腰を激しく動かします。

「あ、ああっ、イクっ!!」とうとう、わたしは三浦タンを雇っていたことさえ忘れ、よがり狂っいました




エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、おチンチン、肉棒、挿入、マンコ、キス、快感、人妻

 - 人妻 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
全裸で主人と木立ち、立ちバック経験しました

 私35歳。結婚してもう13年になります。子供はありません。夫婦仲はすごくいいんです。とてもやさしい主人ですが、ただ最近一つだけ無理なことを言われ、やむなく先日それを実行したんです。その内容というのは・・ある晴れた日の平日(人が少ないという思い出)二人で500m程の山に日光浴に出かけました。 自宅からは車で1時間半程のところでした。気軽に登れる山ということでおにぎりとカメラだけを持って。でも本来の

no image
ハードなオナニーでいきまくる!

俺 某出会い系、関東、34♂、184/75、ワイルドなヨンさまw相手 関東、31♀、157/47、既婚、清楚系奥様何気なくサイトを徘徊してると「写真を撮ってほしい」との投稿が目に付く。毛色の変わった趣向に惹かれ、全くエロを感じさせない文面にもかかわらず、何の気ナシにメール投下。つか一眼レフとか持ってませんがw忘れた頃に返信アリ。「着替えを持参するのでキレイに撮ってくれますか?」とのこと。「レフ板とかは持っていけませ

no image
エスコートクラブ

■エスコートクラブ(主婦の告白) 42歳の主婦です。駅でナンパされた人と何回か会ったんだけど、その人からの紹介で、エスコートクラブに入ったの。っていうか売春組織みたいな?相手はお金持ってる人ばっかり。まゆ的には若くてイケメンがもちろんいいけど、そうも言ってられないんで、誰でもちゃんと相手してます。お仕事ですからー!最近忙しくて、先週は5人の人と会いました。

no image
夫のち◯ぽよりも大きいわ…潮吹き人妻

私は、強姦に会った事があります。初めて強姦にあったのは、今から2年位前でしょうか?私は31歳になる主婦、3歳と5歳の子供と夫37歳と暮らしています。その日、私は子供の面倒を夫にお願いし、友人と会っていました。話しも弾み、夕食を済ませてから帰宅したんです。夜9時を回っていたでしょうか?夜道は人気も無くひっそりしていました。そんな中、高校の門口付近に数人のガラの悪い男性が数人、タバコを吹かしながら集まっている

no image
結婚しても他の男を摘み食いする癖

 結婚したけど、仕事が辞められず、今は共働き。でも、仕事をしてると、独身気分が抜けなくて。ついつい、浮気してしまったんです。相手は取引先のYさん。同い年の人で、主人よりいい男。もう少し彼と出会うのが早ければなんて思ったけど、残念なことに彼も既婚者。それでも彼のことが欲しくなって、飲みに誘ったんです。最初は物欲しそうな感じで甘えるように、それでいてタッチとかハグとかして大胆に。 普段とは違う私を見せ

no image
女が意識して使う独特の喘ぎ声を出す人妻

私は2児の子供を持つ、36歳の主婦です。二人ともまだ手の掛かる年齢ですが、主人の両親に預けたりしながら働いています。  私の勤める会社は小さなイベント会社で、社員もそう多くはありません。その中の一人に入社2年目のS君がいます。S君は非常に好青年で若く、仕事も出来る為誰もが一目置く男性です。私もそんなS君に好意を抱いていました。只それは男性としてでは無く「一人のパートナー」として。S君と私は年齢も一

no image
社内旅行で中出し不倫

33歳の主婦です。パート先で1泊で旅行に初めて行く事になりました。同じ職場の主婦友の智子も行くからと言って、旦那に許可をもらいました。旅行は社員30人ほどで夜の宴会も凄く盛り上がり楽しかったです。私は以前から好きだった主任と楽しくお酒を飲めて、ほろ酔い気分でした。宴会も終わり、智子と温泉に入りに行きました。かおり、主任といい感じだったね!智子だって課長と楽しそうだったでしょ~後で4人で飲まない?って誘われ

no image
夫は私の昼間を知らない…

私は5歳になる息子の母。(28歳、千代)夫と結婚して6年目を迎えます。出会いは合コンでした。夫は、とても地味で大人しく合コンなんてとても似合わない感じの人でした。もちろん、友人達に騙される様に来たんだと直ぐに分かりました。私も夫の事は言えない位大人しく、よく”YES”マンと言われ様に断れない性格でした。その日も友人に誘われ、嫌だったんですが断れず・・・。夫を見て直ぐに、自分と似た人だと分かりました。ただ

no image
旦那を性的にいじめています…

お仕置きなのかどうかはわからないけど、お願いされるのでいじめています。 する時は休日の午前中が多いです。 まず2,3日前に、オナニー禁止を言い渡しておきます。 当日は、まだ旦那が寝ている時から始めます。 最初はごく普通におちんちんをさわって、イかせないように30分位ゆっくり先っぽをこねくり回し続けます。しばらくすると、イかせてとお願いしてくるので、手を止めて「私を上手にイかせてくれたら触ってあげるけど

no image
浮気で念願の子供を授かりました

■浮気で念願の子供を授かりました(人妻の告白) この年でこんな投稿をするのは恥ずかしいのですが私の体験談をお話します。私は48歳の主婦、52歳の夫とは再婚同士で15年の結婚生活、子供は12歳の娘が一人。夫は婿養子です、一人っ子の私は父親の要望で家系を守るため養子が結婚の条件でした。最初の結婚は25歳の時、お見合いで探した人で8歳上の公務員。