エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

高校卒業したてのころ女友達とドライブしてたらムラムラとして…

   

高校卒業したてのころ女友達とドライブしてたらムラムラとして…

  • 2014/05/09
  • 22:00
高校を卒業してすぐの頃の経験です。

俺は車の免許を取ったばかりで運転をしたくて堪らなかった。
そこで高校のときのバイト仲間で話しがよく合う
近所に住むMを誘って深夜のドライブに行った。
Mは色白ぽっちゃり美人系、性格がわりとキツイがサバサバしていて
音楽やゲームなんかの話しでよく盛り上がった。
俺はその頃けっこうウジウジした奴でMに愚痴っていたりしていたが
Mはいい聞き役をしてくれていた。

ドライブに誘ったのは運転をしたくて堪らなかったのと、
失恋したてで憂さ晴らしをしたかったのもあった。

うちの辺りはドライブにもってこいの広い道路や橋なんかがあって、
ちょっと行けば走りやすい公園沿いの道もある。
1時間か2時間、親から借りた車を走らせてとりとめも無い話しをした。
ちょっと休憩・・てことになって某店(深夜だから店はやってない)の
駐車場に車を停めて自販機でジュースを買ってまた話しを始めた。

俺はMの前彼のことも知っていたから(そのときMには彼氏なし)
自然と恋愛話しになった。
ふと横を見ると車のシートに収まったMの体が目に入った。
白いニットにジーパンだけど、シートベルトがしっかりされていて
胸のあたりが強調されている。
おまけにニットはVネック。胸の谷間もチラと見えている。

俺「・・なぁ、お前結構胸あるな」
M「は?・・・まぁねぇ~・・・」
「ちょっと触らせてくんない?」
「はぁ?何いってんの?バカが」

そう言われながらも俺は右手を胸に伸ばした。
「ちょっマジやめてって」
Mは抵抗して腕を払おうとするが俺はMの左胸を服の上から掴んだ。
”けっこう大きいな・・”そう思いながら揉み始めた。

「マジやめろっつーのー」と言うが構わず揉む。
手の平に乳首が当たった。そこで手をずらし指の間に乳首がくるようにした。
「胸やらせてくんない?乳首立ってるし」
「ハ・・ン・・もう・・・胸だけだからね・・」

俺はシートを倒しMのニットをずり上げてブラもずらした。
Mの胸は白くて丸くて柔らかく、乳首はもう硬かった。
俺は覆い被さり両手で両胸を持ち上げるように掴み、
乳首を交互に舐め始めた。
舌先で転がすように、また舐め上げ、包むようにねちっこく。

「あ・・あ・・はっ・・」Mの喘ぎ声。どんどん感じてきたのか
俺の頭を抱えるようにして撫で回し始めた。

「・・ね・・首も舐めて・・・」首も感じるのか?
俺は舌を尖らせて耳から肩へとツツツッと舐めた。
「ああああ・・は・・・・あん・・」すごい感じてる。
俺は調子にのって首を攻め、右手で乳首を弄りまわした。

そしてまた乳首は舐め始め、今度は左の脇腹を軽く撫でた。
Mの乳首はもうカチカチといっていいほど硬く、俺の唾液で濡れている。
「あっ・・はぁ・・」Mは腰をよじり出した。

そこで俺は左腕で支えていた体も疲れていたのもあって、
Mに覆い被さり脚の間に俺の右足を入れ、太ももでMの股間を押してみた。
「ハァン!・・・ちょっ待って、胸だけって言ったじゃん!」
息を上げながらMが訴える。Mが両足で俺の足を抑えつけた。
「そうだけど・・・でも・・ダメ?」そう言いながら押さえつけられた足を
さらにMの股間に押し付け上下させてみた。
「あっあっちょっ・・ダメェ・・」
ジーパンの縫い目が当たっている。ちょうど刺激されているのか?

快感に襲われているMの顔はもの凄く色っぽい。
眉間にシワを寄せて厚い唇は半開き。
思わずその唇にしゃぶりついた。
もちろん股間はすり続けながら。

Mの口の中は熱く、唾液でいっぱい。
舌をこれでもかと絡ませた。
「んんんんっ・・うっ・・ふぅ・・ん」
Mが俺の背中を撫でまわした。

唇を離し、右手をMの股間に下ろしてジーパンの上から
中指で押してみた。
「あぁ・・ん・・ダメだってば・・ハッ・・」
ダメと言いながら抵抗しない。
”イヤよイヤよも好きのうち”ってやつか?

そこでジーパンのチャックとボタンに手をかけ尻の少し下まで
下ろした。つもりがパンツも一緒に下りてしまった(笑)
薄い毛で覆われたそこはもう熱く、かなり濡れていた。

中指を割れ目に沿って入れてみるとグチョグチョ。
「あぁぁん・・んん・・」Mが喘いでいる。
沿わすだけですごい感じているみたいだ。
クリを中指で擦ってみるとMがビクンッとした。
「そこ・・だめ・・やめて・・」どうやらここが一番感じるらしい。
「だめ?違うんじゃない?イイんでしょ?」
「あぁっイヤァ・・はぁぁん!」Mの腰が動き出した。

その腰のくねり方がいやらしくて俺は親指でクリを、中指を入れて
刺激し始めた。
「あっ あっ あっ あっ!」
すげー・・Mってもの凄い色っぽい・・。
Mの前彼はなんでMのこと振ったんかなー。
とぼんやりそんなことを考えた。

もっとMを堪能したくなった。
「M、ちょっと起きて。ホテル行こう」
そう言って手早く服を直してシートをあげ、近くの国道沿いにあるラブホに向かった。

ホテルの駐車場に車を停め部屋まで向かうとき、Mは真っ赤な顔で
目は潤んでいた。

部屋に入ってベッドに腰かけると、これまた手早くMの服を全部脱がせた。
マジで全部見たくて。
Mは抵抗せず、逆に俺の服も脱がせてくれた。

Mをベッドに仰向けにさせ、M字開脚させて股間に顔をうずめて
クリ、穴、割れ目、全部を舐めまわした。
クリを口に含み舌先でつつく、同時に指を入れ奥の固いところを刺激。
「ああん!そこっ・・すごい・・あぁ!」
あんまり喘ぎ声がカワイイからまた貪るようにディープキス。

するとMの右手が俺の股間に伸びてきた。
「・・あたしばかりじゃ・・ズルイでしょ?」
そう言いながら右手で俺のチンポをしごき始めた。

「うっ・・(超こいつの手気持ちいい・・)」
Mの手は柔らかく熱く、指もさわさわと動いた。
(後で手を見せてもらったが、Mの手はシワとかあんまなくて
ぽってりしていた)

そのままMを下にして69。どうもMはしゃぶりにくかったみたいだが
ぶらさがったタマを柔らかく揉み、サオを軽く握って
ストロークしてくれた。
カリの割れ目を舌でチロチロされたのは良かった。
サオを舐め上げきゅっきゅっと握り、また口一杯に頬張るのが見えなくても
わかった。

「横を舐めて」と言うと「ここ?」と言いながら唇を横にして
サオに這わし、舌でつつつつとしてくれた。
唇で横から舐められるのが堪らない。

「チュッチュッ ぴちゃっ ちゅる。 ん・・ふぅ・・・ん。ぴちゃっ。」
フェラの音もいやらしかった。
股間に意識が集中してしまうのを避けるため
Mへの攻撃開始。
熱くぷっくり腫れたアソコは丸見え。
クリも膨らんでるのが見えるし濡れ塗れだ。
クリを中指と人差し指で挟み小刻みにバイブ。
舌を中に入れて抜き差し。
Mの腰がビクッとなり、続いてくねり出した。

舌を上下に動かすと、Mの腰も上下に動く。
トロトロと液が溢れてくる。俺の後ろからは
「く・・ふぅ・・ん・・そんなにしたら・・舐められないよ・・・」
なんつーカワイイ声も聞こえる。

視覚的にも身体的にも刺激が我慢の限界になり、
俺は体を元に戻してベッド上にあったゴムを素早くつけると
Mを一気に突いた。

「あぁぁぁぁ!」Mが背中をのけぞった。
俺は両腕を立てていたからMを見た。
硬く立った乳首、のけぞった首筋、喘いでいる顔。
Mの左胸を揉み、乳首を指の間に挟みながら
俺は何度も突いた。
”グチュッ グチュッ グチュッ”
「あっ あっ あっ あっ」

Mの両足を肩に乗せ、さらに深く入れグラインド。
「あああああ ダメェ んんっ あぁっ!」

俺もMも汗だく。今度はMを起こして騎乗位。
脚を思いっきり開かせて挿入したから深く入って密着。
クリが俺にあたっているのもわかった。
「動いてみて」「ん・・・こう?・・あぁ・・はぁ・・・んんん・・」
Mの腰がグラインドし始めた。
「Mの腰っていやらしいなぁ・・・すげぇ動き・・・」
「・・そぉ?・・ふふ・・ありがと・・んふぅ・・・」
Mの動きに合わせて”ぐちゅっ ぐちゅっ ぐちゅっ”
こんなにやらしいのを聞いたことが無いってくらい音がする。
親指でクリを擦ってみる。
「あぁっ そこっ イイっ・・」
Mに入れているサオも見えた。

「・・・そこってどこ?」俺は指を止めた。
「え・・・?」
「ここ?」そう言ってクリをまた擦ってみる。
「ぁっ!ん、そこぉ・・・」Mの腰が動くのと同時にまた指を止めた。
「・・なんでやめるの?・・・」
「どこがイイか言えって」「え、ヤダ・・。」
「じゃぁもうやめた」そう言って抜こうとした。
「あ・・だめ・・やめちゃ・・・。」
「じゃあどこがイイ?」「・・・クリ・・・・」
「聞こえない」「・・クリトリスがいいの・・・お願い・・もっとしてぇ・・・」

俺の両胸にMが両手を這わせ俺の乳首を弄り、
潤んだ上目遣いでお願いされた。
俺はMを四つん這いにさせ尻を高く持ち上げ
右手の中指でクリを擦り、左手で腰をつかみ、一気に突きまくった。
”パンッ パンッ パンッ パンッ”
「あっ あっ あっ あっ ダメェ!イヤァ!」
Mの喘ぎ声が響く。
(うっ俺もうダメだっ!)
「あっ あっ ダメッ イッちゃう! やぁぁ ダメッ イクぅ・・・!」
Mの声と同時に俺も放出した。
Mの中も体もビクンッ ビクンッと痙攣した。
俺を搾り出すように中が痙攣していた。

あまりの気持ち良さに抜くのを忘れ、二人して重なったまま倒れこんだ。
(あ~だめだ抜かなきゃ・・・)と思いサオを抜くと
Mのアソコはすごい濡れて光っていた。
Mもぐったり倒れている。俺はティッシュを数枚取ってアソコを拭こうと
するとビクッとなった。
「あん・・・ダメぇ・・・」うぅ・・・マジMの喘ぎ声かわいい。
まだ感じているのか拭いている間も「あぁん・・」とか言ってるし。

「M、すごい感じるのな。それにやらしかった」
「何言ってんのよ。もう。ふふ」

その後2人してタバコを吸いながらまたとりとめも無い話しをした。

Mとしたのはそのときだけ。今だったらセフレとか考えたかも知れないが、
そのときはそんなこと思わなかった。
俺にしてみればいい女友達だったし、喘ぎ声は超かわいかったが
なんかSEXの相手だけというのはMに失礼だったし。
がしかし、しばらくはオカズにしましたがw




エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、喘ぎ声、痙攣、クリ、乳首、四つん這い、騎乗位

 - 男性 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
家出少女とオジサン

俺は3年前に定年退職した63才の爺で年金暮らしですが、頭は禿げてなく見た目は50歳位で精力は30代です。退職金はそれなりに貰い、趣味もないので株をしたり、都内を電車や自転車などで散策したりして過ごしています。妻は3年前に亡くなり、子供達は独立し一人住まいで寂しくしており、時々風俗で抜いたりAVでオナニーをしたりで性欲を満たしています。二年前の3月に自転車で散策し、公園で弁当を食べてたら高校生位の女

no image
結構な数の人妻とセックスしてた

既婚者と不倫中の人妻と出会い系で知り合ったことが一度ある。なんでも相手は某有名企業の部長とのこと。その人妻は40歳で、当時自分より10歳くらい年上だった。不倫中の男は50歳くらいで長い付き合いだと言ってたので、俺との出会いはただ若い男とセックスしたいだけの理由だと思った。やることやって終わったけど、当時はエロい人妻ってなんでこんなに多いんだと思った時期だった。その頃は色んな人妻と短期で知り合って合

no image
嫌がる熟女に膣内発射!!

 以前の派遣先でお世話になった奥さんなんですが、隣街へ勤務となったので、だめもとで連絡すると食事でもということになりまして・・(ニヤリ)当然、食事だけで終わるはずもなく食後の相談を・・「それはない!」「ないない絶対にない!」と渋る奥さんを乗せラブホへ着くと、辺りをキョロキョロ「早くいきましょ」っと急かされ部屋へ到着。(笑) お互いソファーにかけタバコを数本吸いエッチの前の沈黙?状態で緊張のひと時で

no image
奥まで届くたびに漏れる人妻の喘ぎ声

とあるMLで知り合って、それ以降個人的にメールをやり取りしていたKさん(35歳)と俺M(28歳)は久しぶりに飲もうということで、O駅で待ち合わせしました。俺は仕事が休みで、Kさんは18時まで仕事だったので、待ち合わせは19時にしました。約束の時間の15分前にO駅に着いた俺はKさんにメール。「O駅に着いたよ。中央改札口でいいんだよね?」5分ほどしてKさんからメール。「いま地下鉄に乗ってるから10分くらい遅れるね」19時5分ご

no image
かわいい乳首の奥さん

 かわいい乳首の奥さん、折角の人妻を堪能しているのに網我慢できないみたいです。21才1児の母、クリよりも膣が感じるなんてやっぱり経験豊富なのか。。「お願い入れて!」と懇願され、乳首は交尾しながら吸えると考え直し、いざ挿入。入り口を縦横にずらし、更ににじらす。すると奥さん絶えられず腰を浮かしはめようとする。 先っちょが入ってしまい、これはイエローカードもののファウルです。一瞬腰を入れまた引きます。奥さん

no image
人妻と情熱的に舌を交じらせたエッチ体験談

私が出会い系サイトに嵌っていた頃の話です。その頃の出会い系はサクラばかりになり、残りの殆どは援助探しの女ばかりになっていました。“そろそろ出会い系も卒業かな…”私は数年間十分遊んだ事もあり、そう考えていました。その頃の出会い系はツーショットか伝言ダイヤルでした。ある日の事、私が募集していた伝言ダイヤルに他とは違った返事が入っていました。“色んなことに興味のある27歳です。宜しかったら連絡下さい。”私は何

no image
配達先の綺麗な女性を妊娠させてしまいました…

宅◎便のドライバーやってます。仕事柄、マンションに荷物を届けたりすることが日常なので、独身の女性、人妻の家などに、よくお邪魔します。仕事ですから。私の管轄エリアは下北沢周辺なのですが、ここのエリアは金持ちの人妻から、女子大生まで結構、いい玉がいます。ある日、私は瀟洒なマンションに届け物をするために、部屋番号のボタンで相手をよびだしました。「宅◎便ですが」いつもの決まり文句です。「どうぞ」エントランス

no image
マッサージ屋さんの人妻

ある知り合いのブログで紹介されていた、自宅でマッサージ屋を開いている人妻さんとの話です。初めて行ったときからめちゃくちゃ巨乳でTシャツから弾けんばかりになっていたので気になり、頻繁に行くようになりました。30代後半とのことですが、美人なのは間違いなく男性からは絶対人気だろうなと思っていました。数回通ううちに仲良くなり、アドレスを交換すると、すぐにエッチな会話が始まりました。私はその頃、出張中であった

no image
妹のテクニックのすごさに俺の息子は歯止めがきかなかった

エロ本やエロ漫画の影響でフェラに強い興味を持った中一の時、 たまにHないたずらをしていた妹に舐めてもらえないかと画策した。 風呂上がりの脱衣所で駄目もとで初めて「ちんこを咥えて」とお願いしてみたら、そういう知識がまったく無いからか、戸惑うことなく咥えてくれた。 その時は噛まれたり歯が当たったりと気持ちいいというより痛かったのだが、 噛んじゃ駄目と教えたり、ちんこを口に入れたまま腰を動かしたりしてるうち

no image
正常位でいかせたあと突いて突いて突きまくる

当時、20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった俺は、生命保険の出入りの兄ちゃんに、合コンセッティングをお願いしまくっていた。 この兄ちゃん(仮にN君)には、何度も合コンを過去にお願いしており、その都度、期待を大幅に裏切られていたわけだが、それでもN君に再びお願いしてしまうあたりに、俺のルックスの限界が分かるってもんだ。 数日後、N君から吉報が。 どうやら、数少ないコネから合コン相手をなんとか確保