エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

駅ホームの待合室で露出してたらフェラさせられた

   



見えそうで見えないぐらいの超ミニをいやらしく無く履けるのは高校生のうちだけだと思い、制服のときわざとパンツを見せることは頻繁にしてた。
でも同性に見られると反感を買うし、同年代の男の子に見られるのは恥ずかしいから、ターゲットはいつもオジサン。
高校生の頃一の番印象に残った露出を書きます。温泉でもプールでもありませんが、「わざと」なのでここに。
長くなりますがすみません。

高3のとき、大学入試の帰り。駅のホームにある風避けのための部屋?煙草を吸う部屋っていうのかな…名称は分からないけど、そこで一人のスーツ姿のオジサンと密室でふたりきりになった。

高校生活も残りわずか、ミニスカートを穿けるのもあとほんの数回。最後のチャンスだと思い、私はオジサンの向かい側の椅子に座った。
そして靴を脱いで、両足を椅子に上げ、体育座りをした。

オジサンは文庫本か何かを読んでいたみたいだったけれど、チラチラと私のパンツも気にしているようだった。

そのまま5分くらい経過。私は携帯を弄りながらもオジサンの視線が気になって、アソコがじんわりと濡れてきた。また、ふと目を向けると、オジサンの股間はもっこりと膨れ上がっていて、さらに興奮した。

田舎の駅なので人の気配はほとんど無く、部屋に入ってくる人は誰もいない。乗るはずの電車が途中で来たけれど、乗らなかった。きっとオジサンも。

その部屋にはストーブが置いてあり、ポカポカしていた。私は「暑…」とひとこと言って、着ていたブレザーとカーディガンを脱いで、ブラウスのボタンをいつもよりひとつ余分に開け、胸の谷間がわざと見えるようにした。

オジサンの反応が気になったけれど目が合うのが怖くて、携帯のカメラ越しにオジサンを見た。
オジサンはもう文庫本には目もくれず、じっと私を見ていた。部屋はとても静かで、オジサンの荒い鼻息だけが響いていた。

向かい合っている椅子の距離は人がひとり通れるぐらいの狭いもので、オジサンが手を伸ばせば私に触れることもできそうなぐらいだった。

そんなことを考えていたからか、もう私のアソコは触らずとも分かるぐらいぐっしょりと濡れてしまっていた。きっとオジサンからは大きなシミがハッキリと見えていたと思う。

見られているという快感から、アソコはピクピク…心臓はドキドキ。

我慢できなくなってしまった。右手には携帯を持っていたので、左手を左胸にもっていき、ブラウスの上から乳首を刺激した。
膝と膝をくっ付けて閉じ気味だった足も、少しずつ開いていく。携帯を横に置き、右手でも右胸を刺激。もうこの時点で自分を見失っていたと思う。

私がひとりで悶えていると、オジサンはおもむろに靴をぬぎ、「ゴホン」と一度咳払いをし、足を組み、再び文庫本に目を向けた。
私は「オジサン、私に興味ないのかな…」と思い、急に恥ずかしくなり、胸を弄る手を止めた。

するとそのとき、私のアソコに“チョン”と何かが当たり、ビクッとしてしまった。

見ると、オジサンが組んだ足の指先で、私のアソコを刺激してきていた。
オジサンは本に顔を向け、うつ向いている。足先の動きはどんどん激しくなり、私も思わず声がでる。息も荒くなる。

自分の片手で乳首を弄りながら、もう一方の片手でパンツを脱ぎ捨て、アソコを直にオジサンの足先に当てる。
刺激が強すぎて、興奮して、「んっ…んっ…」と言い続けた。

そして15分ぐらいそれが続いた後、オジサンは持っていた文庫本をパタンと閉じ、横に置き、立ち上がった。

私が呆然としていると、オジサンはズボンのチャックをゆっくりと下ろした。
それからトランクスの穴から、ギンギンに赤くなったモノを出した。

ソレの先端は、テカテカに濡れて光っていた。私は目の前にソレをつき出され、衝撃的すぎて目が離せずにいた。
私が固まって凝視していると、先っぽからはトロトロと透明な汁が溢れてくる。若干変なにおいもしてきた。

そこで私はハッと我に返った。露出は好きだったけれどまだ処女だったし、初めて見る男のアソコに凄まじく恐怖を感じた。

そう気付いたときにはもうすでに遅く、オジサンは私の頭をガシッと掴み、私の口にアソコを突っ込んだ。

私はとっさに両手で思いっきりオジサンを突飛ばした。「犯される」という言葉が頭を横切ったため、必死で荷物をガバッとかかえ、部屋から出て走り去った。

ただ、駅のトイレに逃げ込んだんだけれど、パンツと靴を忘れてきてしまったことに気づき、2時間ぐらいトイレに籠っていた。

で、2時間後にまた恐る恐るその部屋に戻ると、律儀に部屋の隅に靴が揃えて置いてあり、その上に携帯の番号が書かれた紙が置いてあった。
パンツは取られていたのでノーパンで帰りました。

で、3年経った今、その紙を高校のとき使っていた鞄のポケットから発見。
電話かけてみようかな、と思っているところです。

おわり!



見えそうで見えないぐらいの超ミニをいやらしく無く履けるのは高校生のうちだけだと思い、制服のときわざとパンツを見せることは頻繁にしてた。
でも同性に見られると反感を買うし、同年代の男の子に見られるのは恥ずかしいから、ターゲットはいつもオジサン。
高校生の頃一の番印象に残った露出を書きます。温泉でもプールでもありませんが、「わざと」なのでここに。
長くなりますがすみません。

高3のとき、大学入試の帰り。駅のホームにある風避けのための部屋?煙草を吸う部屋っていうのかな…名称は分からないけど、そこで一人のスーツ姿のオジサンと密室でふたりきりになった。

高校生活も残りわずか、ミニスカートを穿けるのもあとほんの数回。最後のチャンスだと思い、私はオジサンの向かい側の椅子に座った。
そして靴を脱いで、両足を椅子に上げ、体育座りをした。

オジサンは文庫本か何かを読んでいたみたいだったけれど、チラチラと私のパンツも気にしているようだった。

そのまま5分くらい経過。私は携帯を弄りながらもオジサンの視線が気になって、アソコがじんわりと濡れてきた。また、ふと目を向けると、オジサンの股間はもっこりと膨れ上がっていて、さらに興奮した。

田舎の駅なので人の気配はほとんど無く、部屋に入ってくる人は誰もいない。乗るはずの電車が途中で来たけれど、乗らなかった。きっとオジサンも。

その部屋にはストーブが置いてあり、ポカポカしていた。私は「暑…」とひとこと言って、着ていたブレザーとカーディガンを脱いで、ブラウスのボタンをいつもよりひとつ余分に開け、胸の谷間がわざと見えるようにした。

オジサンの反応が気になったけれど目が合うのが怖くて、携帯のカメラ越しにオジサンを見た。
オジサンはもう文庫本には目もくれず、じっと私を見ていた。部屋はとても静かで、オジサンの荒い鼻息だけが響いていた。

向かい合っている椅子の距離は人がひとり通れるぐらいの狭いもので、オジサンが手を伸ばせば私に触れることもできそうなぐらいだった。

そんなことを考えていたからか、もう私のアソコは触らずとも分かるぐらいぐっしょりと濡れてしまっていた。きっとオジサンからは大きなシミがハッキリと見えていたと思う。

見られているという快感から、アソコはピクピク…心臓はドキドキ。

我慢できなくなってしまった。右手には携帯を持っていたので、左手を左胸にもっていき、ブラウスの上から乳首を刺激した。
膝と膝をくっ付けて閉じ気味だった足も、少しずつ開いていく。携帯を横に置き、右手でも右胸を刺激。もうこの時点で自分を見失っていたと思う。

私がひとりで悶えていると、オジサンはおもむろに靴をぬぎ、「ゴホン」と一度咳払いをし、足を組み、再び文庫本に目を向けた。
私は「オジサン、私に興味ないのかな…」と思い、急に恥ずかしくなり、胸を弄る手を止めた。

するとそのとき、私のアソコに“チョン”と何かが当たり、ビクッとしてしまった。

見ると、オジサンが組んだ足の指先で、私のアソコを刺激してきていた。
オジサンは本に顔を向け、うつ向いている。足先の動きはどんどん激しくなり、私も思わず声がでる。息も荒くなる。

自分の片手で乳首を弄りながら、もう一方の片手でパンツを脱ぎ捨て、アソコを直にオジサンの足先に当てる。
刺激が強すぎて、興奮して、「んっ…んっ…」と言い続けた。

そして15分ぐらいそれが続いた後、オジサンは持っていた文庫本をパタンと閉じ、横に置き、立ち上がった。

私が呆然としていると、オジサンはズボンのチャックをゆっくりと下ろした。
それからトランクスの穴から、ギンギンに赤くなったモノを出した。

ソレの先端は、テカテカに濡れて光っていた。私は目の前にソレをつき出され、衝撃的すぎて目が離せずにいた。
私が固まって凝視していると、先っぽからはトロトロと透明な汁が溢れてくる。若干変なにおいもしてきた。

そこで私はハッと我に返った。露出は好きだったけれどまだ処女だったし、初めて見る男のアソコに凄まじく恐怖を感じた。

そう気付いたときにはもうすでに遅く、オジサンは私の頭をガシッと掴み、私の口にアソコを突っ込んだ。

私はとっさに両手で思いっきりオジサンを突飛ばした。「犯される」という言葉が頭を横切ったため、必死で荷物をガバッとかかえ、部屋から出て走り去った。

ただ、駅のトイレに逃げ込んだんだけれど、パンツと靴を忘れてきてしまったことに気づき、2時間ぐらいトイレに籠っていた。

で、2時間後にまた恐る恐るその部屋に戻ると、律儀に部屋の隅に靴が揃えて置いてあり、その上に携帯の番号が書かれた紙が置いてあった。
パンツは取られていたのでノーパンで帰りました。

で、3年経った今、その紙を高校のとき使っていた鞄のポケットから発見。
電話かけてみようかな、と思っているところです。

おわり!

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★マッサージのおじさんに挿入された体験談

 この前、部活で足を痛めてしまい、知り合いの勧めるマッサージにいきました。こじんまりとした造りで、60代後半のおじさん?が一人で経営していました。私は更衣室のようなトコに案内されて、服を脱ぐように言われ、少し抵抗はあったけど下着の状態で診察台の上にあおむけの状態で待っていました。 おじさん先生はさっそく足のマッサージをはじめ、足の裏を揉み始めました。数分がたち「太ももあたりがコってるね~」と私の腿

no image
従兄弟

10年も前のことで時々思い出しては胸を痛めてましたが最近はすっかり忘れてました。妻と2年の交際の上、結婚を決めプロポーズをしてOKを貰ってルンルンの毎日を過ごしていた時でした。出張が1日早く帰れるようになったので、遅い時間でしたが妻のアパートに泊まるつもりで、…

no image
市民プールで妹にいたずら

いつも妹にプールに連れて行ってとせがまれ今日もせがまれて仕方なく連れていくことにしました。もちろん水着に着替えてプールにつくと妹が心配なので男性更衣室で着替えさせた。妹も楽しそうにはしゃいでいて準備体操を終わらせプールに入った。妹はビキニタイプの水着で俺…

no image
大好きな嫁と友人5

前回三連休に旅行行きたいと嫁から誘われましたがその次週の金曜日の晩のこと「なんか生理来ちゃったかも」と嫁が言い出したので、既に家に来てた幸雄と普通に三人で晩飯食ったりゲームしたりで幸雄は帰っていきました幸雄の方は、嫁とのセックスに執着してる感じは全然無く…

no image
★倉庫で探し物していたらレイプされました

 課長に倉庫で探し物頼まれて行ったら、途中で課長がやってきて、椅子に腰かけさせられて、後ろ手に縛られて、足もM字に開かされて縛られた。「課長、やめてください」って言うとエミくんは何カップあるかなってブラウスをはずしてブラの中に手いれてナマで揉んできて… 「あっん」ってあえいでしまったら、ブラウス脱がされてブラジャーもはぎとられました。そして「こっちはどうだ」ってパンTの上から割れ目をなぞられて… すぐ

no image
★パチンコ店で誘う女との体験談

 近くにあるパチ○コ屋で(先週)打っていたら、30代後半の女性が一つあけて隣に来て打ち始めました。なにげに足下を見ると脚を組んでいましたが、かなりキワドイあたりまで見えてチラチラ見ていました。ジュースを買いに行きふと振り返ると、その女性がいて『見ているの分かってますよ』と言われた。恥ずかしいと思い固まっていると『じっくりと見せましょうか?』と言われた。思わず『お願いします』と言うと『サービスするから大

no image
★下宿先の若奥さんといい仲に

 私は大学時代、北海道で下宿していました、家主のじじばば、 その息子と奥さんその息子、で広大な敷地の農家とその敷地内のこじんまりとした母屋につながる6部屋ほどの下宿で、じじばばは農業、だんなさんは東京に単身赴任。で北海道、主に下宿人の世話は若奥さん、毎日見ていても飽きない、清楚で、明るくて、やさしい感じでスタイルはやせ気味、 胸はFカップ、そしてちょっとアンバランスな大き目のお尻、よくサークルで遅く

no image
★万引きする女子校生にお仕置き

 聞いてくれ。俺はあるデパートの警備員をしてる。実は先月、女子高生の3人組がアクセサリー売り場で買い物をしていた。その内1人はとっても可愛い好みの子。清純そうで、童顔で背は150くらいでした。 小さく感じた。他の2人はまあ、ブスではなかったが、きつい感じの普通の女子高生。何気に、その好みの少女に目が行ってしまう。「可愛いな~」と思っていると、な、な、な、何と万引きをするのを見た。

no image
★物足りなかった出会い系女とのSEX

 出会い系サイトで知り合った♀と会った。早速ホテルにIN。別々にシャワーを浴びて、ベッドでイチャイチャしようとしたら、「キスはリップタッチだけ、舌絡めるの絶対できない」ときた。 仕方ないから乳首を舐めて気分を高めようとしたら「乳首舐めも気持ち悪いからやめて、絶対ヤダ」と言い出す始末。思わず「おまえ、それでどうやってSEXするんだ?」と言ったが受け入れるわけもない。

no image
彼女とのリゾートバイトその2

その日は忙しく、その次の日に彼女と会い話をしました。眼の前にいる彼女はなんかサバサバした感じで妙に明るく僕に優しかったです。その理由は更に次の日、彼と話した時にわかりました。彼女との部屋での次の日、僕が彼女と会えなかった日、彼は仕事場で彼女と顔を合わせて…