エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

アイドル商法で騙された女の子1

   

知り合いにミサキという女の子がいた。
一応スペックだが、165cmくらいでスレンダー。
胸はあまりなさそうだが、今は佐田真由美に似てる感じ。
これは今だからこそ話せる話という事で教えてもらった。

彼女が高校生の頃、地方のローカルアイドルみたいな事をやってた。
AKBのおかげで地方でも色々なアイドルグループがあるらしく
そんなに人気があるわけでもないが、色々な地元のイベントで
踊って歌ったりしてたらしい。

もちろん彼女もアイドルに憧れていたわけで
そこから上京して芸能事務所に入った女の子もいたので
チャンスだと思ってやることにしたらしい。
きっかけはなぜか地元のスーパーでスカウトされたとの事。
順を追って話していこうと思う。

当時、ミサキは高2でスカウトされてから
一応、形式上のオーディションがあるのでという事で事務所にいった。
事務所はちゃんとしたものでなく普通のアパートに看板がかかっていて
中は広めの1Rといった感じ。
ある程度、歳がいってればこの時点で変だなと思うが
高校生では特に何も思う事なくドキドキしていたらしい。

中に入るとちょっといかつい40くらいのおじさんとおばさん一人ずつと
金髪の20くらいのチャラそうな男がいた。
女の人がいたので少しほっとしたそうだ。
ソファーに腰掛けて世間話。
一応持参した履歴書をみながら高校の話や趣味とかたわいもない話で、
対応してくれたおじさんとおばさんは笑顔でとても優しく
徐々に緊張がほぐれて安心したとの事。

おじさんは途中からずっと
「かわいいし、スタイルいいしこりゃ決まりだな。
 もしかしたら一番人気になるかもしれない。
 いい子みつけたなぁ〜」
とチャラ男にむかって笑っていた。
チャラ男もそうでしょーみたいな感じで笑顔で
和気あいあいとした感じ。

30分くらい色んな話をした後で、おじさんが
「基本的には是非、一緒に頑張りたいんだけど」と切り出し
「最後に水着になって欲しいんだけどいいかな?
 話はチャラ男から聞いてるよね」

ミサキは「えっ、聞いてないです・・・」

チャラ男「すみません、忘れてました・・・」

おじさんとおばさんがチャラ男に穏やかな口調だが怒り出した。
そして改めておじさんが
「じゃあ、もちろん今日、水着は持ってきてないわけだ・・・」

ミサキ「すみません・・・」

おじさん「一応、今年はグループの写真集とか出そうと思っているから
チェックしておきたいところではあるんだよね。
うちのグループのこの前脱退した○○っていたんだけど
いざ水着にさせて見たら小さいけどタトゥが入っててさ。
そういうのは困るんだよね・・・」

その時は、確かにそりゃそうだと思ったそうだ。
でも、水着は持ってないしどうしようとだまっているとおばさんが切り出した。

おばさん「ねぇ、今だけだしさ下着じゃダメかしら」

そこからおばさんの話が始まった。
是非、一緒にやりたいが私たちも忙しいし今日しか時間がない
今日がダメならあきらめて欲しいだとか
下着も水着と一緒だからとか。

色々迷ったが女の人もいるしなぜか状況に妙な疑問は持たず
わかりました、いいですよと答えた。

おばさんは満面の笑みで「本当!うれしいわ〜ありがと〜この子見込みあるわ!」

「じゃあ、早速脱いでもらっていいかしら?」

ミサキ「えっ、ここでですか?」

おばさん「ごめんねーさっさとすませちゃおうよ」

かなり躊躇はしたがこれはチャンスだと言い聞かせてスカートに手をかけて脱ぎ始めた。
3人が脱ぐ姿をずっと見てたらしい。

後ろを向いて脱いだあと前をむいてといわれて正面をむいた。
すると3人が近くによってきてすごく近くでジロジロ見られた。
チャラ男は写真もとっていた。

肌がキレイだ、細いね〜とか小さいお尻とか色々いわれて少ししたあと、
おじさんが2人にコソコソ耳打ちをした。
するとおばさんがまた話しかけてきた。

ようは、脱退した女の子はタトゥーがお尻に入っていたらしく
何かあったらあなたにも損害賠償になってしまう。
だから下着も全部とってくれないかと。。

ミサキはそれは無理という話をしたが
おばさんはまた熱心に話し始めた。
しまいには私もアイドルを目指してたが叶わなかった。
あなたには光るものを感じる。
私が絶対にトップアイドルにしてみせるみたいな感じ。

ミサキはわかるのですが…とモジモジしてたら
おばさんが立ち上がって、「もーぬいじゃお!ねっ!すぐ終わるから」といって
パンツに手をかけ、おじさんはホックを外していた。

ミサキは恥ずかしくて手で隠したそうだが
おばさんが突然強い口調でピシッとする!と言われて直立した。
チャラ男が写真をとっているのにきづいたが
怖くて何もいえなかった。
2人が近づいてまたジロジロみていた。
アソコとかも結構間近で見られたらしい。

5分くらいしたあとで、着ていいよといわれすぐに
じゃあ来週からレッスンだからよろしくねといわれてその日は終わった

知り合いにミサキという女の子がいた。
一応スペックだが、165cmくらいでスレンダー。
胸はあまりなさそうだが、今は佐田真由美に似てる感じ。
これは今だからこそ話せる話という事で教えてもらった。

彼女が高校生の頃、地方のローカルアイドルみたいな事をやってた。
AKBのおかげで地方でも色々なアイドルグループがあるらしく
そんなに人気があるわけでもないが、色々な地元のイベントで
踊って歌ったりしてたらしい。

もちろん彼女もアイドルに憧れていたわけで
そこから上京して芸能事務所に入った女の子もいたので
チャンスだと思ってやることにしたらしい。
きっかけはなぜか地元のスーパーでスカウトされたとの事。
順を追って話していこうと思う。

当時、ミサキは高2でスカウトされてから
一応、形式上のオーディションがあるのでという事で事務所にいった。
事務所はちゃんとしたものでなく普通のアパートに看板がかかっていて
中は広めの1Rといった感じ。
ある程度、歳がいってればこの時点で変だなと思うが
高校生では特に何も思う事なくドキドキしていたらしい。

中に入るとちょっといかつい40くらいのおじさんとおばさん一人ずつと
金髪の20くらいのチャラそうな男がいた。
女の人がいたので少しほっとしたそうだ。
ソファーに腰掛けて世間話。
一応持参した履歴書をみながら高校の話や趣味とかたわいもない話で、
対応してくれたおじさんとおばさんは笑顔でとても優しく
徐々に緊張がほぐれて安心したとの事。

おじさんは途中からずっと
「かわいいし、スタイルいいしこりゃ決まりだな。
 もしかしたら一番人気になるかもしれない。
 いい子みつけたなぁ〜」
とチャラ男にむかって笑っていた。
チャラ男もそうでしょーみたいな感じで笑顔で
和気あいあいとした感じ。

30分くらい色んな話をした後で、おじさんが
「基本的には是非、一緒に頑張りたいんだけど」と切り出し
「最後に水着になって欲しいんだけどいいかな?
 話はチャラ男から聞いてるよね」

ミサキは「えっ、聞いてないです・・・」

チャラ男「すみません、忘れてました・・・」

おじさんとおばさんがチャラ男に穏やかな口調だが怒り出した。
そして改めておじさんが
「じゃあ、もちろん今日、水着は持ってきてないわけだ・・・」

ミサキ「すみません・・・」

おじさん「一応、今年はグループの写真集とか出そうと思っているから
チェックしておきたいところではあるんだよね。
うちのグループのこの前脱退した○○っていたんだけど
いざ水着にさせて見たら小さいけどタトゥが入っててさ。
そういうのは困るんだよね・・・」

その時は、確かにそりゃそうだと思ったそうだ。
でも、水着は持ってないしどうしようとだまっているとおばさんが切り出した。

おばさん「ねぇ、今だけだしさ下着じゃダメかしら」

そこからおばさんの話が始まった。
是非、一緒にやりたいが私たちも忙しいし今日しか時間がない
今日がダメならあきらめて欲しいだとか
下着も水着と一緒だからとか。

色々迷ったが女の人もいるしなぜか状況に妙な疑問は持たず
わかりました、いいですよと答えた。

おばさんは満面の笑みで「本当!うれしいわ〜ありがと〜この子見込みあるわ!」

「じゃあ、早速脱いでもらっていいかしら?」

ミサキ「えっ、ここでですか?」

おばさん「ごめんねーさっさとすませちゃおうよ」

かなり躊躇はしたがこれはチャンスだと言い聞かせてスカートに手をかけて脱ぎ始めた。
3人が脱ぐ姿をずっと見てたらしい。

後ろを向いて脱いだあと前をむいてといわれて正面をむいた。
すると3人が近くによってきてすごく近くでジロジロ見られた。
チャラ男は写真もとっていた。

肌がキレイだ、細いね〜とか小さいお尻とか色々いわれて少ししたあと、
おじさんが2人にコソコソ耳打ちをした。
するとおばさんがまた話しかけてきた。

ようは、脱退した女の子はタトゥーがお尻に入っていたらしく
何かあったらあなたにも損害賠償になってしまう。
だから下着も全部とってくれないかと。。

ミサキはそれは無理という話をしたが
おばさんはまた熱心に話し始めた。
しまいには私もアイドルを目指してたが叶わなかった。
あなたには光るものを感じる。
私が絶対にトップアイドルにしてみせるみたいな感じ。

ミサキはわかるのですが…とモジモジしてたら
おばさんが立ち上がって、「もーぬいじゃお!ねっ!すぐ終わるから」といって
パンツに手をかけ、おじさんはホックを外していた。

ミサキは恥ずかしくて手で隠したそうだが
おばさんが突然強い口調でピシッとする!と言われて直立した。
チャラ男が写真をとっているのにきづいたが
怖くて何もいえなかった。
2人が近づいてまたジロジロみていた。
アソコとかも結構間近で見られたらしい。

5分くらいしたあとで、着ていいよといわれすぐに
じゃあ来週からレッスンだからよろしくねといわれてその日は終わった

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★美人の身体には興奮します

 これは四年前の話・・会社の事務に33才の綺麗な顔をしたMという女性が居ます。こんな綺麗な人が世の中に居るのかと思うぐらい、顔も身体も完璧で社内ではアイドル的存在です。ただ、残念な事に既婚者です。 そんなMと私はお互いの子供を連れて出掛ける間柄だが、Mの旦那も私の嫁も仕事が忙しいので、遊ぶ時は子沢山の夫婦にしか見えず、それがまた楽しくてしかたないのですが・・

no image
彼女の妹

(無題) 投稿者:(無名) 投稿日:10月8日(日) 17時03分51秒 この間彼女の妹とやっちゃいました。 その日彼女はバイトだったので先に彼女の家で待ってることに。俺はちょっと 街で買い物して彼女の家にいきました。部屋には居ないはずなのに電気がつい て …

no image
初体験は小6

よくある話らしいけど、オレの初体験は小6。誘われた場所はスイミングスクールのプール。一般の人もいるパブリックなプールでのスイミングスクールだったので、スクールの時間が終われば、そのまま泳いでいてもいいことになってた。で、ある日、オレは競泳パンツのまま、だ…

no image
芸者・奈津子

ワシは若い時から芸者遊びを覚えてしまった。お客に料亭に連れて行かれたのが事の始まりだった。そこで西川流の踊り手の奈津子と出会った。中々の日本的な美人でワシの好みにピッタリの女だ。料亭には若いお客が少ないとみえ、若いワシは結構モテた。奈津子とデキたのは三ヶ…

no image
おっさんがかつてAV女優と遊んだ話

あれはおっさんが21歳だったように思う。22歳だったかもしれない。当時そこそこの人気があった単体女優との卑猥な物語だ。10年以上も前といえば、今ほどAV女優の質は高くなかったような気がする。どこの学校のクラスにでもいるちょっとかわいい感じのお姉さんがAV男…

no image
メンヘラに監禁された話

スペックは簡単に、俺大学生男将来は警察官志望相手自称フリーター女メンヘラ幸薄そうな、柴咲コウ似二十四歳出会いはバイト先だったんです。当時は春休み真っ最中だったので、バイトを二つ掛け持ちしてました。一つは、ゲームセンターのスタッフ。もう一つは、警備員でした…

no image
寝ている友人の横でハメ撮りしたったww

例によって、メールで引っ掛けた看護婦友達→友達へ回して、2対2で遊ぶまた例により、その子んちで家飲み病院って、出会いないらしく、相当飢えてるのか王様ゲームもノリがいいほとんどOKだった久々に楽しい夜何回か遊んで、仲良くなった俺と友達と、俺狙ってた子だけに…

no image
出会い系中だし・・実はJCだった!

かれこれ3年ほど前・・妻子有りの立場にも関わらず出会い系にはまった時期がありました。というか、元来の女性好き(SEX好き?)のため、出会い系に限らず仕事関係や友人関係でエッチアンテナに反応した子とは常に生(7割りが中だし)でやりまくっていたのですが(笑)そんなあ…

no image
★ネカフェ難民の女の子との告白

 この前掲示板使って、すげー間抜けな女の子と会ってきた。その女の子はネカフェ難民、いわゆる神待ち少女で、俺が使っている掲示板にたまたま現れた。最初は本当かどうか半信半疑でメールを送った。 返事が返ってきて、それから何度もやり取りをしたが実際に会ってみない限りはなにも信用性がなかった。その時掲示板にその少女が書き込んでいた内容はこうだ。

no image
部室で

自分が経験した話、つまんなかったらごめんなさい。18の時なんですが、当時あるスポーツのファンでメジャーでは無いのですが一般的には程々に知名度はあるっていう程度、でもファンはついている、そのスポーツの種類やチーム等ちょっとでもかすると身バレしてしまうのでボカ…