エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

間違えメールからSEXができました^^

   

間違えメールからSEXができました^^

  • 2014/05/01
  • 01:00
体型も崩れた、40歳の会社経営者です。
この前、熊本に出張した時のことでした。
間違いメールで知り合った24歳の可愛い女の子。
『~ちゃん、眠れないの・・・またお酒付き合ってね』なんてメールが来たの
は去年の秋のことでした。
『~ちゃんじゃないけど、眠れないの大変だね。良かったらメールでお話しない?』
なんて返事したことから、メール交換が始まりました。
彼女には、なんと、僕の歳に近い彼氏が大阪に居て、関西弁で歳の近い僕に
かなり興味を持ってくれました。
3ヶ月のメール交換のあと、ついに彼女が逢ってくれることになりました。
少し細めだけど知的な感じのOLさん。その日の為に会社を休んでくれていました。
こちらは体型も崩れてる中年だし、会ってすぐに帰られてもしょうがないと
思ってました。
最初、車に乗り込んで来た時は、ちょっとこちらの“おじさん度と体型”に戸惑
ったようでした。
でも、熊牧場(今は名前が変わってる)に行ったり、焼肉食べたりして、
一日真面目なデートしていろんな話をしました。
彼女は関西弁がとても気に入ったみたいでした。
その後に、思い切ってホテルに誘いました。
彼氏が居るとの事だったんで、断るかもと思ってました。
そしたら、はっきりとは断らないんですが、悩み始めたんです。
「どうしようかなぁ」「初めて逢った人だしなぁ」「でも山ちゃん、いい人だし
なぁ」
って、そこですかさず、「カラオケも行きたいけど、このあたりじゃ、顔差すで
しょ」「君がいやなら、何もしないから歌だけでも歌いに行こう」って誘いました。
ようやく、「じゃ、出来ない(エッチ)かもしれないけど、それでもいい?」って
事でようやくホテルに入ることに成功。
カラオケ、歌いながら少しづつ、彼女の肩に触れたり、髪をなぜたりしながら、
期が熟すのを待ちました。
だんだん、こちらにもたれかかり始めたのを確認して、もう一度「君が欲しい」
って言ったら「どうしようかなぁ」って未だOKはでません。
これはいかんと思い、再度時間をかけ、ゆっくり胸のあたりを触りました。
セーターの上から、ブラのカップに沿って軽ーく、フェザータッチで撫ぜていき
ました。
そして、耳元では髪の毛にキスをしたり、耳たぶの近くで話したりしました。
そうすると甘~い、ため息が漏れ始めました。
ブラの上からずっと軽く、撫ぜまわすその触り方がとても気持ちいいみたいで、
彼女の息がだんだん、激しくなってきました。
ブラの上からも乳首が立ってるのが分かるくらいでした。
「思いは届かなくてもいいから、今日は愛させて欲しい」といったら、やっと
「いいよ」ってことで、軽くシャワーを浴びた後、ベッドイン。
そこまで来るのに、ホテル入ってから1時間半くらいかかってました。
その体は、ピチピチで、タオルをはがすとそこには、形のいい、バストがプルン
と出てきました・・・
でも、すぐに触らずに、じらす作戦にでました。
だって、僕にはワンチャンスしか無いんですから、しっかりテクニックで感じて
貰わなければ・・・このコは僕がクンニの達人などと投稿してるとは知らない。
まずは、フレンチキスから、耳への愛撫を丁寧にしてあげ、耳たぶを口に含んだ
り、息を吹きかけたり耳の穴に舌を入れてこねくり回したり・・・・
彼女は体をよじり初めてます。 太ももをこすりあわせるように、からだを何度
もよじります。
だんだん、声も大きくなって来ました。
今度はディープキスを試みると、むしゃぶりついてきました。
キスしながら、「ん、ん、んーーん」って甘い声を出してます。
舌を絡め甘ーい甘ーいキッスを長ーくしてあげました。
もう目がうつろです。 次何をしてくれるかと言う顔でこっちを見ます。
首筋、肩、を舌で転がしながら、形のいいバストに触れずに脇やバストの間を
チロチロと舌で舐めまわしまています。
どうして乳房に触ってくれないのか不思議そうですが、彼女がじれてるのが
分かった時点で、今度は二つの乳房のふもとを円を書くように舐めまわします。
「すっごい感じるぅーー」と叫んでいます。
でもまだ、乳首の近くまでは行くけど、まだ乳首は舐めません。
時々、鼻の頭と、ほっぺたで、乳首をこすると、狂ったように、もだえます。
じらしてじらして、今度は鼻の頭で、乳首攻撃です。
あっという間に乳首はコリコリと立ってます。 その乳首を鼻でプルンプルン
しながら、乳首の回りを舐めまわします。
こんなに感じるの初めてーっ」って叫んでます。
さぁ、いよいよ乳首を舐めます。舌の先で乳頭に触るか触らないかのそれこそ、
フェザータッチでチロチロと時間かけて舐めます。
もう、足をモジモジしながら、のけぞっています。
じっとできないらしく、僕の舌から、乳首をはずそうとします。
それでも容赦なく、乳首の先を根気良く攻めつづけるともう、女の子の方から、
乳首を押し付けてくるんで、仕様が無いので、乳首を転がすようにころころ、
ピチャピチャと舐めてあげる事にしました。「こんなに感じるのはじめて~」
と叫びます。
今度は乳房をもみながら、大きく口に含み、舌で転がします。
乳首が唾液でべとべとになってきて、そろそろ、脇、おなか、背中をチロチロ舐め
まわしながらおヘソのしたあたりも舐めます。 陰毛の生え際くらいも舐めまわしま
す。
そして、いよいよ、足の付け根の前の部分をその付け根に沿って舐めあげる
とまたまた、体をビクンビクンさせて、感じてます。
「ああぁっ、あああー、あうん」と気持ちいいのでしょう。
太もも、膝、ふくらはぎ、と舐め回し、いよいよ足の間に僕の体を埋めました。
太ももの内側をチロチロと舐めながら、あそこの状態を見るとまだ、肌色に近い
綺麗なお○○んこでした。 真中にピンク色の亀裂がネットリと妙に光る液体に
まみれてる様がとても可愛くてすぐにでもむしゃぶり付きたくなりますが、
そこを我慢して、クリトリスに向かうフリをしては、その両サイドを舐め、
また反対側のビラビラの横を舐めしてると、もうたまらないようで、お尻を
振ってクリトリスを僕の鼻に擦りつけてきました。
陰毛に付いたそのコの愛液が僕の顔にあたり、冷たい感じ。
なんともそこは乙女の香りとでも言おうか、悦楽の香りが漂います。
いよいよ、少し興奮気味でめくれている、クリトリスに鼻を近づけると、また
毛に付いた愛液が僕の顔中をぬらします。
「こんなに濡れてるんだ」って言うと、「いやぁ、見ないで」って彼女が言った
瞬間、割れ目から、ドロッとシーツの上に愛液が垂れて光ってます。
まずは、クリトリスの回りをツンツンと舌先でつつくと「ああぁー、もうだめ早く
舐めて~~!」って初めてそのコから淫乱な言葉が飛び出ました。
クリトリスを舌の先でぺロペロって舐めては止め、またペロペロって舐めては
止めを繰り返すたびに「はぁー、ああぁぁー」ビクンビクンと体が波打ちます。
今度はペロペロって舐める時間を長めに、止める時間を短めにして見ると、もう
綺麗な割れ目からはとめどなく愛液が出てきます。
もうビチョビチョとはこのことでしょうね。
今度はちょっと強めにコリコリっというふうにクリトリスを舐めたりビラビラを
唇ではさんだり引っ張ったりしてまたクリトリスにもどり、割れ目に沿って強め
に舐めたり、横方向に小刻みに舐めたり、頭を振ってグリグリ円を描くように
グチュグチュにしてあげたら、もう早くも「あっ、イッちゃう!
あ、イッちゃう!」といいだしたので、ちょっと緩めると「もっと舐めて~~」
の連発。
この彼女の声が、可愛い。 感じるのを耐えてるけど、たまらなくなって出て
しまうって感じでこっちも興奮してきました。
もう、僕のものも針刺したら破裂するんじゃないかと思うくらい、ギンギンです。
仕方ないんで、一回イカせてあげようかと思い、縦にコリコリ、横にチロチロ、
最後は舌全体で強めに下から上へ舐めあげてあげたら、「ああああああぁぁ
ぁぁーー」と叫んで体がガクガクと痙攣し、彼女の下腹あたりが波打っています。
急に静かになった彼女を今度はまた、優しくゆっくり舐めてあげると、最初身を
よじって逃げようとしてたけど、それを根気良く、刺激が強くならないように
緩やかに舐めてあげてると、また反応が変わってきました。
これはまたイクなぁと感じたので、また先ほどの口攻撃を開始しました。
すると、今度はさっきよりもっと早くに「また、イッちゃう、またイッちゃう」
と叫びだし、また甘~い声をだして、静かにイッてしまいました。
ぐったりした彼女の耳にまた愛撫を続け、今度はいよいよ、僕の唾液と彼女の
愛液でグチョグチョ
にまみれた彼女の亀裂に僕のイチモツをゆっくりと浅~く埋めてあげると、
また彼女の口からは「ああぁぁぁ~」と深いため息がもれそのまましばらく
ゆっくりと浅いところで入れたり出したりしてあげたり、時々抜いてはクリトリス
を擦ってあげたりするとだんだん、彼女の息が荒くなってきました。
「これでいい?」って聞いてみると「もっと奥ぅ~」というので少しだけ奥に
いれてあげました。
「これでいいかなぁ?」って聞くと「もっと奥に入れて~」というので又少し
奥に入れてあげました。「いやぁぁぁ~、もっと奥に入れて、じらしちゃいや」
と半泣き状態で言うので、いよいよ、ズリュウゥゥゥ・・・と言う感じで奥の方
まで入れてあげました。 もう彼女の顔は恍惚です。
薄めを開けてなにかを訴えようとするその顔に僕も感じてしまいました。
今度は少し激しい目に彼女の奥を突き上げ、そして、小刻みな動きにかえたり
どれが一番かんじるのかを探りながら、彼女の中で動きまくりました。
結局、どうやら、彼女は2,3回深く突かれ、4,5回浅く出し入れし2,3回
深く突くというのに弱いみたいで、最後は激しく動いた時にまたイッてしまいまし
た。
「もうダメ」という彼女を今度は僕の上に乗せました。  騎乗位ですねぇ。
上は経験ないと尻込みする彼女をなだめ僕の○ん○んの上を跨いでもらい、
ゆっくりとゆっくりと座ってもらいました。
最初はぎこちない動きの彼女に任せていましたが、今度は僕の技の披露です。
彼女に「体重をかけてもいいから、足を投げ出してごらん」と言って、僕の顔の
横あたりに両足を投げ出させました。
そして、彼女の膝の下を両手で抱え、彼女のからだを前後に動かすんです。
その時に僕は腰を少し突き出した状態で彼女のあそこに思いっきり突きたて
ます。 これが一番、奥まで入るんですねぇ。 そうするともうダメと言って
いた彼女の顔が苦痛なのかそれとも感じてるのかわからないような表情になりまし
た。
これが、一番僕も気持ちいい。 彼女はまたまた、可愛い声を発して「あ、また
イッちゃうー」と言い出したんで、僕も一緒にイクよって言って同時に昇天
しました。 彼女はもう、ベッドに倒れて息がはずんでいます。
持参した僕専用の38mm口径のコンドームにはまたたっぷりと白い液が入って
てそれが、僕の満足度が超ド急であることを物語ってます。
僕ももう汗びっしょりです。彼女を抱き寄せ、ギュってしてあげて、何度もキス
して、髪を撫ぜてあげました。
しばらくして、彼女から、「こんなに気持ちよかったの初めて。舐められて
すぐにイッちゃったのに、その後3回もイクなんて。それに騎乗位があんなに
気持ちいいと思わなかった」 「ほんと、おじさま、エッチ上手いね」チュッ!
てお礼のキスをしてくれました。
そんなこんなで、また逢う約束もでき、僕を、どうやら、エッチフレンドに
選んでくれたようです。
今度はもっと忘れられないほど、感じさせてあげようかなって思っています。
やっぱり、エッチは女の子をどれだけ感じさせるかが、楽しみですねぇ。
いつもと違う出会いで新鮮なデートと久々の快心のエッチでした。




エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、騎乗位、デート、愛撫、クリトリス

 - 男性 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
いっぺんに2人も妊娠させてしまった3P

サイトで知り合った20歳の女の子。裕美、身長149cm、43、バストもB、童顔でかわいい。そんな子が現れるなんてしらなかった。さっそくホテルへ行く。感度も良好。一気に中へ・・・。彼女もすごく燃えてしまい、行きそうになる。何処へ出す?という問いに、中へ・・・と・・・。思い切って中へ出してしまった。そこまではまあ、ないことはない話であるが・・・彼女がおれの携帯をのぞき込んで、「あっ」と小さいな声を立てる

no image
妻の友達に誘われてスワッピングしたら・・・

妻の友達に誘われてSWをしました。私も妻も41歳です。妻の友人は近くでスナックを経営している女性で34歳のとてもいい女です。私もよく飲みに行くので顔見知りでしたが、その女性から私に日曜日にSWをしないかと誘われました。私は内心、ママを抱けると思うと嬉しくなり妻を口説きました。妻は私の知る限りでは、結婚してから私以外の男性を知りません。妻は私から見ても、いい身体をしていて顔も40歳を過ぎて特に色っぽ

no image
俺のピストンに耐えきれずいきまくる女

彼がいる一人暮らしの子の家に送りに行って、ちょっとお互いに酔ってたけど、ミニスカだったから興奮してさ。 畳に押しつけながら、おちんちんを無理やり入れて、犯したんだ。 僕って1時間くらいいかずにセックスできるからさ、最後はどろどろで、女の子も背中をびくびくさせていきまくっててさ。 興奮したのは2回目に襲った時。「あんたなんか、きらい。さいてー」「あんたのものなんかで、私は感じないのよ」「いれないでよ

no image
かわいい乳首の奥さん

 かわいい乳首の奥さん、折角の人妻を堪能しているのに網我慢できないみたいです。21才1児の母、クリよりも膣が感じるなんてやっぱり経験豊富なのか。。「お願い入れて!」と懇願され、乳首は交尾しながら吸えると考え直し、いざ挿入。入り口を縦横にずらし、更ににじらす。すると奥さん絶えられず腰を浮かしはめようとする。 先っちょが入ってしまい、これはイエローカードもののファウルです。一瞬腰を入れまた引きます。奥さん

no image
彼女が最後までやらしてくれないからデリヘルに行ってみた・・・はまりそうです・・・

自分(31)は結婚を約束した彼女はいるのですが、25歳を過ぎても身持ちが固く未だに最後まで許してくれません。先日の土曜日も彼女の実家で世話になっていましたが、彼女が外出したので彼女のお母さんに出かけてくる旨を伝えて、とあるデリヘルへ行きました。自分が割と利用しているお店で、120分2.2万円とリーズナブルで今まで2人相手させてもらい2人とも生本番はしていました。(腹上射精です・・・)※恥ずかしながら指

no image
正常位でいかせたあと突いて突いて突きまくる

当時、20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった俺は、生命保険の出入りの兄ちゃんに、合コンセッティングをお願いしまくっていた。 この兄ちゃん(仮にN君)には、何度も合コンを過去にお願いしており、その都度、期待を大幅に裏切られていたわけだが、それでもN君に再びお願いしてしまうあたりに、俺のルックスの限界が分かるってもんだ。 数日後、N君から吉報が。 どうやら、数少ないコネから合コン相手をなんとか確保

no image
クンニでいきまくる女とのセックス体験談

数年前の夏のこと。過去に仕事をいくつか世話したことのある広告制作プロダクション勤務のKからメールが届いた。仕事の合間に趣味でクラブイベントのオーガナイズとDJをやっていて、個室のVIPルームを用意するから来ないか、というものだった。もう40歳ちかいし、クラブに行くのはかなりご無沙汰だったが、久しぶりに顔を出すことにした。「昔ほんと世話になったんで今回はマジで接待しますよ!素人のダンサーの女の子たちが

no image
パチ屋での即ハメ中出しセックス体験談

月曜にパチ屋で爆発し パチ屋で月曜大当りし 台で打ってたら隣にデニムスカートの姉ちゃんが座りタバコを吸いながら打ってた。ちょいむっちりの女で香水はきつい。俺が追加当たり二回で終わり、箱を一つ飲ませやめた。「凄いね…いくらで出したの?」と聞かれ金額を話すと「マジで?」と驚いてて「やめちゃうの?」と聞かれ頷くと「ねぇお願いあるんだけど」と言われて聞いたら「二万頂戴」と言われびっくりしたら「ただでとは言わ

no image
彼氏がいる27歳の女性と通勤電車での出来事

簡単な自己紹介から始まった。涼子さんの年は27歳で、予想通り、大手保険会社総合職のキャリアウーマンだった。すげえすげえ言うと、「全然凄くないよ。夜も遅いしストレス溜まるから正直事務職にすれば良かったなんて思ってるよぉ。」とのこと。Life Pursuitってか?人生の追求って難しいね。俺からしてみればどんなに激務でもボーナスが何ヶ月分も出るだけで羨ましいってなもんですが、そんなもんなんかいね。女性総合職ってだけ

no image
風俗にいた女友達・・・

金曜日の事なんだが、先輩に誘われて風俗に行ったんだ。この先輩は猛烈に風俗が好きな先輩で、呑みに誘われた連れて行かれると覚悟してた。既婚者の先輩たちが帰って俺一人になると『今日寄ってかね?』と案の定。『長く入らないならイイっすけど』『大丈夫だよ!サクッと45分だけだから』何がサクッ!だよ、と思いつつ、作り笑顔で連れて行かれた。『新しい店見つけてさぁ~そこがまたイイんだよ』電車に乗り連れて行かれたのは中央線の