エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

親父の会社に入社した女性

   

親父の会社に入社した女性

 僕は高3で童貞です。僕の丸秘体験を告白します。去年、親父の会社に、N垣智子さんという地元の商業高校を出たばかりの人が事務員として雇われました。身長は158センチで、胸はそんなに大きくなくて、スタイルはセクシーというよりまだあどけない感じ。目が大きくて切れ長で、口も大きいけど、唇の形が可愛くて、笑顔がすごくチャーミングです。今どきめずらしいお嬢さんっぽい人で、僕は一目で彼女が好きになりました。
 2つ年上ですが、年の差はそんなに感じません。彼女が親父の会社に来てから、僕は学校が終わってすぐ帰るようになりました。親父の会社は自宅に隣接しているんで、早く帰れば、5時すぎに退社する彼女とちょっとだけ話が出来るんです。それまで僕の成績は平均以下でしたが、テストで良い点をとれば智子さんに自慢できるんで、人が変わったように勉強し、成績も急上昇で、この調子なら地元の国立大学も射程に入ると担任に言われるほどになりました。

 それが夏休みに入った直後に、僕は死ぬほどショックを受けて、夢も希望も失ったんです。実は親父が先月、自室のパソコンを買い換えて、ディスプレイを20インチの液晶にしたんです。ディスプレイだけで50万円近いやつで、僕に見せてもくれません。しかも仕事場とLANをつないでないので、何かたくらんでると思ってました。


 それで親父の留守中にこっそり起動してみると、パスワードがかかって動きません。思いつくキーワードをいくつ入れてもだめだったので、智子さんの名前を入れたら、なんと通ってしまったんです。ますます怪しいと思い、「最近使ったファイル」を見ると、ずらっとjpg画像のアイコンがあるので、一枚開いてびっくりしました。20インチの画面からはみ出しそうな大きさで、僕の目の前に現れたのは、あこがれの智子さんの裸体でした。

 僕は真夏の暑さを一瞬で忘れました。広いベッドの真っ白なシーツの上に横たわった智子さんは、薬でも飲まされたように目を閉じて、あの愛らしい唇の間から歯並びの良い歯を見せています。ほっそりした両腕を力なく投げだし、まだ少女っぽい小さなおっぱいの上で、ディスプレイを思わずなめたくなるような、うす茶色の乳首が勃起していました。


 すごく大きい鮮明な画像で、智子さんの唇のしわや顔の産毛の一本一本や、乳輪のキュッと縮んだ乳首のごつごつした皮膚感も克明に写っています。親父がこの春買ったプロ用のデジタル一眼レフで撮ったにちがいありません。親父はカメラが趣味ですが、レンズ込みで120万もしたあのカメラも、50万円のディスプレイも、智子さんの裸体を撮って一人で鑑賞するために買ったにちがいありません。

 とにかくすごいディスプレイで、画面の美しさが段違いです。でもデジカメが1100万画素ですから、2048x1536ピクセルのディスプレイでも、写真の4分の1しか見れません。

 このとき最初に見えたのも、智子さんの顔からおへそまでで、僕は股間がうずくのを感じながら、彼女の下半身を見たくて、画面を端までスクロールしました。そうして僕はとんでもないものを見てしまったんです。智子さんのむっちりした白い足はMの字に開かれ、まんこの毛はきれいに剃られていました。その子供っぽい無毛のまんこの割れ目に、ピンクのコンドームを着けた太いちんぼがズブリとさし込まれていたんです。


 それは明らかに親父でした。下腹部の盲腸の手術跡でわかります。僕は頭が真っ白になりました。僕の大好きなN垣智子さんを、親父は犯していたんです。僕はショックで膝がガクガク震えました。息をのみながら、他の写真を開きました。どれもこれも、智子さんのあられもない裸体と挿入の写真ばっかりです。彼女を仰向けにして足を開かせ、ハマグリが開いたようなツルッツルのまんこを接写した生々しい写真や、20インチ画面で乳首が僕の握りこぶしほどの大きさに見える、おっぱいの超クローズアップや、勃起した親父の息子(と言えば僕でもありますが・・・(^^;;)のどアップで、僕は見ていて吐き気がしました。

 44歳の父親の勃起したテカテカの亀頭や、片思いの18歳の女性の毛を剃ったまんこや、その人と父親がセックスしまくっている写真を、20インチの大画面で見ながら思わず勃起してしまった童貞の息子。それが僕です。

 親父はきっと智子さんに何か飲ませて眠らせ、無抵抗の彼女を全裸にして、まんこの毛を剃り、むりやりハメ撮りしたんじゃないかと僕は最初思ったのですが、それは思い過ごしでした。写真は全部で2000枚もあり、ビデオ画像は40本あまりですが、変態っぽいのは、むしろわずかで、最初のころはグラビアのようにきれいなヌードがほとんどです。親父も最初は彼女を美的に撮ることが目的だったようですが、二人で楽しんでいる内にだんだんエスカレートしたみたいです。

 それでも正直、僕は悔しくて腹立たしくて、仕方がありませんでした。最初に写真を見たときは、三日寝込んだぐらいです。よっぽど家出しようかと思いましたが、今は気持ちがおさまりました。これから勉強をがんばって、東京の大学を目指します。あの二人のためにも、僕がそばにいない方がいいと思います。

 智子さんには未練がありますが、彼女は親父の女です。ここまで書いたので暴露してしまいますが、彼女、整形してます。最初は一重まぶたのきつい目つきだったのが、パッチリした可愛い二重になったんです。親父のメールを盗み見してわかりました。以前の彼女は自分の容姿にコンプレックスがあり、すごく暗い人だったそうです。


 親父は彼女が入社の面接に来たときから、君は可愛いよ、自信を持って良いよと電話やメールで励ましているうちに、智子さんは親父に心も体も許すようになり、採用が決まってから、思い切って整形したみたいです。智子さんは今まで男に愛されたことがなかったので、親父にほめられ、体を求められるのがうれしくて仕方がないんです。

 親父も4年前に僕の母が亡くなったときには一週間泣き続けました。しばらくは抜け殻でしたが、その親父も、智子さんのおかげで、ちんぼまで元気に立ち直ったみたいです(笑)。それがわかって、僕の智子さんへの片思いは一気に鎮火しました。今も残る多少の未練は、親父が撮った超高画質自家製無修正画像をこっそり見せてもらうことで解消してます。実は外付けハードディスクを使って、写真もビデオも全部僕のパソコンにコピーしました。

 勉強に疲れたら、パソコンで智子さんの裸体を見ながらオナニーすると、あんなに好きだった人だけに、すごく興奮するんです。あるいは昼休みに会社に顔を出して、智子さんと雑談しながら、親父の写真ですっかり見慣れた彼女の可愛いおっぱいや、1本の毛もないツルツルのまんこを、心の目で制服の上から透視するのもストレス解消になっています。

 親父は会社ではまじめな堅物で通っている人で、智子さんも働き者の女子事務員として、同僚にも、得意先にも好かれています。その二人が裏であんなことをして楽しんでいるそぶりをぜんぜん見せないのは、まあ、立派です。この前の日曜に撮影された最新作を見たら、親父もちん毛を剃ってしまい、小学生みたいに毛のないちんぼにコンドームをかぶせて、智子さんのまんこに挿入し、彼女をいかせようと一生懸命やっていましたが、毛がないとクリトリスを刺激しないらしくて、智子さんには物足りなかったようです。


 それで親父はセックスの後、智子さんのまんこを容赦なくペロペロしまくって、智子さんは「あん! あん! はぁあん!」とほんとに可愛い声で、気持ちよさそうにもだえていました。僕は童貞ですから、初Hは毛がふさふさのまんこがいいです。長くなってすみません。

 - 学生 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
北国の女性のきめ細かい肌はスベスベ

 大学生時代、とある趣味を通じて知り合った札幌在住の3歳年下の女17歳がいた。初めて旅行に行った時に会ったがまぁまぁ可愛かった。当時真面目でカタブツな彼女がいたが、その子はギャル系。おっぱいでかいし可愛いし、何より18歳とは思えないエロさがあった。その時は彼女いたし、何より彼女が大切だったし、他の女抱いて快楽を求めようなんて考えは全くなく、何もせずに別れた。

no image
母の女なの秘密オナニー

 ネットでは、女性のオナニーがあたかも毎日のように行われているようですが、実際のオナニーを見たことがなく半信半疑でした。この私の高校生の時からの疑問をはらすべく、大学に入ってから始めたバイト代で盗撮用の小型カメラを購入しました。ただ悲しいかな、よその家に忍び込んで取り付ける勇気もなく仕方なく、自宅のリビングに設置するので精一杯でした。

no image
無防備な姿で寝息がエロく

■無防備な姿で寝息がエロく(大学生の告白) 大学四年生の春、もう三年くらい飲み友達として付き合っていた仲のいい女の子ユイ(仮名)と、一晩限りのエッチを楽しみました。それも、ユイの彼氏が寝ているその隣でです。ユイは、胸は小さいですがスレンダーで、足がとても綺麗でした。そのことを自分でも知っているんでしょう、大抵はミニスカ生足です。さばけた性格のいい女なのですが、あくまでもただの友達でした。

no image
淫らなエロ女子大生

■淫らなエロ女子大生(大学生の告白) 大学生で彼氏あり。けど、この子はすごく淫乱でセックス大好きな子。家庭教師してる中学生を筆下ろししてやって、毎週しっかり性教育を施してる。若い精液を注いでもらって喘いでるそうだ。そう思えばコインランドリーで出会った男に彼氏居るのを黙って、講義の無い平日の昼間から男根を咥えて悦ぶ一見清楚なスケベ。

no image
叔母は僕のチンチンを口に含みフェラ

もう4年前のことです。東京の大学に進学が決まり、田舎から出てきた当初は右往左往している僕を親戚の叔父さん夫婦がいろいろ面倒を見てくれました。叔父さん夫婦には子供がいない為、僕を息子のように可愛がってくれました。ことあるごとに食事やお酒の相手に呼ばれて学業のこと、健康面のこと、恋愛のこと、就職のことなどいろいろと相談に乗ってもらったりもしていました。

no image
大学生活のエロ体験談

 20歳の学生です。1月に大学の友人と北海道にスキー旅行へ行きました。参加は、女性3人、男性6人。私以外の女の子は彼氏と一緒です。フリーの女は私だけ。でも、残りの男性3人に囲まれてメチャご機嫌な旅行でした。初日。ホテルで夕食を取った後、カップルはバラけて。残った私と男性3人はホテルのラウンジで飲んだ後、カラオケへ。