エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

露天風呂であったエッチな体験談

   

露天風呂であったエッチな体験談

  • 2014/04/30
  • 01:00
26歳の主婦です。

先日、主人とお友達の夫婦4人でスキーへいきました。

といっても、私はスキーできないので温泉のある旅館に泊まり、

私は温泉を楽しむことにしてました。

 
3人は朝からスキーへ、私は旅館の喫茶店でコーヒーを飲んでました。

そこへ一人の30歳くらいのオトコが近づいてきて声を掛けてきました。

なんでも、朝起きるのが遅くて、友達に置いてかれたとか。

話てるうちにすっかり意気投合しちゃって・・・

私が温泉を楽しみにしてきたからって一緒に露天風呂入ろうかって・・・

そこ、24時間の混浴なんです・・・

結局、一緒に露天風呂へ・・・


湯船につかり・・・

「奥さんスタイルいいですねぇ」

「変な目で見ないでくれる?(笑)」

「普通のオトコだったら、こうするよ(笑)」

といって私のカラダを目で舐め回す・・・

「もう、エッチ(笑)」

「背中流してくれる?」

「え~、何もしないって約束する?」

「するする。何もしないよ!」

洗い場で、カラダをタオルで隠し彼の背中をタオルで流す私・・・

「何もしないでしょ?」

「今はね・・・ずっと何もしちゃだめよ」

「はいはい。じゃ今度は奥さんの背中流してあげるよ」

「いいわよ、私は。何されるかわかんないから(笑)」

「だから何もしないって。さぁさぁ」

彼に促され、彼に背中を流してもらう私・・・

「しかし、いいスタイルだね。腰からヒップのラインなんて最高だよ」

「こら、また変な目で見てるな。はい、もういいわよ」

その時・・・彼の両手が後ろから私のおっぱいを・・・

「こら!何してんの!離して!」

「初対面のオトコと露天風呂に入るなんて・・期待してんでしょ(笑)」

彼の手がおっぱいを揉みはじめる・・・

「ふふふ・・・でもここじゃ・・イヤ・・・」

「昼間なんて誰もこないよ・・・ほら・・・」

彼は私の右手を掴むと私のお尻のあたりに導き・・・

彼の大きくなったペニスを握らせた・・・

「スケベな奥さん・・・どうにかしてよ・・・」

彼は私の乳首を摘みながら言う・・・

「あっ・・ここじゃイヤよ・・あっ・・・」

「こんなに乳首たっちゃってるよ・・・奥さん・・」

「ここじゃイヤだってば・・・」

そう言いながら私は彼のペニスを握って動かしてる・・・

彼の右手が私のおっぱいから・・・

お腹を伝って・・股間へ・・・

おまんこを揉みはじめる・・・

左手は乳首を摘んでる・・・

「ああっ・・・ダメッ・・・ここじゃ・・ダメヨ・・・」

「奥さん・・もうこんなに濡れてるよ・・・スケベ・・・」

彼の指がおまんこに入る・・・

「ああんっ・・・ダメ・・部屋でしよ・・・あっ・・・」

「ここでしたい・・・おまんこも欲しがってるよ・・・」

彼の指が動くたびにおまんこから「クチュクチュ」といやらしい音・・・

「ホントにスケベな奥さんだ・・こんなに濡れて・・・」

私の右手は彼のペニスをゴシゴシとしごいてる・・・

「入れたい・・・」

「あっ・・・ダメ・・・あっ・・ここじゃダメ・・・・」

彼は私を後ろから抱え上げ、湯船の奥のくぼんだ場所へ・・・

「ここなら見られないよ・・・」

と言って、私を大きな岩の上に寝かせる・・・

岩がとても冷たい・・・

バシャバシャと温泉の湯を私にかける・・・


「少しは暖まるかな・・・」

と言って私の両足を大きく広げ、おまんこをペロペロを舐めてきた・・

「あっあっ・・・でもやっぱり・・部屋にいこう・・ねっ・・ああっ・・・」

「奥さんのおまんこヒクヒクして欲しがってるよ・・・」

「ああんっ・・・部屋でぇ・・・ああっ・・・」

「すぐ入れてあげるよ・・・」

私の言うことを聞かず
彼はおっきくなったペニスをおまんこに入れた・・・

「あんんんっ・・・ダメよっ・・・部屋でっ・・・あっ・・・」

「ああっ・・気持ちいい・・・おまんこ・・・」

彼は激しく腰を振り始めた・・・・
バシャバシャとお湯が音をたてている・・・

「ああっ・・ああんっ・・・ああああっ・・・・」

「奥さん、気持ちいいだろ?」

「あんんっ・・・気持ち・・いいっ・・・・ああっ・・・」

「こんなところでしてみたかったんだよ・・ああ・・気持ちいい・・・」

「私も初めてっ・・ああっ・・・気持ちいいっ・・・」

今度は岩に両手をついて、立ったまま後ろから入れられる・・・

「あんっあんっ・・・いいっ・・・・」

パンパン・・バシャバシャと音がする・・・
初めて露天風呂で犯され、すごく興奮しちゃって・・・あっという間に・・・

「あんっ・・・イキそうっ・・・イッちゃう・・・・ああんっ・・・・」

「ああっ・・奥さんっ・・オレもイクっ・・・・」

「ああ~っ・・・イッてぇ・・・イクぅ~っ・・・イクっ!」

「ああああああっ・・・・」

彼は私のお尻のワレメあたりにドクドクと精液を放ったの・・・・


露天風呂を出て彼の部屋にいきました。

のぼせ気味だったので、彼とビールを飲みながら・・・

「奥さん、すごく興奮してすぐ出ちゃったよ(笑)」

「もう・・・イヤだっていったのに・・・(笑)」

「そんなこと言ったってヌルヌルだったじゃん」

「私も・・・興奮しちゃったわ(笑)」

「奥さん、もう一回しよ。もっとしたいよオレ(笑)」

「ふふふ・・・いいわよ・・・・」

「やっぱスケベな奥さんだ・・・」

彼は私をハダカにすると全身をペロペロと舐めてきた・・・

「んっ・・・んんっ・・・」

69になってお互いを舐め合う・・・

「んぐっんぐっ・・・チロチロ・・・」

彼のペニスの裏筋を舐める・・・

「奥さん、気持ちいいよっ・・・」

カリ首を舌で舐めあげる・・・

「スケベ奥さん・・・気持ちいいっ・・・」

彼は私のヌレヌレおまんこに舌を入れる・・・

「あんっ・・・ああっ・・・気持ちいい・・・」

私は彼のペニスを喉の奥まで飲み込み、舌で舐める・・
顔を動かしペニスを口に出し入れする・・・

「気持ちいい・・・奥さん・・・入れたい・・・」

彼の顔には私の愛液がべっとりついてる・・・

「私が入れてあげる・・・」

私は彼の上に乗り・・・ペニスをおまんこにあてがい、腰を降ろした・・・

「ああ~っ・・・・・」

そして、腰を前後に動かしはじめたの・・・

「ああっ・・・ああっ・・・・」

「ああ・・ホントにスケベな奥さんだ・・気持ちいい・・・」

「ああっ・・気持ちいいわ・・・・」

「ダンナがスキーしてる時に他のオトコのチンポ入れるなんて・・・」

「あなたが誘うからよ・・ああ~っ・・・気持ちいいっ・・・」

「人のせいにして(笑)・・スケペな奥さん・・・」

彼は腰を突き上げ始めた・・・

「ああ~っ・・いいわぁ・・もっと・・もっと・・・」

私は彼の上で腰を振り、突き上げられ、悶えまくった・・・

「ああんっっ・・・すごいわっ・・・いいっ・・・・」

彼は上体を起こし、座位へ・・・

彼に抱きつきながら、上下に揺さぶられる・・・

「あんっはんっ・・気持ちいい~・・・・」

私は後ろに手をついて、脚を大きく広げられる・・・

彼のペニスが私のおまんこに出入りしているのがよく見える・・・

「スケベ奥さん、入ってるとこよく見なよ・・・ほら・・・」

「ああっ・・あああっ・・入ってるぅぅぅ・・・気持ちいい~・・・・」

「オレのチンポにマンコ汁がいっぱいついてるだろ」

「ああ~んっ・・・気持ちいいっ・・・・もっと・・・・」

正常位になって彼が激しく突いてくる・・・・

「ああっ・・ああ~っああ~んっ・・・いいっ・・いいわぁ・・・」

「気持ちいいおまんこだっ・・・」

「いい~っ・・・・あああんっ・・・・・」

私のおまんこがぐちょぐちょいってる・・・・

「ああん・・・ねぇ・・バックでして・・・」

「バック好きなの?」

「うん・・・・」

彼は四つん這いになった私のお尻を引き寄せ
ペニスをズンと奥まで突いてくれた・・・

「はあうんっ・・・・いいわぁ~・・・いいっ・・・・」

彼は私のお尻を掴み、ペニスを何度も打ち付けてくれた・・・

「ああ~っ・・ああっ・・すごいっ・・・すごいっ・・いい・・いい・・・」

彼は私の両方のおっぱいを握りしめ引き寄せる・・・

私の上半身は弓反になる・・・

ペニスは相変わらずおまんこを突く・・

彼の指が乳首を刺激する・・・

「はあうっ・・・ううっ・・うう~んっ・・・イク・・・イク・・・・」

彼の指が乳首を強く摘む・・・もう片方の指がクリトリスをいじる・・・

ペニスはおまんこの奥をたたく・・

最高・・・・・もうダメ・・・・


「イクイク・・・イクぅ~っ・・・・・・・・・・・・・」

私は思いきり仰け反りイッちゃった・・・・・

「スケベ奥さん、イッちゃったの?」

「はぁはぁ・・・うん・・・最高よ・・・・はぁはぁ・・・」

「今度はオレもイクよ・・・」

正常位でペニスが入ってくる・・・

「あうんっ・・あううう・・・」

彼は私の両肩を押さえ激しくペニスをおまんこに出し入れする・・・

「あんんんっ・・・すごいすごいっ・・・」

ペニスがおまんこの中をかき回す・・・

「すごい~っ・・・・またイッちゃうぅぅぅ」

「ああ・・気持ちいいおまんこだっ・・・いくぞっ・・あああああ」

「あはああんっ・・・きてっきてっ・・・いっちゃうよぉぉぉぉ」

「あああ・・どこに欲しい!」

「はあああ・・どこでもいいわぁぁぁぁ・・・・いっくぅぅぅ」

「中に出すぞっ!」

「いいわぁぁ・・中に出してぇっ・・・いくっいくっ!」

「あああああ・・・出るっ!」

「はうっはうっあうっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

私がイクと同時におまんこの中に彼のペニスから熱い精液がドクドクと・・・

「ああ・・・気持ちいいよ・・奥さん・・・・」

「はぁはぁはぁ・・・気持ちいいわ・・・・」

最後に彼のペニスをきれいに舐めあげた・・・ 




エッチ体験談、エロ体験談、セックス体験談、ペニス、精液、マンコ、中出し、正常位

 - 女性 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
痴漢されてどんどん塗ていく私の…

私は通勤電車で痴漢されてそのままその痴漢の男とエッチした事があります!ちょうど彼氏にフラれたり会社の人間関係で萎えてた頃だったと思います。最初お尻を撫でられてましたが触わり方がすごくエッチで、しばらくジッとしてると男は何かを察知したのか私のスカートの中に手を入れてきました。下着の上からアソコを指でなぞられました。どんどん濡れていくのが自分でもはっきり分かりました。痴漢の指が下着の中に入ってくると私

no image
3P興味ありませんか?いきまくりのセックス体験談

この前出会い系で会った人との話しなんですけど・・・「3P興味ありませんか? 」確かそんなメッセージの人だったと思う。複数に興味あった私はしばらくその人と話ししてた。30代後半 既婚 子持ちそんな感じで話して3Pの話に。私自信はしたことなかったのと興味あった話をして・・・♀はずっと挿れられてる状態だからね。気持ちいいよ。してみたいなーと話してると最初から3人も・・・だと思うからまず2人で会ってみようか?

no image
担任の先生にいかせてもらった最高のエッチ体験談

自分で言うのもなんですが、当時はもう大人の女になっていました。よく、学校の男子からもスタイル良いから興奮するって言われてたけど、その時は誤魔化していました。でも、本当は襲ってほしい。体を見せたいし、触ってもらいたいんです。いつも痴漢に襲われる事を夢見てオナニーしてました。ある日、私が悪い事をして自宅謹慎になっていた時、担任の先生が家に様子を見に来ました。本当はどっさりある罰の宿題をやらなくてはいけ

no image
【おっぱい・巨乳】ホームレスに輪姦されました【体験談】

初めて投稿します。17歳、この春から受験勉強を始めた高校2年です。身長は165cm。B108cmのIカップ、W54cm、H96cmです。M気があって露出とか羞恥プレイが結構好きで、しかもHも大好きなので、彼だけじゃなくって、わりと誰にでも青姦Hさせちゃっています。3日前、クラブ活動の発表会が終わって、打ち上げに女友達だけでいき、次の日は朝からバイトだったので控え目にお酒を飲みました。そして、お店を出て家

no image
童貞の巨根君を社員旅行中に巨乳で誘惑して逆レイプ!

今回の体験談は、昔、勤務先の社員旅行であったエッチな体験談です。その時に勤めていた会社は、社員数が300人位の会社でした。男女の比率が6対4位で、男性の方が多いのですが、比較的女性も多い会社でした。そんな会社なので、合コンと言う訳ではありませんが、週末には社内の違う部署の方と飲み会がある事がありました。何回か飲み会を重ねていると、今年の新人の中に「童貞の巨根」が居ると言う噂を耳にしました。私はそれ

no image
友達のご主人に犯されました・・・

友達が子宮筋腫で手術をしたのでお見舞いに行きました。 たくさんお見舞いでケーキを貰ったそうでおすそ分けしてもらったんですが 友達のご主人さんが甘いもの大好きだから 帰りに持って帰ってほしいと頼まれました。 もちろん了解して、家に向かいました。 するとちょうどご主人さんが帰ってきたところで 上がってコーヒーでも・・・一緒に食べようと言われました。 旦那も遅くなると言われていたのでOKしました。 そして、、、

no image
二人とも汗だくなるほどの濃厚エッチ体験談

会社の同僚と我を忘れるくらい激しいセックスをしちゃいました。。。2014-04-29 12:30:00会社同僚コメント0エロいね11旅行先で夫の寝ている間に初めてあった男と浮気してしまった私・・・クォーターの美形彼女をホストたちに寝取られた話・・・人生の半分以上を一途に片思いした話セックスレスに陥ってた妻を誘って3Pした話 Part3セックスレスに陥ってた妻を誘って3Pした話 Part2店の同僚の西小野真由美ちゃんと彼氏K君は付き合っ

no image
夜のカーセックスにはまっちゃってます

昔、彼氏によく浮気されてて…ケータイのSNSで仲よくしてた4才年上の男性のメル友にそのこと相談したら、「これからちょっとでいいから相談に乗るから会わない?」って言われちゃって、まだその男性と会ったことないし…もう夜の12時過ぎだったので断ったんです。でも家の近くまで車で行くからって言われたので…じゃあ、ちょっとだけってことで会うことになったんです。親と一緒に住んでるんでバレないように家を抜け出すと、も

no image
近所の整体院で治療中に感じてしまった私・・・

私の家の近所には、ある整体院があります。いつも扉には「骨盤矯正やってます、身体のラインが気になる方、改善されたい方」と書かれてあります。いっつも身体のライン治したいな~と思いながら、通りかかっていました。営業時間は、夜10時までです。私は仕事終わるのが遅く帰りは8時くらいになるので、ちょうどいいな~と思い、ちょっと仕事帰りに寄って見ました。受付けには、20代半ばに見える若い男性が居ました。とてもおとな

no image
会社の上司と秘密のエッチ体験談

会社の上司とセックスして帰ってきました。お互い既婚、私24、彼は40。上司とは去年の秋辺りからちょっとずつ親密になってました。きっかけは二人きりの日帰り出張。そのときはエロ話に花が咲いて、お互い若干興奮気味の状態で「今度時間が会ったら会いましょう」と約束しました。仕事が終わったのが遅かったこともあってその日は何もせず終わり。  それから、年末に初めてデート>エッチして、今回が二回目のデート。頭からつま