エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

セフレにいたずらエッチ体験談

   

セフレにいたずらエッチ体験談

  • 2014/04/29
  • 19:00
その日は最初からイタズラをするつもりでした。

だけどそんな素振りは見せずに僕の部屋でベッドイン!

キスしながら服を脱がせあって、お互い相手の感じるところをジワジワと攻めながら全裸に!

実は彼女の誕生日月で、当日会えないからそれまでに何かイベントしたいねって、この前AVを一緒に見ながら話してたんです。

もしかしたら彼女も感づいていたかもしれないですがそのAVにはイカせ地獄のシーンがあって、その時から決めてました。

そしてこの日のためにローションや手枷・足枷、ロープに電マ・バイブ5種類、媚薬、テープなどを買い揃え、亜鉛とサプリを飲み続けてました。
それに加えビデオカメラを2台、一台は自分のでもう一台はレンタルして、隠し撮りです。

小物を動かしながらスイッチオン。

これから起ころうとしていることを考えると恐怖心のようなドキドキが込み上げてきて、自分の顔が悪魔みたいになってないか心配でした。

いつものようにベッドでじゃれあい69のかたちへ

最近僕のチンポは攻略されつつあり、彼女の思い通りにイカされてました。

ここからは名前で呼びますが、里美は自分がイカされそうになると必死で僕を先にイカそうとして来ます。

そして僕はイッてました。
今日も蜜壺をクチュクチュ・クチュクチュ指を出し入れしペロペロジュルジュル舐めたり吸ったりしていると、里美の腰がピクピク反応し、ねっとりしっとり舐めていた僕のチンポにむしゃぶりついてきます。

ジュルジュポ・ジュルジュポ・ジュルジュルジュルジュル

だんだん亀頭だけに集中してきてカリ首を下唇と舌で交互にこすられ、上唇で裏筋の先端を攻められながら根元を圧迫されてると、数分ともたずに爆発してましたがサプリの効果があってか持ちこたえました。

里美「なんか今日の強いんだけど・・・今までで一番おっきく見えるー」

確かに120%って感じです

僕「この日のために鍛えたからね、量もすごいと思うよ」

里美「えーっ、なんでー?」

僕「誕生日近いから。プレゼントは沢山用意してるから楽しみにしててね」

里美「ほんとー、ありがとー。好きっ、今日は私を好きにしていいよっ」

僕「・・・じゃぁー・・・・・そうさせてもらうよ、ほんとにいいんだね?・・・・・何されても嫌がらない?感じてくれる?」

里美「えっ?・・うん・・いいよ」

里美の体を仰向けにして「じゃぁ生で入れるねっ、いくよ?」

「あっ、えっ?もう?あーーん」ズキュきゅっ、ズリュッズリュッ

「今日のおっきぃー、スゴいっ、こすれて気持ちぃ~」

「あーっ、はいったー、包まれてる~・・・・・動かすよっ?」

「うん」

先端から根元までの大きなピストンをしながらキスしたりFカップのおっぱいに吸いついたりしました。

チュパチュパチューッ

「あっあん、きもちぃー」

いつもはフェラで一発抜いた後の挿入だけど今日はまだ抜かれてないのでものすごくそそりました。

ヌチャヌチャッ・ヌチャヌチャ
中で大量にぶちまけたい気も起きたんですが今日の一発目は顔射するって決めてたのでなんとか抑えました。

しばらく快感を味わってから抜いちゃいました。

「えっ?どうしたの?」

「途中で抜かれるのってどんな気分?」

「えーーっ、気持ちよかったから・・・なんかさみしい」

「今日ははじめてのこと沢山しようよ」って言って慰めてイラマチオすることに。涙と唾を垂らしながら頑張ってくれました

フィニッシュのためにまた生挿入して今度は激しく腰を振りました。

「ねぇー、AVみたいに顔にかけてもいい?」

「えっ?うん・・・」

「よしっ、じゃぁ見ててね、イク時顔にかけてって言ってくれる?」

クチュクチュ・パンパンパン

「あん・あん・中きもちぃ~」

「僕も、アーーッ、きもちーー、出そうになってきた、イキたいっ」

「ぃぃよ、いいよ、きてっ、顔にかけて、沢山かけてっ」

「イクよ、沢山出るからね、あっあっ」

ビクビク、ビューン、ドピューン、ビューン、ドピュッドピュッ、ビュッビュッ

ヤバイです、亜鉛は凄すぎます、感動です。

量も射精感も5倍くらい凄いです。

「大丈夫?」

「やーんもう、スゴすぎるよー、恐かったー」

顔と首をドロドロにしながら言っています。

「あーーん、なんか香りは甘いんだけど変な味がするー」

唇についた精液を舐めてます。

そこに僕のチンポをねじ込みます。

膝をついて顔に覆い被さるようにして軽くイラマチオです。

サプリのお陰でまだまだ燃えてます。

ビンビンのチンポでほっぺや首についた精液をぬぐいとり口に運び、尿道には精子が残ったまま生挿入しました。

「どうしよう私ずっとドキドキしてる、興奮しすぎてる」

「それでいいよ、僕もドキドキしてるから」

ティッシュで顔を拭きながらしばらく正常位でして、里美の体を起こし騎乗位へ

「思いっきり感じてみて、僕は見てるから」

ヌポッヌポッ、上下に出し入れしてます。

「いやっ恥ずかしい・・・・・あっ、いやっ、いいっ」

だんだん自分の世界に入り込んでいき、腰を浮かさず前後に激しく動かしてきます。

僕はずっと見つめてました。

里美はチラッチラッと目を合わせて微笑んできます。

自分でおっぱいを寄せたり鷲掴みにしたりしながら極まっていく様子がわかります。

「もっともっと、スゴいっ、いいっいいーっ、イクッイクッ」と叫びながら僕の上に倒れ込んできました。

次は一番好きなバックでツキまくりました。

今日はアソコの持久力が倍増しているので思いっきり気が済むまでピストンを楽しめました。

「もうだめっ、よ過ぎるっ」って枕に顔を埋めて叫んでいた里美は膝がガクガクで崩れ落ちてしまいました。

正常位になってまたツキまくりました。

息が荒くなり顔が赤くなり目がうるうるで最高にエロくて気持ち良さそうな顔を見ていたら、だんだん出したくなってきてラストスパートをかけドッピュッドッピュッと顔射しました。

沢山出るので顔にかける甲斐があります。

おっぱいに挟んで絞り出してもらいお掃除フェラで気が済むまで吸いとってもらいました。

先に里美がシャワーを浴びに行きその間に僕はジュースの中に睡眠導入剤を入れておきました。

僕がシャワーからあがったら爆睡中で手枷・足枷を痛くないようにタオルを巻いて取り付けました。

媚薬を胸全体と太ももに塗り込んでおきました。

起きるまでテレビ見ながらソファで休んでると「なにこれー、ちょっとなに考えてるのー、動けないじゃーん」って言われたので僕は満面の笑みを浮かべながら近づいていきました。

並べてあるバイブを見せながら「これ全部誕生日プレゼント!危ないことはしないからさっ、思いっきり感じてよ」

「でも恐いんだけどー、縛らなくてもいいじゃん、何で縛るのー?」

「雰囲気かな」

まずはローションで胸と太ももを優しくエロくマッサージ。

「それなんか入ってるのー?超気持ちいーんだけど」

「へへへへへへ」

色々話しながら30分はやってました。

「ねぇ~、すっごい気持ちよ過ぎるんだけど~、おちんちん入れてほしい~」

「へへへへへへ」

おまんこ触ってあげたらビックんビックん反応しました。

「もっと激しく触って~」って言われたけどすぐ離してバイブを太ももに巻き付けました。

お腹にも巻き付けて胸の下を押す感じにしました

スイッチオン

「あ~~なんか徐々に来る感じ~」

あと一本は乳首をいじったり口に入れたりおまんこをなぞったり何周かして谷間に置いて電マの出番です。

首から脇を通って密林地帯に来たとき「あっ、やばいっ、あっ出るっ」ピュッピュッって可愛らしく潮を噴いちゃいました。

左右に動かしながら当てているとまたピュッピュッと噴いてきます。

里美が「もう頭おかしくなってきたー、我慢できなーーい、何でもいいから早く入れて~ー」って叫んでるから谷間のバイブを挿入。

なんとも言えない満足げな顔をしたかと思うとビックンビックン跳ねて

「ダメっ抜いてっ出るっ、あっ、あっ、あっ」

潮が三回飛び散り「もう限界」と放心状態になってしまいました。

僕も楽しんだし、全部外してあげて落ち着くまで背中をローションでマッサージしてました。

本当に喜んでくれて、そのあとはパイズリフェラで1発、超マッタリと愛し合って連続中出し2発をやり遂げ二人でシャワーを浴び別れました。

バッチリ編集して今度会ったとき驚かせてあげたいと思います。




エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、セフレ、変態、いたずら、シャワー、潮、我慢、バイブ、媚薬

 - 男性 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
自宅でハメると興奮する人妻www

リストラされて1年ちょっとした頃、近所のスーパーで以前の上司の奥さんに会った。上司といっても4つ上の人で、奥さんは俺より2つ年上。平日の昼間でして、俺はお惣菜を物色してた。そこに「自分で作らないとぉ~」と声をかけてきたのが奥さん。思わず「あれっ?何で?」と口走ってしまったのは、そこまでご近所さんじゃないから。奥さんが言うには、特売日がなんたらで、わざわざ車で来てたみたい。  「聞いたわよぉ~大変だ

no image
巨乳なアルバイトの女の子とエッチな体験談

大学一年の頃からしていた飲食店でのバイトでは、古株になっていた俺。バイトができないような事務の仕事もかなりできて、社員の都合のつかない日は、店を閉めることも任されていた。そこで仲良くなったのが、高2の美紀。バイトの制服は分厚い生地のベスト。それでも胸と腰が盛り上がるほどの巨乳の持ち主。特に巨乳好きではなかったけど、視線がつい胸を追ってしまう。顔は特別かわいいこともないけど、どうしようもないというこ

no image
初めての相手は教育実習生

初めての相手は、中3の時の教育実習生の麻美先生だ。英語の先生の卵だった。俺は、バスケットをやっていて、当時、すでに178センチあった。麻美先生は、小柄で華奢な身体つきをした優等生タイプの先生だった。教育実習中は、何もなかったんだが、教育実習が終わって、2~3ヶ月経った頃、偶然、街の中で会った。教育実習生の時のどちらかと言えば地味な服装とは違い、女子大生の麻美先生がソコにいた。ミニスカートから伸びるス

no image
後輩のセフレになってしまった俺の彼女・・・

俺23歳大学4年生。彼女22歳大学4年生。時期はだいたい今年の4月から5月頃です。俺と彼女は大学のサークルで知り合って、俺からの告白で付き合うことになりました。当時で2年半くらいの関係でした。今年に入って俺と彼女も4年生ということで、ご多分にもれず就職活動をすることになりました。彼女はもともと真面目で業界も絞っていたこともあり、4月の中頃にはもう本命から内定をもらっていたんですが、俺は目標を明確に

no image
彼女が上司達にされたエッチな体験談。

彼女が上司達にされたエッチな体験談。僕には今日付き合って3ヶ月目の彼女がいます。彼女(これからはサエと呼びます)は自分と同じ今年23歳の新入社員です。彼女は新垣ゆい似でとても可愛く職場の部署でアイドルように皆からチヤホヤされています。中学から大学までずっと女子校で、家も裕福で箱入り娘のように育てられてきたようで、おしとやかなのですが天然な面も強くそこが可愛らしくて容姿性格含め周りから可愛がられてい

no image
元カノのお母さんは何度も腰をくねらせ何度もいっていまして

とりあえずスペック俺 大学生 170 63 フツメン見た感じよく大学生っぽいと言われるまあ大学生だから当たり前か事の始まりは数ヶ月前、バイト先にある女の子が入ってきたんだ元気で可愛い笑顔だったのが印象的だった逆に言うと初めはほんとうにそれだけの印象。そういえば佐藤かよに似てたかな?ポニーテールをしてたのでポニ子って呼ぶことにするわwww何回かバイトで一緒に働くうちに少しずつ話すようにはなってたあるとき俺

no image
友達の奥さんと秘密のエッチ体験

結婚して6年、子供はいません。 結婚する前は自分で言うのもなんですが、かなりの性豪でした。 一晩で2回、3回は当たり前で、付き合っていた彼女達もSEX好きな子が多く、いろいろなプレイをしてきました。 ところが不思議な物で結婚相手はあまりSEXが好きではなく、夫婦でありながらフェラもあまりしてもらえない始末。 でもいちゃいちゃはしたがる女性です。月に1回か2回のSEXも、あくまでノーマルなプレイのみ、体位も

no image
やっぱり大きいおっぱいだ…パイズリしてほしいな…

 先日、後輩の男の子と二人で残業することになりました。最近肩凝りがひどい私が、PCを打ちながら肩を叩いたり首を回したりしていると「僕、マッサージ得意なんですよ」と、後輩クンが言ってきて、頭痛がしてくるぐらい辛かったので「じゃあ、ちょっとお願い」と頼みました。得意と言うだけあって、ツボをいい具合に押してくれて、とても気持ちよかったです。後輩クンは「うわ~、ガチガチに凝ってますね~」などと言いながら、肩

no image
嫌がる熟女に膣内発射!!

 以前の派遣先でお世話になった奥さんなんですが、隣街へ勤務となったので、だめもとで連絡すると食事でもということになりまして・・(ニヤリ)当然、食事だけで終わるはずもなく食後の相談を・・「それはない!」「ないない絶対にない!」と渋る奥さんを乗せラブホへ着くと、辺りをキョロキョロ「早くいきましょ」っと急かされ部屋へ到着。(笑) お互いソファーにかけタバコを数本吸いエッチの前の沈黙?状態で緊張のひと時で

no image
酒を利用して前から狙ってた新婚の同僚を寝取った

同じ部署に前から狙ってる女が居た。俺だけじゃなくて、かなり多くの男が狙ってた。そいつが、かなりの美形だから。沖縄出身で、ウェーブのかかったセミロングの髪に目鼻のくっきりした顔立ちちょうど比嘉愛未という女優のような顔してた。だけど、そいつは外資系の証券マンと結婚して幸せそうだった。だから、飲みに誘っても誰も成功しなかった。ところが先日、2人で残業しながら、冗談っぽく「疲れたから、飯行かない?」と誘う