エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

人妻と情熱的に舌を交じらせたエッチ体験談

   

人妻と情熱的に舌を交じらせたエッチ体験談

  • 2014/04/29
  • 10:00
私が出会い系サイトに嵌っていた頃の話です。その頃の出会い系はサクラばかりになり、残りの殆どは援助探しの女ばかりになっていました。“そろそろ出会い系も卒業かな…”私は数年間十分遊んだ事もあり、そう考えていました。その頃の出会い系はツーショットか伝言ダイヤルでした。ある日の事、私が募集していた伝言ダイヤルに他とは違った返事が入っていました。
“色んなことに興味のある27歳です。宜しかったら連絡下さい。”私は何回か伝言を交換し、携帯電話の番号を教えました。翌日見慣れない番号からの着信、出てみると伝言の子でした。彼女は50キロほど離れたところに住んでいましたが、翌日電車に乗って私に会いに来ました。約束の駅で車に乗り待っていると・・


 30分毎の特急電車から、周りの女性が霞んでしまうような可愛い美人女性が降りてきました。“まさかあの子じゃないよなぁ・・”ところが・・その子が車に近寄るや窓ガラスをコンコンと叩くのです。ドアを開け”S子です。こんにちは、乗っていいですか?”私は想定外の美人に呆気にとられてました。

 出会い系の中で出会えるとは思えない・・

 私は彼女を乗せ少し離れた場所のレストランへ。知り合いが経営するレストラン、驚くような美人を連れた私に怪訝な表情の知人経営者。丁度食事時でしたので、彼女とコースの料理を注文し食事を楽しみながら色んな話をしました。素敵な女性との時間はあっと言う間に過ぎていきます。気が付くと15時。“すみませんそろそろ帰らないと行けないんです。”私は名残惜しかったのですが、彼女と再会を約し駅まで送って見送りました。

 今までになかったパターンです。これまで出会った女性達とは、その日の内に必ずホテルで関係していました。 なのに・・。その後彼女からの連絡は無く、あの日の内に関係しておくべきだった・・と後悔していました。伝言ダイヤルで彼女のボックスにメッセージを入れても返事がありません。気が付くと私は彼女に夢中になっていました。


 10日ほどたったある日、記憶に残る電話番号から着信が・・後で分かったのですが彼女の自宅です。“明日ですけど会えませんか?”と彼女。私に否やは無く、翌日の11時に彼女指定の駅まで迎えに行きました。“今日は何時位までなら大丈夫?”“五時半位には駅まで戻りたいです。”と彼女。30分ほど車で走り、地元で有名なイタ飯屋で昼食。私はワインを注文し彼女にも勧めました。

 彼女はお酒も大好きで、あっと言う間にボトル1本が空き・・午後一時、レストランを出て車に乗りましたが二人とも黙ったまま。彼女もこの先の展開に想像が付いていたのでしょう。5分ほど走りラブホへ・・一番きれいな部屋に入り“先にシャワーを浴びておいで。”と私。“ハイ”バスタオルを身に纏った彼女・・“俺もシャワーを浴びてくるから”“ハイ”バスルームから出てくると部屋のライトは落としてありました。

“恥ずかしいから…”と彼女。ベットの中で顔を隠しながら囁きます。“正直に言いますね、私子供を産んでるんです。だから体の線も壊れてるし、恥ずかしい”驚きました。可愛らしい雰囲気はとても子供がいるとは思えません。その時私の頭の中は“この子は自分の物にしてしまおう。”です。彼女の横に滑り込み、キスから始め執拗に舌を絡ませあいました。


 彼女も舌を出し情熱的に・・身にまとったバスタオルを剥ごうとすると“イや”と抵抗します。自信がないから、私は抵抗する彼女の右手を掴み、バスタオルの中に手を入れ胸を・・ビクッと反応する彼女。観念したのか抵抗も止めなすがまま・・バスタオルを剥ぎ全身を露わに・・“ああっ恥ずかしい・・・”ライトを全て消し暗くしてやりました。

 首筋を舐めながら、右手で彼女の胸を“ああん・ン・・”私の口が彼女の乳首を捉えた瞬間“ああっ!”と仰け反ります。乳首を吸いながら下腹部に指を伸ばすと抵抗する彼女。業を煮やして彼女を裏返し、四つん這いのバック姿勢を取らせました。

“イや・恥ずかしい・・”彼女のそこはヌラヌラと光り、言葉とは裏腹な彼女の性欲を映し出していました。




エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、性欲、彼女、四つん這い、バック、乳首、ラブホ、出会い系サイト

 - 男性 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
2人の男達に犯される妻

私達夫婦は娘の出来ちゃった婚で二人だけの暮らしになりました。私(中野 勇二・48歳・サラリーマン)と妻(有里・42歳・160・84・58・86)はポッカリと空いた毎日に会話も少なくなっていました。そんな生活に刺激をと、長年の夢であった他の男を交えたセックスを妻に提案したのですが貞淑な妻はいい返事をするわけがありません。妻はバストは大きくないですが美乳で若い頃のスタイルを維持しており、娘と姉妹に間違われるほどの

no image
かわいい乳首の奥さん

 かわいい乳首の奥さん、折角の人妻を堪能しているのに網我慢できないみたいです。21才1児の母、クリよりも膣が感じるなんてやっぱり経験豊富なのか。。「お願い入れて!」と懇願され、乳首は交尾しながら吸えると考え直し、いざ挿入。入り口を縦横にずらし、更ににじらす。すると奥さん絶えられず腰を浮かしはめようとする。 先っちょが入ってしまい、これはイエローカードもののファウルです。一瞬腰を入れまた引きます。奥さん

no image
配達先の綺麗な女性を妊娠させてしまいました…

宅◎便のドライバーやってます。仕事柄、マンションに荷物を届けたりすることが日常なので、独身の女性、人妻の家などに、よくお邪魔します。仕事ですから。私の管轄エリアは下北沢周辺なのですが、ここのエリアは金持ちの人妻から、女子大生まで結構、いい玉がいます。ある日、私は瀟洒なマンションに届け物をするために、部屋番号のボタンで相手をよびだしました。「宅◎便ですが」いつもの決まり文句です。「どうぞ」エントランス

no image
パンツを売る少女との体験

今日、過去6度世話になっている女子高生のえりちゃん(高校二年)にメールを送り中学の時の着ていた制服を持参させて援助交際でセックスしました!えりちゃんは地元でも有数の偏差値の高い女子校に通う女の子です。周りに男子が少なく、僅かな男子の知り合いはいても当然セックスまで発展する仲ではないみたいです。中学時代に何度かオタク系の先輩とセックスしてからはオナニーの毎日だったらしく、去年の夏に小遣い稼ぎと暇潰しで

no image
元カノのお母さんは何度も腰をくねらせ何度もいっていまして

とりあえずスペック俺 大学生 170 63 フツメン見た感じよく大学生っぽいと言われるまあ大学生だから当たり前か事の始まりは数ヶ月前、バイト先にある女の子が入ってきたんだ元気で可愛い笑顔だったのが印象的だった逆に言うと初めはほんとうにそれだけの印象。そういえば佐藤かよに似てたかな?ポニーテールをしてたのでポニ子って呼ぶことにするわwww何回かバイトで一緒に働くうちに少しずつ話すようにはなってたあるとき俺

no image
お兄ちゃん、身体…溶けそうだよぅ……

妹が小4、自分が中2の頃からマッサージ器対決という遊びをやっていた。マッサージ器というのはよく床屋さんとかに置いてある長方形で、取っ手の付いている物で、物心つく前から家に置いてあるものだったが・・そのマッサージ器は、遊び道具のようになっており、妹と一緒にマッサージごっことかで使ったりしていたのですが、ある時妹が振動してるマッサージ機の上にまたがりながら、「うっー、ここに座ってると、くすぐったくて我慢

no image
レイプ希望の彼女にベランダで中出しセックス!

制服JKに中出しエッチな青姦体験談以前から女子校校生とは、生でしてみたいと思っていましたが、援とかでも大抵はゴムありで実現しませんでした。でも、先週実現したのでそのときの話を投稿します。まだ、冬休みだったのですが、深夜の二時ごろ出会い系をみていると、今から援してくれる人を募集とのことでそうそうに書き込みをしました。20分しても返事がないので、私の前の人とあったのだと思ってPCを閉じて寝ようとしたら、一

no image
処女フェラは最高です!

 高校生の時、俺は浮気をしたことがあります。付き合っていた女はいくらでもヤらせてくれたし、特に不満があったわけでもないけれど、前から可愛いなと思っていた後輩に告白されたので、校外に彼女がいることを隠したまま、そいつとも付き合うことにしました。 でもまあ、俺にも罪悪感というものがあります。だから、後輩とはセックスをせず、処女をぶち抜いたりはしませんでした。後輩には「君のことを大事にしたいから」と言っ

no image
間違えメールからSEXができました^^

体型も崩れた、40歳の会社経営者です。この前、熊本に出張した時のことでした。間違いメールで知り合った24歳の可愛い女の子。『~ちゃん、眠れないの・・・またお酒付き合ってね』なんてメールが来たのは去年の秋のことでした。『~ちゃんじゃないけど、眠れないの大変だね。良かったらメールでお話しない?』なんて返事したことから、メール交換が始まりました。彼女には、なんと、僕の歳に近い彼氏が大阪に居て、関西弁で歳

no image
友人の彼女をチンポ奴隷に

こんにちは、僕は35才の会社員の男です。以前、会社の同期友人の彼女を内緒でセフレにしていた時期があります。千恵(29歳の薬剤師)とは会社同僚とのコンパで知り合い、最初は皆で飲みに行ったり、BBQをしたりで和気藹々としていました。同僚の間での印象では千恵は真面目な美人さんで通っており、特に同期の中本は執拗なアタックを繰り返していました。私とも最初に軽く一度デートしたのですが、中本の直球猛攻撃に彼と交際す