エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

アソコがヒクヒク収縮し締め付けられる快感セックス体験談

   

アソコがヒクヒク収縮し締め付けられる快感セックス体験談

  • 2014/04/29
  • 00:40
去年の夏の話です。やっとフリーターから脱却して、ようやく会社勤めを始め、すごい精神的に参ってた時だった。元バイト先の社員の先輩、Aさんと飲んで、社会の荒波についてすごい語り合ってしまい、そのまま彼の家に行ってしまいました。Aさんはもう30歳位だし、すっかり落ち着いた感じの人だったから、全然警戒心が無くってシャワーも普通に借りちゃってた。


 さあ寝ようか、みたいになった時、Aさんはするっと私の腰を抱いてキスしてきた。キスは普通に唇を重ねる感じだったんだけど、すごい柔らかくて温かくて、テンション上がっちゃってたせいもあって、普通にドキドキしてしまいました。それよりスッピンを思い切り間近で見られることのが恥ずかしくて、うつむいてたら、AさんはOKととってしまったらしく、再びキス・・。


 Aさんは別に好みのタイプでもなかったけど、当時精神的にやられてた私にとって、彼の人柄を表す優しいキスに癒されて、あまり下系に持って行かない人だったイメージだったから、どんなHするのかな…っていう好奇心でアソコがズクって熱くなってしまいました。Aさんの浅く舌を絡めてくるキスは、すごく長くて、それだけで興奮が高まってしまいました。

 唇が少し離れると、またとろんと唇を重ねてきて、手は優しく腰にまわってて、ガツガツしてない感じが余裕を感じさせました。髪を耳にかけられて、首筋をツーっとなぞられた時、「あっ…」って思わず声が出てしまいました。乳首を吸われると、もう座ったまま身体を支えられなくて、へなへなとベッドに倒れてしまいました。

 Aさんは首筋に舌を這わせながら、ゆっくり私の内股を撫でてきてかなり焦らしてきます。アソコに手が近くなるたび、私は腰をもじもじ動かして、早くして欲しくてたまらなくなりました。彼の指が毛の先に触れただけで、「あんっ」てなってしまいもう限界。Aさんは少し笑いながら、ゆっくり指で私の割れ目を開いていきました。酔うと濡れにくくなる体質の私でしたが、なぜかその時はもうかなり濡れているのが彼の指を伝ってわかりました。


 クチュクチュとやらしい音が部屋に響いて、恥ずかしいのにもっともっとして欲しくて、自ら彼の指をアソコの中に導きました。「○○、普段と全然違うんだね…すごいギャップ…エロい」と喘ぎまくる私に耳元で囁かれて、ますます身体が熱くなりました。クンニされてるときも、足を大きくひらかされて、恥ずかしいのに彼の頭を押さえ付けて自分でイッてしまいました。

 アソコがヒクヒク収縮してるのが自分でもよくわかって、彼は意地悪っぽく笑いながら、固くなったモノを押し当ててきました。びっくりするくらい熱かった・・ズクッと入って来たと同時に、すごい早さで突かれ、私は気が狂ったんじゃないかっ、てくらい声が出てしまいました。キスで唇を塞がれ、円を描くようにゆっくり掻き回され、もうどっちがキモチイイのか分からなくて、必死で腰を彼に擦り付けてしまいました。

 彼も大分興奮してて、お互い下半身をむさぼり合うのに夢中でした。正常位からバックになった時、腰をぐっと強く掴まれて打ち付けられた時、犯されてるような錯覚に、早くもイきそうになりました。四つん這いの体勢がたもてなくて、お尻だけ突き立てて、彼に挿されてるのがもう限界になってきました。


 気持ち良さに半分怖さを覚えて泣きそうになりながら、「ダメ…やだAさんもういっちゃう…」って彼を振り返りながらつぶやいたら、目が合った途端、なぜかAさんはいきなり果ててしまいました。その晩はいけなかったけど、次の日の朝、目が覚めた途端に襲われて、寝起きだったせいもあり、2回いってしまいまいした。

 Aさんとはその後2回ほど会いましたが、特に付き合うとかいう話も出ずに終わりました。でもまた会ったらしてしまうかもわかりません。




エッチ体験談、エロ体験談、セックス体験談、興奮、バック、正常位、クンニ、首筋

 - 男性 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
レイプ希望の彼女にベランダで中出しセックス!

制服JKに中出しエッチな青姦体験談以前から女子校校生とは、生でしてみたいと思っていましたが、援とかでも大抵はゴムありで実現しませんでした。でも、先週実現したのでそのときの話を投稿します。まだ、冬休みだったのですが、深夜の二時ごろ出会い系をみていると、今から援してくれる人を募集とのことでそうそうに書き込みをしました。20分しても返事がないので、私の前の人とあったのだと思ってPCを閉じて寝ようとしたら、一

no image
中出しOKの熟女はエロくて最高♪♪

自分は27ですが、1年前に仕事(電気工事)で訪問した一人暮らしの55歳の熟女と今関係しています。旦那(婿養子)とは離婚し、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです!ちなみにその熟との関係の始まりは、初訪問時仕事が片付いてから、お茶を頂いてるとき、部屋にピンクのパンティー、ブラが干して有り、自分がその下着を見ていると熟は「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」なんて言うので、自分は「いい

no image
パンツを売る少女との体験

今日、過去6度世話になっている女子高生のえりちゃん(高校二年)にメールを送り中学の時の着ていた制服を持参させて援助交際でセックスしました!えりちゃんは地元でも有数の偏差値の高い女子校に通う女の子です。周りに男子が少なく、僅かな男子の知り合いはいても当然セックスまで発展する仲ではないみたいです。中学時代に何度かオタク系の先輩とセックスしてからはオナニーの毎日だったらしく、去年の夏に小遣い稼ぎと暇潰しで

no image
奥まで届くたびに漏れる人妻の喘ぎ声

とあるMLで知り合って、それ以降個人的にメールをやり取りしていたKさん(35歳)と俺M(28歳)は久しぶりに飲もうということで、O駅で待ち合わせしました。俺は仕事が休みで、Kさんは18時まで仕事だったので、待ち合わせは19時にしました。約束の時間の15分前にO駅に着いた俺はKさんにメール。「O駅に着いたよ。中央改札口でいいんだよね?」5分ほどしてKさんからメール。「いま地下鉄に乗ってるから10分くらい遅れるね」19時5分ご

no image
パチ屋での即ハメ中出しセックス体験談

月曜にパチ屋で爆発し パチ屋で月曜大当りし 台で打ってたら隣にデニムスカートの姉ちゃんが座りタバコを吸いながら打ってた。ちょいむっちりの女で香水はきつい。俺が追加当たり二回で終わり、箱を一つ飲ませやめた。「凄いね…いくらで出したの?」と聞かれ金額を話すと「マジで?」と驚いてて「やめちゃうの?」と聞かれ頷くと「ねぇお願いあるんだけど」と言われて聞いたら「二万頂戴」と言われびっくりしたら「ただでとは言わ

no image
友達の股間に顔をうずめて…

ゆうべ夜中に寝ていたら夜中に女友達のAがDVDを持って突然遊びにきた。初めのうちは談笑しながらDVD観ていたんだけど、少しして気がついたらAは眠っていた。Aのスカートがいい感じにめくれ上がっていて、俺は一気にフル勃起。Aが起きないように足を使ってそーっとワンピースをめくりあげたら形の良い尻があらわになった。ひとつ残念だったのが黒いストッキングをはいていたこと。でも十分にパンツも見えていた。ここで更に俺は魔が

no image
巨乳熟女との潮吹きセックス体験談

先月二人連れの宗教熟女がやってきた。 玄関で呼ぶ声、 出ると、化粧ッ気のない女が二人立っていた。 その日は、すごく寒く二人ともダウンジャケットを着ていて、 スタイルは解らなかった。風も強く、玄関を開けていると風が入ってきて寒いので部屋に上がらせた。 一人は、背が低く童顔で30代後半っぽく上着を脱ぐと意外と胸がでかかった。 もう一人は、細身で40代中頃っぽく上着を脱ぐと華奢で貧乳、服も地味だった。 案の定

no image
巨乳なアルバイトの女の子とエッチな体験談

大学一年の頃からしていた飲食店でのバイトでは、古株になっていた俺。バイトができないような事務の仕事もかなりできて、社員の都合のつかない日は、店を閉めることも任されていた。そこで仲良くなったのが、高2の美紀。バイトの制服は分厚い生地のベスト。それでも胸と腰が盛り上がるほどの巨乳の持ち主。特に巨乳好きではなかったけど、視線がつい胸を追ってしまう。顔は特別かわいいこともないけど、どうしようもないというこ

no image
お兄ちゃん、身体…溶けそうだよぅ……

妹が小4、自分が中2の頃からマッサージ器対決という遊びをやっていた。マッサージ器というのはよく床屋さんとかに置いてある長方形で、取っ手の付いている物で、物心つく前から家に置いてあるものだったが・・そのマッサージ器は、遊び道具のようになっており、妹と一緒にマッサージごっことかで使ったりしていたのですが、ある時妹が振動してるマッサージ機の上にまたがりながら、「うっー、ここに座ってると、くすぐったくて我慢

no image
出会い系でGETした国中涼子似の大学生とのエッチな体験談

俺 大阪 ♂34才 既婚子有 誰にも似てない普通の男相手 ♀20才 学生 彼無 写メ無 国仲涼子似との事(以下涼子さん)「飲みに行こう」と募集。何通の返事の中から今回は若い娘にしようと選択。しばらくの期間メール交換しお互い暇だった週末に面接決定。約束の時間に合せ、仕事を早々に切り上げ待ち合わせ場所に向かう。途中涼子さんから「早く着いちゃった」とメールが来る。こちらも少し早めに出てたので「もうすぐ着くから