エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★会社の地味なOLは意外とすき物

   

.
.
.
.
.
2015/12/18(金)
 俺30既婚、彼女は隣の部にいる28才未婚。仕事は物凄くデキけど地味で小柄な眼鏡ブス風。でも後ろ姿で見るプロポーションはボンキュッボンとなかなかよかった。去年の秋、飲み会の帰り道で2人だけになった時、酔いを冷まして帰ろうって言って公園のベンチに誘った。

 話は下ネタになり「愛のないHはアリか?」って話題になった。お互い「あり」ってことになったので、左腕で肩を抱いて唇を合わせると、積極的に舌を絡めて来た。そのまま左手でブラウスの上から乳首を探り当てて摘むと声をあげはじめた。
 右手を股間に進ませると道を広げてくれた。終点まで到達すると、そこはもう熱くなってた。耳元で「イキなよ」って言ってからキスに戻り、乳首とクリを刺激し続けます。5分もしないうちにウッて押し殺した声をあげながら、腰をガクガクさせてイッてしまいました。

 抱き締めながら「2人になれるところに行こう」って言うとうなづきます。こりゃMっ気があると思った俺は、ラブホの部屋に入ったとたんにベッドに押し倒してスカートをまくりあげた。ストッキングを引きずり下ろして股間に指を進めると、さっきの刺激でグチャグチャに濡れてます。

 何も言わずに両足を担いでそのままブチ込むと、「あぁっ」と絶叫。「オラ、腰振れよ…」眼鏡ブスなのにマンコの中は相当キモチイイし、腰もクネクネとエロく動かす。会社の姿からは想像がつかないこの姿に興奮して、ブラウスのボタンを外していくと、張りが有って形のいいEかFはある胸が出てきた。

 両手で強く握り潰すようにして、人差し指と中指で乳首を強く挟んでやると、絶叫はもっと激しくなった。
「あ、あ、あ、いく…」
「いいか、出すぞ…」
「きてきてきて…」
ドク、ドク、ドク…。

 中に出してると、いつまでも続くような気がしました。しばらく腕枕で話し込みました。「何がしたい」「好きにしていいよ 四つんばいにして後ろから抜き差ししながらアナルをいじってると、やわらかくて敏感です。「こっちもいいのか?」絶叫しながら頷いてます。

 チンポを抜くと彼女はバッグの中からチューブのハンドクリームを出してきて渡しました。クリームをアナルにたっぷり刷り込んで、ゴムを付けたチンポをねじ込みます。「あぁっ、すごいぃっ…」物凄い締め付けですが、絶対に初めてじゃない、尻を前後させる動き。

 前に手を伸ばしてクリを強くいじってやりながら腰の動きを速めると、また大声をあげてイッちゃったようで、私もイッてしまいました。その夜は朝までやりつづけ、マンコ、アナル、お口と何発出したか覚えてません。

 今では月に1、2回、仕事帰りにラブホに行きます。社内では絶対にしませんが、この間は会社の制服を持って帰らせてやりました。彼女が友達のナースからもらった使い古しのピンクの白衣も燃えました。

 最近、ゴムを使うと彼女が持って帰ります。飲むのか塗るのかわかりませんが、自宅で一人で「する」時に使うって言ってます。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 会社員の体験談 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★最低なエロ体験談に笑わないで下さい!

 俺は高校を卒業し、大学へはいかず、就職した。そして車を買う余裕がないので、通勤用に原付を買った。大きなバイクではないけれど、俺はすごくうれしかった。今考えると何をはしゃいでいたのかわからないが、うれしくてたまらなかった。ツーリングとかいうかっこいいものではないけれど、乗り回していた。 そして入社して初めての大型連休。俺は原付の旅にでることにした。もちろん恥ずかしいので友達にはいえない。交通規則を

no image
★私の妻を色メガネで見る友人

 38歳、妻39歳の夫婦です。私の友人に橋本と言うスケベな奴がいるんです。家に来ては家内の事を色気があると私に言うんです。酔うと妻の後ろ姿を見ながら小声で あ~いいケツしてんな~とスケベな目で見るんです。 彼に言わせると 奥さんは痩せ過ぎで どっちが前か後ろか分からないと笑わせるんです。私の妻は 少し崩れ気味ですが 彼に言わせると 腰の張りがたまらないそうで 特に太ももの立派さがお気に入りのような

no image
★アルバイト先の後輩とのエロ・・2/2

 携帯画面を見ながら何故か微笑む沙希。全裸で。沙希は勝手に携帯をいじりはじめた。「お・おい、何する。返せ!」俺は焦って手を伸ばし携帯を取り戻そうとした。しかし沙希は俺の手をかわし、なかなか返してくれない。そうこうしているうちにもつれ合い、抱き合う形になってしまった。しまった!ベタな手に引っかかってしまった!  そう思った時はもう遅い。俺は沙希を下に組み敷いていた。均整の取れたしなやかな体のライン、

no image
★スッキリしない結婚と言う罠

 忘年会を兼ねた会社の慰安旅行で、36歳になる8つ年上の独身女とやってしまいました。宿でお宴会が終わってから、同僚数人と温泉街のスナックへ繰り出したんですが、そこへ女性陣数人が合流。 カラオケにも行って宿に帰ったんですが、その途中があまり覚えてなくて、気が付いたらホテルの宴会場にある舞台の袖にある小部屋(座布団置き場?)で、その彼女とバックで突いていました。

no image
★職場に来る営業の女性との話

 職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。これって、子持ちの方がやっていますので、普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが、彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。 いっつも笑顔で愛想が良く、小野真弓に似た感じの彼女は、当然ながら職場のおじさんの人気者でした。いつもお尻を触るおじさんもいたのですが、明るく切り返していましたね。おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、それでも可愛

no image
★モテル親友の彼女を寝取ったエロ体験

 イケメンな親友の彼女と寝た話。少し怖い話にもなるかもしれない。俺:フツメン。現在院卒フリーター。T:親友。イケメン。現在は金融関係企業勤務の勝ち組。人付き合いに難有り。シホ:当時のTの彼女。かなりの巨乳で可愛いけど地元志向有り。大学生の時の話だ。その前にTと俺の関係について少しだけ。  Tとは小学生の時、俺が転校した先で知り合ってそれからの付き合い。同じ小学校ではなかったんだけど、通い始めた塾と

no image
★唇から精液が垂れるのがエロい

 研修が終わってから大阪に帰ると東京配属になったことが判明。 一つ下で同じ大学の彼女に泣きつかれたが、俺はその時点で既に遠距離で続ける自信はなかった。そして4月1日にT支店と発表。支店内に普通の営業チームと女性主体の営業チームがあるが、俺は普通の営業チームで女性主体の営業チームの方に木下優樹菜みたいな感じの軽そうな子、そして事務に青木裕子似の小柄な子が配属になった。 優樹菜とは研修が別チームだったの

no image
★旦那に飽きた職場の人妻とのSEX

 横浜の31歳独身です。一緒の職場で働いている千裕は40歳で小学生の子供が一人いる人妻です。千裕が仕事でのモヤモヤがあるので、飲みに行き話を聞いてあげることになった。食事をして、バーに移る頃には仕事の話も終わり、プライベートな話になっていた。だんだん話がエッチな方に行き、彼氏が欲しいなど言っていた。 旦那とは10年ほどエッチはしていなく、千裕自体もあまりエッチが好きではなく、やはり10年ほどしていないらし

no image
★若い女体を好きな様にして良いのだろうか

 新入社員の有希子は高校を出たばかりの18歳で、長い髪の清純無垢な美少女でした。それは半年前、酔っ払いに絡まれていたところを助けた女子高校生でした。半年振りの偶然の再会は、俺よりも有希子の方が感激が大きく、声を掛けようか迷っているうちに有希子の方からアプローチをかけてきました。 断る理由などありません。こんな清純派の美少女を手に入れられるのは、私レベルの男では今後ありえないと思いました。私は入社2年

no image
★慰安旅行での悪夢な事

 数年前の慰安旅行のときのお話です。その年は、混浴で有名な温泉旅館に行きました。旅館に着いて宴会までの空いた時間に各自温泉に浸かりのんびり過ごしました。宴会が始まり、お酒の弱いあきは、なるべく断るようにしていたんですが・・そこは上司から注がれるお酒・・なかなか断れず、飲み進めているうちにかなり酔ってしまったようで、 男性社員の膝を枕に寝てしまいました・・。目を覚ますと・・男性社員の何人かがあきの顔