エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

未明に愛された過ぎし思い

   

17 12月

2015年12月17日 07:05

カテゴリ

未明に愛された過ぎし思い

過ぎ去ったあの夜明が懐かしく思い出される。結婚してまだ二ヶ月しか経っていなかった八月四日未明、出張から二週間ぶりに主人が帰る日がやってきた。この日が待ち遠しく、前夜から嬉しくて心が弾んでうとうとと眠りは浅かった。主人は、前日の午後四時、東京駅発、特急寝台列車「西海」に乗って、その朝四時三十九分、駅に着いて、そのままタクシーをとばせ、夜が明けようとする四時五十分、玄関の扉を叩いた。その音を聞いた私は浴衣姿のまま跳び起きて玄関で迎えた。私は主人が帰った嬉しさに素肌も見えるほどに着衣は乱れ乱れていた。私が主人の帰りを待ちわびていたその様子は、すべて私の態度に表れていたらしい。主人は私にキスして抱きしめながら、私がそれまで寝ていた寝床に倒れ込んで激しく抱いてくれた。私の浴衣の紐が緩められた。裾が拡げられると、弾ける二十三歳新妻の太腿が露わになって乱れた。主人は、その太腿に脚を絡ませ、硬いものを押し当てて抱きしめ、下着を剥ぎとり、私を真っ裸にさせて挑んできた。私も激しく抱きついた。これほど激しく抱きついてきたことは後にも先にもなかった。新婚の激しく燃える男と女であった。主人は、二週間ぶりに見る私の全裸を、明るくなる夜明けとともにくまなく見つめ、愛してくれた。その柔肌に、硬い鋼鉄のような男が貫き通された。待ちに待った硬くて逞しい男塊だった。主人は私のからだに入ったかと思うと呆気なく果ててしまた。私も何も分からぬままに主人のすべてを子宮の中に吸い取って果てていた。主人は休む間もなくそのまま二度目に挑戦してきた。私のからだもすぐに回復し、主人の挑戦を受けた。最初は、アッという間だったが、二度目は私のからだも快感の宙を彷徨い続け、女の悦びを噛みしめて、いつの間にか安らかな眠りについていた。夜がすっかり明けて、障子には夏の暑い陽が差して、すっかり明るくなっていた。目が覚めたとき時計は十時を指していた。目が覚めると再び主人の静かに抱擁に包まれ、またも愛の波間を漂った。岩に砕けるような大波はこないが、波の上をふわりふわりと静かな快楽の波に浮き沈み流されているようだった。小高い丘にふわりと押し上げられたかと思うと、すっと谷底に滑り落ちて沈んでいく。その浮き沈みの中に泳がされているようだった。山並みのような快感とその繰り返しが続いて、結婚した女の幸せをひしひしと噛みしめていた。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
車外露出告白3

ジョギングコースでの露出の、スリルと快感に体が忘れられなくなり、また車を走らせ河川敷の駐車場に来てしまいました。今日はあまりひとけがなかったので、少し大胆にしてみたくなり、早速、スカートだけでもちろんパンティーは穿かず車を降り、遠くに見える男性を確認し準…

no image
念願の3P-2

1ラウンド終わり、休憩です。美奈子はシャワーを浴びにバスルームへ。射精1回終えた裕二と2回の私は興奮も一段落し、バスローブを羽織ってソファーでビールを飲んでいました。裕二:「こんなこと何回かやってんの?」私:「いいや、願望だけはあったけど美奈子がOKしないんで…

no image
パート

1歳年下の美樹子との関係はもう8年にもなる。途中で3年間以上会わなかったこともあるが、細く長く続いている。もともとパートの部下として私が採用をした。第一印象はショートカットでボーイッシュな感じで笑顔が可愛らしいと思った。東ちずるを優しくした感じと言えばわか…

no image
中学生に寝取られた_7

「……朱美、汚れてるぞ」 それまで見物に回っていた邦夫がぽつりと言った。「え? あっ……」 たっぷり注ぎ込まれた精液が、淫裂からしとどに垂れている。朱美は精液と汗にぬめる太腿を閉じ、慌ててティッシュを探した。「口でやればいいだろ」「え?」「自分のまん汁な…

no image
おちんちんさわらないで

(´;ω;`)もうやめて うへへそう言わんと…ちょとだけ…な? (´;ω;`)やめて そんな顔せんと…痛い事してないやろ?おいちゃん怖くないから…な?なんならおいちゃんのも触ってええんやで?嫌か?ん?ほら…おいでよ このタマタマのふにゅふにゅがたまらんのよね…

no image
島の飲み屋のママと

■島の飲み屋のママと(社会人の告白) つくずく仕事が嫌になり、その上に妻が、デパートの駐車場から出るときに「突発性の脳梗塞」を起こし、自分の運転するBMWが、壁に激突して大破して即死だったのです。僕は48歳、妻は46歳の若さでした。僕は今でいうIT企業家で、25年前に仲間4人で会社を起し、最初は中野坂上の小さなマンションの一室から始めて、新宿、今は六本木の有名な高層ビルに会社はあり、400名の社員がいま

no image
★ビジネスホテルのお客さんが

 私はあるビジネスホテルで働いています。今日もいつものように働いていました。するとお客様から内線電話があり「テレビがつかない」とのことで私はテレビを直すため客室に伺いました。本来なら客室のドアをフックにかけて開けたままにするのですが、久しぶりのコンプレインだったので忘れてしまい… 床のコードを確認する為、屈み込み四つん這いになると、後ろから急にお尻を触られました…。私はえっ?と思い振り返ると「早く直してよ」と

no image
少女と夏体験4

「女の子はここを綺麗に洗わないとダメだからもうちょっと洗うね?」と言うと「・・うん・・」と、礼菜ちゃんは答えた。 (この子はあそこを触るのが気持ちいい事を知ってるな)と思った俺は、中指をあそこの割れ目にさらに食い込ませ這わせていると、礼菜ちゃんは自分で股を大…

no image
同じ社宅に住んでいた綾子

これは中学生の時、オレと同じ社宅に住んでいた綾子という同級生との話。 オレと綾子は近所に年の近い子供がいないということもあり、小さい時からよく二人で遊ぶ仲だった。さすがに中学生くらいになると頻繁に会うということは無くなったが、月に一度くらいはお互いの家で遊…

no image
嫁が飲み会で・・・

俺の嫁が、友達の幸恵と飲みに行くことになった。嫁が友達と飲みにいくなんて久しぶりなことなので快く送り出した。夜の10時くらいに一度電話があって、「これからカラオケにいってもいい」と言って来た。たまにだし、まあいいか、と思い「遅くなっても連絡くれたら迎えにい…