エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★ペニスを自慢する男ってテクはダメ

   

.
.
.
.
.
2015/12/16(水)
 高子と申します。すごく素敵な彼に恵まれて、周りから『奇麗になった』『若くなった』って言われることが増えました。図々しい感じではありますけど、自分でもそう感じます。大切にしたい人、大切にしてくれる人がいるって大切ですね。

 若くなった、奇麗になったと言われるのは、嬉しいのですが、言って欲しくない人がいます。その人は夫です。浮気はするし、それを隠そうともしないで、甲斐性だとうそぶく、責めてもせせら笑うクセに、いざ離婚の話になると、自分の両親に泣き付くと言うどうしようもない人です。
 7、8年はセックスレスだったのですが、最近『奇麗になったなぁ』と言いながら迫ってくることが増えてきました。あまり拒むのも不自然なので、応じることもあるのですが、ただ乱暴に触ってきて『でかいだろ?』と自慢するペニスを動かして、自分が果てるだけ、気持ち良さも、精神的な満足感もくれない、一方的な射精です。

 本当に嫌で仕方なく、続けて拒んでおりましたら、先週ペニスにいわゆる『真珠』を入れてきました。『おまえ不感症みたいだし、もっと気持ち良くしてやろうと思ってな』とかニヤニヤしながら言ってきまして・・ぞっとして、家を出ました。

 本気で気持ちが悪いです。そのまま彼の家に泊めて貰いたくなりましたが、先の事を考えて、思い止まり実家に戻りました。いずれしようとは思っていましたが、年明け早々に離婚の手続きをします。

 五十いくつにもなって、一体何を考えているんでしょう?繰り返しになりますが、吐き気がするほど気持ち悪いです。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - その他体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★女ですが特殊な職業をしています

 殿方への回春の施術を専業にしております。出張治療を専門とし店舗、看板広告などは出しません。施術はご紹介を受けたお客様にのみ限定させていただいております。その治療効果には絶大な信頼をいただいてます。海外で、VIPセレブ相手にこの回春施術をしてる同業の先輩がいて 忙しいのでと、お手伝いに呼ばれました。 飛行機で9時間、乗換待ちに7時間再度、6時間のフライトの長旅でした。先輩は昔とお変わりなく、大喜びで

no image
★マンネリした夫婦の刺激

 結婚して15年が過ぎました。私は圭二、妻は由美子です。お互い来年は四十を迎えます。子供が出来なった事も有り 倦怠期も早くやって来たようで、何か刺激の有る事を二人で話し合い、私の願望でもあった3Pを提案してみたんです。 私が初めての相手では無かった事もあり 妻は私がよければ従うと言うのです。選んだ相手は妻も知ってる友人の片岡でした。彼はバツイチで皆の噂では浮気が原因で別れたそうです。仲間内では一番

no image
★男の視線に酔いしれる妻

 私達夫婦の変な夜遊びを教えます。結婚18年を迎え、私達は39歳と37歳の年を迎えました。妻は元々真面目で、男は私1人しか知りません。私はエッチ好きで、妻には色んなプレーをして欲しかったんですがなかなか堅物で、了承を得る事が出来なかったんです。 私が言うのも何ですが、妻は身長163cmで体重53kg、胸はEカップと言う感じで男好きな体系をしています。30半ばから下半身の肉付きも良くなりもう溜まりません。

no image
★美人な妻は隠れ巨乳で嬉しかった

 私37歳、妻33歳の結婚して4年になる夫婦です。上司の薦めで妻とお見合いをして、その美しさと上品さにひかれて押しの一手で結婚した次第です。妻と知り合う迄はいろんな女性と交際して来ましたが、妻は今までに無い程の美人で私は嫌われないようにと真面目を装い、結納が決まるまでは手も握らないと言った感じでした。 やがて結婚の日取りも決まり、デートの帰りに車中でキスをした時に軽く胸を触れて、私は一瞬びっくりし

no image
★お金で体を売っていた私の性暦の話し

 地味で目立たない私をとても大事にしてくれる主人についてるウソ、それは元彼の人数です。私はずっと目立たない地味キャラで、大学時代も学内では地味なままでした。でも、地味な髪型をツインテールにしてリボンをつけて、小柄な体型を活かして可愛い格好をすると女子高生もどきになって、性を売ることができました。 きっかけはナンパでした。サラリーマン風の男性にナンパされて断ったら「ね、じゃあいくらならいいの?2万?3

no image
★飲食店での思わぬ出来事

 晩春のとある日、とある飲食店での出来事。その日僕は猥行に耽るつもりは毛頭無くのんびり寛ぐつもりだったのだが、ステーキ丼を完食しようという頃。「こんにちは~。」背後から麗らかで澄んだ声がした。誰であろうと知ったことじゃないのに、無意識に振り返ってしまった。 驚くなかれ。黒のタイトミニのスーツに美味しそうな女体を包みこんだ若いOLが2人来るではないか。無類のスーツOL好みの僕の体に猛烈に淫欲が湧き上がっ

no image
★パイプカットの手術をしてみた話

 子供も二人生まれ、そろそろ打ち止めかな、と考えているとき、友人からパイプカットのことを聞いた。いろいろな避妊の方法はあるが、ほぼ完全な方法は男性のパイプカット。安心していろいろなセックスを堪能したい。 早速、本屋で関連の書籍を購入して研究した。スキンも薬剤も不要で都合の良い避妊法。懇意にしている医師にも相談をすることにした。彼は幾人かの医師仲間がパイプカットを終え、副作用など無く優雅にセックスを

no image
★元ホテルのフロント係の体験談

 俺は地方のホテルのフロント係をしていた。ホテルといっても名前だけで、旅館に近い所だった。男の俺は夕方出勤し朝帰る、いわゆる夜勤ばかりしていた。そんな俺も、た~まに朝出勤し夜退社する日勤に入ることもあった。そんな時は、後輩を連れてメシをj食うと称して飲みに行ったりしていた。 その日は、たまたま日勤で夕方に帰ろうとしていると同期のYと1つ下のSが帰ろうとしていた。Y&S「お疲れ様~」俺 おぅ、お疲れ

no image
★私は変態です。何故か女装の虜に

 こんなことがあってはいけないのでしょうが、ひそかな私の楽しみになってしまいました。綺麗な人妻のパンティーやブラジャーなど、その持ち主を想像しながらオナニーをしたり、そのパンティーを身に着けているのです。 私はある分譲マンションの仕事をしています、それがどこかは秘密です。かなり贅沢なつくりで防犯システムが完備しているので、外部からの進入は難しくすべてが集中管理されているのです。そのために各戸で勝手

no image
★妻の色気を温泉旅行で

 毎年夏休みに家族旅行に行っている。今年はホテルではなく温泉旅館に泊まった。旅館に着くと、恒例の館内散策。その旅館には今までなかった混浴があった。妻は普通に素通りして、館内を一通り廻った。夕飯の前に妻は娘と私は息子とお風呂を済ませた。 部屋に戻ると浴衣姿の妻と娘がいた。これまで浴衣なんか着なかった妻に少し色気を感じてしまった。夕飯を済ますと子供はお疲れモードで即就寝。私がビールを飲んでると妻も一緒