エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★初体験が熟女でしたので・・その後も

   

.
.
.
.
.
2015/12/14(月)
 私は、高3の初体験が41歳の女性だったせいか、大学時代は40代の熟女ばかりと付き合う熟女ファンでした。就職先のビルを清掃する業者さんは女性ばかりですが、男子トイレを清掃するのは決まって40代50代の女性で、しかも使用中でも構わず堂々と入ってきます。

 その中で小柄でひときわ可愛い陽子さんというおばさんがいて、私のお気に入りでした。陽子さんが入ってくると、私は陰茎が見えやすいように若干便器から下がって用を足していました。そんなに自慢するほど大きくはありませんが、大学時代は熟女さん達に好評だったので、イタズラ心で見せびらかしてみたかったのです。
 ある金曜日、アパートに帰る道すがら、小腹が空いたので定食屋で一杯引っかけて帰ろうと入ったら、陽子さんが焼き鳥でビールを飲んでいました。気付かぬ振りして隣に座って、暫く飲んでいて「あっ!ど、どうも…」なんてシラジラしく挨拶すると、

「いつも、わざと見せびらかしてるお兄さんね。」としっかり見抜かれていました。
「別に、見せびらかしているわけじゃ…」
「こんな53歳のおばちゃんに見せびらかして、味見したいだろう~なんて、イジワルしてるつもり?」
「味見って…そんな、旦那さんにしかられますよ。」
「そんなもの、とっくにいないわよ。」

 陽子さんの部屋にお持ち帰りされた私は、大の字に仰向けに寝かされて、陰茎を弄られていました。「いつもは萎えてるところしか見せてもらえなかったけど、こうなると結構大きいわね。それに硬いわ。」「陽子さんのも弄らせてくださいよ。」陽子さんの陰唇は藤色にめくれて、それを開くと桃色の濡れた膣口が覗き、淫核が顔を出していました。

 口をすぼめて淫核を吸うようにして、舌先で舐めると、陽子さんはモジモジと体を捩り「あはーん…あんた、お上手ねえ…あ、あはあ…」陽子さんは陰唇を思い切りご開帳して、トロトロになった膣口を晒して陰茎の挿入を求めました。ゆっくりと陰茎を沈めていくと、53歳の完熟した膣壁がネットリと絡まりました。

「ああ…何年ぶりかしら…はあ~~この感触…いい気持ち~…あうん」小柄な陽子さんの腰骨を押さえて、グイングインと抉るように腰を動かすと、陽子さんはシーツを握って喘ぎました。洗い息遣いになった陽子さんを逝かそうと、激しくガンガンと突くと、小振りな可愛いオッパイがプルプルと揺れて

「ああ…ああ…ああ…いいわぁ…そのまま中に…中に出してぇ~ああ~~んんうう…」「よ、陽子さん、中に、出します…うっ、うぅ…」ビュッ、ビュビュッと、陽子さんの子宮に熱い精液をぶち蒔けました。

「ああ…7年…いや、8年ぶりのセックス…気持ちよかったぁ…」
「陽子さん、これからも時々させてくれませんか?」
「…ダメ…私なんかにいつまでも関わってると、お嫁さん来なくなるわよ。今日が最初で最後…」

 と言われましたが、私は53歳の可愛い陽子さんに夢中になって、毎週末陽子さんを求め、陽子さんを揺さぶって陽子さんの子宮を私の精液で満たしていました。その年の年末帰省し、明けて4日、故郷のお土産を持って陽子さんを訪ねると…

「ああ、お隣さんね、年末に引っ越したよ。毎週お隣のおばさんのエッチな声をアパート中に響かせてたの、あんただろ?あの人、居辛くなって出てったんだよ。」陽子さんは仕事も辞めていました。…今から25年前の…切ない思い出…

 あの後、25歳の時に私が恋した女性は、小柄で可愛い30歳の女性でした。彼女は28歳の時に、婚約者が浮気相手を妊娠させて破局したという哀しい過去の持ち主で、憂いに満ちた幼顔に惚れて何度もアタックして、結婚しました。

 妻には、年上だからと何度も断られましたが、過去の恋人で最年少だということを事細かく説明したので、妻は私の性遍歴を全て知ってしまいました。もちろん、妻が20歳で初体験して、その後25歳で二人目の男性と愛し合って婚約までしたが別れた経緯も全部聞いた上で、30歳の熟した陰唇や膣を味わいました。

 妻は現在53歳…あの頃の陽子さんと同じ年…可愛い顔した小柄な53歳の妻の小振りなオッパイをプルプルさせる時、陽子さんとの思い出が蘇ります。23年間愛し続けた妻の陰唇は真っ黒ですが、現在は閉経して出し放題です。

「この年までセックスしてるとは思わなかったなあ…」週4,5回、たっぷり妻の中に注ぎ込む5歳年下の夫の精液は、まだまだ溜まり続けています。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 社会人の体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★宗教の修行中にあってはならぬ性欲

 某宗教の修行中、俺が勤める所に散策に来てた女性と付き合ったことがある(隠れて)当時相手は23歳、洋服の販売員をしていて、色白で目が大きくにっこりした笑顔と、ストレートのロングヘアが上品だった。  が、しかし昼は貞淑、夜は売春婦てなくらい、スイッチが入るとエロエロ。ファッションらしいんだけど、冬以外はガーター着用。もうガーターってだけでこっちも興奮しまくり。 スカートからチラッと見えたときは目が点。初

no image
★お手軽な抜くだけのヤンキー女・・1/2

 道沿いの自販機の所でタバコ休憩してたら、l半ヘルを被った爆音原付スクーターの女の子が近づいてきて「これ(ZRX1100)お兄さんの?」って声を掛けられた。「そうだけど何?」って言ったら俺の横に座り「後に乗せてくれない?」って。「俺、2ケツはしないんだわ。」って答えた。 「後に乗せてくれたら犯らしてあげるからどう?」って馬鹿を言うので「お前まだガキンチョじゃん。遠慮しとくわ。もっとおっぱいが大きくなってから出直

no image
★レイプ願望がある彼女ですが

 レイプ願望がある彼女(マミ)実は、僕は寝取られ性癖があります。なので彼女にレイプを体験させてあげようと思いました。(一応犯罪にならないようにw)知人の男性と口裏を合わせ、さらに彼女とも計画を立てました。知人には「最近さぁ、俺の彼女、レイプ願望があってさ、誰でもいいからレイプされたいんだってw お前、俺の彼女で童貞卒業してみない?w」 と伝え、話に乗ってくれました。知人も僕も彼女も高校時代から知り合

no image
★寝取ってしまったHな体験談

 自分:23歳(都内某M2)19歳からバイト講師として在塾。斉藤さん:22歳(社会人1年目)小柄でロリかわいい系(特に声が可愛い)今年のGWにあった出来事です。今年3月僕が長年バイトしている塾にロリかわいい&年下の塾長がやってきました。  それまでの塾長が30代 or 40代の男性だったこともありまさかの女性、しかもタイプの子がやって来たのは嬉しい驚きでした。といっても、そこは主従関係…。特に何がある訳でもなく日々の授

no image
ゲロっている女に立ちバックの状態で

 同窓会の二次会でカラオケに行き、トイレに行こうと部屋を出て向かってると、外への非常扉が半開きになってるのに気付き覗くと、B子が外の非常階段でゲロってる。俺はウーロン片手にB子の元へ行くと「飲めよ」と差出し上半身、欄干にもたれ掛かってる背中を摩ってやった。

no image
★格闘技をする女とエロ格闘した告白

 バイトでお盆休み前の飲み会やった帰り道、ちょっぴりいい気分で一人家路を歩いていると、向こうの方で金網と格闘している女発見。真夏の夜中の0:00頃。よく分からんが、がっしゃーんと金網を何度も蹴ったかと思うと、今度はもたれかかったり、また両手でがしゃがしゃと揺すったりしている。「け~」とか「ぅえい!」「ばかぁ~」とか何か奇声に近い声まであげてらっしゃる。関わらん方がいいなと思いつつ、通り道だし、怖いもの

no image
★清楚なお嬢様が腰を使いだし・・

 俺 男 23歳 185 73 水泳全国大会 タッキーとか 彼女有。相手 女 24歳 168 42 化粧業界 大塚愛似 世間知らずのお嬢様。この前はせっかくヤレそうな雰囲気だったのに相手の門限が10時だからタイムアップ。おあずけで終わる。面接後も相変わらずラブラブなメールが来る。リアル彼女がいる時に電話かけて何回かヒヤヒヤさせられる。  外見も中身もかわいくて最高なんだけど、地雷化しないかどうかだけ心配。彼女の家金持ち

no image
★年上のお姉さんと事故の示談で・・

 夏の終わりの出来事です。夜中の3時頃にチャリに乗ってコンビニに行こうとして、信号待ちをしていたら、右折してきたBMWに突っ込まれてこけてしまいました。そんなにスピードは出ていなかったのですが、溝にはまってしまい膝を擦りむいたので、ごるぁあ!と怒ってやろうかと思い車に近づくと、川島なおみ似で30中頃のおねぇさんが出てきました。 「ごめんなさい大丈夫」と出てきたおねぇさんは白のブラウスに黒タイトのスカート

no image
営業電話の相手は綺麗なお姉さんで・・

 僕がまだ21歳の時の話。専門学校を卒業したあと、実家には帰らずにそのまま京都で仕事をしてました。ある日、部屋に電話がかかって来ました。それは宝石の販売の営業電話で、親しい人しか電話番号をしらないので戸惑いました。でも聞いてみるとレンタルビデオ店などから名簿が流れてくると正直に教えてくれました。その日から何回かその女性から電話があり内容は普通の雑談、僕はいつしかその女性からの電話を待つようになってました

no image
★悪友の凄い性癖の話

 俺もかなりの変態ですが、俺には、更に上を行く悪友がおります。彼には、付き合って20年を超える愛人がおります。名前は広子と言い、あまり美人とは言えませんが、彼が結婚する前から、彼と付き合っている女なのです。 彼と広子は、乱パブへ行ったり、相互鑑賞などをして楽しむという、マニアックなセックスを愛好する節があるのですが、それでも満たされなくなったとき、俺のところへ電話がかかってくるのです。