エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★町内会のバスツアー

   

.
.
.
.
.
2015/12/08(火)
 町内会の日帰り温泉バスツアーに参加した。参加者は夫婦、それも定年を過ぎた老夫婦ばかり。単身は私と世話役の町内会長の奥さんだけで、自然にバスでは同じシート、温泉会館での食事も隣り合わせの席になった。

 そのせいで、日ごろ話す機会がなかった奥さんとすっかり打ち解け、帰途に。そのバスの中でのことだ。私と奥さんは一番後ろの2人掛けシートに並んで座った。窓際に奥さん、通路側が私。湯疲れもあってか、ほかの参加者たちはバスが出ると、間もなく窓のカーテンを閉め、眠りについた。
 少しの間、おしゃべりしていた私たちも、やがて背もたれを後ろに倒し、目をつむった。奥さんは着ていたカーディガンを脱いで、腰回りに置いた。じきに、奥さんの寝息が聞こえた。バスの振動が心地よい。うつらうつらしていた私は、左肩に奥さんの頭の重みを感じた。

 もたれた瞬間、奥さんは頭を元に戻すが、すぐにまたもたれかかってくる。何度か繰り返しながら、やがて私の肩にもたれっぱなしになった。私はそっと自分の頭を奥さんの頭にもたせかけた。かすかに風呂上がりのシャンプーの香り。

 奥さんは今年還暦を迎えたばかり。60歳だ。私は58歳。並んで座り、もたれ合ってるうちに、私は60歳の奥さんに劣情を感じ始めた。2人の間にあったアームレストを、そっと上げて背もたれの間にしまい込んだ。奥さんは眠ったままだ。周囲の様子をうかがった。

 横の席は空席。前方の人たちもみんな寝ている。シートを目一杯後ろに倒しているので、運転席のバックミラーからも見えない。左手をそ〜っと、奥さんのカーディガンの下に滑り込ませた。横目で奥さんの様子をうかがう。変化はない。

 奥さんのズボンの上を滑らせるように、左手のひらを太ももの内側へ進めた。ゆっくりと、静かになでてみる。ズボン越しに、生身の女の柔らかい肌を感じて、私は勃起した。さらに手を奥さんの足の付け根、股間へと進めた。不自由な感じだったが、左手の小指、薬指で奥さんの股間を軽く押してみた。

 寝言ではないが、言葉にならないため息のような声を出して、奥さんが頭の位置を変えた。同時に、腰を前へずらし、足を開き気味にした。触りやすくなった。手のひらを恥丘に押しつけた。「うっ」奥さんが気付き、頭を上げた。目が合った。

 どうしよう!!私は一瞬、手を引っ込めた。その手を、奥さんがつかんだ。そして、足をさらに大きく開き、その股ぐらに私の手を戻した。目が「続けてっ」と訴えているようだった。私は、半身になって奥さんの方を向き、左手を奥さんの背中にまわした。

 躊躇なく右手を奥さんの股間に。奥さんはその上にカーディガンをかぶせた。左手で奥さんを抱き寄せ、右手で股間を揉みほぐした。その手を両足で締め付ける奥さん。グジュグジュと音がしそうなほど柔らかい。目の前に奥さんの顔があった。目をつむっている。口が半分開いている。

 耳元に口を近づけ、聞いた。「奥さん、触ってもいい?、奥さんのここ、もっと触りたい」奥さんは何も言わず、私の目を見ながら、ただうなずいた。私は体を起こし、奥さんのズボンのホックと前開きのファスナーを開けた。奥さんは腰を浮かせて、ズボンを半脱ぎ状態に。その上にカーディガンをかぶせ直した。

 私は体勢を元に戻した。奥さんは私の胸に顔を埋め、足を大きく開いて私を待った。パンティの上から、奥さんの膣の割れ目を押した。見なくても、ジュブジュブに濡れているのがわかった。パンティの脇から指を入れた。ズビュッと割れ目に指が吸い込まれた。

 奥さんが顔を上げた。口を合わせた。吸い合った。腰が動く。もっとして。そうおねだりしているようだ。指2本を突っ込んだ。奥まで。その手を両足で強くはさみつけ、奥さんは体を震わせた。いったん指を抜き、パンティをめくるようにして手のひら全体を入れた。恥丘全部を手のひらで覆った。

 割れ目に指をめり込ませながら、恥丘を擦り上げる。膣からにじみ出る愛液を指ですくい、クリトリスになすり付ける。強く、弱く、速く、ゆっくりと、何回も、何回も・・奥さんの顔がゆがむ。声にならないが、口が動く。こらえきれなくなったのか、しがみつき、哀願するように私を見上げた。

「む、む、室田さん、だ、だめ、私、だ、だめ、いきそう、イキそうなの、ゆ、ゆるして、お願い、あ、あ、あっ、あ〜っ、むろ、室田さ〜ん、だめだったらぁ、ね、ね、やめて、お願い、あ〜、ほんとにイキそうなの、あっ、い、い、イクよぉ、ね、やめてっ」

 奥さんは、囁くように、小声で訴えた。私は無視して、クリトリス、膣の中、割れ目全体への愛撫を続けた。バスの振動、ブレーキ、加速・・・すべてが奥さんの陰部の快感を高める。バスが大きく揺れた瞬間、奥さんの顔がゆがんだ。私の体に抱きつき、断続的に2回、3回、4回と全身を硬直させた。

 体の緊張が解けるのを待って、私は奥さんの耳元に囁いた。「イッた?」奥さんは私の胸の中でうなずいた。さらに聞いた。「イッたの、久しぶり?」うなずいた。「どれくらい?」いやいや、というふうに首を振った。

「だれも気がついてないよ。すごいね、僕たち。バスの中でやったんだよ。信じられないよ」
「わたしも・・・・でも、ほんと、すごいわ。室田さんって・・いやらしい人だったのね」
「どっちが?、奥さんだって、お、ね、だ、り、してなかった?」
奥さんは私の腕を力一杯つねった。

「でも、これ以上できないね。どうする?」
「どうしよう、きょうはだめよね!」
「じゃ、携帯の番号、あとで教える。電話して!!」
「こわいわ。きょう帰ったら、もうイヤになってるんじゃない?、60のおばあちゃんだし・・」
思いっきり抱きすくめ、口を合わせた。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - おじさんの体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★還暦まじかのおじいさんでも性欲は

 約10年振りに当時赴任して居た地方都市へ仕事で訪れた。その時に数回身体を合わせたことのある人妻に連絡を取り夜に会う事になった。当時自分が30歳、彼女は48歳だったからもう還暦に近くなっている。夜待ち合わせ場所の大型ショッピングセンターの駐車場に付くと彼女は笑顔で待っていた。 当時からポッチャリで大きな胸やせり出した巨大な尻に欲情して深い仲になったのだが、更に一回り肉付きがよくなったようだった。彼女を助

no image
★おじさんのチョー嬉しい出来事

 俺38才のサラリーマン。一部上場企業に勤めてるが、伯父さんのコネで就職した三流大学卒の万年平社員決定で、会社では三流と呼ばれ馬鹿にされ彼女も居ないオッサンで、性欲はもっぱら風俗で晴らしていました。 両親が高校生の頃に亡くなり一応都内の閑静な某所に住んでいます。正月に伯父さんの家に挨拶に行き、お酒をたらふく飲んで酔っ払い電車に乗ってたら、高校生くらいの若い娘が酔っぱらいの爺に絡まれた。

no image
★嬉しい事に20才差の愛人ができました

 普通の出会い系サイト登録して、1日に2~3回のメールのやり取りで半月経って直アドレスを交換してました。お互いの生活、学校、友達の事等話して。彼女の名は【香織】20才大学3年 宮城県仙台市在住 毎日自家用車で通学 男性経験は1人 実家は山形で現アパート暮らし 俺は【ひろし】41才 バツイチ歴2年 子供無。自営業 年収1300万 出張も多い 秘書兼経理担当の28才と交際中(社員120人程度の小社だから)秘書兼経理係の真由美は

no image
一夜妻とのエッチ体験談の告白

 その夜、ひさしぶりに飲み屋でその男性と会った。しばらくぶりですね、いかがですか、また、ああの事ですか、「実は今年家内にせがまれて子づくりをがんばろうと言う事にですね、なりまして」「おや、それはよろしいことですね、でも今すぐにと言うのではないでしょう?」「ええ、まあ外れましたが、また次にと」「よろしければ、命中する前に最後でもよろしいです、いかがでしょう」聞くとその日は妻の周期からずれているので、

no image
★情けないですが女性汚物フェチなんです

 小生59歳の定年間近のサラリーマンです。大手町の某社に勤務しており、幼少の頃に体験した事が癖となり、今ではコンビ二などの男女共用トイレがあるお店などを徘徊し、生理用品汚物入れを漁り歩く情けない男なのです。 私は新潟県の資産家の家に生まれ、父親には愛人がいて近所に住まわせていた。私が小学校4年生の夏休みに愛人宅前を通過した時に愛人の幸子さんと目が合い、暑いから麦茶が冷えてるから飲んでいきなさいと声

no image
★芸者遊びのエロな思い出

 ワシは若い時から芸者遊びを覚えてしまった。お客に料亭に連れて行かれたのが事の始まりだった。そこで西川流の踊り手の奈津子と出会った。中々の日本的な美人でワシの好みにピッタリの女だ。料亭には若いお客が少ないとみえ、若いワシは結構モテた。奈津子とデキたのは三ヶ月後の事だった。食事に誘い、何回か回数を重ねる内に奈津子は結構お酒を飲んでいた。 ほろ酔い加減の奈津子と芝公園を腕を組んで歩いた。しがみつくよう

no image
★おじさんのエロな体験談・・1/2

 皆さんの体験談のように刺激的ではありませんが、40を過ぎた今でも心に残っている女性の事を書かせて頂きます。子供の頃、ある団地に住んでいた私には、同じ年の友達がいました。私はその友達のお母さん、視姦の対象としておりました。 その友達一家とは、幼稚園の頃から家族ぐるみでお付き合いしておりました。その友達とは毎日のように遊ぶ関係が、小学校に入ってからも継続しておりました。当時は彼女の事を「○○さんのおば

no image
★心に残る女性の話・・2/2

 アドレナリンが放出した私は、そっと隣の個室に入り、音をたてぬようドアを閉じ鍵をかけて、おもむろに床にはいつくばりました。二つの個室を隔てる壁は、下に10㎝ほどの隙間があります。トイレ」盗撮への警戒が強い昨今考えられぬ事ですが、当時は掃除の利便性を重視した為なのか、そのように隔壁下部の隙間が大きなトイレばかりだったように記憶しております。 ともあれ、それが奏功し、床に頬をつけると、目の前にT子さん

no image
★オンナはやはり下着で興奮する

 4年前にサイトで知り合った人妻。どこにでもいる田舎の30代後半の主婦。4年も週に二回は朝~夕方までホテルデートばかりの為、服装はオバサンなのにギャルファッション、化粧も派手にして下着も通販で買うセクシーランジェリーにTバック。 アナルも調教した為、危険日は、自らアナル中出しをねだる変態女に覚醒した。会えない時の毎日のメールや電話は、[今度は、どんな下着と服装で来て欲しい?今度は安全日だからアナルとアソ

no image
★おじさんはエロ行為は満足感100%でした

 ちょっと書かせてもらいますね。始まりはおととい。某有名出会い系サイトにとうこうしたんですよ。「今から会える子いませんか」って。夜の1時くらいかな。返信が来るなんて思っても見ないですよ。いなかですからね。そしたら「明日じゃだめですか」って返信が。もう即攻おっけーして、その日は終わり。  そして昨日、会ってきました。あうまでのメールの感じで好い子な感じはしてましたが、実物は山口もえが無理して中島美嘉