エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★彼女との初めての一泊旅行

   

.
.
.
.
.
2015/12/04(金)
 1ヶ月前、彼女と山梨のRというリゾートホテルに行きました。1泊2日だったんですが。二人にとって初めての旅行だったのでとても楽しみでした。新宿から2時間半で目的地に到着。早々にチェックインを済ませ、部屋に行きました。

 その日は台風が九州に迫ってて、もしかしたら帰れなくなるかもね。など話しながらマターリムードに… 同じ職場での付き合いでいつもは隠しているので開放感からかお互い積極的になってたみたい。
 ベットが2つあったんですが、俺が冗談で「俺こっちのベット~」とベットにダイブすると、彼女のふくれた顔テラカワユスww「おいでおいで」するとニマーリしてベットに飛込んできた☆その時彼女の肘がみごとに俺のひ弱な腹筋にジャス(ry 「ぐはぁ~」俺軽く悶絶(T人T)彼女爆笑(`∀´)ケラケラ なんとか回復してそろそろえっちもーどに‥

 彼女の肩に腕を回し、肩と頭を引き寄せてキスをする。何度も、ときたまお互いの顔を見会わせ微笑み、またキスをする。俺「寒くない?」彼女「うん、ちょっと寒いかも」九月だが山の中な上、外は雨。夏の装いでは少し寒かった。

 ベットの中に入り、再び彼女を抱き寄せる。彼女「あったかい…」彼女の唇から、首筋にキスを移す。腕枕にした左手で彼女を抱き寄せ、右手でプレゼントしたネックレスを外す。外したネックレスを枕元に音が立たないようそっと置き右手を彼女の背中に回し、強く抱き締めた。

 二人の息遣いが荒くなる。一旦体を離し、彼女の顔に目を移す。上気した彼女の顔はいつも以上に魅力的で、男心をかきたてた。彼女を抱き起こし、服をたくしあげる。緊張しているのか、体が固い。俺は彼女に軽いキスをして「俺も脱がせて」と両手を挙げた。

 彼女は照れ笑いなのか微笑んでみせ、俺の服に手を架けた。森の中の静かなホテル、絹ずれの音がいつもより大きく聞こえた。彼女に脱がしてもらったシャツを隣のベットに放り投げた。再び彼女をベットに押し倒し、左手で彼女の手をにぎり頭の上に。

 右手で彼女の左手を、俺の肩に回し抱き締めさっきより激しくキスをした。俺の右手は彼女の背中を抱いている。ゆっくりしかし素早くブラのホックを外し。上に挙げておいた腕を通して脱がせた。彼女の形のいい胸が露になる。

 俺はキスを止め、彼女の恥ずかしそうにしている顔を見つめる。その顔がたまらなく可愛くて、強く、さっきよりもずっと強く抱き締めた。彼女「ん~苦しい苦しい」腕を緩めて、彼女の頬と額にキスをした。俺「可愛すぎ」彼女「…もう」照れ笑いがまた可愛くて。愛しくて。激しく、彼女を求めた。

 彼女の白い肌に、うっすらと汗がにじみ出る。幾度となく唇を重ね、お互いの存在を歓び合った。彼女の心臓の鼓動が速まるのが伝わってくる。スカートのホックを外し、爪先までキスをしながら脱がせた。俺は自らのベルトを外し、素早く脱ぎきると彼女のスカートと一緒に隣のベットに放り投げた。

 お互い下着だけになり、隔てる物が何もなくなった。舌も、指も、腕も、体も足も、全てが絡み合い、言葉通り1つになることを実感できた。彼女の下着を下ろす。窒は溢れんばかりに濡れて、光っていた。いきりたった俺、もう耐えきれないとばかりに彼女の上に。

 俺は彼女の手を強く握り締め、ゆっくりと、しかし力強く。彼女の中に入っていった。彼女が息を深く吐き、そして止める。体の中で締め付けてくる。彼女の体を抱き起こし。強く抱き締めながら、本能の赴くまま何度も突き上げた。体をしならせ、彼女の背中は和弓のように美しい線を描いている。

 荒い息だったものが徐々に甲高い声に変わっていく。「好き、んっ、大好き」ときたま吐息に言葉が入る。それが余計に俺を興奮させる。俺は彼女を支える為、お尻にあてがった手に力が入った。一層激しくなる彼女の声、キスをして塞ぐも漏れてくる。

 抱き締めた彼女の勢いに押され、後ろにそのまま倒れ込んだ。押し倒された俺。上に股がった彼女が妖絶な笑みを浮かべる。ストレートの長い髪が俺の顔に掛る。俺は髪を右手でかきあげ、彼女の微笑みに応えると左手で抱き寄せてゆっくりと腰を動かした。

 舌を絡ませる濃厚なキスを交しながら、俺は腰を動かした。口から首筋へと舌を這わせると、今までと少し違う反応がある。続いて抱き起こしながら右の乳房へ。ここでも違う反応がある。決して大きくはない胸だが適度な弾力と掌に少しだけ余る大きさで、俺を満足させてくれる。

 突然彼女が俺の胸に顔を埋めた、次の瞬間くすぐったいを通り越したような感覚に襲われた。乳首を攻められている。言い様のない感覚に驚いているが、このまま身を任せるのもいいかと思い、素直に従った。

「このままがいい、ずっとこのまま」彼女は言う。俺は彼女の事をずっと先まで考えている。告白するときに覚悟は決めた。だから彼女に「うん、ずっと一緒だよ」と答えた。童貞喪失から八年目で初生でしたよ。

 ちなみに旅行から帰ったその日に初中田氏も経験。幸せを感じてます。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 知り合いとの体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★会社の女同僚とやりまくったSEXの思い出

 俺が会社に入って社内で約三十人の女の子を喰った。もう病みつきになって社内の女の子と密かにするエッチじゃないと燃えない。なんせ30人なので記憶が曖昧な所もあるけど少しずつ書こうと思います。  俺の会社は金融関係、まずまずの大手だ。俺は東京、経理(半年だけ)、名古屋と移り歩いてきた。俺のスペックは身長は180ちょい、中学から今に至るまでずっとバスケをやってた事もあって細マッチョな感じ。顔は坂口憲二に似て

no image
★町内の未亡人と良い仲になり・・

 奥さんの御主人とは飲み仲間でした。途中経過は長くなりますので省略します。ラブホテルへ行った時でした。『何もかも忘れさせて』奥さんに重なったさいにしがみつかれたのです。『もっと、もっと愛して、いいーもっと強くもっと突いて・・あーっいいー』他界したご主人と奥さんの3人で飲みにいったことがあった。 お酒が入り明るい奥さんが、私とベッドで想像もしないほどに乱れた、『いいーメチャメチャにして、淫らにさせて

no image
女って男のアレを咥える行為に抵抗は・・

 私には4歳年上の安奈と言う姉がいました。姉は真面目な性格で、長い黒髪が清楚で真面目な雰囲気を醸し出していました。私は姉よりも少し小柄で丸顔なので、姉とは間逆にショートヘアで可愛さを演出していました。姉が初めて恋人の勇次さんを連れてきたのは、私が短大1年の時でした。勇次さんは姉の3歳年上で、誠実で温厚な男性でした。いわゆるイケメンではないのですが、滲み出る優しさを感じる男性でした。

no image
★他人の妻の体が気になる卒園旅行

 息子の通ってた幼稚園のPTAで気心の知れたグループで、卒園旅行ということで4組の夫婦と子供6人の小旅行に行ってきました。メンバーは私夫婦+子1人 B夫婦+子2人 C夫婦+子供2人 D夫婦+子供1人です。我が家から車で3時間程のC奥さんの実家近くの旅館でした。 夕食も終わり、子供達はGBAで遊び大人達は適当に飲み直しながら私達の部屋で喋ってまいした。折角、人数が揃ったので麻雀をしませんかと提案すると、BとCの旦那さ

no image
★マックの店員を無理やり犯した・・と言う妄想

 某マクドナルドで働いてる店員の女を、トイレで犯した。前々から、マクドナルドの制服には目を付けていた。結構スカート短くて、しかもピチピチしてて、いつかあいつらのお尻を、メチャクチャ撫で回してやろうとおもい、昨日犯した。早朝のマックは、男の店員がいなく、且つ、客もいない。 トイレ掃除に入っていった一人に女店員に目をつけた。女子トイレから出てきたところ、すれちがった。「いらっしゃいませ~」といわれ、す

no image
童貞の初エッチは手コキで射精

 大学の研究室の後輩。よくなついてくれてる娘で、俺も妹みたいにかわいがってた。ある時、研究室の飲み会のあと、なんか二人きりになった。「どっか次の店行くか」と聞いたら、「ウチで飲みませんか?」と言う。冗談か本気かわからなかったんだが、酔ってた勢いもあり途中のコンビニで酒買って、その娘のアパートへ。その娘はあんまり飲めないんで、ほとんど俺だけ飲んでた。

no image
忘れられない人妻との一発

 先月、雨の降った日のこと。 職場で結構仲のいい女「24歳人妻、バレーの大友にちょっと似てる、かなりおバカ)が、そんなに職場内寒くないのにガタガタ震えていた。「寒いの? 風邪でもひいたのか?」「いや、今朝会社来る時駐車場のところで転んじゃってずぶ濡れになっちゃったんですよ 」「あ~そりゃ大変だ。」傘差して携帯みながら歩いていたら滑って水たまりにスライディングしたとのこと。

no image
★おじさんはHスキでアソコを願見

 会ってみたら優しそうな感じだったから、ちょっとホッとしたんだけど、ホテルに着くなり、スゴクHな要求ばかりされちゃった… スグHするのかと思ったら、まず私をソファーに座らせて、「オナニー見せて」なんて言ってきて…誰かに自分のオナニー見られたことなんてないからスッゴク恥ずかしかった。 まず上の服をたくしあげて、オッパイを見せながら両手でモミモミしてたら、おじさんは興奮しちゃったみたい。いきなり上の服と

no image
★俺とフィリッピン系女性とのエロ話

 俺がまだ大学1年の19才の時でした。当時高2の彼女がいた。俺は飲食店でバイトしてた時に、フィリピン系の女性、コリーと言う当時24才がいた。コリーは、おっちょこちょくて、皿やコップを何回か割ったりしていつも店長に怒られてた。ある日バイトが終わり、俺は自転車に乗ろうとした時、コリーが下向きになって落ち込んでる姿を見かけた。 俺はコリーに「店長にいつも怒られてるの大変だけど、俺はコリーが一生懸命働いて

no image
★昔憧れていた同級生と夢のような一夜

 去年の夏のことです。ビヤガーデン→行きつけのバー→ラーメン屋とお決まりのコースで、さぁ帰宅というところで向こうから偶然に高校のときの同級生に会いました。彼女の名前は「ゆか」と言って僕のほうが一方的に憧れていました。でも結局言い出せなくて終わってしまいました。 ゆかもこれから帰るところでしたが、懐かしくて喫茶店で話すことにしました。今は僕もゆかも家庭を持って子供もいます。ゆかは短大を出た後、中学校の