エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

夫に相手にされなくて3

   

4 12月

2015年12月04日 14:05

カテゴリ

夫に相手にされなくて3

何日かしてまたゴミ捨て場に行くと
待っていたのか旦那さんが居て
「おはようございます」
「今日もお休みですか?」
『今日は奥さんに会いたくて休暇をとっちゃいましたよ』
「もう冗談が上手なんだから」
『今日もおひとりですか?』
「はい」(もしかして…)
『またお茶をご馳走してもらえますか?』(やっぱり…)
「うちで良かったらどうぞ」
『良かった、ありがとう』
(私の体が目的なんでしょ…)
(私もおちんちんが欲しいけど…)
『今日はまたピッタリとしたジーンズがセクシーですね』
「やだ冗談ばっかり」
『本当です。スラッとした脚とヒップラインがすごくセクシーです』
(あまり見ないで感じちゃう…)
「じゃあ行きましょうか」
『はい喜んで』
「居酒屋さんみたい」

「散らかってますけどどうぞ」
『うちよりきれいですよ』
「ソファーに座って待って下さい」
「お茶でいいですか?」
『はい』
(本当は私の愛液じゃないの…)
やかんに水を入れていると
また後ろから私を抱きしめ
『俺もう我慢できないよ』
「だめ、まだ待って」
(本当は私だって欲しいけど…)
『茶はいいよ奥さんが欲しい』
「だめよ、焦らないでまだ待って」
「お願い、ここじゃいや」
(ベッドでゆっくりせめてイカせてほしいの…)
『無理だよ、こんなセクシーなジーンズ姿見せられたら我慢出来ないよ』『もしかして中はノーパンなの?』
「いや、やめて」(あたり…)
「じゃあベッドがいい」
『わかった、行こう』
ベッドに寝かされ、ジーンズを脱がされると
『やっぱりノーパンだ』
「やだ、見ないで、恥ずかしい」
(もっとよく見て私の割れ目…)
『きれいだ、奥さんの割れ目』
また割れ目をペロペロと舐め始め
「あっあっそんなに激しくしたらイっちゃう」(そのままイカせて…)
『じゃあ俺のを』
ズボンを脱ぐとすでに大きくなったおちんちんを私の口にくわえさせ
私はまた両手で握りしめ先の部分を舐め始め(大きいわ…早く入れて)
『奥さん上手だよ、凄く感じるよ』
(美味しいけど、早く入れて…)
『奥さんももうヌルヌルだね』
「いやん恥ずかしい」
『奥さん入れるよ』
旦那さんのおちんちんがやっと私のおまんこの中に入ってきました
「あっあんいいわ」
(もっと奥まで入れて…)
『俺も凄く感じるよ』
「あっあん」(激しく突いて…)
旦那さんはゆっくりとピストンし
『良い締まりだ気持ちいいよ』
「あんあんいいわ」
(もっと激しく突いて…)
今度は私を反転させバックから突き始めました
『奥さんのお尻キュッと締まっていて凄くセクシーだよ』
『お尻の穴も凄くきれいだよ』
「いやんやめて見ないで」
(見て私の全てを見て下さい…)
徐々にピストンが激しくなると
『奥さん気持ちいいよ』
「あっあっあっあん」
「私も感じちゃう」
『奥さんどこが感じるの?』
「あっあんいじめないで」
『聞きたい』
「いやん恥ずかしい」
ピストンを緩められ
「あっだめやめないで」
『じゃあどこ?』
「お ま ん こ」
「あっお願いやめないで」
また激しくピストンされると
「あっあっあっあっ」
「いいわ感じるわ」
もう我慢出来なくなり
「あっあっいいイっちゃう」
「そのままやめないで」
「私のおまんこイカせて下さい」
さらに激しくピストンされると
『ああ奥さん俺もイキそうだよ』
「あっあっお願いイカせて」
「まだイっちゃだめ」
「もっと奥まで突いて私のおまんこイカせて下さい」
『ああ奥さんイクよああ』
「だめまだ待ってもっと突いて」
旦那さんは私の背中に発射してしまいました
『ああ奥さん気持ち良かったよ』
「もういじわる」
私は旦那さんのおちんちんをまたくわえ舐めてみるとだんだんまた固くなって来たので
「お願いまた私のおまんこに入れて下さい」「イカせて下さい」
「私のおまんこ激しく突いて下さい」『じゃあ奥さんいくよ』
また固くなったおちんちんが私の中に入ってきました
「あっあっお願いイカせて」
「激しく突いて私のおまんこめちゃくちゃにして下さい」
『奥さんいいよ』
『もっとエッチなこと言って』
「あっあっいい」
「おちんちんもっと奥まで突いて」
「私のおまんこの中で激しく暴れてイカせて下さい」
「あっあっあっいいイク」
『あっ奥さん俺またイキそうだよ』
「だめまだイっちゃいや」
「激しく突いて」
「あっあっイクイっちゃう」
「ああ」
『奥さん俺もイクよ』
今度はお腹の上にまた出してくれました
「凄く感じちゃたわ」
『俺もだよ奥さん』
「奥さんはいや○○って呼んで」
『○○凄く良かったよ』
しばらくベッドで抱き合いながら余韻を楽しんでいました。

『○○また来ていいかな?』
「い い よ 私で良かったら…」
(あなたが夫なら良かったのに…)
『じゃあまたね』
玄関先でキスをして帰ってしまいました。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★生保レディが家に来て良い事しました

 台風の影響で大雨の日の事。私は久しぶりの代休で家で寛いでいると、お世話になっている生保レディの美香さんから連絡があり、前からお話をしている契約書の書き換えをしたいのでお伺いしたいと。まだ、雨は小降りだったので気軽に了解した。 約束の時間が近づくに連れて雨脚が強くなり外は大雨。すぐに電話をして変更を言おうとしたらチャイムが鳴って出て見ると、そこにはびしょ濡れの美香さんが佇んでいた。薄いピンクのブラ

no image
★倉庫で探し物していたらレイプされました

 課長に倉庫で探し物頼まれて行ったら、途中で課長がやってきて、椅子に腰かけさせられて、後ろ手に縛られて、足もM字に開かされて縛られた。「課長、やめてください」って言うとエミくんは何カップあるかなってブラウスをはずしてブラの中に手いれてナマで揉んできて… 「あっん」ってあえいでしまったら、ブラウス脱がされてブラジャーもはぎとられました。そして「こっちはどうだ」ってパンTの上から割れ目をなぞられて… すぐ

no image
夫にも見せたことのない姿を晒して

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛か…

no image
交差点 vol.2

Y子の隣で横になると、頭を抱えるようにしてキスをした。Y子も肩に手を回してくる。再び勃起したペニスが、Y子の下腹あたりに触れる。「当たってる…」「何が?」Y子は、そっとペニスを握ってきた。「またおっきくなってる…」「Y子が可愛いから」「もう…」「ほんとだ…

no image
病は甘え

解決した修羅場。1年前、会社で急性膵炎になり、救急車で運ばれた後、入院した。見舞に来た上司に、妻の前で、「入院するなんて甘えだ!」等色々怒鳴られた。妻からは退職した方が良い、と勧められたが意地で辞めなかった。そして1年後、上司が熱中症&軽い脳梗塞を自宅で…

no image
★街中のモデルのスカウトに乗ったが

 知り合いには絶対に話せないできごとです。このあいだ街中を歩いていたら、モデルのスカウトに声をかけられました。その日は待ち合わせをドタキャンされて、暇つぶしにならいいやと話を聞きました。 内容は、最近ネットでよく宣伝されている、女子高生のギリな制服姿を写した写真集のモデルでした。来るはずのモデルさんにドタキャンされたそうで、スカウトさんと、お互いドタキャンだね…なんて話すうち、少し気を許してしまい

no image
★友人の婚約者を酔わせて悪戯してしまいました

 出張の際にかなり刺激的な体験をしました。今回の出張にはビジネスの他に、初めからもうひとつの目的があったのです。それは、ネット上で知り合った友人(男)とオフ会をすることでした。その友人とは、年齢も近くえっちな話で盛りあがり、なんとお互いの婚約者や女房のえっち写真までに見せ合う仲になったんです。 そこで、出張の際に近くまで行くという話しをしたところ 「是非会おうよ」ということになりました。そして当日

no image
あやこ

2001年夏1俺の彼女は21歳で俺は24。俺が18の時からの付き合いだからもう6年以上付き合ってます。彼女はまあ、ものすごく可愛いわけではないんだけど、性格がおとなしくて背が小さく、胸が大きいんで、それなりに男には言い寄られるほうです。例えばある集団に入ると一人…

no image
浴場点検する全裸の女性と遭遇した体験談

 これは、年に四、五回ですが、温泉宿に泊まって、深夜温泉に入っていると、女性が入ってくる事があります。私自身は女性用の温泉かとびっくりしますが、勿論、入ってきた女性の方も驚いています。その女性は女将か仲居頭です。男性用の温泉の方も、不定期に確認しないと清掃などに手抜きがあったりするようで、深夜に抜き打ちで点検するらしいです。

no image
★温泉旅行で偶然彼のお父さん会い

(長文) 去年の夏の出来事でした。彼氏と計画していた温泉旅行だったのに、彼から旅行二日前に突然のドタキャン。彼の話では車で事故を起こしてしまい、とてもじゃないけど温泉旅行をしている場合じゃないから、行くのは無理ということでした。なら私もキャンセルしようと思ったんですけど、せっかく予約をしたのだから一人でもいいから行ってこようかなと考え、宿の方にも一人分のみのキャンセルを申し出て久しぶりの一人旅行に