エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

息ができないって思ったら

   

3 12月

2015年12月03日 20:05

カテゴリ

息ができないって思ったら

何やら心地よい気持ちで眠っていたら
急に、のどに何か使った感じで息ができなくなって
ゲホッってむせた
その苦しさで目が覚めたはずなのに、何も見えない
いったい何が起こってるんだ
いったいどうしたんだと思っても
何が何やらさっぱりわからない
何度も何度も何度も口の中に何かが入ってくる
しばらくすると体をグイッと持ち上げられた
口の中の異物はそのまま差し込まれてゲホゲホ言ってる
四つん這いにされて股間に何か冷たいものがいっぱい塗られたような感じだった
何が何やらわからなかったけれど、死の恐怖のようなものもあって
そのまま、されるがままにしていた
塗りたくられたそのぬるぬる感が最初は気持ち悪かったが、
ペニスやアヌスをヌチャヌチャして快感になった
気持ちのよさに、すこし脚を開いて四つん這いになっていた
複数の人がいるようだったが、眠る前は彼女と二人だったはずだ
彼女は僕のセックスフレンドだし、いったい何が起こっているのかさっぱりわからなかった
「目隠しはとっちゃだめよ」とか「気に入ってくれた?」とか他のものに話している
どうも、他の男?も目隠ししているみたいで、口にはその男のチンポを入れられていたようだ
舌で探ってみると、鬼頭の裏側に当たるような感じだった
しばらく舌でまさぐっていると、「ええわ〜〜〜」という声と同時にビニールのようなかたまりが舌に触れた
スキンだ!こいつは男だな、いったい何が起こってるんだと思ったけど
彼女の声が聞こえた、「素股ならいいわよ。こっちよ。ここここ・・・」
俺のアヌスの下あたりのぬるぬるはこのためだったんだと思った
股を閉じさされて、男が腰を振っている
気持ちが悪くはないけど、変な気持だった
「挿れちゃだめよっ」て言うのが聞こえた、「違反だから高いよ!」
「でも、間違えて入るのは仕方ないかな、それはいいけどね・・・」
そういったかと思ったら、無理やり少し脚を開かされた
そのまま何かがアヌスを突ききった。何の抵抗もないように。
ぬるぬるのローションが功を奏したのか、男も女のマンコだと思っているようだ
俺の口はチンポでふさがれているし、目隠しも取れない状態だった
どんな男なのか、何人いるのかわからない
ただはっきりわかったことは、彼女以外に女が一人いる
俺のアヌスをチンポが突き破った時に、ああ〜〜っと声を出していた
俺のアヌスでピストンしているペニスが大きく膨らんだ
出る出るという男の声とともに何かが俺の体の中に出された
そのあとで、半勃ちのペニスが口にねじ込まれた
耳元で聞いたことのない女の声で「吸い取ってやりな」と言った
「無事に帰りたければね」「あんたが男に犯される写真もいっぱい撮ったからね」
俺は、そのペニスの中の残存物を吸い取った
男は最高の女や〜〜と言っていた。馬鹿野郎と思いながら、この場を切り抜けるために
俺は声を一言も出さず、状況に合わせて行動した。
びっくりしたことは、声を出さないと安心したのか
急にキスをしてきた・・
最初は女だと思うが次は男だった
刈り上げの女か〜〜って馬鹿野郎が
でも、快感だったというのはうそではない
セックスの行きつくところは男女入り乱れた性別関係無しの世界ののかもしれんと思った

しばらくして、みんなん出て行ったようで、目隠しがはずされた
その時にはセックスフレンドがいるだけだった
「ごめん!!断れんかの。怖かったし」
それ以来彼女とは縁がないけど、翌日その夜の女から電話があった
「ウンコしたら、白い精子が出たでしょう」
「私のこと無視するから男じゃないようにしてやったよ。お金で買わせたんだよ。」
「チェリーボーイばかりだから、喜んでたよ。お金にもなったから、楽しかったよ」
キャハハハハハッという笑い声を残して電話は切れた

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★1時間は喘いでいる隣の人妻とのエロ談

 単身赴任で住んでいるアパートは自分以外全てファミリーだ。右隣は30代の小さな子供がいる夫婦。左隣は50代後半の夫婦二人。真下は40代の子供無し夫婦。自分は熟好き、声フェチなので最高の場所だ。右隣の夫婦は大体一日おきに励んでいるようだ。(何せ壁が薄いから良く聞こえるんだよね。控え目な奥さんの喘ぎ声が興奮します!ただこの奥さんはスレンダーなのでイマイチ好みと合わないけど、若いからかわいい声。 真下の奥さん

no image
合格パーティー

友人のAから聞いた話。話はうまいが妄想癖と虚言癖がひどい奴だから、ネタというか創作として聞くのが適当かと。今年の春休み、Aが主宰する塾の打ち上げがあって、名門私立中に無事合格した教え子と保護者が呼ばれたんだ。塾つっても学生がやってる小さい所で、打ち上げも…

no image
メールと彼と猫の事。

メールをする時、エッチなメールになっています…。送るのもドキドキするけど、彼のメールを読むのもドキドキします。内容は…、こんな事したい、こんな風に、こんな感じでしたい…ということをメールで打って送信しています。よく、寝る前に想像してるので、その内容をメー…

no image
続・お仕置き

その男の子は、朝の10時頃、玄関のドアをたたいたの。「おはよう、ボク、昨夜はいい子にしていたの?」と聞きました。男の子はうつむいたままで何も答えないの。「どうしたの、何も言わないと分からないわ、 怒らないから、話してみて」と私。すると、「ボク、お姉さんの…

no image
隣の少女の友達?

「真実ちゃんがおしっこするとこ見せて」「え?……恥ずかしいです…」んー、既に恥ずかしい状況なんだけどなー。「お姉ちゃんも佳純ちゃんもみんな、してるよ?」してないケド。「本当ですか?……」「大人のエッチはみんなするんだよ?」しないケド。「……恥ずかしいな……

no image
★憧れの女性が薬でSEXの虜に・・1/2

 僕は20才、彼女もいなくて童貞でした。でも好きな女の人はいました。その人は同じ年でA○Bの大島さんに似ていたので「優子」とします。優子は別の大学に高校時代からの彼氏がいました。僕も彼氏を見たことがありますがかなりイケメンでした。優子は派手ではないけれど、清楚で清潔感があって近寄りがたいオーラがありました。 飲み会の時になっても下ネタにはあまり参加しないで、ニコニコして聞いてるだけで、話をふっても笑っ

no image
4年生の佐智子さん

860 名前:えっちな21禁さん[sage] 投稿日:2005/08/29(月) 09:09:37 ID:yBQQWonc0ゼミの合宿で好きだった先輩が他大のサークルの男に部屋に持ち帰りされたのは桶?862 名前:860[sage] 投稿日:2005/08/29(月) 09:20:28 ID:yBQQWonc0それでは、少しこの場を借りまして・・・…

no image
先生

2年前に女房と別れて今はバツイチの独身です。女房との間に3歳になる息子がいるのですが、浮気して男を作って出て行ったので、必然的に父子家庭になりました。そんなわけで、毎日、仕事の行きと帰りに保育園の送り迎えをしています。担当の保母さんは独身の20代半ばの若い…

no image
潮吹きが忘れられない私 その2

以前、投稿した35歳の人妻です。前にも書いたように、夫に潮吹きの快感を教えられた私の身体。肝心の夫は、仕事が忙しく私の相手をしてくれなくなり、私は1人オナニーで潮を噴く毎日。そんな私の憩いの場になった山中の資材置き場で、ある事件が発生したんです。その日、私は…

no image
栗ひろい

これは私が小学6年生の時です。初めて裸で外を歩きました。どうしてそうなったのかというと、なんと私のいとこのお姉ちゃんも同じ趣味があるからです。その時は免許取り立てというお姉ちゃんに連れられて、買ったばかりというオープンカーに乗り、ちょっと離れたところにあ…