エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★彼に初貫通された日・・2/2

   

.
.
.
.
.
2015/12/02(水)
 私は自分のあそこに下着越しに指をあてられた瞬間、自分がグチョグチョに濡れているのを感じ、すごくはずかしくなりました。「もしかして私…」と言うと、彼は「もうお前のアソコ、グチュグチュだよ…」と耳元で囁きました。

 その瞬間、全身の力が抜けていきました。「お前のグチュグチュなアソコ見せて…」彼の言葉に素直に従って更に快感が欲しいと思ったのです。彼が、私のアソコから溢れたトロトロな液を指に付け、私に見せ、指を離すと液が糸をひいていました。
 彼は私の目の前でその液を舐め、再びアソコをいじりはじめました。急に気持よくなるのが襲ってきて「あっ…アッ…ヤッ…んっ!」と声がもれてしまいました。さらに激しくなる愛撫が私の全身を硬直させ、背中がそり乳首の先まで快感で刺激され、私は手でベッドの布団を握りしめました。

 ヌチャヌチャと音が響き、彼のハァハァという息遣いとが混ざりあい、アソコにギュッと力がはいり「あんッ…!!」と、初めてイッてしまいました。「イッちゃったの?まだイクには早いよ。」と言うと、荒々しい私の息遣いを塞ぐように唇を重ね優しく柔らかく舌を絡ませながらキスをしました。

 彼は、タンスのなかからゴムを取り出して「これがコンドーム、お前まだ学生だからこれ使わないとな(^^)」と言うと、私の目の届く所で反り返ってビンビンになっているものにゴムをはめました。再び彼が私の上に覆いかぶさると私の腰を持ちあげ「痛いかもしれないけど、痛かったらすぐ言えよ。」といい、穴にあてがいました。

 私は頷き彼のモノが入ってくるのをを待ちました。彼の腰が動いたのが見え、その瞬間ギチギチッと無理矢理中に入ってくる感じがしました。正直スゴク痛くて無理だと思った。でも彼を受け入れたい一心で我慢した。

「痛いか?」と彼が聞いてきたけど痛いと言ったらきっとここまでになっちゃうと思い、ぐっと我慢し首を横に振ると、私の体をギュッと抱きしめ「我慢すんな。お前の痛いの伝わってくる」と言った。

「無理するな。また違う日にだって出来るんだから。」と言ってくれましたが「ここまできたのに!」と思い、首を横に振り彼の腰を強引に引き寄せました。彼が驚き「ちょっとまて!」と言いました。私は彼の顔を見つめ「欲しいの痛くてもいいの…お願い挿れて…」と言いました。

 彼は「…わかった。お前の初めてを嫌な思い出にさせたくないんだ。」と言いました。彼は姿勢を整えると再び私の上に覆いかぶさり、唇を重ね、優しくゆっくりと挿れはじめました。不思議と痛みは快感に変わりました。「全部俺の入ったよ。」と彼が教えてくれました。

 私は何とも言えない嬉しさで、涙が溢れました。彼が私の体を抱き寄せ、体をおこしました。お互いが座って挿入している体位になりました。彼は「お前の好きなように動いてごらん」と言いました。私は彼の肩に手をかけ、彼は私の腰を持ち、舌と舌を絡ませあいながら私はゆっくり腰を動かしはじめました。

 前後に、円を描くように、上下に出し入れのピストンもしてみました。彼は腰にあてた手をオシリにずらし動きを手伝ってくれました。絡ませていた舌を離し「そうそう、上手だよ。もっと奥まで入れてこらん。」という彼の言葉に感じ、息を荒くした二人は互いを抱きしめあいながら、腰を動かしあいました。

「きもちいよ…上手だよ」下手なうごきを褒めてくれる彼にたまらなく愛しさを感じました。「じゃあ、お前が頑張ったから、俺もがんばっちゃおうかな。(^^)」と言い、挿入したまま私を四んばいにさせ「これはバックって言うんだよ。俺がお前を後ろから突いてやるよ。」と言いました。

 私は何が起こるのか分からない状況で枕を眺めていました。彼は私の腰をつかみ「動くよ。」と言い出し入れし始めました。彼のモノと膣の中が擦りあって犯されているという感じがして、変に気持よくなってきました。

「あっ…やっ…ダメッ…これ…きもちぃッ!アッアッ…んっハァ…」この時から私の大好きな体位がバックになったのかなって思います。アソコと彼のモノが擦りあってくちゅくちゅいい始めました。彼の動きもだんだん早くなり、パンパンパン…という音が聞こえてきました。

 彼は私のアソコにつきたてるように突いて突いて…ズンズンと、体の中に振動が伝わってくるかのようでした。彼が突然「イキそう」と言いました。一度抜き、私を仰向けにさせ「お前の中でイッていい?」と聞かれ、コクッと頷くと、再び膣にモノをあてがわれゆっくりとお互いを感じあうようにつつみこんでいきました。

 彼が腰をリズムよく動かし始めました。くちゃくちゃと音をたてて彼のモノを膣がくわえ込み、最高の快感が私に襲いかかってきました。気持よくなり膣に力がこもりしめつけると「そんな…しめつけ…られたら…すぐイッちゃう!」と息絶えだえに彼が突きながら言いました。

 私も息を荒くしながら「イッて!中でイッて!んっ…んっんぁ…いっぱい…いっぱいちょうだいっ!」と声をあげていました。彼が腰を勢いよく動かし、私はぎゅっと突かれるたびに膣に力をいれ、締めました。「あっ…イクイクイク…あっっあっ」と気持よさそうな彼のあえぎ声に私までが感じて「んっんっ…あぅ!んッ!」と声を出してしまいました。

 彼が「あッ、イクイクイク…ッ!」と言った直後、私も息が一瞬出来ず頭にズンッと衝撃がはしりました。その後彼は私の胸に倒れこみ「はぁはぁ…やべぇ…お前の中…気持よすぎ…」と言い息をきらしていました。コンドームをとり彼が精液を見せてくれました。コンドームの先の突起の部分より2センチ程上まで溜っていました。

 彼がティッシュで私のアソコを拭いてくれました。その後、彼と朝まで彼の部屋で寝ることにしました。彼は腕枕をしてくれたのですが、翌朝おきたら枕から頭がはずれてました(^_^;)朝目がさめると彼の脇腹が目の前にありました。急に恥ずかしくなって反対がわをむくと膣がズキズキ痛みました。

 穴があいたようなかんじがしました。暫くたつと、彼の目覚ましが鳴りました。彼は目をさましてアラームをとめ「んん…」と言いながら私を後ろからだきしめてきました。肌と肌の触れあいが気持よく感じました。

「後ろから挿れちゃうよ」と言われ「ちょっ!待って!」と振り返ると、彼は「お前のこと大事にする。誰にも渡さない。」と言いながら強く抱き締め、唇を重ね笑いあいました。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 知り合いとの体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★淫乱な彼女の体を夢中で貪った

 友達は「はぁっ」って腰が引けてる。「亜紀ちゃん待って…」とおっぱい触ろうとするけど、手コキの快感に負けて触れてないw そんなはたからみたらまぬけっぽい感じだけど、彼女が全裸で他人のチンコ握ってると思うとまた勃起してきた。これはマジで興奮する。友達は手コキされながら両手で彼女のおっぱいを撫で回してるし、彼女も時折ビクッって感じてるみたい・・ 二人はもう夢中で手コキ中。俺すら見てこない。すると友達が「

no image
★部長の奥さんは酔っていて大胆に

 夏祭りに行き 40代の部長の奥さんがいました。挨拶に行くと酔ってて色っぽく綺麗でした。奥さんが「ケンくん 来てたの トイレが混んでて向こうでしちゃおうかなって思ったの 林の方 コワイから一緒にきてよ」と言われついていきました。 かなり酔ってる奥さんはいつもと違って腕を組んできました。酔ってた私も調子に乗って奥さんを抱き寄せると奥さんは喜んでくれ、しまいには抱き付いてきて歩きにくいほどで林の方へ行

no image
★喪服を着た女とのSEXは憧れ

 喪服姿の女と一度やりたかった。里美が親戚の葬儀から帰って来た。チャンスとばかり後ろから抱き付き求めたんです。最初は抵抗したものの、観念したらもう早い。裾を捲り上げて黒いパンテイーを摺り下して、美脚を思いっきり開いて挿入したんです。 喪服の中に浮かぶ典子の白い下半身が艶めかしいんです。僕のチンポも異常にいきり立って刺さり込んでゆくんです。里美も「気持ちいいわ~~」喘ぎの声を出しながら僕の腰を押さえ

no image
久しぶりのSEXに超燃えました

 その日は、彼女の家に泊まるつもりで家を出ました。会って遊ぶことはまああったのですが、最後にセックスをしたのは去年のクリスマス・・先週も先々週も寸前でやんわりと拒絶され、もう我慢できん! 今日こそは! と意気込んで遊びに出かけました。もともとセックスには抵抗がある。 というか性行為に対して奥手な彼女なので、いつも、そういう雰囲気に持って行くには苦労します。が、逆に、私だけに尽くしてくれるし、開発し

no image
★小さな会社の事務員さんと

 小さな設備会社に入社した時、妊婦の事務員(久子さん)が居ました。11年上の35歳 色々教えて貰ううちに、SEXまでさせて貰うようになりました。その時には久子さんは妊婦5カ月、妊娠してるので避妊もせず生で中出しです。 皆が帰った後、事務所を閉めて帰るのですが、更衣室で毎日のように遣らせて貰いました。9カ月目に入る頃に久子さんは産休に入りました。3カ月間の産休が終わり、流石に毎日とは行きませんが又遣ら

no image
★老人のお酒の相手後にお願いされて

 近くに住む老人とのこと。奥様が生存している頃は奥様とも親しくしていただいていました。お宅にお邪魔して先輩としていろいろ教えていただいていました。歳は私より20歳以上はなれた60代前半の上品なご婦人でした。その方が大腸のがんで入院されていました。 長い期間ではなかったのですが、お見舞いにも何度も伺っておりました。二人のお子様は遠方にいらっしゃってますが、仕事が多忙でほとんど帰省しない日々がつづいて

no image
★人気の無い露天風呂でイチャイチャ

 彼女は、9歳年上でした。特別若く見えるわけでもなく、スタイル抜群でもなく普通の人。なかなか会えないので二人っきりになると、いちゃいちゃしてました。休みが取れると旅行に行きました。 三重県の温泉旅館に行った時の事です。いつもどおりチェックインを済ませ部屋に入るやいなや、彼女に押し倒され彼女のなすがままに・・彼女が僕の上で美しくあえいでいました。とても綺麗でした。

no image
★浴室係の愛人とのエロ話

 温泉の浴室係をしている愛人・松村綾子のアパートで一晩を過ごした。朝5時過ぎ、綾子は仕事に出かけた。私はそのまま、布団にくるまっていた。隣室の和美という女性が来ることになっていたのだ。夜、綾子に言われていた。 「隣に和美さんいうて、50過ぎの人がおるんじゃが、あんたのこと話したら、ものすご、うらやましがられたんよ。13年前に離婚して、ずっと一人なんよ。うちと一番仲がええ人でな、いっつも、男がほしいなあ、

no image
★おじさんはHスキでアソコを願見

 会ってみたら優しそうな感じだったから、ちょっとホッとしたんだけど、ホテルに着くなり、スゴクHな要求ばかりされちゃった… スグHするのかと思ったら、まず私をソファーに座らせて、「オナニー見せて」なんて言ってきて…誰かに自分のオナニー見られたことなんてないからスッゴク恥ずかしかった。 まず上の服をたくしあげて、オッパイを見せながら両手でモミモミしてたら、おじさんは興奮しちゃったみたい。いきなり上の服と

no image
★女と一緒のベットでは性欲は抑えきれない

 あれは、2年前の就職内定時代・・内定者でML作って連絡取り合い、飲み会とかもやってけっこう仲良かったんだよね。で、その日も飲み会があり、卒論も終わってたのでけっこう飲んだくれ、終電近くになってKの家に行くことにした。メンバーは、K♂、O♂、S♀、T♀、おれ♂ Kの家でも飲んだけど、おれは早々にダウンしてKのベッドへ。  Tは「ベッドとっちゃうなんてずる~い、あたしもそのベッド使うよ」と・・当時おれは経験済だった