エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★主人の金銭感覚に絶望して

   

.
.
.
.
.
2015/11/29(日)
 聞く人が聞けば、言い訳なのでしょうが・・私は結婚5年目になる33歳の主婦です。仕事もしています。主人は仕事を転々とし、この5年の間にも3回転職を繰り返しています。少し愚痴になってしまいますが、その状況なのに、突然『マンションが欲しい』と言い出しました。

 仕事を転々としている主人がローンを組めるはずもなく、当時は主人の実家で義両親と同居だったのですが、確かに離れて暮らす分には、精神的には楽になるかもしれないけど、経済的にはかなりの不安があり、私も義両親も反対していました。ところがある時、主人に連れられていくと、不動産屋さんと銀行の契約書に私がサインして、捺印するだけの状態でした。
 その場で、不動産屋さんと主人に言いくるめられて、結局、私の名義でマンションを購入することに、引っ越し費用は義両親が出してくれました。義両親が見送ってくれた時に、主人には内緒でそれなりの額が入った通帳と印鑑、それに土下座に近い状態で謝られました。

 そんな事、主人は知らずに経済状態のせいで、私は子供が欲しいのにも関わらず、主人は子供が欲しくないと言いだして、結婚3年目に入る頃には、ほとんど夫婦生活が無くなりました。結婚3年目の時の主人の誕生日の事でした。

 私が仕事から帰ってくると、先に帰っていた主人は来客中でした。かなり親しげに話しをしていると主人が高級外車を買い、その日が納入だったことを知りました。お客さんと言うのはその車の営業マンでした。そのお金はどうしたのかが気になり、その場で主人を問い詰めましたが、営業マンの手前そこまで追求することが出来ませんでした。

 見たくもない車を一緒に見た後で、営業マンが帰ると主人は悪びれる事もなく、通帳と印鑑を出してきました。私が隠しておいたはずの、義両親から預かった通帳と印鑑でした。中身を見ると残りは数万円しかなく私は途方にくれました。

 義両親に相談しようと思いましたが、ただでさえ心配を掛けてしまい、かなり気を使ってもらっていたので、躊躇してしまいました。この事が原因で夫婦の会話は一気に無くなりました。しかし誰かに話だけでも聞いて欲しいと思い、私は以前からの知り合いで、偶然にも近所に住み、少し年上の仲良くさせて頂いているご夫婦の所に通うようになりました。

 そこのご主人は一度、うちの主人と揉めると言うか、主人を諭したことがあり、それ以来、主人はここのご主人の事を嫌っていました。特に会話もないし、通っている事も知らないと思います。いつもお伺いすると帰りはご主人が私を歩いて送ってくれるのですが、ある時、今の自分の状況がすごく寂しくなってしまい、思わず甘えるように抱きついてしまいました。

 ご主人は優しくハグして下さり、優しく温かい言葉を掛けてくれて、私はほっとして帰宅したのです。始めはたまにさせてもらっていたのですが、そのうち毎回するようになると、キスまで発展するのにそんなに時間は掛かりませんでした。

 うちの主人への罪悪感は全くなく、奥様への罪悪感がなかなか払しょくしきれずにいました。もう止めなければいけないと思っていたまま、ズルズルと…いう感じになっていました。ある時、ご主人から連絡があり、奥様が用がありご実家に数日帰ると言う事を知りました。

 遠回しなお誘いであることはすぐに分かりました。連絡を受けた日は思いとどまることが出来ましたが、思いとどまれば、留まっているほど、意識してしまい、翌日の会社の帰りにはご主人とお宅のリビングで飲んでしまいました。

 もちろんそれだけで終わることは無く、リビングのソファでしてしまったのですが、その時に、行為自体は少し強引なのですが、言葉が非常に甘く感じられて、そのギャップに私は体だけでなく、気持ちも満たされていくような気がしました。久々の男性を堪能したと言うよりも、ご主人に満足させてもらった感じがしました。

 帰り道も送ってくれたのですが、私の体には余韻が残るほどに抱かれました。余韻が残ったのは、体だけでなく、気持ちの方も残ってしまい、その翌日もお宅に伺ってしまいました。結局、奥様が帰ってくる日の前日まで、私はご主人と逢瀬を重ねました。

 もちろん、Hをしない日もありました。その日を境に、主人は同居人と私の中で位置づけられているのが、自覚出来ました。話しかけられても、躊躇なく無視することも出来るようになり、徐々に会話どころか挨拶すら全くなくなっていました。その間にご主人と時間を見つけては逢引を重ねていました。

 逢引を重ねれば重ねるほどに、ご主人への私の思いが強くなっていました。それを懸念したご主人の方から別れを切り出されたのですが、私は拒否してしまいました。その日、その話をした後で、ご主人は私のお尻の穴の初めてを奪いながら「こんなことをされても?」と聞いてきましたが、私は痛みはありましたが、それすらも自分を満たすものになっていました。

 私は時々、ご主人に激しく抱かれている時に『このまま壊れて、私という存在がなくなってしまえば良いのに』と思う事があります。それに答えてくれるかのように、ご主人は濃厚に激しく私を抱きます。そして、今でも関係を続けてしまっています。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 主婦・人妻の体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★結婚記念旅行のノロけ話

 子供がいない私達28歳の夫婦は結婚3年目の記念として2泊3日の沖縄旅行に出掛け、南国のゆったりとした時間と開放感を存分に楽しんできました。当日は夕方近くまで観光後ホテルにチェックインすると、目の前にはプライベートビーチが広がるテラスがあってスゴク素敵な部屋でした。 汗を流すだけのはずが、そのまま浴室で軽く1度目のIN。ノーブラOKのワンピースだったけど、パンティーも穿かずにホテル内のレストランに行き夕飯を

no image
★ゴミ出しで男の視線に感じてしまう

 専業主婦をしてる32歳です。最近、主人とのsexが半年ありません。友達から聞いたりして露出のある服装やエッチな下着とか家の中では、ブラジャー取ってノーブラで、後はミニスカートで誘惑しましたが、いまだに何もありません。逆に、露出の高い服装でノーブラにミニスカートでゴミ置き場に行くときに、マンションの男かろいやらしい目で見られます。 最近では、見られているだけでアソコが、熱くなって家に戻ると通販で主人の

no image
★まったりした不倫エッチな時間

 短大の時に知り合った彼と24歳で結婚しました。結婚と同時に妊娠、そして会社を退職しました。息子も幼稚園から小学生になり、子供を近くの実家に預けてこの4月から前の会社に再就職しました。前と同じ課ではなくて外回りの営業です。 後日の土曜日 歓迎会を開いてもらいました。タクシー2台で別々に乗り、私は課長と他2名最後は課長と2人きり・・実は再就職できたのは、課長のおかげなんです。40歳の課長 旦那よりは

no image
★夫のエロなイタズラにウフ~

 夫の悪戯に困っている今日この頃です。相変わらず、私に色々な格好をさせて夫は楽しんでいます。結局、夫の友人(山口さん伊沢さん)はお正月に来る事はありませんでした。しかし、春ももう直ぐと言う時、夫は友人達と飲みに出かけたんです。 夫が帰宅したのは、夜11時を過ぎていました。ソファーに座り、酔い冷ましの水を飲んでいる時です。 「今度、プールにでも行こうか?」 「何!急に」 「山口がさぁ、無料チケット貰った

no image
★女は優しい男に弱い人妻でも

 私は40歳代。彼は50歳代です。以前、彼には何度か食事に誘われていました。でもその当時、私にはお付き合いしている彼がいましたので、彼の誘いには応じませんでした。でも、今年の3月、その彼とは別れることに。とても寂しかった・・ そんな時、今の彼のことを思い出し「私なんかでよろしければ・・」と彼にメールを。それか、二度食事をして、三度目はドライブに誘われました。ドライブの途中、彼は車の中で「これから黙

no image
★若い男の硬さにメロメロ

 昨日、8歳も年下のT君としちゃいました。たった3時間の間でしたが、ずっとT君のオチンポはギンギンでした。大きさも太さも立派でしたが、硬さがすごかった。初めに下着の上から押し付けられただけで、突き破られそうなくらいの硬さでした。 お口でしてあげてても、うっとりするくらいの硬さのギンギン状態でした。中に入ってきた時も、反り方と硬さがすごいので、気持ちいい所をズンズンという感じで突かれて、あんなセック

no image
デブな私ですがSEXに夢中に・・

 夫とは 見合い結婚です。私はデブで恋人も出来ず、何度も お見合いしては 断られ、27歳に成り私は焦ってました!と言うか、早く男が欲しかったのです! 二十歳の時、会社の上司にSEXされSEXの良さに夢中に成りました!その上司が私以外の女の子にセクハラ!左遷され私は男を失いました。毎日毎日 激しいSEXを想い オナニーしてました。

no image
★バカ息子の性癖に困っています

 最近とはいっても2~3か月前からですが、18歳の息子が人前も平気で大事なところを、これ見よがしに見せつけるので困っています。例えばお風呂から上がった時にも、特にタオルで前を隠すこともしないで、わざわざ台所を通って自分の部屋に行くようになりました。 みっともないから止めなさいと注意したのですが、聞く様子もなくわざとブラブラさせて見せびらかしながらです。最初の頃はそれでも恥ずかしそうに、やっていて笑

no image
★女がその気になれば男なんて

 女がその気になれば、いくらでも男が寄ってくる。30歳でバツイチになった私は、とりあえずスーパーマーケットで働き出した。そこにいる男達は、ちょっとくすぐれば鼻の下伸ばしてついてきた。一度関係すると、二度三度を期待して、焦らせば貢いでくれる。 店長さんは妻子持ち、奥さんよりエッチに「アッアーン、アーン、イイ、イイ、スゴクイイわあ…」とよがれば夢中になってくれた。まだ入ったばかりの23歳の男の子「アッ、ア

no image
★やはり夫には言えない淫らな事

 共働きしてるため勤め先の付き合いで飲み会へ出席しました。自分がこんなに酒に弱かったなんて。気づいたら見知らぬホテルのベッド上。こともあろうに部下といっていいくらいの後輩の同僚とSEXをしていました。  もちろん彼は私が既婚者であることを知ってます。一時的にパニック状態に陥りましたが、彼に落ち着くように諭された。そして彼に「愛している」と告げられキスされました。酒酔いの残りと動揺と貞操をすでに失ったシ