エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

我が妻との出会い

   

28 11月

2015年11月28日 12:05

カテゴリ

我が妻との出会い

俺は田舎から東京の3流の私立大学を卒業して、某工場に勤めていた時のことです。俺の親友は同じ東京でも一流の私立大学を
卒業して大手の商社に勤めていた。その彼の名前はKとしておこう。彼とはなぜか馬が合い大学時代も、社会人になってもずっと
付き合っている。その彼は東京の有名女子大を卒業して彼と同じ会社に勤め、そこで知り合い、付き合っていた。
俺は彼からも何度も彼女の話は聞いていたし、彼女と一緒に会ったことも何度もある。見たところ身長1m65cm位の大柄で
胸も、お尻もおおきくそのくせ、腰は見事のくびれている。肩まである黒髪がよけいに彼女の知性を際立たせていた。
多分1年と少し位は本当にラブラブ状態だった。彼女が彼のマンションに泊り。、又彼が彼女のマンションに行き来していることも
本人からなんども聞いていた。其の彼が3カ月後に海外に赴任するとのこと。じゃあ、彼女とのことはどうするのかと聞くと彼は
もう別れたとのこと。赴任期間は3年とのこと。それから2日後彼女から俺の携帯に電話があり、仕事が終わったら会いたいとのこと。喫茶店で会うことにした。いつもの明るい彼女からは想像出来ない程、沈んでした。彼から1週間前別れようと言って来た。何度も話し合いをしたけど、もう元に戻れないとのこと。彼女の目からは大粒の涙があふれている。周りの目も気になり、店を出た。
これからどうしようかと聞くと「飲みに連れて行って・・「とのことで、大衆の居酒屋に入った。かなりやけ酒のようにビールをお代わりして、次第に身体が揺れて来た。飲めない酒を飲んだんだと思った。22時を過ぎたころ、彼女に「タクシーを呼ぶからもう帰れよ」と言うと彼女は俺の腕を取って「今夜は、一人でいたくない。帰りたくない・・」と。「と言ってどうするの?」と聞くと「○○さん(俺の名前)の部屋に泊めて・・・」と俺を握っていた指に力を入れて言った。」タクシーを呼び俺のマンションへ。
部屋に入ると同時に「もどしそう・・・」と言うのでトイレに連れていくと同時にたくさん先ほど食べたものを戻した。すごく苦しそうで、背中をさすってあげていると、胸が苦しいと言いだした。どうしたらいいのか思案のくれていると彼女は自分からワンピースを脱いで、スリップになり、ブラジャーも外した。想像以上の大きな胸がおおきく息をしていた。俺は肩を抱いてベットに連れて行った。しばらくしてやっと落ち着きを取り戻した。彼女は恥ずかしそうにスリップの胸を両手で隠した。そして言った。「ごめんなさい。醜態を見せてしまって。俺はワンピースを脱いだ時点から理性と戦っていた。見事な肢体にもうとっくにペニスをピンピン状態だった。彼女を見る俺の目からそれを察したかのように、「Kさんと長くお付き合いをしていた女なんてもう魅力ないでしょう?二人の関係は全て知っているんでしょう?」と。俺はもう我慢できなくなって彼女に飛びかかるように抱きしめ唇を奪った。彼女は、少しも
抵抗することなく、唇を合わせ、俺が舌をからますとそれに答えてくれた。いままで知性があり、大手の商社に勤める彼女と今の彼女が同じ女性だとはおもえなかった。白いスリップから盛り上がる胸とスリップから見え隠れするピンクのパンティーのなまめかしさは
格別だった。俺は彼女を仰向けの寝かせ、上に乗ってスリップを脱がせ、ホック外れたブラを取り払った。小さなパンティーが大きなお尻を少しだけ隠すだけの状態になった。俺は急いで全裸になり、彼女にまたがった。股間はちいさく盛り上がっていた。それを取り払ってびっくりした。なんと陰毛が少しもなくツルツル状態だった。よくみると少し生えていた。彼女は消え入るような声で言った。
「びっくりしたでしょう?そこの毛は彼と付き合っている間、ずっと彼が剃っていたの。」縦スジがくっきり見える。俺はそこに
勃起したペニスをあてがうと一気に貫ら抜いた。にゅっとしておくまで挿入された。Kとのセックスによりすっかり開発された彼女のそこはすっかり潤っていた。バンバンと腰をぶつけると彼女は顔を左右に振って小さな喘ぎ声を発していた。俺は溜まらず射精してしまった。しばらく彼女の中に埋まっていたペニスが萎えて外に押し出されるや、彼女は半身を起して、なんと俺のペニスを口に喰われて来た。見事なフェラだった。これもKに仕込まれたのかなと思ったものだ。再度勃起した俺は彼女をよつんばにさせた。
後ろから見るのも見事な光景だった。白い大きなお尻その間から陰毛がないおかげで、割れ目がぱくりと口をあけていた。
一気に挿入、ピストン・・・そして2度目の射精をした。俺はそれから彼女との付き合いが始まり、半年後に結婚した。
彼女の口からも俺からも決してKのことは言わない。俺もKにならって新婚から半年位は妻にツルツル状態でいてもらった。その後はは黒々といた陰毛が彼女の割れ目を隠している。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★アロママッサージのモデル

 今日は4回目のアロママッサージに行きました。別のサロンを探そうと思っていましたが良さそうな所がなく、結局いつもと同じ場所の予約を取りました。前回、盗撮されてたような気がしたので今日も撮られるんだろなぁと覚悟を決め、パイパンで行きました。 サロンに着くと、男の先生が2人いたんです。いつもは1人なのに。戸惑っていると「今日はご相談があるのですが・・」と言われ、ドキドキしながら「なんですか?」と聞くと

no image
童貞処女初体験

Kichhiが初めて処女の女の子とSexしたのは高2の時でした。??年上の彼女の家に遊びに行った出来事!??彼女のお父さんは画家で1Fで仕事に集中していて??彼女曰く部屋にはここ何年も一度も来ないそうです。??音を出さなければ大丈夫だと聞かされ??いい雰囲気になったところで「…

no image
★チョット変わっている俺の性癖

 俺が最近ハマってる行為がある。それは「爆睡してる女にこっそり入れる事」チャレンジした事のある人なら分かると思うが、案外これが難しい。だいたいの女は、入れる前か入れた直後に目を覚ます。目を覚ましちゃ意味が無いと俺は思ってるから、色々と考えたわけだ。 そんな時思い付いたのが「寝不足+酒」というポイント。1番萌えたのは、少し前に付き合ってた熟女。なぜ熟女なのかというとそれは俺の単なる好みの問題。人妻.NE

no image
★ある研究機関の調査体験談

 知り合いの医者(♀)に、ある事を頼まれた、医者と言っても研究が専門らしく、ある物の採取に協力して欲しいとの事だった。それは「精液」の採取だった。それも、10代前半の子から採取したいと言われた、知り合いの説明では、各年代別に精液に含まれる精子の量を調べている関係と言われた。(環境ホルモンに関する研究とか?) 既に、数人の子から採取済みだった、出来るだけ多くの子から採取して、ちゃんとしたDATAを作りたいらし

no image
亡き妻の従妹の女体に第二の人生を

 私は44歳のオヤジです。大恋愛で結婚した妻が亡くなったのは4年前、36歳の若さで逝きました。それから二人の子供を一人暮らしの義母に預けて働いていましたが、叔父(亡き義父の弟)から義母経由で1年前に再婚話がありました。相手は叔父の娘(=亡き妻の従妹)の彩香さんで当時34歳、不妊を理由に離婚されたばかりでした。このままでは一生孤独だと娘を案じた叔父の願いで、とりあえず付き合ってみました。

no image
★子供を抱いた若人妻にいたずらした妄想

 こないだ夜電車に乗ったら、推定エフくらいあるぱっちりおめ目の25くらいの女がホームにいた。おりしも帰宅のラッシュ時。彼女はあろうことか、赤ちゃんひもをかけ、子供を抱いていた。すぐさま後に並ぶ。胸に抱いた子供をかばいながら、なんとか乗車した女は、深くため息をついた。  まさか、こんな混んでるとは思わなかったろう。俺は、この若奥様の真横のポジションについた。前も後も触れて顔も見られる。お気に入りのフォ

no image
★男癖の悪い私は浮気、不倫がヤメラレナイ

 私は現在、46才の主婦で、パートで仕事もしています。旦那は47才で、今年高校卒業する娘と、中学二年の息子がいます。結婚して21年です。私が初めて浮気したのは33才のとき、下の息子が産まれて間もなくのときでした。娘が通う保育園の保護者会で知り合った男性で、格好良くていいなぁと思っていた人でした。 そんな私の態度を知ったのか、私を誘ってきて、私も誘われるがまま、抱かれてしまいました。しかも場所は、当時住んで

no image
北海道に家族旅行

んじゃまぁご期待にお答えして。 昨年の7月。ニョーボにヘソクリがバレてしまい、子供(小学校6年生)連れて、 北海道に家族旅行するハメになってしまいました。(泣。この金で吉原何回逝けるのか? ツアーの二泊目は、大雪山の麓のいかにも「シーズン中はスキー宿」って感じ…

no image
友達が使った媚薬のせいでセックス狂いになった母親

中学生の隆志は母との二人暮らし。親子二人でつつましく暮らしていたが、隆志の友人である恒彦が家に遊びに来たことですべてが終わってしまう。恒彦は通販で手に入れたヴァージン催淫水っての媚薬を、美しい隆志の母に使ってしまったのだ――隆志が買い物から家に戻ると、リ…

no image
教え子の乳首拝見

 当時私は、近所にあった個人経営の塾で、講師のアルバイトをしていました。個人経営といっても、2階建ての建物に教室が3つ事務室が1つあって、それなりの規模でした。対象生徒は小学校4~6年生と中学生です。 面白いことに、この塾の生徒の男女比は1:9くらいで女子…