エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

がさつな姉ちゃん

   

俺は中2、姉ちゃんは高2です。
お互いエッチな話をしていたら、急におちんちんが大きくなってきたので、もそもそしていました。
そしたら、姉ちゃんが「立ってきたの?見たいー!」と言ってきました。
「やだよ。恥ずかしいから。」と僕が言うと、「じゃあ、久しぶりに一緒にお風呂に入ろう。」と言ってくれました。
仕方なく一緒に入ることとしました。姉ちゃんはどんどん服を脱ぎ、風呂場に行きました。
「早くおいでよ!」と言われて、あそこを隠しながら入ると、「手をどけなさい。」と言われました。
ギンギンになったおちんちんを見せると、姉ちゃんは興味津々に見つめながら、「触っていい?」と聞いてきました。
初めて異性に触られる感覚と初めて見る異性の全裸に興奮して、脳天を突き破るような快感としびれるようなおちんちんの感覚で発射してしまいました。
僕が言うのも変ですが、姉は結構美人でナイスバティなんです。
はじめて見る射精に驚いた様子でしたが、その日以来毎日手で出してくれることになりました。

しかし、がさつな姉ちゃんは友達を連れてきて、友達にも同じことをさせるのです。それも毎日毎日です。
だから、いつもおちんちんの中はからっぽです。
いつも2,3人連れてきては、面白がって、僕のおちんちんを弄びます。
立たなくなると、友達が裸になって、手でむりやり立たせます。

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★温泉旅館の仲居さんにリードされて

 高校の夏休み、山の中の温泉旅館でバイトした時のことです。まだ自家発電を使っていて、10時に消灯したあとはランプだけというところでした。主人夫婦と子供、板前さん、ボイラー係りのおじさん夫婦、あとは仲居さんが5、6人という小さな旅館でした。夏はけっこうお客さんが多くバイトは男が私一人、女子高校生が4人来ていました。 私が泊まっていたのは板前さんの部屋でしたが、その板前さんが、ご主人のいる仲居さんの一人と

no image
★幼少期に目撃した母の淫乱した姿・・1/2

 父が不在の日になると、なぜか母の様子が変わってしまう。母は朝からそわそわとして落ち着きがなくなるのだ。 化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多くなった。父が居る時は楽そうなワンピースなどを着ているけど、着替えた母は、必ずといっていいくらいに、身体のラインがくっきりと目立つ服装になる。  そんな日の母は、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を洗ったついで

no image
★体が疼いて相手を募集した体験談

 数年前にどうしてもHしたくなって、あるサイトで1回限りの相手を募集したことがあります。1番に連絡来た人に返信したら時間はあまりないので、手近な場所でという話で少し離れた公園の男性トイレの個室ですることになりました。 先に私が入ってノック3回で開けることにして待機しました。その間もドキドキでかなり濡れてしまっててヤバかったです。すぐにできるようにフレアミニのスカートでTバックを履いていました。いざノッ

no image
★同僚の女性をセフレとして抱いている

 昨年の晩秋のこと、北九州の代理店会議へ出張した。空港でチェックインしてから待っていると、「あら、オレさん」と呼ばれた。ふり返ると、総務課のキャリアウーマンのK子(係長)だった。お互い出張だったが、K子の行き先は福岡だった。出発まで話をしていると、福岡にイイ飲み屋があるという。 出張の日程は、お互い木曜出発の金曜直帰であった。じゃあ、木曜の夜に福岡で待ち合わせて、飲みに行くことになった。その日の会

no image
島の飲み屋のママと

■島の飲み屋のママと(社会人の告白) つくずく仕事が嫌になり、その上に妻が、デパートの駐車場から出るときに「突発性の脳梗塞」を起こし、自分の運転するBMWが、壁に激突して大破して即死だったのです。僕は48歳、妻は46歳の若さでした。僕は今でいうIT企業家で、25年前に仲間4人で会社を起し、最初は中野坂上の小さなマンションの一室から始めて、新宿、今は六本木の有名な高層ビルに会社はあり、400名の社員がいま

no image
★スローで楽しむエロで女を逝かせる

 人妻.NETで知り合った33歳の人妻。正直、スタイルはいけているのだが、顔が好みではない。しかし、知り合った当時、かなり飢えていた俺は、女のスタイルを堪能するかのように、スローセックスを実践したみた。 愛撫だけで約1時間半を掛けるのだが、面白いくらいに女が反応し、濃厚な愛撫だけで女は何度となく果てていく。こちらもマッサージ師にでもなったつもりで、意外に楽しんでいると、そのうち女の体が軽く痙攣し始めてく

no image
★念願かなって中出し射精ができ感動した

 体の相性と言いますが、今まで気にしたことはほとんどありませんでした。ですが、2年ほど前に別れた彼女を思い出すと、それは重要なことだったのではないのか・・と考えることがあります。今でも、あの頃入ったホテルの傍を通ると、ものすごく懐かしくなったりします。週末はいつも抱き合っていたし。 初めはあまり声に出さなかった彼女も、いつからか“オ○ンコ気持ちいぃ~イクぅぅ~…イッちゃうよぉ…”と連呼するようになりま

no image
★デートクラブのバイトはやめられません

 34歳、専業主婦で子供はいません。ネットをみていましたら、高収入のバイト短時間の広告があり、どうせまた風俗店だと思っていましたが、お相手は医者、大学教授、オーナー社長、上場企業役員とあります。 収入も二時間で5万円以上、身元確実、アリバイ工作万全とありましたので、興味があり電話をかけましたら、いととおりの説明があり、面接が必要とのことでしたので、アポといれました。

no image
ザーメン処理嬢

始業間もない午前9時半、私のデスクの電話に内線の電話が鳴った。《はい、管理課、白井です。》《おはよう、白井君… 今からお願いしたいんだけど、いいかなぁ…》それは同じ会社の上司、総務課の新井課長からだった。《は、はい…いいですけどやりかけの仕事の後でよろし…

no image
送り狼

この夏の話を聞いて下さい。 その日は隣の街で、大きな花火大会がありました。僕はそういうのは苦手なんで彼女と映画に行った日の夜の事。 デートで遅くなった僕が、コンビニで買い物を済ませて自分の車に戻ってきたら女の子二人に呼び止められ、「○○病院まで送ってもら…