エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

安らかな日

   

26 11月

2015年11月26日 12:05

カテゴリ

安らかな日

俺は大学生で一人暮らしをしています。
この間あった前期試験の時皆試験でバイトに入れないということで店長がお前やったら楽勝やろ?ってことで俺が4連勤いれられた。流石に俺もムカついた。

しかし夏休みの最初は代わりに3日休みもらったのと地元からの電話で帰ることになりました。

俺には8つも離れた妹がいます。妹は中学生に入学したからスマホをかってもらったらしく(俺なんて高校から携帯デビューだったのに)ゆとり世代っていいよな。
3日に1回程度電話がかかってくるようになった。
彼女と話している時は楽しいが、妹と話している時はなんかホッとします。くだらない話でもカワイイものです。

いざ帰還すると駅には父さんと妹がいました。

妹「お兄ちゃん久しぶり♪」
俺「いや、3週間前に俺の下宿来たやろ。笑っ」
父「帰ろうか。」

ということで帰ることに、助手席に乗ろうとしたら、妹がくっついて来て乗せてくれないのでしぶしぶ後ろに。

妹「お父!お母は友達と御飯食べに行ってるなんてずぅるい。」
父「お金もってきてないから今日は家でや!」
俺「バイト代入ったから俺が持ちますわ」
父「そうか!すまんな。何食べにいく?」
俺「いえいえ。」
妹「お寿司♪」

ということでスシローに行くことに、食べていてふっと妹見ると口の横に醤油が付いてたので癖で指でとってやって舐めた。

妹は少し顔が赤くなっていた。

少しして帰ることに家につくと9時前に、久しぶりにペットの犬様と少し戯れる。

居間に行って少ししたら寝てしまった。起きると母さんが帰ってきていた。
妹も俺の横で寝てたようでした。

母「お風呂入れたからどっちか入りなさい!」
俺「俺今日の昼入って帰ってきたからええわ。もう寝る」
母「はいはい!れな早く入りなさい」
妹「・・・私も寝る。」俺の裾を持ってました。
俺「Σ(-_-)zZ 」
母「早く入っときなさいよ。」
俺「・・・やっぱ俺が先はいるわ。」

風呂に入る少しすると妹が入ってきた。俺「あれ?れな入らん言ってなかった?」妹「言ってないよ。」妹が身体を洗い出したので俺「ボーとれなを見る」妹「んー///あまり見ないで」俺「あっゴメン!どれくらい成長したかなぁてな笑っ」
妹「やっ///・・・」俺「でも中学生の身体見たことないから分からんわ笑っ・でもカワイイな。」妹「ぅぅ///・・恥ずかしいからそんなこと言わとって」

洗って湯船に入ってきた。俺「てかなんで入ってきたん?」妹「・・・恥」俺「別にええけど」妹「お兄ちゃん?・・・」
俺「ん?」妹「私いっつも電話してるけど嫌じゃない?」俺「れなの頭を撫でる」「そんなことないよ。むしろ嬉しいかな。ニコッ」妹「ほんと?」俺「ほんとやで♪」

俺も洗って上がる
妹「わっ!!//」
俺「ん?(多分俺の股関見たからだと思います。)」先に上がる
母「れな知らない?」
俺「交代で風呂!」危ね

居間へ少してれなも上がって来て髪の手入れを手伝う。

俺「そろそろ寝よかな・・
妹「あっ・・」
俺「どうしたん? 」
妹「少し赤い顔して黙る」
俺「れなも一緒に寝るか?」
妹「うん♪」くっついてきた。

俺の部屋は窓2つ開けるだけで室温が20〜23℃まで下がります。

俺「れな?」
妹「?」
俺「やっぱええわ」
妹「お兄ちゃん?少し寒い・・」
俺「天然クーラーやから調節できないもんな、おいで」
妹「うん♪」
昔妹が怖かったり、落ち込んでいるときにしていたやり方で俺は妹を軽く抱いて寝ました。
俺「豆電消していい?」
妹「・・・ぅん」「お兄ちゃん♪」
俺「ん? シャンプー変えた?いい匂いやな。」
妹「うん♪お母の借りてる。」「恥:でもお兄ちゃんもいい匂いするよ。」
俺「ん?そうか。」「思うんやけど高学年なってからよう抱きついてくるようになったけどどしたん?俺は別にええけど。心境の変化ってやつ?」
妹「恥:だってお兄ちゃんが・・・お兄ちゃん一人暮らししてからあまり帰ってきてくれないんだもん。」
俺「そう言えば帰る頻度すくなすぎるな苦笑」
妹「お兄ちゃんといたら落ち着くし、いい匂いする人好きだし、一緒におりたいから・・」
俺「・・遠回しやな小声。頭撫でる。カワイイ♪」「そんなんやからモテてるやろ。笑っ」
妹「ぇ、あ、んーん!」
俺「図星?笑っ」
妹「でも、好きな人いるから大丈夫」
俺「俺のこと?笑っ 」

少し接近してきて俺に
妹「チュッ」頬
俺「電気つけていい?」
妹「あっ///ダメ・・・」

カワイイかったので少し悪戯したくなって
俺が抱いていた手を少し滑らせて太股にもう片方の腕を腰にまわしお腹にれなの服装はショーツに半袖1枚でした。
妹「ぇ、どうしたの?/// ダメ・・・」

太股を指でなぞりながらお腹を撫でる
でも抵抗はしませんでした。

妹「やっ・・」

俺は少し調子に乗ってしまってれなのまんスジを中指で優しく擦りました。

妹「はぁー・・」

感じているのか吐息が漏れていました。
今度は人差し指で、少しするとショーツも湿っているのがわかりました。

妹「お兄ちゃん・・・なんでこんなことするの?」
俺「可愛かったからつい・・・」
妹「やっ///」つい指が中に入ってしまいました。親に声が聞こえたんじゃないかと焦りました。
俺「ゴメン・・」
妹「んーん、お兄ちゃんのこと好きやから大丈夫」
俺「じゃあイカしていい?」
妹「調子に乗りすぎ!バカ!」

妹相手に調子に乗りすぎました。
トイレにつれてって、帰ってきて寝ました。

次の日朝から妹は部活に俺は友達の家に行くと

友達「○○首に愛撫の後あるやん、彼女とやって帰ってきたんかよ」

俺「?????あーそうやで!笑っ」

昨日の仕返しにれなに多分朝方されたんだと思います。
まだかわいいものです

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★性欲に積極的になった妻

 妻の実家で、2日間の義母との濃密な快楽の時間を過ごした私は、日曜日の夕方、自宅へと向かった。別れ際、義母が何度も念を押した。「絶対に悦子にだけは悟られないように、ネ!!お願いよ、あなた、まさ君」「わかってますよ、お義母さん。僕は加代ちゃんとこれからもずっとしたいんだから。安心して」  帰途、心地よい疲れを感じながら「親子丼」という言葉を頭の中で反芻していた。本当に悦子とその母親を、この俺が…。県境が

no image
離れられない

32才になる主婦です。同じマンションの隣に住む大学生と肉体関係になってしまいました。毎週土曜日の昼すぎに呼び出され抱かれています。きっかけは、私が伝言ダイヤル遊びにはまっていたためなのです。私の夫は海外勤務で単身赴任1年目、任期の残り3年を私は一人さびしく待…

no image
★初スワップに挑戦した体験談

 40代後半、夫婦で 初SWに挑戦。同じような年頃の ご夫婦とお茶をして顔を見せ合ってから数日後に温泉で1泊。12畳間に床の間のついた大きな和室の両はじに それぞれの布団を寄せ 枕元の行灯形の小粒ライトだけ。お互いに気が散らないように工夫。 そうはいっても なんせ初体験。自分の妻が気が気でなかった。相手は10回という経験者で、かなり気後れしながら 始まった。妻の最初の『うぅ~ん』という呻き声にビックリしつ

no image
彼は未だ元気でした  

一緒に趣味でやっているお花で知り合った彼(と言えるものではありませんが)に誘われ紅葉を見に彼の車で連れてってもらった帰り、突然彼は車ごと乗り入れることが出来るホテルに滑り込むように入ってしまいました。 私、こんな処に来たことなど無く最初は全く判りませんで…

no image
★初の女体を愛撫し男になれました

 今では結婚して20年になりますが、恥ずかしながら童貞を捨てたのは25歳と人に比べて遅めでした。捨てた相手は上司の行きつけのスナックのママでした。水商売の方なのできれいに化粧はされていましたが、年は50を超えていたと思います。 そのスナックには上司に何度も連れて行かれていたので、当然ママとも顔見知りでした。その日は上司とは一緒じゃなかったんですが、私は会社が終わったあと一人でご飯を食べて、駅へ向かう途

no image
メグミ

7 名前: メグミ 投稿日: 02/07/17 00:51 ID:22yQA/EFこの前、メグミと近くの錆びれた小さなサウナに行った。ここのサウナは男湯しか なく入っている人も土方のオヤジか、近くのボロアパートの浪人生しか居ない、 ほぼ銭湯と変わらないような所だ。 ここに行こうと言い出し…

no image
いづみの場合

[1] いづみ 公園で全裸写真を撮ってきました ベンジー様、はじめまして。いづみといいます。以前からとても興味深く拝見させていております。どうも小学生の頃から露出願望があったみたいなのですが、強く意識しだしたのは20歳を過ぎたあたりからです。以前は公園のトイレ…

no image
斜め下の爆乳若妻

アパートの一階、斜め下の部屋に若い夫婦が引っ越してきた。奥さんは20代前半くらい。旦那は30代くらいで、とても仲の良さそうな夫婦だ。奥さんは小柄で、すこしぽっちゃりしていていい肉付き。すごく愛想のいい奥さんで、可愛らしい。夏は薄着で玄関の掃除とかをしている。…

no image
★マッサージの先生にだまされたぁ

 仕事柄腰痛や肩こりなどがひどかった私は、近くに出来たマッサ-ジに行きました。あまり目立たない所にあるせいか、客はいつもおばさんがパラパラで予約しなくても行きたい時に行けるので、コマ目に通っていました。その内色々体の相談などにものってくれて60歳位のおじちゃん先生だったけど、気軽にお話出きる様になり私の中では、信頼関係が出来ていたのです。 もともと生理が不順だったり、生理痛がひどい事を相談したときの

no image
花火大会

はじめまして。高1のサナです。あたしには付き合って2ヶ月のカレシyがいます。 その日はカレシの地元の花火大会だったのですが帰りバスが混んであたしは最終電車にのりおくれてしまいました。 どうしよう・・・という話になって。yに『うちに泊まっていく?』といわれ…