エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

元家庭教師

   

26 11月

2015年11月26日 10:05

カテゴリ

元家庭教師

俺は大学受験のとき、家庭教師がいた。名前は佐織さんで年は俺より3歳上。美人で優しくて佐織さんに付き合ってほしいとお願いしたこともあったが「大学に入ったらね。」といつもはぐらかされていた。
俺が大学に入学してしばらくすると結婚したという話は聞いていたが諦められなかった。それが、1ヵ月前に偶然佐織さんの車に跳ねられるという出会いをした。
ケガは大したことがなかったので、佐織さんの家に行き話をしていたら旦那とは離婚調停中だから、事故のことは秘密にして欲しいと頼まれた。そんな話を聞いて原因は何かと思ったら、旦那が潔癖症過ぎて大学の友達と飲みに行ったことが原因だと言っていた。そんな話をしていたら以前の感情が表に出て「佐織さん、旦那と別れて俺と付き合ってよ。」と言っていた。佐織さんは「そんなこと言われても・・・。」と俯いてしまい黙っていたから、俺は自分の欲求を抑えられなくなって佐織さんを抱き締めていた。佐織さんは抵抗したが力で押さえ込みキスをして舌を絡めようとした時、跳ね飛ばされ「孝君、ふざけないで。これでも人妻なのよ。」と凄い形相で睨まれたが「交通事故のこと、俺とキスしたこと、旦那に話しちゃおうかな?」と言うと急に大人しくなって「どうすれば、黙っててくれるの?」と聞かれたから「俺、佐織さんを抱きたいんだ。」と答えると「そんなこと・・・。」と言って戸惑っていたから「旦那に・・・話そう・・・かな?」と遠まわしの言い方をすると「これ1回きりよ。」と言い出したから「今回だけだよ。」と答えると俺の手を引き寝室に連れて行かれた。寝室に入ると佐織さんは裸になり、そのプロポーションに改めて驚いたが、1回だけの約束が悔やまれた。佐織さんはベットに寝転んで「孝君、早くして。」と言われたけど、俺は無視して佐織さんの横に寝転んで「佐織さんがしてよ。」と言うと「冗談でしょ。私が・・・。」と言うから、「旦那とはしたんだろ。」「もし、旦那が帰ってきたら・・・。」と言うと「分かったわよ。」と言うと、佐織さんは俺に跨りチンコを手で持ちマンコに挿入し始め、カリが入ったとき動きを止めて「太過ぎ。あぁー裂けちゃうー。」と言い出したから、「旦那が・・・帰って・・・。」と囁くと「うぅっ。」と言いながらどんどん挿入していき根元近くまで入ると「だめー。こんなの大き過ぎるー。」と言って腰を浮かせようとしたから「ダメじゃないよ。」と言って、腰を持ち根元まで入れると「だめー。いっくぅー。いっちゃうー。」と仰け反ったと思うと俺に被い被さってきた。佐織さんは肩で息をしていたけど構わずに「自分だけ満足するなんて、ずるいじゃないか?」「俺も気持ちよくなりたいよ。」と言って、佐織さんの体を起こそうと胸を押し上げると「あぁん。だめー。許してー。」と言って抵抗されたが、体を押し上げ「腰を上下させてよ。」と言うと、佐織さんはゆっくり動き出したけど、2・3回上下すると根元まで入って仰け反りながらイッてしまった。
俺は、呆れながら「佐織さん、自分ばかり楽しまないでよ。」「早くしないと旦那が帰ってくるんじゃないの?」と言うと必死に体を上下させ、俺も締め付けられ、絡みつくマンコに気持ちよくなって「うぅっ。」と言って、中に出してしまうと、佐織さんはピクピク痙攣しながらイッてしまい俺の上で動かなくなっていた。
丁度そのタイミングに寝室のドアが開いて「佐織、お前はやっぱりそんな女か。」と旦那が怒りを露にして立ち尽くして「男なら、誰でもいいんだな。」「いつも、そうやって男に跨って楽しむのか?」「この淫買女。俺を裏切りやがって。」「お前とは離婚だ。」と怒って家を出て行った。
しばらくして、佐織さんは泣きながら「ごめんね。」「こんなの見られちゃった。」「軽蔑した?」と言って佐織さんが俺の上から退くと「ごめん。帰ってくれる?」と言う佐織さんに「変なこと考えないでよ。」「俺で良かったら、電話してよ。」と言って、服を着て家を出た。
何日かして、気になっていたけど電話も出来ないまま過ごしていたら、佐織さんから電話があり「直に来てほしいな。」と言われ、佐織さんの家に行くと「離婚しちゃった。」と少しお惚けな顔で言われ、家の中に入ると佐織さんに抱きつかれキスをされ舌を絡められた。
しばらく時間がたって「今日からはフリーだから、孝君が良かったら私を抱いて。好きにしていいよ。」と言われ「こんな女は嫌よね。軽蔑されても仕方ないよね。」と言われた。
俺は「そんなことないよ。佐織さんが好きなんだよ。」と言って抱き締めてキスをすると「孝君のが忘れられないの。孝君のがほしいの。」と言うと、いきなりズボンとパンツを下ろされいきり立ったチンコを握って「私、あれからこれが忘れられないのよ。これのと・り・こ。」と言うと、咥えしゃぶりだされ気持ちよくて口に発射してしまった。
佐織さんは、中に出したものを「ごくっ。」と喉を鳴らせて飲み干すと「今度は下のお口に頂戴。」と言って寝室に連れて行かれると自分から足を拡げて「ここに入れてよ。」と誘われ俺は理性を無くして獣のようにマンコを突きまくっていた。そのまま、中に出して「佐織さん、好きだよ。」と言うと「佐織さんじゃないわよ。佐織って呼んでよ。」「私は人妻じゃないのよ。」「孝君のアレの虜になった女なんだから。」と言うと、思いっきり抱き締められて耳元で「私って、孝君なしに生きられないのかな?これって性奴隷?って言うんだよね。」と言われ、俺はまた激しくマンコを突きまくって中に発射した。
それから、佐織と付き合っている。
しばらくしてから知ったんだけど、佐織ってお嬢様だったのが大きな誤算だった。今は、俺の従順で絶対服従する女なんだけと。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
28才妻の隠し事

私は32才妻「ちぃ」28才の話です。 結婚して4年ほどたち子供は二人います。 転勤が多く妻との出会いも転勤先で派遣で働いていた妻をくどき結婚しました。 妻は160センチ50?ぐらい?で芸能人でいうと菅野美穂をポチャした感じでしょうか。 二年ほど付き合い結婚し…

no image
★やはり大きいのにはメロメロなんです

 去年の春に離婚、子供なし今33歳。一人暮らし始めた夏の日にお風呂した後に、明日にいる書類に気づき、コピーしにコンビニに行ったとき面倒だったから、タンクトップワンピ1枚で行きました。 それから夜の露出が病み付きになり、だんだん大胆になってしまい最近ではミニのキャミソール1枚で、外を歩き回ることもありました。最近少し夜は肌寒くなってきたので、テニスにミニスカートに肩と胸元まで開いたシャツのみで歩き回

no image
N君とのエロい話 その?

もう10年近く経つのに忘れられない人(というかエッチ)があります。カキコさせていただいていいですか?(スレ汚しになってしまうかと思いますが…)その頃私は一応大学生という肩書きはありましたが、遊ぶことに夢中でほとんど登校していませんでした。大学へは、自宅から…

no image
29歳の妻は48歳の男と不して俺にもしたことのない口内発射まで・・・

29歳の妻は48歳の男と不倫していた。俺35、妻29、結婚9年目。友人の紹介で付き合い始めて2年で結婚しました。ここ2年ほど、俺が誘ってものってこない、いわゆるセックスレスでした。結果的には2年間妻は他の男とセックスしてたわけです。相手の男は48歳。会社の社長で、サイトで見つけたそうです。最初はいくらかのお金をもらって会ってたんですが、3回目くらいからは妻もセックス目当てで会ってたそうです。この社長かなり上手い

no image
テント

屋外測定調査のために寝泊まり用テントが必要になった学校に4人用のテントがいくつかあるとのことで、貸してもらうことになったテントなどの備品担当は未婚の佐々木先生だった佐々木先生は誰もが憧れる25歳の女性の教師です背も高く、スレンダーなスタイルは伊藤美咲に似…

no image
★「いい事してあげるから許して」と女先輩が・・

 高1の夏休みに休みの間だけバイトしていた。その中で、女先輩と仲良くなった。A先輩(高3・髪は染めてない長髪)B先輩(高2・明るい茶髪・セミロング)その日は、B先輩の家に行く事になっていた。一緒に宿題をして、分からないなら教えてあげるという事で、A先輩は登校日なので、帰りの途中に来るという事だった。  最初はB先輩と宿題をしていた。一時間ぐらい後にA先輩が来た。A先輩の制服姿は初めてだった。(バイ

no image
義姉さん

家で一緒に呑んでいた義姉が、酔い潰れて座卓にうつ伏せで寝てしまった。義姉を抱きかかえて、畳に並べた座布団に寝かせる。抱いた時の、義姉の豊満なオッパイの感触が とてもいい感じだった。座布団に仰向けに寝かせても、まだ俺に掴まっていた義姉を抱いてふざけ半分でシ…

no image
★アエギ声を抑えてマッサージを受けました

 そこは先生が一人だけの小さなトコロ。お客さんも誰も居ませんでした。下着は取るように言われ、着替えてみると、白い薄手の診察服はウッスラと私の乳首とアソコの毛が見えます。私は恥ずかしくって、手で隠すように前かがみになって先生のトコロへ行きました。すると先生はそれに気づいてくれたようで、スグに診察台でうつぶせになるよう言ってくれました。 先生は優しく肩を揉みながら「すごく凝ってるね。肩から腰を中心に揉

no image
★オヤジにとうとう体を許してしまいました

 入社以来しつこく食事とか、ドライブに行こうと誘ってくるオヤジが居るんです。もちろん、オヤジと食事など行く気もないので体よく断ってましたしかし、何度も断っているとだんだんにオヤジの後輩達が私に仕事上で辛くあたるようになりました。オヤジの命令だと思いますが、証明できるものはなく、だんだんに私は追い詰められて行きました。 安易に会社を辞める事もできないので、だんだんに一回くらいならと思うようになりまし

no image
混浴温泉での出来事

1.露天風呂1回戦私は良(39歳)、妻は智美(34歳)、結婚10周年の記念に妻と二人、恋人時代のようにイチャイチャしてSEXもいっぱい楽しむために、九州の混浴温泉旅行に行きました。ホテルの部屋に着くと私たちは夕食前に露天風呂を楽しもうと決めていましたので、二…