エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

生保レディとセフレ契約(愛欲の健康診断編)4

   

24 11月

2015年11月24日 14:05

カテゴリ

生保レディとセフレ契約(愛欲の健康診断編)4

俺は硝煙の匂いと微かな煙が漂っているピストルを鞄にしまった。
薬莢をポケットにしまい込み、俺の痕跡を消す事にした。
ベッドのシーツに落ちた髪の毛を集めてはポケットにしまう。
アイスペールに湯とインスタントコーヒーを混ぜ、由香の身体に浴びせ次に冷蔵庫からウィスキーの小瓶を取り出し由香のチンポにかける。
そしてジュースやビールを部屋中にぶちまけ、触ったと思われる箇所の指紋を拭いて回った。
最後に窓を開け、飛び降りる事が出来るのを確認すると俺はタバコに火を点した。ゆっくりと肺の奥まで吸い込むと由香の身体でタバコを消す。
消した後のタバコをポケットにしまい込み、由香の身体に蒲団をかけた。そして由香の服と蒲団と枕に火をつける…火はゆっくりと燃え出した。

「アディオス」

両手にタオルを巻いた俺は窓の縁に乗り出し、俺の鞄と由香の靴を詰めた彼女の鞄をほうり投げた。尻穴がズキッと痛むが我慢して飛び降りた。
ゆっくりと立ち上がると俺はそっとその場所を離れた。

次の日の朝刊にはホテル火災と男性客の死亡記事が紙面に出たが、不審な点がかなりあるとだけ書いていた。
しばらくして由香の代理の担当者が俺の所に来たが、由香が休職しているとだけ告げて契約書を持ってきただけだった。

それ以降は疑われる事もなく、俺もソッチの道に進む事もなく平穏に過ごしている。

[完]

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
北海道

20歳の学生です。1月に大学の友人と北海道にスキー旅行へ行きました。参加は、女性3人、男性6人。私以外の女の子は彼氏と一緒です。フリーの女は私だけ。でも、残りの男性3人に囲まれてメチャご機嫌な旅行でした。初日。ホテルで夕食を取った後、カップルはバラけて。…

no image
★タイ式マッサージの体験談

 先日タイ式マッサージの出張を呼びました。家に来てもらうのは怖いので待ち合わせをしてホテルに行きました。お金がないのでラブホです。なんかとってもやさしそうだったので安心はしましたが、やっぱり男性と二人でラブホに入るのはドキドキです。 タイの話など聞きながら古式マッサージを1時間ほど受け、やっぱり普通のマッサージなんだと思っていましたが、オイルマッサージが始まり気持ちよくてうっとりしていました。

no image
夢のような体験

俺は愛○県の岡○市というところに住んでいます。仕事場は遠く、中心部に働きに行ってます。かなり遠くてうんざりします。そんな俺の楽しみは風俗に行くことでした。いつもは繁華街の風俗店を転々としていたのですが、その日は残業で遅くなり、なんとなくムラムラしてて風俗…

no image
千佳のママ

夏休みのある日。用事があって 家庭教師先の生徒の千佳の家に行き 玄関の鍵がかかってないドアを開けると リビングの方から 女性の悲鳴ぽい声が聞こえた。自分は 急いでリビングを そっと覗くと 千佳のママの仁美さんが ホームステイをしている 黒人のジョンとソファーで抱…

no image
念願の3P-2

1ラウンド終わり、休憩です。美奈子はシャワーを浴びにバスルームへ。射精1回終えた裕二と2回の私は興奮も一段落し、バスローブを羽織ってソファーでビールを飲んでいました。裕二:「こんなこと何回かやってんの?」私:「いいや、願望だけはあったけど美奈子がOKしないんで…

no image
陸上部だった彼女

大学出たてだった俺は、フリーター状態だった。バイト以外では特に打ち込むものもなく、前略恋愛プロフィールで、女をあさるのが趣味と化していた。はじめの一年間はサクラに騙されすっぽかし食らうこともあったが、あとは手慣れたもの。サクラをかぎわけ、若い娘やら熟女や…

no image
★妻に痴漢される行為を期待する俺

 昨日、私も妻も別々の飲み会あり、私は飲み会が終わり駅に向かいホームに行くと妻を発見、妻は、身長155 上から83(Bカップ)53 84で今日は、フレアースカートのミニでブラウスにジャケットの格好、歳は、32ですがもっと若く見られます。 妻は、よく痴漢に合う様で1日に3回あっこともあり、いつも複数でよくスットキングをデンセンさられいつも、愚痴をいっている。私が、言うのも変ですが妻は、美人でよくナンパさ

no image
夫の悪戯

あんな恥ずかしい出来事から、2週間も過ぎた時でしょうか?お盆を向かえ、夫の実家に帰省する事になりました。夫の実家は、車で小2時間程走った海沿いの小さな町にあり、お盆ともなれば多くの親戚が集まるんです。朝、出かける支度をしていると夫が部屋に入って来ました。夫…

no image
想い出のおばさん(友達の母)

あれは10年ほど前の出来事でした。当時僕は小学6年生でした。小学3年生頃から仲の良かった友達Y太の家によく遊びに行ってました。Y太の母親は特別に美人ってことでもなかったのですが、俺の母親よりも上品で優しそうなおばさんでした。おばさんといっても当時は32、3歳ぐら…

no image
天国と地獄

ピンサロで仕切りが無く隣が丸見えってよくあるんですが、こないだ行った店もそんな感じで、待合室にいる奴みながらこいつよりかわいい子つくようにお互い願ってる訳ですが、結果から言うと完敗、なんかそいつについた子、今日入ったなんとかです、とか言ってめちゃくちゃか…