エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

夫婦仲にひびが入っている人妻との浮気

   

21 11月

2015年11月21日 07:05

カテゴリ

夫婦仲にひびが入っている人妻との浮気

俺は今49歳の人妻と付き合っている。パートに来ている女だ。決して美人ではない。かといってあばずれたところなど全くない。地味な女だ。お化粧もほとんどしておらず、着ている服も普段着同様。そんな女とそんな関係になったのは、彼女はバスで通勤しており、その日は突然大雨が降って来て、バス待ちをしている彼女を俺の車で送って行ってあげることにした。お礼にコーヒーでも御馳走しますというので、甘えることにした。
以前からその女は夫婦仲が悪く、一緒に夫と暮らしておらず、実家から通っているという話は職場の人から聞いていた。コーヒーを飲んでいる時、その話に触れると涙を流し始めた。お店の中で泣かれると俺も困ってしまって、とりあえず車に戻った。外は益々雨脚が強くなって来た。しばらく車の中で様子を見ることにして車の中で話をした。ずいぶんと悩んでいるようだ。俺は彼女の座っている助手席を倒し、覆いかぶさるようにしてキスをした。一瞬抵抗したようだが構わずキスを続けるともう抵抗などしなくなった。舌を入れると入れ返して来た。これは相当飢えているなと感じ、服の上から胸を揉んだ。目を閉じてじっとしている。調子に乗った俺は、片手を彼女が穿いているスカートの上から秘部の辺りを撫ぜて見た。するとこらえていたものが一度に堰を切ったように喘ぎ声を出し始めた。もう落ちたと思った俺は着ていたセーターをたくし揚げ、ブラジャーだけにした。
なんの色気もない白の普通のものをしているが相当胸は大きい。スカートもホックを外し、足元に落とした。これまた白の綿のパンティーだった。パンティーの上から陰毛の黒いのが透けて見えた。好運なことに雨脚が強く外からは全く見えない。それも彼女は少し助かっているんだと思った。俺は急いでズボンとシャツを脱ぎ、トランクス一枚になった。彼女の片手を俺の股間に導いた。最初は手を引こうとしたがそれを停めるとしばらく俺のペニスがあるところに置いたままだったが、もうはちきれんばかりに勃起して俺の一物を握って来た。彼女は起き上がると俺を眼であおむけになるように言った。そしてぱくりと口にくわえてくれた。それからは見事な飢えを凌いでいるかのようなフェラをしてくれた。がまん出来ず、俺は射精する旨を伝えた。彼女はよりバキュームのように吸いつくように根元まで飲み込むかの様に吸った。そして射精。終わった俺は彼女を全裸にして両脚を肩にかつぐと彼女のおまんこもアナルも丸見えになった。しばらく俺はそれをじっと見つめた。そして言った。
「もうすっかり準備が出来ているね。どうしてほしいの?俺のペニスを突っ込んでほしいのか?それとも舐めてほしいのか?どっちなんだ?」と聞くとどっちもして・・・。お願。気持ちよくして・・。もう随分とご無沙汰なんです。して・・・」と後はもう声を抑えることなくわめくかのように悶えっまくった彼女だった。翌日職場で彼女に会うと意味ありげな笑いをしながら人目を避けるようにそっとズボンのうえから俺のペニスを握って来た。それからは俺の好きなように車の中でフェラをさせて、カーセックスをしている。セックスに男に飢えた女は火がつくとなかなかのものだ。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
義理の兄との秘密9

その後の兄と私はさらに大胆になり、姉が家に居ても、ちょっと姿が見えなくなると、キスをしたり、触り合ったり、お風呂なんかでちょっと長い時間かかる時は、中途半端に挿入までいったりもしました、その時は必ずオナしないと寝れなくて、オナもたくさんしました。休みの日…

no image
管理人さんへ 早く規制強化を!!

下記の「関係ない書き込みを削除して」に大賛成です。監視・削除が大変で出来ないならNGワードを設定して書き込めなくすればいいじゃないですか。まずhttp://で始まるURLなんて体験談に必要ありません。メール下さい、メールしませんか、なども特定の目的以外使わない言…

no image
★息子の友達と禁断の恋を

 初めての投稿で、皆さんに読んで頂けるか心配ですが、告白致します。私は、43歳 私の彼は、息子の友達の嘉人君17歳です。彼の事は、小学生から息子と仲良く知っておりましたが、彼と付き合うきっかけは、私と同じスーパーでアルバイトで働き始めてからです。 彼はとても真面目に仕事する青年で、関心していました。彼の初めてのお給料の日に、私にお世話になったからと、お礼がしたいと相談されました。私は、もちろん断り

no image
熟体験

俺の人生初の熟体験。あれは高2の夏休み両親はどちらも出張、兄貴は 友達と旅行でいなくて晩飯は父さんの妹である叔母さんの家で食べなさい ってことになってた。叔母さんは当時38歳バツ1子供2。夕方叔母さんの 家に出かけ、すき焼きをごちそうになった。おばさんは当時…

no image
ユサユサ

5年ぐらい前、俺は地方のホテルのフロント係をしていた。ホテルといっても名前だけで、旅館に近い所だった。男の俺は夕方出勤し朝帰る、いわゆる夜勤ばかりしていた。そんな俺も、た~まに朝出勤し夜退社する日勤に入ることもあった。そんな時は、後輩を連れてメシをj食うと…

no image
大学生の甥と嫁のプライベートレッスン

嫁の明子とは結婚して20年経つ。俺が25歳で嫁が22歳の時に、いわゆるできちゃった婚で一緒になった。今時は、授かり婚などと呼ぶらしいが、その言い方は違和感があって嫌いだ。出会いは、俺が彼女のバイト先のカフェによく行っていたことがきっかけで、アナウンサーの田中み…

no image
鬱病の功名

まず初めに、これはネタじゃなくてマジ話ね。同じ部署に前から狙ってる女が居た。俺だけじゃなくて、かなり多くの男が狙ってた。そいつが、かなりの美形だから。沖縄出身で、ウェーブのかかったセミロングの髪に目鼻のくっきりした顔立ちちょうど比嘉愛未という女優のような…

no image
鬼神現る。でもおかん最強。

俺が経験した思春期の修羅場です。親父が何処かで浮気したらしくて、相手が家まで乗り込んできた事があった。まじで怖い。鬼神のごとくだ。玄関をすり抜けると、台所の包丁とまな板を持って居間でくつろぐ親父の元へ。「きえぇぇぇぇぇ!」と奇声を上げながら包丁かとおもい…

no image
★暇つぶしに健康マッサージを体験

 先日のこと、一杯飲んでバスで帰宅する途中、間違えて大分前の停留所で降りてしまった。時刻表を見ると次の発車までは50分もある。仕方なく暇つぶしのため、ぶらぶらしていたら、正面のビル2階に健康マッサージの看板が目に入った。 何となく疲れていたので、ちょっと身体でもほぐして帰ろうと思い、入ってみた。60過ぎくらいのママさんらしき人が受付にいたので、料金を聞くと、最低40分で8000円だという。若い子が

no image
★従妹はいい女になり性欲が

 墓地に向かう途中、小さな川のほとりを100mくらい歩いた。そこには無数の曼珠沙華が真っ赤に咲いていた。従妹の真紀と手を繋いで曼珠沙華に囲まれて歩いた。盆と正月と春秋の彼岸、年に4回会う真紀ちゃんは2歳年下、俺をお兄ちゃんと呼んで慕っていた。いつも一緒にお風呂に入り、本家の2階で仲良く寝ていた。 でも、成長するにつれあまり本家に泊まる事はなくなり、会うのは年1回、お盆だけになっていた。俺が東京にある大学