エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

獲物が現れた。

   

20 11月

2015年11月20日 20:05

カテゴリ

獲物が現れた。

俺は今、38歳の女性と変な関係を続けている。そのきっかけとなったのは、俺が会社を休みの日、暇にまかせて、近くの海辺で
釣りをしているとそこに軽四輪車が停まり、中から一人の女性が降りて来た。上は白のタンクトップでジーンズ姿、髪は肩までのロングヘヤー。次第に俺に近づいて来る。その薄いタンクトップからは下に付けている黒のブラジャーはくっきりと見える。かなりの胸の大きさで揺れている。ジーンズもかなりのローライズでおへそも十分見える状態。ぴったりとしたそのジーンズは
股間もかなり食い込んでいる。申し分ない体型である。年の頃530代かなと思った。
「なにしてるの?」とは?釣りをしているのはあきらかに誰でもわかるはず。俺は「暇をもてあそんでいて魚にでも相手してもらおうと思って・・・ね。」というと「私もそうなの。誰も相手してくれないから」と不用心な言葉。
「お互い暇人なんだね。よければ、今日一日俺と楽しむか?」と言うと「そうねえ、相手してくれるの?じゃあこれからどうする?」。俺は言った「今日は暑くなりそうだし、涼しい部屋で汗でもかかない?気持ちいいし」と言うと「えっ、それって何するの?」「人間の本能に任せて、気持ちよくなろうよ」と俺は人差し指と中指の間に親指を入れて例のしぐさをした。
「えっ?それって・・・もしかしてエッチをするってこと?」と改めて聞いて来るから「決まっているじゃん。それって嫌い?
君のようなナイス・ボディーだとかなり楽しませてあげれると思うよ。」と俺はいきなり彼女を抱きしめてキスをした。
唇を離すと「あなたって、ずばりものを言う人ね。でもいままでに会ったことのない男ねと抱きついて来た。
俺は彼女の車の助手席に乗り「さあ、貴方の好きなところへレッッ・ゴーと言った。彼女は笑いながら運転席に乗った。
国道をしばらく走った。俺は隣で運転している彼女の胸を揉んだ。かなりのボリュームである。部屋に入った。俺は彼女のわずかな衣服を次々と脱がせ、最後の下着を取った。パンティーはブラとお揃いの黒のTバックを穿いていた。なんと彼女のそこには陰毛など全くなくツルツルだった。彼女は言った。「驚いた?ここはね、先日まで付き合っていた彼が剃ったの?彼、ここを舐めるのが好きで毛があると口に入るからといって、ずっとこの状態なの。でも別れたけどね。
かなり遊んでいるようだ。俺は「シャワーを浴びるか?」と聞くと「どうなの?貴方はシャワーを浴びた私を抱きたい?それとも汚れたままのほうがいい?」とかなりのどぎつい質問。俺は別に構わないよ。というとじゃあ、このままでいいか。
彼女は俺の前にしゃがみ俺のズボンのファスナーを下ろしズボンとブリーフを一気に足元に下ろした。勃起したペニスが彼女の顔の前に飛び出した。「あら、りっぱなチンポね。想像していた通りだわ、と言って片手で握りなんのためらいもなくパクリと咥えた。
上から見下ろして彼女のフェラをしているしぐさはかなり卑猥だ。俺は彼女によつんばになるようにいった。後ろから見る大きな二つのお尻の間からは陰毛がないので、その割れ目もパクリと開いてみえる。俺はそこに先っぽをあてがい一気に貫いた。
都合3回射精してホテルを出た。今度は俺が運転した。その間彼女はずっと片手を俺の股間において握ってくれていた。
俺の車があるところまで着いたころには辺りもすっかい暗くなり、それじゃあと別れようとすると「お別れにもう一度セックスしない?」と言われ、俺は彼女の車の外で両手を車に置かせて、立ちバックでした。それから俺の性欲処理女として今も付き合っている。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★エロを自由奔放に楽しんでいます

 先日の話。お友達夫婦の家に一人で遊びに行きました。楽しく遊んで、夜は飲みながら雑談をしていました。友達は常用している薬が眠くなる成分が入っているらしく、リビングで転寝をはじめました。 私と旦那さんはオープンキッチンで片づけを始めたのですが、急に旦那さんが「ねえ、こういうのって燃えるんじゃない?」と私のお尻をモミだしました。普通のエッチなら飽きる程やっているし、彼氏もいるので断ったかも知れませんが

no image
家庭教師

俺の名前は、R。この話は俺が中学3年生の頃の初体験の話。「今年は受験があるから。」とか言って親が俺に家庭教師をつけたんだ。実際めんどくさいから俺は反対したけど、却下されて結局家庭教師をつける事になった。「鬼みたいに勉強させる人だったらどうしよう。」とか、「…

no image
バカ女にネバネバ粘液を

この前、名古屋の金山に在る「A熱帯」ってマンキで働いている女とオマンコしてやった。顔はまあまあだが、仕事中に他の店員と下らない話をくっちゃべっているバカ女だ。俺はこいつを都合のいい便所女にしてやっているのだ。一発目は正常位でチンボをハメて、頭をわしづかみ…

no image
大人のおもちゃ~アリサ~

 俺達2人は、週末を利用して、福原に遊びに来ていました。 お目当ては、本番なしのヘルス店です。 中でもアリサちゃん(仮名)という風俗嬢に2人とも夢中になっていました。   店には、2人組だという事は知らせないで、それぞれが同じ時間帯にアリサちゃんを指名し…

no image
★バター犬になりますと投稿してみた

 先々週の木曜日、休みで暇だったので、人妻.NETに「貴女のバター犬になります」と投稿しました。メールが来るとは思っても居なかったのですが、夕方になって一通の知らないアドレスからのメールが届きました。「どんなことするの?」『バター犬ですから、貴女の全てを舐めつくします』「お金かかるの」『趣味ですから当然無料でご奉仕します』「そんなことして何が楽しいの?」『女性の喜ぶ顔を見るのが好きなのです』

no image
少女の花びら ?

"『 第一章 美少女との出会い 』、♪?「さくら♪ さくら♪・・・」とスピカーから流れる歌を聴きながら俺は桜名所の或公園に来ている桜木の周りは我こそが先と陣取りゲームを遣るようにシートを敷き場所取りをしているサラリーマン風の人達がいるふと、上を見上げると桜…

no image
貴子豚のないしょのおはなし

はじめまして貴子豚と申します。いままで、別の所で私のマゾっぷりを書かせて頂いていましたが、エッチなブログを書くには規制が強すぎて微妙だったので、こちらに引っ越してきました。すこし検索したら結構エッチなブログもあったからいけそうかな?って思います。とりあえ…

no image
全裸にハンドタオル一丁で河原に登場!

それは、4年くらい前の秋のある日でした、私は、バイク仲間二人(一人は♀)とともに、群馬のある露天風呂に出かけました。林道の入り口に頑丈なゲートがあって、車両の通行は出来ません温泉へ行くにはバイクを置いて、少し歩かなければなりません。どうやら先客がいるようで…

no image
小学校で男性社員に下半身を攻められた話

もう10年も前の頃のことだけど路上痴漢?から始まった不思議な関係について語るよ!私が高校2年の時高校と言っても定時制だったんだけど学校は夕方6時から夜9時までの3時間で4年間だった定時制だからクラスには歳が何個かはなれてる人もいた不良っぽいのとかヒキとかい…

no image
★敏感な女とのSEXは楽しい

 女と同棲してるんですが、異常なまでの敏感な体の持ち主でキスだけで崩れ落ち、乳首いじるだけで逝ってしまう。顔もきれいだし、セックスも面白いし、そこそこ家事もするそんなある夜、女の友達がお酒をもって俺のアパートにやってきたんです。 俺の女はお酒はまったく飲めない。ビール一杯で寝てしまう・・嫉妬深い女でもあるので、きやすくその友達とも話せない。邪魔者は寝てもらおうと、ビール一杯ぐらいのめやと飲めないお