エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★酒癖が悪い女房とヤクザとの話

   

.
.
.
.
.
2015/11/20(金)
 俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレと言うか奴隷なのかも知れんが・・

 もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもしていないのだが、10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。(詳しいことは女房も知らんらしいが・・)
 女房は酒好きでだらしがない。酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10年前にとあるスナックで飲んでてそこにヤクザも飲みに来ていた。

 残念ながら女房の乳は、ここのスレに出てくる女性のようにIカップほどの爆乳ではないが、そこそこ乳はでかくて今は太ったのでGカップ。(10年前のピルと年のせいで太ったと思われる)当時はFカップのスレンダー巨乳だった。(T166、B100、アンダー75 今現在のサイズ)

 昔から大酒くらいの女房だったが、顔もスタイルも悪くないために結構男からは人気があった。ただしベロンベロンにならなければの話だ。ひどく酔っ払うと大抵の男は引いてしまうくらいにだらしがない。素面のときとは正反対になる。

 女房は何時もの様に居酒屋で女友達と飲んで、何時ものスナックに行くのがパターンだった。ほろ酔い気分で飲んでいたら、カウンターの一つ空けて座っていた。最初は関係のない人なので気にせずにカウンターのホステスやマスターと話をしていた。

 2時間も飲んで酔ってハイテンションになってきた頃、ヤクザが話かけてきたそうだ。ヤクザには見えなかったらしいのだが、今一苦手な顔だったのであまり話はしたくなかったそうなのだが、しつこく話しかけてくるので無視するのも何かと思って話に付き合ったのだ。

 時間は深夜0時を過ぎていたので、帰ろうと思っていたらしいのだがなかなか話を切る切っ掛けがなく、ズルズル…と深夜の2時を過ぎてしまっていた。幸い次の日は土曜日なので”まあ、いいか”って感じで話に付き合っていた。女房は酒癖はよくはないせいか、それまでお持ち帰りをされた事はなかった。

 2時を過ぎると客はパラパラと帰っていって、女房とヤクザと他の客の3組だけになった。限がないので、女房は酔っ払いながらも店を出た。ヤクザは女房と未だ飲みたかったらしく、”もう帰っちゃうの?”と引き止めていた。

 女房は予定が在るからと強引に会計を済ませて店を出たのだが、ヤクザも会計をして店を出た女房を追っかけてきた。”私帰るから!”と言っても聞かず、強引に付いてきて”おごるからもう一軒行こう!”としつこかったらしい。

 その日は女房は酔ってはいたが、何時もほど酷くはなかったらしいのだが、しつこいので小さい小料理屋に行って飲むことにした。おごりだから我慢しようと思ったらしいのだ。その小料理屋は朝の6時くらいまでやってるらしく、そのヤクザの行き着けの店だったようだ。

 そこで4時を過ぎた頃には女房もベロンベロンになっていた。ヤクザがしつこく飲め飲めと進めるのでしかたなく飲まされたからだ。下心がミエミエなので早く帰りたかったらしいのだが、なかなか返してくれず4時を回ってしまった。

 女房はそろそろ帰ろうと告げ、最後の一杯だけって事になった。長い時間飲んでいたのでトイレに行きたくなりトイレで用を済ませ、最後の一杯を飲んだ。それから20分も過ぎた頃、帰ることになり二人は店を出た。女房はやっと帰れるとホットしたらしいのだが、今度は家まで送っていくとしつこく付いてきた。

 酔っ払いながらも、ヤバイと思った女房は逃げようとするが酔っていて走ることが出来ない。”お願いだから付いてこないで下さい!”と言ったらしいのだが、そんな台詞は全く無視して付いてくる。歩いて5分もすると近くには小さなラブホテルがあった。

 そしたらいきなりヤクザが女房に抱きついてきた。驚いた女房は固まってしまった。声を出そうとしたが朝の5時近かったので、周りには誰も人が居ない。当時の女房は彼氏が居たので、止めてくれを言ったがそんな事をヤクザは聞くはずもない。

 誰も居ない外で声を出し助けを求めようと声を出し口をキスで塞がれてしまった。ラブホの近くのブロックの壁に押し付けられて乳やアソコを弄られ始めた。彼氏が居るので抵抗したが、直ぐに体が熱くなり始めた。どうやらトイレに入ってる間に何か薬を入れられたらしい。

 それと酒の酔いが効いてきたのだろう。(薬と酒の酔いがブレンドしたのだと思われる)乳とアソコを弄られ女房は直ぐに感じ始めたそうだ。あっと言う間にパンツはぐしょ濡れになってしまい、抵抗が弱まってしまった。更に指を入れられるともう抵抗をする事が不可能になってしまった。

 5分ほど指入れをされてアソコは洪水状態になり、女房は抵抗を諦めた。そして、近くのラブホに連れ込まれてしまった。体がセックスをしたくて堪らなくなったのだ。ヤクザは素早く部屋を選択し金を払い女房は部屋に連れ込まれた。

 あっと言う間に服を脱がされ、ねちっこくセックスされてしまった。口では嫌々言ってはいるが、薬と酒で感じまくって体は全く抵抗していなかった。後で知ったらしいのだが、最後の一杯には女房がトイレに入ってる間に強力な催淫剤を入れていたのだ。

 挿入してから30分もしてヤクザは果てた。ビストン運動が激しくなり、フィニッシュが近いと知った女房は”中には出さないでー!!”と言ったらしいのだが、そんな台詞は無視し足をがっちりと掴み中出しされてしまった。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 社会人の体験談 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★JKと1泊旅行した夜の話

 社会人一年目だった2年前の夏。その時付き合ってた高3の彼女と仙台に1泊の旅行に行きました。5月に付き合い出してから、それまで、まだキスもしてなかったけど、夏休みに旅行しよってことで2人で話してて。夕方に向こうに着いて、宿って言っても普通のビジネスホテルだけどツインを予約してて、荷物置いてから街中をぶらぶらして。 ホテルでテレビ見ながら夕飯食べたいって言うからコンビにでお弁当買って。食べ終わって、

no image
★下の処理をお手伝いしましょうか

 私は25歳から3年間結婚していた元妻と10年後に復縁しました。今、復縁して3年目、私40歳、妻36歳です。離婚理由は私の浮気です。元妻が娘を妊娠したとき、アルバイトの女子大生と浮気してしまいました。子育てで忙しい元妻を放っておいて、女子大生とエッチなお遊戯をしていたら、いつの間にか興信所の調査が入っていました。 女子大生にも慰謝料の請求がいってしまい、当然離婚、女子大生とも別れました。その後は堕落した生活

no image
★プランナーさんに挿入できましたが

 式場回りをしていて某ホテルウエディングの式場へ足を運んだ。プランナーのLさんは色白ですごくタイプの子だった。式をしたあと、夜に良い部屋に泊まれるのがウリだとLさんは言っていた。CMもやっているのでその印象を書いたりアンケートに答える。 Lさんは白の薄いブラウスを着ているのだがサイズが少し大きく、アンケートの説明で前にかがむと隙間から中のブラが見えそうになるので、目線がそっちに行ってしまう。横に式場を

no image
★私の自慢の巨根を褒めてくれた

 僕は現在37歳、妻とは同じ区役所勤務で公務員宿舎で生活をしています。妻は宮城県の仙台市で、牛タンの販売をしている会社の三人娘の次女で、あの有名な爆乳のタレント「叶姉妹」にそっくりで、伸長は160㎝でバストが90㎝もある、F型のボインなんです。 今から15年前に、区役所に入り僕は大学出で、妻は高校生から入所しました。5月の新入社員の歓迎会で隣合わせになり、余りのボインに目を奪われました。僕もお酒は

no image
★人には言えない匂いフェチ

 僕はお恥ずかしながらこの年で童貞なんでセンズリばかりしてます。今はブーツの匂いがおかずなのですが、姉のブーツの匂いにも慣れてしまったので、脱ぎたてのブーツの匂いが嗅ぎたくなり、チャットで募集してみました。 駅前のネカフェでブーツの匂い嗅ぐだけってことで相手には得する事しかないと思いましたが、なかなか来なくて困ってたら、1人きました。まだ学生さんでしたが、別に身体を触るわけではないので、会いました

no image
★飲むと勇気が沸きやっちゃいました

 とにかく、あの日は飲んだ飲んだ。ワインに始まってウイスキー、ウオツカ、テキーラ…泥酔以上、酩酊未満。最後は何が何だか分からなくなった。潰れてこそいないが、ほとんど意識がぶっ飛んだ状態。これから話すのは、飛び飛びの記憶を無理やりつなげて、状況証拠と関係者証言を加えた話だ。 気がつくとあたりは真っ暗。どこかは分からんが、とりあえず俺の部屋ではなさそうだ。俺はカーペットに胡坐をかき、低いテーブルに突っ

no image
★卒業旅行で良い事できました

 卒業旅行の話だが。専門学校を卒業してクラスの仲良し五人組(男2女3)で温泉旅行をした。後になって知ったことだが女の内の1人(Yとする)は俺に気があったとのことだった。皆かなりの量の酒を飲んでいたが、あまり酒の飲めない俺は甘いカクテルをちびちびなめていた。 夜2時を回ったくらいで女2人が部屋に戻り部屋には俺と寝てしまった男1人とYだけになった。 Yが「外の風に当たりたい」というので軽くふらついているY

no image
★こんなの入るのか・・と言われた過去話

 もう30年前になる。大学進学で田舎から東京に出てきた俺は、六畳一間のオンボロアパートで暮らし始めた。古い木造アパートだったが、風呂とトイレは付いていた。挨拶に行った隣の住人は、俺と同じ大学の女子学生だった。学部は違ったが同じ1年生で恭子といった。 特に美人ではなかったのが童貞の俺には幸いして、話しかけ易く、すぐに仲良くなった。話をしているうちに、お互い恋人いない歴=年齢と言うことが分かり、何となく

no image
★女性の派手な下着に目覚めて・・

 僕は現在21歳の社会人です。職業は新聞配達員をしていますが、将来的にはラーメン屋を経営したいと考えています。話は変わりますが、僕は女性の下着にすごく興味があります。はじめて女性の下着に目覚めたのは13歳の時でした。銭湯で落し物が入っている脱衣箱の中に、サイズの小さなお尻が半分見えてしまいそうなスキャンティーを見つけ、それを内緒で家へ持って帰ったのです。 興味本位に僕は親に見つからないように、自分の部

no image
★新規に来た年下の可愛い塾長との体験談

 自分:23歳(都内某M2)、19歳からバイト講師として在塾。斉藤さん:22歳(社会人1年目)、小柄でロリかわいい系(特に声が可愛い)今年のGWにあった出来事です。今年3月、僕が長年バイトしている塾に、ロリかわいい&年下の塾長がやってきました。それまでの塾長が30代 or 40代の男性だったこともあり、まさかの女性、しかもタイプの子がやって来たのは嬉しい驚きでした。  といっても、そこは主従関係…。特に何がある訳でもな