エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

後輩にテコキされ・・潮吹き

   

19 11月

2015年11月19日 01:05

カテゴリ

後輩にテコキされ・・潮吹き

俺は剣道部に入っていた
部活の帰り道、たまたま部活の後輩の舞に会った
俺はそのとき、右手中指を骨折して、ギブスで固定していた
舞「あ、先輩。手、大丈夫ですか?」
俺「まぁ痛いけど、大丈夫かな」
そのまま、俺は舞と話しながら帰っていた
話題が尽きたころ、舞が突然
舞「その手じゃオナニーできませんね(笑)」
といってきた
俺はびっくりして
俺「え?」
としか返せなかった
舞「あたしが、テコキしてあげましょうか?」
俺「な・・・」
舞「どうします?」
舞は、上目遣いで俺を見てきた
俺「じゃあ、頼む」
舞「じゃ、あたしの家で」
そのまま何も話せず、舞の家に行った
舞の部屋はかわいらしく、いかにも女子高生の部屋らしかった
舞「じゃ、そこのいすに座ってください」
俺は言われるがまま、いすに座った
舞「じゃ、ぬがしますね」
舞はズボンを一番下まで下ろした
俺はもうすでにビンビンになっていた
舞「あはは♪もうビンビンですねwあたし、ちんちん大好きです。男のリモコンって感じじゃないですか?これ握っとけば男を操れる、みたいなw」

そのとき、急に舞は俺の金玉を強く握った
俺「ん!」
俺が声にならない声を上げると、舞は手の力を緩めて言った
舞「先輩、私の命令に従ってください。じゃなきゃ金玉つぶしますw」
俺はどうしようもなく従い、体をいすに縛り付けられた
舞「乱暴してすいません。ただ、暴れられたら困るので・・・」
俺「暴れる・・?」
舞「はい。今から潮吹きさせちゃうのでw」
俺「・・・え?」
舞「だから、潮吹きです。いった後も亀頭を中心に攻めるんです。私が満足するまで潮を吹いてもらいます」
俺「な・・・」
舞「じゃ、始めちゃいますね」
舞はそういうと、いきなり超高速でテコキを始めた
俺「ん・・・んん!」
つらさと気持ちよさが絡まったような感覚で、俺は変な声を出す
シコシコシコシコ
舞はかなり速いペースでテコキを続ける
舞「メインは逝ったあとなので、さっさと逝っちゃってください、先輩」
舞はそういうと、さらにペースを速めた
俺「ん・・・・・・・・ぁ・・・」
俺もかなり感じてきてしまい、声が漏れる
俺「あっ・・ん・・ぁあ・・」
かなり高速でされてるのに、すごく気持ちよく感じる
シコシコシコシコ
舞「気持ちいいですか?逝っちゃっていいですよ」
そういうと、舞はもっと早くし始めた
俺「あっっっっ!!んんんんんん」
シコシコシコシコシコシコ
舞「じゃ、逝かせちゃいますね〜w」
そういうと、あろうことかテコキがさらに早くなった
俺「ああああああああああああああああ ん!!」
逝ってしまった
でも、手はまったく休まらず、そのペースで亀頭を攻める
俺「あああああ・・ガッ・・んん」
俺は奇声を上げるが、手はまったくとまらない
舞「どうです?先輩。気持ちいですか?」
俺「んんんんん・・・もう・・・や・・・めて・・・」
舞「いやです♪ここからが本番ですよ」
舞はそういうと、テコキをやめ、右手をパーにして亀頭をこすり始めた
俺「んああああああああああああああああああああああああ!!!!!」
舞「これ、効くでしょ?男って、潮吹きさせるとすっごい苦しそうにするんですよね、だから、あたし男だぁーいすき♪」
俺「んあ!」
俺透明の液体を出した
舞「あはは♪潮吹いたねま、やめないけど♪」
そういって舞はまだ亀頭をこすり続ける
俺「んああああああああああ・・・もう・・・無理・・・」
舞「無理じゃないです♪全然いけますよ」
俺「いや・・・、もう・・んんん」
舞「あはは、がんばって」
舞はそういうと、さらに早くこすり始めた
俺「あああああああああ」
また潮を吹いた
舞「また吹きましたね♪でも、これからが地獄ですよ」
俺「もうやめてええええええええ」
俺は泣き叫んだ
舞「あはは♪やめません♪」
俺「んんんんんんんんんん」
潮をどんどん吹く
舞「あはは、さっきから吹きっぱなしですよ。」
俺「もう・・・無理だって・・」
舞「大丈夫です♪」
俺「いや・・・死ぬ」
舞「死んでもいいのであたしを楽しませてください」
潮吹きは一度とまったが、また吹き出す
もう壊れてるような感じだった
俺「壊れる・・・」
舞「あとちょっとです!」
俺「んんんんんんんんんんん」
最後、大量に潮を吹いて、俺は失神した
舞「お疲れ様でした。楽しかったですよ♪」

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image

俺には4つ下の妹がいます。我が家は団地だったので部屋数がないので、妹と同じ部屋でした。けっこう長いこと同じ布団で寝ていた記憶があります。妹とは歳が離れてるせいもあり、喧嘩などはした記憶もほとんどない。喧嘩になる要素がないといったほうがいい。妹の裸なんか毎日…

no image
びっくりしたこと2

「ゆずか[名前を名字に代用]、お前委員会に入ってないのに帰るの遅くねーか?」ゆずかの顔が赤いことにふと気づく。「どうした?熱があるのか?」ゆずかは黙って首を横に振る。「もしかして好きな人でも思っているのか?」ゆずかはぴくっと体が震えて、今度は首を縦に振っ…

no image
少女の花びら ?

"『 第七章 美少女の野外性処理 』、「えっ 何だって 本当ですか 教頭先生 」教頭は俺の肩に手をやり「期待しているよ ははっ」と教室を出て行った情報化時代の波に乗り遅れない為にも来週から全校児童にパソコンを教える事になり昼前出勤が朝の一時間目から仕事をし…

no image
同級生の女の子??女の子説明?

ある日 俺(龍司)と光と剛志の三人で俺の家に集まってある作戦を実行しようと企んでいた。午後1:00あらかじめ家へ招待していた女の子三人が我が家のインターホンを鳴らす。今回の作戦はこの子たちに悪戯をしようという計画だ。わざと2,3度インターホンを鳴らさせた…

no image
★後輩マネージャーが先輩のオモチャに

 俺はサッカー部だったんだけど、マネージャーの一人にほれてたのね。一個下の学年で、「センパイ」って呼ばれるだけでカウパー出るくらいの刺激があった。ある日、練習無い日に部室のロッカー片付けようといってみたらその子がいた。運命的?とか思って、ノリに任せて告白したら、嬉しいですって!  でもイエスorノー的な返事なく彼女は授業あるんで、ってまた電話しますと言って出てった。次の夜、電話が本当にあって、普通に

no image
純子

1987年9月号  家に誰もいない日のこと、私の家の二階の窓からは高校が見えるの。もちろん授業中なのよ。 その日はカゼで熱出してねてたんだけど、すぐ近くの高校をながめてたら、こっち見てる男の人がいたの。パジャマ姿だったから、恥ずかしくてふとんの中にもぐりこんじ…

no image
★兄嫁に逝かせてもらいました

 春休みに兄嫁だけが幼稚園児の女の子を連れて帰省して来た。兄貴は当然仕事で 長く休暇を取れないらしい。今日の午後、母が孫を連れて、デパートに買い物 に出かけた。俺は春休みで毎日ぶらぶらしているが、今日は兄嫁が珍しく、色々と話しかけて来た。兄が仕事熱心なのはいいが、子供にも、自分にもさっぱりかまってくれないので、最近は少しいらいらしている。 「何か刺激が欲しい。」と俺の顔を真面目に見ていたので、「今度

no image
★なんと高齢の妻が団体客たちに

 熟年の夫婦です。妻と温泉へ行くと慰安旅行の団体客が来ていました。あまり行儀の良くない男たちに見え、近くに寄りたくないと思い妻にも注意をすると、大丈夫よ心配し過ぎよ・・みなテンションが上がってるのよ旅行だからと、気にもしない様子でした。 食事も終わり何もする事もなく、あまり得意ではないカラオケへ・・行くと何組が順番待ちの様で、諦めて戻ろうとすると奥さん奥さん一緒にどうですか?の声が、見ると先ほどの

no image
出会い系で出会った変態ポチャ女でフルボッキしてしまった

エロ系SNSでまんま渡辺直美と変態プレイしてしまった件顔写メ送らないしもっと警戒すればよかった・・・メッセと電話でノリノリになりすぎたのが不味かった・・・ブスなのに痴女系で予約してた個室居酒屋とかで積極的に股間触ってくるしM気のある俺には耐えられなかったよお…

no image
★いい体の人妻とのSEXは燃えに燃えました

 初回の合コンより、私達は月に1度ほど飲み会を開いており、2月ほどたったある日、合コンに参加したKからペアさんの32歳の真澄さんとついに関係を持ったと告白された。私は恵子さんと関係を持っていることは誰にも告白していなかった。真澄さんは童顔でスリムな体にバストが目立つ女性で、結婚7年目であるがまだ子供はいなかった。私は初回の合コンの時に1番気に入っていた女性である。 私達男性4人はKにその時の話を聞いていた