エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

普段は大人しい人妻が・・・

   

18 11月

2015年11月18日 03:05

カテゴリ

普段は大人しい人妻が・・・

俺は介護施設で事務長をしています。多くは中年のヘルパーとお年寄りばかりでときめくことはほとんどありません。
その中で50歳前のヘルパーのFさんは身長も150ちょっと位で肥り気味で日本人特有のお尻が大きなアンバランスな体格で
決して美人の部類ではなく、大人しいおばさんです。俺は45歳の妻帯者です。仕事柄話はよくしています。そんな時、仕事が夜9時頃までかかり、終わる頃は2人だけになりました。「今日は本当に疲れたね。すぐ帰らないといけないの?」と聞くと
Fさんは「夫が帰るのはいつも12時頃だから帰ってもしばらくはテレビを見ているだけです」と言うので、途中でコンビニで2人分のサンドイッチとジュースを買って、夜の河川敷きの公園までそれぞれの車に乗って行きました。。
Fさんは軽四輪、俺は8人乗りにワンボックスカーです。公園の駐車場について、Fさんは俺のワンボックスに来て後ろの座席に2人並んでサンドを食べました。食べ終わって横を向いてFさんの胸を見ると、着ているセーターの両方の胸の乳首がぽつんと盛り上がっているのを見て、触ってみたい衝動にかられてしまった。妻はスレンダーな女で裸にしてもほとんど胸のふくらみはない女です。Fさんを抱きしめて片方の胸を鷲掴みにすると彼女はびっくりした様子で「えっ?どうしたんですか?だめですよ。奥さんに叱られますよ。」と。俺は「もうそんなやきもちを焼く様な妻ではないし、Fさんのやわらかそうな胸は最高だよ」というやキスをしました。最初は顔を横に向けて拒否しているようでしたが、かまわず、舌を入れたりしていると全く抵抗することなくされるがままのようでした。俺の下半身が勃起していつのを感じ、Fさんのスカートの中に手を入れました。
少し腰を動かせて拒否しているようでしたが、かまわす奥に手を入れパンティーの感触を味わうと、俺は急いでズボンとトランクスを脱ぎ、Fさんに蔽いかぶさるように上に乗りました。シートを倒し、ベットのようにして、Fさんのパンティーを脱がせました。両脚の間に俺の身体を入れ、勃起したペニスをあてがうと運よく彼女の秘部にあたり一気に腰を沈めると、なんの抵抗もなくすんなりと奥まで挿入出来ました。Fさんの顔を見ると目を閉じて少し口を開いていました。
もう抵抗されることはないと確信した俺は「どう?このまま腰を動かせてもいい?」と聞くと彼女は黙ってうなずきました。
妻とセックスしたのはもう半月前位だったので、俺のペニスはいつになく元気でした。彼女の中もかなり濡れているのがよくわかり、腰を動かしているとぴちゃぴちゃと音が聞こえるくらいでした。射精感を感じ「気持ちいいよ。もう我慢できない。中に出してもいい?」と聞くと黙ってうなずきました。何度もなんども射精しました。終わった時は彼女はすっかり両脚を開きぐったりとしていました。彼女が「もう帰らなくては?」と言うので、改めてキスをすると今度は彼女も舌をからめて来ました。
別れ際に「Fさんとのセックスは最高だったよ。又・・こしたいな?」というと「・・・でもみつからないかしら?お互い家庭があるから・・・」と。俺は一度セックスした優越感から「もう、こんなことしたくないの?」と言うと「いじわるね。そんなこと聞いて・・・。すごくよかった」と言って自分の車に乗り込み帰って行きました。翌日職場で顔を合わすといつになく
親しみのある顔で「おはようございます」とだけ言った。その日廊下ですれ違う時、片手を広げお尻を撫でると「ダメですよ。
人に見られると・・・」と小さな声で彼女が言った。俺は「今夜も会える?」と聞くと「6時半ごろにあそこで待っています」と。その晩は俺の方から下半身裸になって彼女の顔の前にすでに勃起したペニスを突き出すと彼女は眼を閉じてぱくりと咥えてくれた。しばらく咥えてもらった後69姿勢になって彼女の両脚を開き、秘部に口を持って行き、舐めたり吸ったりしていると
もう思いきり両脚を高く上げ、「ああ・・・いい・・もっと吸って・・・」ととうとう喘ぎ声まで出して来た。
普段とはしんじられないFさんの卑猥な表情にその晩も昨日射精したばかりなのにたくさんの精液を彼女の中に出した。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
彼は息子の親友

この4月、私は大学生で遠く下宿している息子に、車を買い替えたい相談をしました。息子は、自分の親友が、大手ディーラーに勤めているので、そいつから買ってやって欲しい、と頼まれました。そのディーラーに行き、事前に連絡してあったのでしょう、親友の雄介君を介して、…

no image
★銭湯の番台男性の視線

 8月下旬の夕方、市主催のイベントにボランティアとして参加した後、活動を通じて知り合った市内の大学に通う女の子に誘われて市内唯一の銭湯に行きました。私も近隣の公営温泉施設は時々利用しますが、これまで公衆浴場に入ったことはなく、その銭湯の存在も知りませんでした。 女の子は他県の出身で、大学近くのアパートで一人暮らしをしています。子どもの頃から親に連れられて地元の温泉施設に通っていたせいか、アパートの

no image
楽しんごは、熟女AV女優と元・相方すぎはら美里にハメられたのか

2014年1月27日11:00(サイゾー)楽しんごは、熟女AV女優と元・相方すぎはら美里にハメられたのか……泥沼化する傷害・恐喝事件の行方 警視庁四谷署は今月14日、芸人の楽しんごを傷害容疑で書類送検。同時に、被害者で元付き人Oと知人女性も恐喝容疑で書類送検されたが、取材を…

no image
奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした11

嫁のユキが、ケイスケさんと濃厚なコスプレセックスをしているのを、マコさんの隠し撮りの動画で見せられて、自分がもうどうしようもないくらい寝取られ性癖の症状が進行しているのを自覚しました。ユキがケイスケさんに生で乗っかり、自ら腰を振り、中出しを受けた、、、そ…

no image
ホテルに行く毎にどんどん大胆なSEXに

 いつものように空き時間を駆使して婚外恋愛示板で女漁りをしていると、プロフィールに身長が148cmでB85W55H84となかなか俺好みで、顔も化粧っぽいとこはありましたがそこそこな感じの娘がいたました。乳を強調していたり下乳を出している写真はそそりました。彼女のサイト内にあるブログにさっそくコメや足あとを残し、少しずつ距離を縮めていきました。

no image
富嶽遠景

悦子は娘の美香に乳を含ませながら横になってうとうととしていた。昼下がりの春光がサッシュのガラス窓越しに柔らかく差し込み、母子二人を暖めていた。その姿を柱の影から盗むように見る者がある。悦子の甥の隆之介だった。中学生最後の春休みに彼は、母親の妹であるこの若…

no image
★エロへの好奇心に後悔する日々

 私、近所のお菓子屋さんでバイトしているJKです。妹も同じお店でバイトしています。先月夏休みに初めて援Hしてしまいました。日曜日に渋谷に買い物に言ったところ駅前で声を掛けきた、お父さんくらいの年齢の男の人がいて「テレクラの女の子?」「えっ?違います。」「格好が似ていて。ごめんね。」「あっ、いえ。」「ひとり?」「はい。」「よかったら、どう?」そう言って太い指を2本、私にだけ見える様に。「はい?」「2でい

no image
陽子のおもいで  第14章 肉欲だけの夏休み Part3

階段を降りて居間に向かった。台所の方から既に何かを切る包丁がまな板を軽快に叩いていい音が響いていた。僕は陽子に声を掛けようとして台所に目を向けると、何と何処で脱いだのかタオル地のホットパンツの繋ぎを完全に脱ぎ捨てて真っ裸のままエプロンだけをして調理台に向…

no image
美希とパパの話

10年くらい前の話美希「ねー、パパー」…聞こえない美希「ねー、パーパー」…聞こえない美希「ねぇねぇねぇねぇねぇねぇー」…放置も限界かしょうがないな、今日もあれかな…おれ「ん?なんだー?呼んだか?」顔を上げて仕方なく振り返る美希「さっきからなんかいもよんでる…

no image
★他人の妻の体が気になる卒園旅行

 息子の通ってた幼稚園のPTAで気心の知れたグループで、卒園旅行ということで4組の夫婦と子供6人の小旅行に行ってきました。メンバーは私夫婦+子1人 B夫婦+子2人 C夫婦+子供2人 D夫婦+子供1人です。我が家から車で3時間程のC奥さんの実家近くの旅館でした。 夕食も終わり、子供達はGBAで遊び大人達は適当に飲み直しながら私達の部屋で喋ってまいした。折角、人数が揃ったので麻雀をしませんかと提案すると、BとCの旦那さ