エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

掘り出し物の人妻

   

16 11月

2015年11月16日 07:05

カテゴリ

掘り出し物の人妻

俺はサイトで掘り出し物見つけたぞ!
彼女は南部方面在住で、俺は津軽在住。
まぁ、人妻なんだが写メ交換してみたら、
30台後半には見えん。
どう見ても20台後半に見える。
女優で例えるなら飯島直子。

待ち合わせして待つ事30分。
来たー!すんごい美人!

直ホは確認済みだったので近場のホテルへGO!
色々家庭の愚痴とか聞く事1時間。
彼女が涙を流し始めた。

そこで彼女を抱きしめてキス。
キスをしながら「ふぅーん」と軽く喘ぐ。
舌を差し込んでからませるが彼女の舌が短い。
服の上から胸をまさぐる。
事前に「私、胸は小さいの。」と聞いていたが、極端に小さいという事はない。

彼女はGパンを履いてきていたのだが、ホントに形がいい!
手が胸から尻にさがっていくと、「シャワー浴びよ」と彼女が言った。
初めてという事で一緒に浴びるのは恥ずかしいという事で別々に。
初めは俺が浴びたのだが、愚息を中心に洗いものの5分で浴室を出たら、
「ずいぶん早いのね」と笑われた。

彼女をwktkしながら待ってると彼女が先程とは別人の笑顔で出てきた。
いよいよ戦闘開始!
ベットで横になり、キスからスタート!
胸から攻めていくと「はぁーん、うーん」と軽い喘ぎ声が洩れる。
そこから、耳を軽く噛むと「あぁーん。」耳が感じるようだ。
アソコに手を伸ばすとあまり濡れがよくない。

クリを重点的に攻めるべく、クンニ開始!
声が一段と大きくなる。
匂いは少し鉄臭い。気にせずつずける。
段々濡れが多くなり指挿入!
ん!?なんだかでかいな?と感じたがGを重点的に攻める!


「そこそこ!そこいい!」 「気持ちいい!」 「ちょうだい!ちょうだい!」
と言われるが先に女を逝かせてから挿入。というのが俺のポリシーで、
クンニで逝かせてから愚息で最後逝かせる。というのが俺のやり方だから。
「まだだめだよ!」「まだあげない!」とオアズケにする。
そうして、攻めていると「逝っちゃう!逝っちゃう!あぁーん!」
ぐったりして彼女は逝ったようだ。
すると彼女が「私一回逝っちゃうと、後逝けなくなるの」と言う。
ならば試してみようとゴムを手にすると、「リング入れてるからそのままでいいよ。」
と口にする。

いよいよ挿入!
やはり、ややアソコが大きいようだ。
というより、俺のが小さいのか!?
ただ彼女は一生懸命締め付けてくる。
それが彼女をよりいっそう愛しく思わせる。
ピストンをしてると、彼女が体を右にずらし、
手を玉袋に伸ばしてきて、やさしくさする。
それが、ものすごく気持ちいい!
耐え切れず中田氏!
そのままぐったりしてると、「気持ちよかった!」やさしい口調で彼女が言う。
お世辞かな!?とも思って「ホントに良かった?」と聞くと「すごい良かったよ。」 と彼女。

そして彼女に腕枕しながらたわいのない話をしてた。
「今度は私がしてあげる。」と彼女がフェら。
ジュボ、ジュボ!と音を出しながら吸い付いてくる。
かと思うと今度はやさしく舐めあげる。
うまい!うま過ぎる! 玉舐めは絶品だ
思わず出そうになる。
今度は攻守交替!
得意のクンニ、指万攻撃!
彼女の手が愚息に伸びてくる。
手こき攻撃を仕掛けてくる。

「今度は一緒にいきたいの。お願いちょうだい」と彼女。
「どの体位が好き?」と俺
「上が好きかも(笑)」と彼女
彼女が上になり挿入。
腰使いが、クネクネしてなまめかしい。
「OO大好き!」と強く抱きつく彼女
二人で唇をむさぼる。
「逝っちゃう!逝っちゃう!一緒にきてー!」合わせるように射精した。

とこんなところです。
嘘くさいと思うかもしれませんが、事実です。
彼女と出会えた事がとてもうれしかったので書き込みました。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
借金のカタに(その4)

 妻が夜の仕事に出かけている間、私はパートでビルの夜警の仕事をすることがありました。ある日仕事に行くと、人員の割り振りを間違えたらしく、別の人が来ていたので私はそのまま帰宅しました。アパートのドアを開けると、入口に見知らぬ男物の革靴があります。部屋の奥か…

no image
妻の友人関係

 妻とは、知りあって1年ほどで結婚した。 いわゆるできちゃった婚。 妻には、学生時代からの付き合いの男女混合の友達グループがあり、結婚前はしょっちゅう飲みに行ったり、泊り歩いたりする関係。 レギュラーメンバーは男4人、女6人程度で、男は皆180cm以上のいかつい…

no image
★上司命令で休日出勤しましたが罠でした

 ゴールデンウィークになると悪夢を思い出します。昨年のゴールデンウィーク前に、私の上司の課長に休日出勤を命じられた私は、仕方なく休日出勤し普段と同じ様に制服に着替え仕事をしていました。ちょっと狭いオフィスに課長と二人っきりでした。終業時刻迄あと一時間となった時に、課長に呼ばれました。 指示に従いコピーした書類を手渡すと、課長は私のお尻を触りました。私は「何をするんですか?」と言うと、課長は用意して

no image
続々・甘美な中学時代の思い出

「先生、どうかもう許して下さい。」先生の「ただし、、、」の言葉を遮り、僕は土下座してお願いしました。「もう許して下さい」もう一度訴えました。「ねぇ、T、スカートめくりは性犯罪なの。大人になってすれば警察沙汰になって職を失うこともあるは。やっぱり、あなたには…

no image
彼に抱かれたい・・不倫妻の告白

 今日、この気持ちは抑えられません。何日も眠れない日が続いています。私たちは、約4年付き合ってきました。彼が、大学に入学して3ヶ月ぐらいしてアルバイトとして私が働いている職場に入ってきました。私は彼を何とも思っていませんでしたが、職場では何かにつけて、彼が私に積極的に話しかけてきましたので、「どうして私のようなおばちゃんとお話しするの?」と言いますと「○○さんは、お母さんとお姉さんの間ぐらいだから他

no image
フルーチェ

投下していいか?どうぞつうかあまりこまめに聞きすぎるのは良くないとうとう俺も酔った勢いでやっちまったぁスペック女(Y)・・・35歳独身 推定E~Fカプ酒強し俺・・・30歳既婚 いたって普通の♂ 酒普通数ヶ月前に会社を辞めた女(Y)と呑みに行こうとメールして誘って…

no image
社員旅行で部長にやられた由紀子

おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。特に大きい胸と、くびれたウエ…

no image
ほんのちょっとの勘違いから…

はじまりは、ほんのちょっとの勘違いからだった… 「家庭を壊さない程度の付き合い」その言葉の意味を、お互いが取り違えた。 職場の忘年会で二次会のカラオケが終わり、そろそろお開きか?そんな空気が流れていた。 飲み散らかしたグラスを集めたり、本を揃えたりと、カ…

no image
有名人官能小説 石原さとみ

薄暗い階段を駆け登り部屋のドアを開けると、オレンジ色の光が眼に差し込んだ。光を手の平で遮りカーテンを閉めると、中島夏彦はバッグを学習机の傍らに投げ捨てた。この季節は西日が厳しいため、朝からカーテンは閉ざしてあったはずだ。ママが掃除に入ったに違いない。夏彦…

no image
同じ部の後輩との思い出

俺は吹奏楽部に入っていた。中三の頃、同じ部の後輩にちなつ(実名)っていう子がいた。その子は結構可愛いくて、彼氏がたくさんいた。同じ部でしかもパートも同じなのでよく話していた。ある日俺は気持ちを抑えられずメールで彼女に告白してしまった。ダメだと思っていた、だ…