エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★取引先の接待役へのセクハラ

   

.
.
.
.
.
2015/11/10(火)
 私は取引先の担当者からセクハラを受けています。これはセクハラではない、単なる肉体営業だとか言われてしまうかもしれませんが、私としてはセクハラだと思っていて、ここに書かれている他の女性達が書き込む事で気持ちの整理をつけたり、助言を受けたりしてるのを読んで私も書こうと思いました。

 私の主人は小さな事務所を経営していて、僅かですが従業員もいて、私は経理とかを手伝ったりしていました。しかし、その主人が病気で入院してしまい、私が社長代行をするしかなくなりました。従業員達は、仕事をするだけで、営業的な事は全て主人がしていました。
 大口の取引先が何件かあるので、特に営業的な事を私がしなくても、主人が退院してくるまでは何とかなるだろうと考えていたのですが、取引先の一件の担当者から、新規の事務所と取引をしたいから、仕事を半分にしたいと連絡が来たんです。

 私は、主人の事とかを話し、何とか退院するまでは今まで通りにして欲しいと懇願しました。私では新規の仕事を営業出来ないので、当てにしていた仕事が減っては、やっていけなくなります。じゃあ一度打ち合わせをしましょうと、呼び出された店で、私はその担当者から、セクハラを受けたんです。

 その担当者は、主人の病気の事も、うちの事務所の経営状態も全て把握した上で、新規の取引先の話しをしてきたんです。私の身体が目当てだったんだと今では分かりました。ねちねちと、餌を目の前にぶら下げながら、私に拒絶出来ない状況を作り上げ、膝に置いた手を身体の隅々にまで伸ばしてくるのを私は拒絶できませんでした。

 主人が戻る前に事務所を潰す訳にはいかない。従業員達を路頭に迷わす訳にはいかない。そんな風に私を追い込み、その担当者は私の唇を奪い、既成事実を作り上げた上で私を犯しました。余りにも長い時間、ねちねちとセクハラされていたので、犯されて逆にホッとした程でした。

 一線を越えるまでが地獄の時間でしたが、犯されて帰ってきてからの後悔と屈辱感は、やはり辛かったです。その担当者には、月に二・三回呼び出されて犯されています。主人が入院して半年、まだまだ主人の退院の目処が立たずにいるうちに、別の取引先の担当者にも暗に身体を求められて応じてしまいました。

 一線を越えてしまっていたので、一人も二人も同じだと考えてしまいましたが、実際には大違いでした。一対一ならまだ自分をごまかす事も出来ましたが、複数の男達に犯されてる事は私の気持ちを苛みました。何とか二軒の取引先の仕事は維持していても、

 主人の入院が長引くにつれて、仕事は減り、入院費等にも出費がかかり、苦しい思いをしてる時に、最初の担当者から、新規の大口の取引先の担当者を紹介すると言われました。

 私にとっては、喉から手が出る程の話です。担当者さんの話は、その人には接待をして気に入られれば、安定した受注が見込める、ただし接待には必要な事があると言われ、私は身体を要求されてるのだと気づきました。

 その覚悟をするのは既に二人に犯されていて、気持ちを奮い立たせる事は出来ましたが、担当者さんの次の指示には、その決意も揺らぎました。ただ抱かれるだけではダメだ。接待に趣向を凝らさないと、遊び慣れてる相手をその気にはさせられない。

 接待には、服装から演出まで、担当者さんが考えた通りにしろと言われました。温泉旅館というのか、和風のラブホテルというのか、飲み食いと泊まりが出来る店で、破廉恥な格好で接待しろと指示され、膝上丈の有り得ない浴衣と、悍ましいボンデージ服という拘束具を渡されました。

 その相手の性癖に合わせた演出だというのです。かなりのサドで、こういう格好の女を抱くのが趣味なんだと。私は前日まで、迷い続けましたが、事務所の経営状態と、主人の病状を考えて、私はボンデージ服の上に浴衣を羽織り、新規の取引先担当者を接待しました。

 死にたい程の屈辱感でした。浴衣の中に手を差し入れて、私がボンデージ服を着ている事を知った時の男の変態じみた笑い顔は頭に焼き付き忘れられません。あれほど屈辱的な犯され方をしたのは初めてでした。凌辱されてると強く意識させられました。

 そのお陰で、何とか事務所は続けていられてますが、私は三人の男達から屈辱的に犯され続けています。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - セクハラ・痴漢・レイプ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★私を変人だと思いますか・・強姦されています

 これから書くことは、まぎれもない事実です。私は、強姦されました!何人もの男たちが、代わる代わるに私の膣に突っ込んできたんです!明らかに犯罪です、婦女暴行罪です。でも私は警察には行ってません!何故?どうして?そう思われるでしょうねぇ?私だって行けるものなら警察に何とかしてほしいです。 奴らは好きな時に前触れもなくやってきます。来るときは匂いでわかるんです。凄く、臭い悪臭が鼻を衝いてきます!トラウマ

no image
★痴漢に対して寝たふりしましたが

 某銀行の西武新宿線沿線の支店に勤めています。この前お昼から西新宿の支店までお使いを頼まれました。平日のお昼に、電車に乗るのも歌舞伎町を歩くのも久しぶり、学生の時以来です。何かまぶしい感じでした。 帰りは午後2時すぎくらいかな。車両の端にすわって発車を待っていると、若いサラリーマンが私の隣に座りました。その人、電車が動き始めるとすぐに私の膝に触ってきたんです。最初は驚いて大袈裟じゃない程度に膝を離

no image
★隣の奥さんが痴漢に合っているのを目撃

 金曜日の夜最終電車をホームで待っていたら、隣家の奥さん恵が立っていて後ろに並び電車に乗り込み、恵の右後ろをキープして恵を観察していたら恵の真後オヤジが恵のおしりを触り始めました。 恵が、抵抗しないのをいいことにオヤジの行動はどんどんエスカレートしていき、スカートをたくし上げてパンストも下げて、ついにパンティの中に手をいれて弄り回し恵は、感じています。

no image
★犯される所を見て笑う鬼畜男たち

 先月、大学の先輩に犯されました。その1ヶ月前からバイト先の彼氏と付き合い始めたばかりで、処女は彼氏にあげるつもりだったのに。飲み会で酔わされて記憶が途切れ途切れで気がついたら先輩のマンションのベッドの上。3人の先輩がいて、そのうちの1人の先輩に。 あとの2人は私たちを見て笑ってた。ベッドの上で気がついたとき、先輩が「約束通り処女をもらうよ」とパンツ一枚でベッドに上がってきて。アルコールで頭がボー

no image
★痴漢の常連さんに囲まれて

 24歳のOLです。通勤電車で囲まれて触られています。痴漢は常連さんもいますが、初めて見る顔の人もいます。でもみんな私が抵抗しないのを知っています。最初に一人ずつ順番にキスをされます。そしてブラウスのボタンを外され、ブラをずらされて胸を揉まれます。 ショーツも膝まで下ろされて、股間には痴漢の手が這いまわります。私は背があまり高く無いので、痴漢に囲まれると周りからは死角になるみたいです。常連さんは私

no image
★路上痴漢が多くなりました

 居酒屋のバイトを終えて帰ると大体、22時を超えるのですが最近やたらと痴漢にあいます。駅から歩いて帰るのですが、最寄り駅の近くが今、開発ラッシュで鉄の壁みたいので見通しが悪いせいかも知れませんが先週は、丁度通路が交差する辺りで背後から胸を鷲掴みにされて、「ちょっと!止めて下さいっ!」って言ってる間中、両手で。。ブラはズレるは赤くなるは散々でした。それから、灯りのある団地を抜ける道にしたんですが一昨日

no image
★女学院の女の子は怖いです

 女学院が男女共学に変わったと聞いてすぐに願書を出した。入学して初めて男子は俺一人だけってわかった。天国だぁと喜んだ・・甘い匂いが教室内に漂ってる。制服はワンピース風のセーラー服でかわいい。 椅子に座ると太ももの付け根まで見える超ミニ。目のやり場に困ってしまう。ズボンがテント張ってるのをS子に見つかってしまった。ここから地獄の始まり・・放課後女子トイレに連れて行かれ、子と舞と言う女子が俺を囲み服を

no image
★痴漢との出会いで楽しみが増えました

 私は25才のOLをしてる人妻です。旦那の転勤で、住んでいる所まで引っ越しになり、私の職場も同じ会社ですが、今まで車での出勤がバスと電車に変わりました。旦那は、逆に近くになり自転車で通勤しています。 新しい職場に通勤する様になって週3日は、バスと電車で痴漢に遭っています。私は、自分で言うのも変ですが、芸能人で言うと南 明奈によく似てる言われて違いは、髪の色が黒か茶髪の違いだけで小柄で胸が巨乳のためよく

no image
★妻が痴漢にあっているのを目撃

 半年前、妻の綾(34歳)が仕事を始めました。息子も中学生になり手が掛らなくなった事が一番の理由だったと思います。高校卒業後、数年OLをしていた妻でしたが、結婚・出産で仕事を辞め専業主婦をしていた妻が今更仕事が出来るんだろうか?直ぐに辞めると言うんだと思っていました。 自宅近くの駅から4駅程で私の会社はあります。妻が働き始めた会社は更に2つ先だと聞いていました。出勤は私が先に出掛け、多分数本後を妻が乗

no image
★姉と私を好きなようにされました

 私のところに姉から電話がありました。姉は数年前の御主人を病気で亡くしており、今は成人した息子さんと同居しています。その息子さんは平日の午後4時まで仕事で帰って来ません。その間に、息子さんの友達が訪ねて来ては姉の体を要求してくると困っていました。 毎週火曜日に来ると言う事を姉から聞いたので、次の火曜日に姉の家を訪れ、本人に言ってやろうと、その日を待ちました。そして火曜日の午後、1時を過ぎて姉の家に