エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

俺の彼女が胸揉まれた

   

俺の彼女が胸揉まれた

気が弱くって、あまりきついことを言えない性格。
そんなところが欠点でもあり、いいところでもあり、
悪く言えば気が弱い。良く言えば優しい<相手を傷つけてしまいそうで悪い。
そんな子だった。

身長は155cmで黒髪で微妙にぽっちゃり?でもないかな。
胸がでかく、腰がくびれてておしりがぷりってしてていやらしい体つきだった。
冬、みんなで飲み会をしたときあまり飲まなくて寒がっていた俺を暖めてくれたやさしさに惚れて付き合いだした。

そんな彼女は野球部のマネージャーをしていた。
俺はというと毎日なにもすることなく、バイトの日々を送っていた。
俺は遅刻や欠席も多い劣等性だった。
勉強面ではどうしようもなかったが、付き合っていくうちに俺の性格に惚れてくれて
とてもラヴラヴだった。
俺は彼女がかわいかった。かわいくてかわいくてしょうがなかった。
どちらからともなく結婚の話もでた。

たしかに俺の彼女は押しに弱かった。その気にさせちゃってガンガン責めればエッチもすぐできちゃいそうな感じだった。
実際俺もその方法で彼女を落とした。
最初は俺が一方的に惚れていて、N君のうちに泊まった時に一緒に寝て(その頃からちょっと仲がよかった)
布団の中で俺が告白して最初はのり気じゃなかった彼女を俺はいきなり抱きついた。
そして半ば「ノリ」でOKをもらった。
ディープキスが彼女のOKのサインだった。
今思うとファーストキスだったので、初めて感じる女のやわらかい唇ととろけそうな舌は
心臓が破裂するくらい刺激的でした。

彼女は処女ではありませんでした。
彼女の処女を奪ったのは、入学当時、同じ野球部で元彼の3年のD先輩でした。
D先輩はその野球部のなかではトップを争う変態だったらしくて付き合ってる時は
ヤりまくりだったそうです。あとあといろんなプレイをしたって聞きました。
黒ずんだマムコにしたのもD先輩のせいでしょう(苦笑

付き合いだしてちょっとたったとき、彼女が「元彼のD先輩から遊ぼうって言われた。」
と俺に言ってきました。俺はまったくといっていいほど束縛とかはしないタイプなので
なんの気なにし「別にいいよ、遊んできなよ」
と言って、元彼と遊ぶことを許しました。
そのD先輩と別れたあとも野球の話などで電話とかたまにしてたそうです。

俺はちょっと嫉妬してました。
でも安心はしてました。彼女を信じてました、だから許しました。
実際、外で話しをしてすぐ帰るつもりだよ、って言ってたし
D先輩も新しい彼女が出来たみたいだしその話をしてすぐ終わるだろうと思っていました。
その日は遊んでこんなことを話たよ?みたいな報告っぽいメールだけどして寝ました。
その次の日の夜に切り出したかのように彼女が「言わなきゃいけないことがある」
ってメールがきました。
ちょうどいろいろなことで話がしたかったんで、じゃあ電話するよって言って
俺から家電から電話をかけました。くだらない世間話をして1時間くらい電話してたころ
さっきのことを思い出し、「言わなきゃいけないことって何?」
と、聞いたら、「・・・・、うーん、、、ごめん。こんど会った時でいいカナ・・・」
と言ってなかなか言いずらそうな雰囲気でした。

次の日、ちょうどバイトもなかったんで彼女が部活が終わったら俺が原付をとばして
会いに行きました。池の見える公園で話をしてました。春の涼しい夜でした。
彼女はなかなか話を切り出さないんで俺から聞いてみました。
そしたらD先輩と遊んだときに最初は外で遊んで(っていうか話をしてるだけだけど)いたけど
外で座ってるのもなんだから俺んち来なよ。と言われ、彼女もなんとなくそうしたそうです。
D先輩と付き合ってる時はHはほとんど部屋でしたたそうです。
ホテルとかは行ったことなかったみたい。
そこで二人でベットに座ってしばらく話してたそうです。

彼女はなんか言いずらそうでした。
でも俺が何回も問いただしたら、半泣きな表情で教えてくれました。

しばらく話してたらいきなり抱きつかれてベットに押し倒された。
抵抗したけど無理矢理押さえつけられた。ということ。
そして胸を揉まれた。片手で胸をもまれてもういっぽうの手でスカートをめくられ太ももを触られた。
だんだんアソコに手が近づいてきたのでその時点で真剣にちょっと泣きながらやめてって言ったらやめてくれた。
俺が、「キスはしたの?」って聞いたら「してない」って言いました。
それを聞きいて心臓がドキドキするくらい胸が苦しくなった。
でもそれと同時に聞かん坊がMAXになっていたのを覚えてます。

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★炭焼き小屋でおばさんとエロし放題

 炭焼き窯のそばに有る作業場と休憩室での出来事。窯が開いた1日目は、パートのおばさんが何人も来て作業場は賑やかになるが、2日目・3日目になるとパートのおばさんと俺だけの時も有り、作業場に有る休憩室は丁度いいデート室になる。仕事中にそれとなく話をしてOKの雰囲気なら弁当を食べて、スグに抱きついていく。 抱きついて口を吸いながら、シャツの上からオッパイを揉み仰向けに寝かすと、下半身を裸にして指先でクリちゃ

no image
露出マッサージ2

両手を重ねて、その上に横向きで顔を置き、目を閉じました。(今からは、指示メールに書いてあった4つの言葉しか使えません…千夏は覚悟を決めました…。)おじさんは千夏の横に膝をつき、首から肩のラインを両手を使い揉み始めました。(あれ…?普通はタオルか何かを当てて、…

no image
★通学電車で良く会う謎の女の子

 僕が高1の頃の話。いつも通学している電車内に能面のような無表情の女性がいました。服装は地味なわりに、いつも黒いストッキングばかりはいているのでちょっとメンタル「イカレ」系の人かなと思っていました。ひそかに仲間内で「能面ねえちゃん」とよばれており、気持ち悪がられていました。 どういうわけなのか、僕と行き帰りの電車が一緒になりだしたので、正直電車を遅らせようともしてみましたが、いつも忘れてしまい、結

no image
★アパートの隣室の51歳のおばさん

  社会人1年生の俺が配属先はある地方都市、借りたアパートの隣に51歳の一人暮らしのおばさんがいた。名前を春子さんといい、エクボが可愛い優しい女性で、知らない街に住む俺に親切にしてくれて、週末は一緒にご飯を食べたりしていた。ゴールデンウィークに帰省したお土産を持って、それを肴にお酒を飲んだ。 可愛いと思っていた春子さんが少し上気して色っぽくなった。母子ほどの年の差なのに俺は春子さんに女を感じてしまっ

no image
子供を作られる人へ

私は妹と一緒に生活していますが、子供を作ることはできません。これからもずっとそうかと尋ねられるとわかりませんが、今のところは予定ありません。というより子供を作るだけの決心がつかないのです。  妹も私も中出しするのが好きなのですが、安全日と危険日には慎重に…

no image
生中出し

 ぼくは、中学3年のときに家庭教師に来てた当時19歳の女子大生、ユミさんと初体験しました。 夏休みに、薄着のユミさんに興奮。チンコがおっ立っちゃって、それがユミさんにわかってしまって、経験豊富だっていうユミさんが上になって入れさしてくれました。したいの?…

no image
離れられない

32才になる主婦です。同じマンションの隣に住む大学生と肉体関係になってしまいました。毎週土曜日の昼すぎに呼び出され抱かれています。きっかけは、私が伝言ダイヤル遊びにはまっていたためなのです。私の夫は海外勤務で単身赴任1年目、任期の残り3年を私は一人さびしく待…

no image
★体を許す基準に悩むOL

 そうなんです・・悔しいけど痴漢に感じてしまったんです。通勤電車の中で恋人でもBFでもない・・見知らぬ男・・それも痴漢に・・。痴漢なんて日常茶飯事でいつもの事と気にもしていなかった。お尻を触ったり胸を触ったり・・首筋に息を吹きかけられたり・・ いつもはその程度だったから・・でも今回は違ったの。初めはお尻を撫でる程度・・黙っているとエスカレートしてくる。手がスカートの中に入ってきて直接下着の上から揉み

no image
同級生の女の子??人物紹介?

この話は作り話なので、あしからず主人公(主犯)は 龍司 (りゅうじ)オレの友達(副犯?) には 光(ひかる)と 剛志 (つよし)※もちろん全員仮名です。3人は東中学校の3年生。3人はとても仲良しで何をするのも3人一緒でした。龍司は3人のなかで、最もリーダーシッ…

no image
修学旅行生

先日横浜からいつものように電車に乗ろうと改札に行くと、どう見ても中学生、それも修学旅行生という男女あわせて十数人の集団を見かけました。その子達はどの路線に乗ればいいのかもわからないようで右往左往しているのでちょっと離れたところから様子を伺うこと十分(その…