エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★夜中に全裸の女性をほっておけなくて

   

.
.
.
.
.
2015/11/05(木)
 先日、深夜。帰宅中、夜中の25:37何故か?全裸女性を拾いまして。それが泥酔しておりまして。まぁー酒臭い事酒臭い事。ついでにゲロ臭くて、C位の胸とお尻は触りましたが、なにより、先に介抱です。

 帰宅して、風呂場に連れていきシャワーで肩から、ゆっくりかけてあげて、色白で細くて長い手足に、先ずはゴクリ。肩も小さくて首も長い。ウエストだって、きゅきゅきゅのキュ!!小振りだが真ん丸のお尻。ゆっくり洗ってあげて、顔をよくみると、まだ20代のかわいこちゃん。
 何を血迷ってなのか、全裸で泥酔して道をベットにしていたのか?兎に角。グデングデンを風呂場から、引き摺り出してタオルで拭いてあげて…ん…?お股を拭いてあげると…ネバー…ん?指先でもう一度、お股の溝に沿って這わせて拭ってみる。

 ネバーを指先に拭いとって匂いを嗅ぐと、やはり、精液の匂い。最初から、なんとなくそんな気がしていた。「ちょっとごめんね。指先だけだから。嫌らしい気持ちじゃないからね。」女性はコクンと頷く。ゆっくり、指を女性の膣に挿入させてゆっくり引き抜くと指と一緒に精液が糸を引きながら滴り落ちた。

 「もし、必要なら、中も洗うかい?」そう言ってシャワーの首を外して緩い温度に設定して彼女の手にお湯を掛けてあげると、首をコクン。そのまま、膣口にホースを持っていって、あてがい、中にゆっくりお湯を流しこんで洗浄した。

 俺のジャージを着せて布団を敷いて寝かせてあげた。俺は「隣の部屋にいるからね、用があったら、呼んでね。」そう言って、彼女を寝かせた部屋をあとに隣の部屋に入って間もなく。隣の部屋から、シクシク聞こえてきた。

 正直、辛かった。でもこんな時、男はこれ以上力になれないと思い、友人宅に電話して奥さんにかわってもらって事情を話したら、来て貰える事に。10分後、友人とその奥さんが来てくれて。30分くらい経つと隣の部屋でボソボソ話していた二人もその内に笑い声も交ざるようになって、こちらの部屋も友人とお茶をいれてまっていた。

 やがて奥さんだけ出てきて「彼女がすいませんって。なんかさ…DVなんだって。あとは本人が話すらしいから、また聞いてあげてください。じゃ、これで」奥さんのお陰で彼女も少しは安心できただろう予想はついた。

 私も奥さんに「いやいや、こちらこそ助かりました。こういう時は男は役にたたなくてね…遅くにすいませんでしたね、お休みなさい」友人達が帰って暫く、隣の部屋はそっとしておいてテレビをみてると少しガサゴソ音がして、すぅーっと彼女が入ってきた。

「あの、水原沙希っていいます。ありがとうございました。…あの…」次が言い出せないらしいから、今度は俺が「はじめまして小林義雄です。いやぁ、びっくりしたよ、ホントに。まぁさ、俺独りじゃ、広すぎる家だしさ、ちょうど誰かいてくれるとさ寂しくなくていいから、いてくれて構わないから、気を使わないで自分家だと思ってくつろいでよ。ね?」

 沙希さんは、ボロボロ、大粒の涙を溢して、何度も何度も頭を下げて「ありがとうございます。ありがとうございます。」と続ける。いたたまれなくて、肩をそっと抱いて「大丈夫だからね。もう、いっぱいお礼も言ってもらったから、それで充分だから、もう休んで。ね。」沙希さんもヒックヒックしながら「はい…。お世話になります。」そう言って隣の部屋に戻っていった。

 俺もテレビの音がしてたら、寝れないか?そう思ってテレビを消して、休む事にした。その日は、それで夜が明けて、翌日。朝っぱらから、味噌汁のいい匂いで目が覚めた。沙希さんだ。台所に立つ沙希さんは、笑顔だったが、左目の上と右側の唇の端が、紫色に変色していた。

 胸の奥を抉られるような健気な笑顔で沙希さんは、俺に気付いて「おはようございます。ごめんなさい、勝手にお勝手使ってしまって…」沙希さんは、手際よく、焼いた鮭に味噌汁、ごはんを配膳して「自宅のように、気を使わないでとおっしゃって下さったので…お節介にも、朝ごはんを…あの、ごめんなさい」俺は、見とれていた。

 忘れていたかのように。思い出したかのように言葉がでて「いえいえ、かえってすいません。こちらこそ、朝ごはんなんか作って貰ってしまって。」沙希さんも、また改まって「ごめんなさい。」俺も「いやいや、こちらこそ。」なんかい繰り返す事か?

 その内に二人で笑いだして「冷めたら勿体無い、いただきまーす」沙希さんのこの時の顔は優しく微笑み、母性すらあふれていた。暫くふたりで後片付けをして、お茶を飲みながら俺からきりだした。「よかったら、事情を聞かせてくれないかな?気が進まなければ、また今度でいいんだ。」

 それまで、明るい表情を取り戻していた沙希さんは、一瞬にして曇った表情になり、俯いて「お話しします。」そう言った沙希さんは、膝の上でぎゅっと両の手をグーに握って肩を怒らせて話し始めた。 もう主人では満足できなくなりました。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 会社員の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★生保レディの枕営業の正直な話

 俺の嫁(35歳)はいわゆる生保レディをやっている。レディと言える歳ではないが、20代のガキにはない色気を武器に、会社での成績は上の中。月収も俺に近いものがある。嫁の手口は簡単。枕営業で契約を取っているのだ。生保レディの枕営業は昔から噂されているが、どこか信憑性がないと思っていませんか?でもね、実際にあるんです。 実際に枕営業で契約を取っている嫁の旦那が言うんだから間違いないでしょ。最近はネット契

no image
美人で清楚な先輩がオチンチンを・・

 後期の各班の研究テーマを話し合った時、僕のグループは「細胞の運動」というテーマになり、2人ずつペアを組んでいろんな細胞の運動の仕方を調べることになりました。僕は2年の副部長(すごい美人)とペアになって、鞭毛運動について調べることになりました。でも、鞭毛運動をする細胞なんて、そんなに種類がないので、すぐに研究が行き詰まってしまいました。

no image
★就職活動中の清楚な女子大生とのエロ事・・1/2

 俺、33歳。某地方の中小企業の人事。女子大生、綾瀬はるか似なので以下はるかで。清楚な感じ。160センチくらいかな?おぱーいは魅惑のEカップ。話は約一年半前の春ですが、新卒面接のために東京に出張したのです。うちの会社は少しおかしくて、一次面接は現場の役職者が、最終面接は僕がやるんです。で社長に電話で報告してOKもらったら内定、みたいな。  でその時も東京で3名最終面接するために上京してました。最初の二人の面

no image
★女性社員に懲戒解雇を覚悟して挿入

 体験としてはたいした話じゃないけど、俺にとってはものすごい出来事だったので ぜひ読んで欲しい。俺の会社は夏と冬に飲み会があるのだが、今年の夏の飲み会のことを話します。某居酒屋の3階で行われた夏の飲み会。総勢36名の飲み会で結構な人数だった。 俺の職場は責任者が一人と、その他の社員が5名、あとはパートとアルバイトで成り立っていた。俺は恥ずかしながら22歳でフリーター。社員5名のうち3名が女子で、そのうちの

no image
★上司の女課長がバックから入れてと

 昨今、女性の管理職も増えてきたのか、内の職場でも部長クラスの人も出て来て、私の課にも女性の課長が来るようになってきました。最初の印象は、体格もいい女性で、少し厳つい感じの人でした。私は万年主任をして、あまり人がしたがらない仕事を捜しては、片付けているモノですから、あまり評価も高くないせいか、 それとも人が嫌がる仕事をしているせいか、人よりは転勤が多いみたいです。新しく来た、課長に早速呼出されて、

no image
★泊まりの研修でエロ研修も

 会社の保養所で1泊2日の社員研修がありました。同期の女子社員の4人部屋で、12時頃には消灯しましたが、のどが渇いたので一人で玄関の自販機に飲料を買いに出ました。ちょうど2年先輩のSさんが自販機で買っているところでした。 しゃべりながら一緒に部屋に向かい、途中でいきなり腕をつかまれ食堂に引っ張り込まれました。真っ暗な食堂の中で抱きすくめられ、キスされ、驚いて持っていたペットボトルを床へ落としてしま

no image
★映画館の熟女のアルバイト

 東京近郊のショッピングモールでのことです。よく映画見にいくのですがファーストフードの外の席でいつも昼食をとっています。くるたびにぽっちゃり40代ぐらいの女性がコーヒーだけで同じ席にいるんです。3回目の時に思い切って声をかけてみました「いつもいますね。待ち合わせですか?」すると「お金なくて遊んでくれない?いくらでもいいよ」私は冗談っぽく「お金ないしなー2千円しかもってないし・・」おどろいたことに「

no image
★女子社員とラッキー事があった社員旅行

 4月の上旬に社員旅行がありました。そのときのハプニング(おいしい!)を話してみたいと思います。うちの会社は、毎年4月上旬の金・土にかけて社員旅行が行われます、研修を終えた新入社員も合流して、お偉いさんの長ーい話を聞かされた後、夜に宴会が行われる、ありきたりのつまらない旅行です。 二人ずつの相部屋になるのですが、自分の営業所の人とペアになれなかった私は、何故か、固いので有名な本社の経理部の課長と同

no image
★泥酔した同僚に中出しした体験談

 先日、会社内で飲み会があり同僚のKちゃんが呑み過ぎて意識不明になり、なりゆきで僕が車で家まで送る事になった。Kちゃんの家はクルマで20分ぐらいの場所にあり送っている最中に道が分からなくなったので・・  後部座席の彼女に道を尋ねると返事がないので、のぞいてみるとぐっすり眠り込んでる様子。この日の彼女はジーパンに上はビビットカラーのキャミソールで胸元からほんの少しのぞいてる。白くふくよかな胸元が何とも

no image
★就職活動中の清楚な女子大生とのエロ事・・2/2

 俺「確かに。でも社会人になって出張とか行くときはあんなホテルばっかりだよ? まぁ普段はもう少しマシなホテルに泊まるけ、、」はるか「普段はもう少しマシなんですか?よかった~。朝面接官さん見たときに、出張の時とかはこういうホテル泊まらなきゃなのかなって焦りましたよ。就活中は自腹でお金ないししょうがないって思いましたけど。」 俺「今回はある意味特別だね。いつも泊まってる所が満室だったから。」 はるか「で