エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

ギターの授業

   

6 11月

2015年11月06日 00:05

カテゴリ

ギターの授業

俺の彼は同じ年だけど、なにかとお姉様系だった。身長は二人とも165cm。中学3年生で今は同じクラス。千沙はクラスのまとめ役みたいな感じ。クールビューティーってやつ。でも必ずしも目立ちたがり屋ではない。そんな千沙におれは去年、告った。あまり期待してなかったOKをもらった。                                                                                                              ある日、学校が早く終わり千沙の家に寄って帰る事になって一緒に帰った。いつも通り普通の会話で手も繋がない。千沙と並んで歩くとどうしても俺の立場が低くなる。なんでやろ・・・・                                                                                                                 んな事、考えながら話してたら千沙ん家まであっと言う間に着いた。                                                                   家の中に入るといつもなら出迎えてくれる千沙のお母さんの姿がなかった。                                                                疑問に思った俺は聞いてみた。                                                                                                                                     「今日、おばさんは??」                                                                                                                         「今日はお父さんもお母さんも帰り10時やねん」                                                                                                    「そうなんや・・・俺、喉かわいたわ」                                                                                「あっそうやな。お茶でええ?」                                                                          千沙はいつものようにソファーに座ってる俺にお茶を持って来てくれて俺の横に座り、TVをつけた。                                                    完璧にリラックスしてるよ、こいつ・・・・                                                                                ずっと千沙の横顔に見とれてる俺に千沙は気付いた。                                                                          「何?智宏」                                                                                            「俺、暇や・・・・」                                                                                          「ごめん。何する?」                                                                                        「別に千沙とだったらなんでもいいよ」                                                                                「私も智宏だったら何でも楽しいと思う」                                                                               「じゃあさ・・・襲ってもいい?」                                                                                    冗談ぽく言うと思い切り殴られた。                                                                                  「いってぇー!何でグーで殴んだよ」                                                                                 「智宏が昼間っから変な事考えるからだよ」                                                                              「じゃあ何するんだよ」                                                                                       「ギター教えてよ」                                                                                         「いいよ。じゃあ取りに帰るから待ってて」                                                                              「すぐ帰って来てねぇ」                                                                                       「じゃあこの楽譜見ててな」                                                                                     「了解でぇーす」                                                                                          俺は家を飛び出して歩いて10分ぐらいの所にある自分ん家まで全力疾走で帰った。                                                            母さんに7自分には帰ると伝えて、ギター抱えて走り出した。                                                                      往復5分で着いた。                                                                                         「ごめん。待った?」                                                                                        「全然!雑誌読んでた。」                                                                                      「・・・あ、そう」                                                                                           「なんか弾いてよ」                                                                                         「リクエストは?」                                                                                         「世界に一つだけの花!!」                                                                                     「お前、好きだな。この曲」                                                                                     「智宏の弾いてる時の顔が一番かっこいい曲だもん」                                                                          「そっか・・・」                                                                                            弾き終えると千沙は拍手をくれた。                                                                                  「かっこええ!」                                                                                          「教えてやるよ」                                                                                          「ほんまにぃぃー?やったぁー」                                                                                   俺は自分の膝を叩いて、膝に座るように命令した。                                                                           「何?」                                                                                              「おいで・・・ほら、ここ」                                                                                       素直に膝の上に乗ってくれた千沙が可愛くて可愛くてしかたなかった。                                                                  「まず、こことここを親指で押さえて・・・・」                                                                              「出来ないー」                                                                                           「手が小さいのかぁー」                                                                                       「出来るもん」                                                                                           「じゃあ俺が手を貸してやるよ」                                                                                   「智宏の手あったかい」                                                                                       俺はその一言で理性がぶっ飛んだ。                                                                                  ギターを放り投げ千沙をお姫様抱っこしてベットまで連れて行っって無我夢中で服を脱がした。                                                       「智宏ぉー、離してっ」                                                                                       「いいから黙ってろって」                                                                                      俺は千沙の胸を軽く揉んだ。千沙は軽く抵抗してきたが俺の力にはかなわない。                                                              無理矢理だって分かってた。でも、ここでやめたら我に返った時に気まずくなる。                                                             そう考えると、続けるしかなかった。                                                                                 「千沙・・・俺でよかった?」                                                                                      「初めては智宏じゃないと嫌だ」                                                                                   「俺もだよ・・・」                                                                                           「うん」                                                                                              「今やっていいの?」                                                                                        「やりたいの?」                                                                                          「もう止まらないよ・・・・」                                                                                      「いいよ・・・・」                                                                                           「ちょっと痛いと思うけど我慢出来る?」                                                                               千沙は黙ってコクリと頷いた。                                                                                    俺は勃起したモノを千沙の入り口に当て、腰をしずめた。                                                                        千沙の声が1オクターブ上がった。                                                                                  「はあぁぁー!!いっ痛い!」                                                                                    「ごっごめんっ!・・・大丈夫?」                                                                                    「だっ大丈夫・・・・いいの」                                                                                      「じゃあ・・・・動かすよ?」                                                                                      「うん」                                                                                              腰に力と愛しい気持ちを込めて振り続けた。                                                                              それに合わせて千沙の声もはじける。                                                                                 「あっあっ・・・んっんっ・・・はあぁぁー」                                                                                「あっ!はぁー千沙ぁー、はぁー」                                                                                  「いやあぁぁーー」                                                                                         「はあぁー、気持ちっいいっ・・・・」                                                                                  「はぁー駄目だっ・・・イクッッ・・・」                                                                                  生でやってた事も忘れて全部中に出してしまった。                                                                           「千沙・・・・ごめん。中に出しちゃった。」                                                                               「いいよ。大丈夫・・・」                                                                                        笑って言う千沙を思わず抱きしめた。                                                                                 残っている力を全部千沙に注いだ。                                                                                  「苦しいっ」                                                                                            「はっ・・・ごめん」                                                                                          その後、笑いあってお互いの愛を深めあった。                                                                             それ以来の生活は変わりなく今は中3で受験受験でなかなか二人きりにはなれないけど                                                           落ち着いたらまた、襲う予定です(笑)

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★痴漢に対して寝たふりしましたが

 某銀行の西武新宿線沿線の支店に勤めています。この前お昼から西新宿の支店までお使いを頼まれました。平日のお昼に、電車に乗るのも歌舞伎町を歩くのも久しぶり、学生の時以来です。何かまぶしい感じでした。 帰りは午後2時すぎくらいかな。車両の端にすわって発車を待っていると、若いサラリーマンが私の隣に座りました。その人、電車が動き始めるとすぐに私の膝に触ってきたんです。最初は驚いて大袈裟じゃない程度に膝を離

no image
★セレブ妻はSEXに関して要求不満??

 某出会い系サイト 愛知県 ♂29 180/80 大柄な別所哲也。同県 ♀30 既婚子有 ちっちゃい篠原涼子。このサイトで某掲示板を知り早速プロフィールを載せたらいきなり釣れる!えっ…こんなに簡単なものなのか!いままで出会い系を駆使することもなく飲み会の帝王として君臨してきたが、路線変更を決意した時だった。  2週間ほどメールのやり取りをしていたが、お互い飲みが大好きということが判明。しかも、社長婦人

no image
家庭教師パート1

家庭教師はなかなかおいしい仕事です。生徒を食べたり、母親も頂いたりと、まあお金よりほとんどそっちが目的でした(笑い)。ただ事の始まりは、自分が中3のとき、家庭教師から受けた保健体育の実技でしたね。当時受験生だったので、家庭教師に来てもらいました。当然女子…

no image
むさ苦しいオフィスに女性が入りました

 ずっと男だけのオフィスでしたが、念願叶って、OLが入りました。ひとり女性が居るだけで、華やかになり、仕事も楽しくなりました。仕事の動きの中で、チラと見える胸元や太腿に興奮することも多々ありました。そして、欲求はどんどん膨らんでいきました。しかし、21歳のOLが私のような、とりえのない熟年を相手にすることなど、考えられないし、彼女の父親と同年かもしれません。

no image
最近嫁がエロくなったと思ったら5

ベッドに行こうとトシ君が言ったが、ボイスレコーダーの音声は、相変わらず鮮明のままだ。わざわざ寝室にカバンを持っていくはずもないので、おそらくトシ君は大学生の一人暮らしらしく、ワンルームとかなんだと思う。「美佳、自分でおまんこ広げて見ろよ。」「うぅ・・・ …

no image
俺の妄想が

俺は子供の頃から妄想癖がある。趣味といってもいいくらい。好きになった女の子は片っ端から俺の妄想の餌食になってゆく。いろいろなシチュエーションがあり、その種類は100を超える。20歳で専門学校を卒業してからしばらくはフリーターやったり転職を繰り返してきたが…

no image
感情を抑えられず姪っ子にエロな悪戯を

 俺は32歳の独身男です。兄は20代で結婚して当時小学5年生の娘がいます。兄の娘は、かなり可愛い顔をしています。といっても俺はロリではない。性の対象としてみたことなんてない。そんなある日、兄と兄の嫁が外出してて、家にいるのは俺と姪っ子だけ。日曜だったけれど俺は仕事が残ってて家のPCで仕事してたんだけど、椅子に座りすぎて腰がいたくなったので、姪っ子に腰のマッサージを頼んだら「いいよぉ」ってあっさり引き受け

no image
友達とおっぱい見せてと姉に頼んだら凄いことになった

俺は中1のとき既に性に興味があり、そして飢えていた俺には5つ上、つまり高3の姉がいた姉はめちゃくちゃかわいいというわけではなかったと思うがとにかく胸がデカかった当然だが、クラスの女子とは比べものにならない俺はどうしても姉をエッチな目で見てしまった夏休み明…

no image
2年付き合った彼女が浮気をしてた

付き合って2年経つが、彼女が浮気をしていた。俺は26歳のリーマンで、173cm65kgの本当に普通な感じの男だ。顔もブサメンでもなくイケメンでもないという、本当に中途半端な感じ。彼女の香織は24歳の役所勤めで、160cmで体重は教えてもらってないが、痩せ型だ。黒いセミロング…

no image
小4妹

俺は3年程前から少女が好きになってしまった。ロリコンといわれるやつだ。小さな子に性的興奮を覚えるなんて最低だと思っていたのに・・・。特に興奮するのが小学4年から小学6年までの少女。なぜだか知らないがその辺りの少女の事を考えると下半身が疼いてしょうがない。街な…