エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

父母のセックス

   

4 11月

2015年11月04日 23:05

カテゴリ

父母のセックス

俺の体験ではなくて、消防の頃に目撃した、未だに、お そらく一生忘れられない
両親のセクースの話で恐縮なんですが・。 20年くらい経った今でも、昨 日のようの
ことに思い出します。

少学5年の夏休みが終わりの頃でした。 いつも のように飯を食って風呂に入って
一旦寝たんですが、なんか夜中1時頃になっても寝つけません でした。で、何か
食おうかなと思いつき、1階の居間に行くことにしました。

階段 を降りかけたところで、両親の寝室のドアが5センチくらい開いていて、何やら
騒がしい(?) 声が聞こえました。

俺は、既に何回も、声と気配を感じたり目撃していたため、ある意味 (?)
慣れていました。 時には、部屋に帰ってオナーニのおかずにしていたので。(笑)

だからその時も、 「あ、またヤってるのかな。でもドアしめろよな〜 !」と、半分ムカ
ツキながらも、いつものようにスケベ心がムクムクわいてきたので、抜き足差し足で
ドアの隙間 に近寄り、息を潜めて、中のようすをうかがいました。

この日は、月の光がとても明るく て、部屋の中はわりと鮮明に見えました。

ベッドの上で、パジャマ姿の父が、あ お向けに寝ている母に覆い被さるように
していました。 セクースする前かした後かはわかりません が、抱き合っていました。
何故か母はすすり泣いていました。 そんな母を父は抱き、キスした り頭を撫でながら、

「大丈夫や。 何も、心配すんな。○○(俺)も○○(妹)も、ええ 子やから。」
「俺がついとるから、何も心配すんな。大丈夫、大丈夫。 愛してるから。待っとる から・・」
「心配すんな○○(母の名前) 愛しとる!俺がついとるから! 」 などと、大きな 声で語り
かけていました。 

やたらと 「大丈夫」とか「心配すんな」を繰り返す父に 、俺は何か、いつもと違う雰囲気を
感じていました。 なんか、切羽詰った雰囲気でした。

その後、母が半分叫ぶように、
「○ちゃん(父の名前)、私怖い・・!嫌や〜。お願 い、ずっと抱いてて!怖い!」と
言いました。そしたら父が、
「アホ!おまえがそんな弱気 でどうする!絶対戻ってこような、大丈夫やから!」と
叫ぶように言い、なんか、父まで泣き声 ぽくなってきて、二人で抱き合って大泣きし
はじめました。

俺は唖然としましたが 、目が話せなくてそこから動きませんでした。

しばらくしたら、母の泣き声がなんか 喘ぎ声ぽくなってきて、フッと見ると、いつの間にか
パジャマを脱いだ両親がヤってました。  父は何度も母の名前を呼び、今まで見た事も
ないような優しいしぐさと声で、母を愛撫していま した。 母は喘いでいるだけでなく、
やっぱり泣きつづけていました。

「絶対直る から。絶対良くなるから。俺がついてるから! がんばって治そうな。
正月になったら、また○ ○(俺)と○○(妹)とお前で、グアムあたり行こうか!なぁ!」

と、父が母に語りかけ ました。

その時になって、俺は母が何か病気かケガをしていて、ちょっとヤバイ事になっ てる
のだということを、初めて知りました。母ちゃんヤバイんか? どんな病気なんや?
何なんだ一体!! と、激しく動転しましたが、俺は何故か一歩も動けず、声も出せ
ないまま、 両親をそのまま見ていました。

そうこうしているうちに、母がいつのまにか父の上に乗り 、腰を動かし始めました。
ふとんがほとんど剥がれていて、揺れるオパーイが月の光で丸見えでし た。
母は泣いているようにも笑っているようにも見えました。

「○ちゃん(父)と結婚して、私とって も幸せや・・。」 みたいな事を、母は言いました。
何故かその言葉で、俺は、勃起しながら泣 いてしまいました。
その後、どのくらいその場にいたか覚えてませんが、気付いたら俺は自分の 布団で
泣いてました。 その夜は、結局一睡もせずに終わってしまいました。

その 翌日、ばあちゃんが家にきました。 母は、「お母さんしばらく病院いくから、ばあちゃんに
ご 飯つくってもろてね。」みたいな事を、普通に明るく言い、病院に行きました。 
俺は、頭が真 っ白になりました。妹は全然わからないみたいで、「いってらっしゃーい!」と
元気に送り出しま した。 

母は、そのまま入院し、11月に亡くなりました。 末期の膵臓ガンでした。3 8歳でした。
父は、男手ひとつで俺と妹を育てあげ、妹を嫁に出した4年前、母のところに行き ました。

俺は今、嫁さんとこの家に住んでます。 心なしか、両親の寝室(今はほとんど 物置?)
に行くと、嫁さんとケンカしていても、優しい気持ちになり、すぐに仲直りできる感 じがします。
嫁さんもそう言ってます。

長文失礼しました。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
彼女の部屋で

Kichhiが初めて処女の女の子とSexしたのは高2の時でした。年上の彼女の家に遊びに行った出来事!彼女のお父さんは画家で1Fで仕事に集中していて彼女曰く部屋にはここ何年も一度も来ないそうです。音を出さなければ大丈夫だと聞かされいい雰囲気になったところで「キス」をし…

no image
★夫とのSEXが辛い主婦です

 旦那さんとHしたくありません…旦那さんはソフトマゾなんです。体や手首やオチンチンを縛られて、いやらしい言葉で嬲られて、オチンチンやアナルを弄られて、オチンチンを踏みつけられるのが好きなんです。そういう時の旦那さんは一時間くらい射精しません。 私は旦那さんが射精したくなるまで女王様になりきって、旦那さんを苛めなければいけません。でも私には全くS要素がありません。それどころか旦那さんと同じソフトマゾ

no image
期待

この前友達のS(女の子)が遊びに来て、私の部屋で飲んでいました。酔ってきてえっちな話とかしていました。「すごいえっちな人知ってる」と、バーテンさんのことを話しました。(バーテンさんはすごく強い人で、えっち大好きな人です) Sはすごく興味を持ったみたいなの…

no image
★コーチに体を許すのを一度だけ我慢すれば

 今考えれば、何て馬鹿な約束をしてしまったんだと後悔しています。2年前、私は1人の男性に身体を捧げたんです。息子は小学校からバレーを習い、中学ではエースとして活躍し3年の大会では県大会3位の成績を収めました。もちろん高校も地元で有名な強豪校に入り、バレーを続ける勢いでした。 母親としても、息子の活躍を祈り精一杯のバックアップをしてあげようと考えたんです。毎日クタクタになって帰ってくる息子を見て続けて

no image
★若い男の硬さにメロメロ

 昨日、8歳も年下のT君としちゃいました。たった3時間の間でしたが、ずっとT君のオチンポはギンギンでした。大きさも太さも立派でしたが、硬さがすごかった。初めに下着の上から押し付けられただけで、突き破られそうなくらいの硬さでした。 お口でしてあげてても、うっとりするくらいの硬さのギンギン状態でした。中に入ってきた時も、反り方と硬さがすごいので、気持ちいい所をズンズンという感じで突かれて、あんなセック

no image
息子と

はじめまして、37歳の主婦で智子といいます。パソコンでいろいろ検索しているうちにこのページを見つけ、皆さんの投稿を読むうちに私も告白すれば少しは楽になるのではないかと思い書くことにしました。忘れたいのですが、忘れることができません・・・2日前のことです。…

no image
大人のおもちゃ~アリサ~

 俺達2人は、週末を利用して、福原に遊びに来ていました。 お目当ては、本番なしのヘルス店です。 中でもアリサちゃん(仮名)という風俗嬢に2人とも夢中になっていました。   店には、2人組だという事は知らせないで、それぞれが同じ時間帯にアリサちゃんを指名し…

no image
施設を出ても姉弟ともW大学(2部)卒業

私は現在47歳、弟の和彦は45歳です。私たちは共に一度も結婚することなく、これまでずっと2人で暮らしてきました。私が12歳の時、両親が借金を苦にして心中してしまった時からでした。元より、身寄りの無いもの同士が出会い、結婚して作った家庭でしたから、家も土地…

no image
不倫の思い出

何年か前、当時の不倫相手が泊まる出張先のホテルに行った時のこと。部屋に入るとすぐにベッドの上でいちゃいちゃし始め、気合いを入れて着てきた勝負下着を自慢げに見せて、更にテンションアップ。そのままエッチに突入したのですが、普段喘ぎ声が大きい私に彼が釘をさして…

no image
★女子大生の露出体験談の告白

 私は露出が大好きな19歳です。ちなみに私は矢田亜希子によく似ているといわれてかなりもてるのですが、自分の性癖のためにつきあったことはありません。子供の頃から、男の子にスカートめくりをされていて、いやがるふりをしていたけど本当はうれしくてたまりませんでした。 痴漢されるのも大好きで痴漢が初体験の相手です。これまでに自分がしたことをはなします。中学生の頃から、超ミニでノーパンで電車に乗るようになりま