エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

意外にイケた

   

1 11月

2015年11月01日 20:05

カテゴリ

意外にイケた

俺の会社の同僚に、道子がいる。彼女は結構かわいいが、何かと俺とウマが合わず、飲み会ではいつも喧嘩になったりもしていた。この間の東京への研修旅行の時も、夜の飲み会ではゲームで俺と道子がペアになって抱き合う、見たいな場面があったのだが、彼女、俺とだけは手も握りたくないみたいなこと言ってて、相当嫌われていると思っていた。
しかし、最終日の夜だ。なぜか彼女が急に泣き出して、「帰りたくない」みたいなことを言い出した。わけは、カレシとうまくいっていないだとか、会社がつまんないとかだった。俺は、「じゃあ、明日は帰らないでもう一日遊んでいこうぜ。」と誘ったところ、実際、俺と彼女はそのまま東京に残った。

次の日は、レンタカーを借りて、東京中を道子とドライブして楽しんだ。その時も俺たちは散々喧嘩をした。だけど夕方になって、千葉まで行ってボーっと海を見ていたら、無性に道子がカワイク見えてきて、手を握ったら、道子も手を握り返してきた。そのまま俺たちはキスまでしてしまった。

もうその後は、すぐにラブホテルに直行。部屋に入るなり、道子は「もう、ダメ・・・好きにして・・・」
と言ってくる。すごく積極的な彼女にたまらなくなり、彼女のパンティに手を入れると、オマンコはもうグチョグチョ。そのままお互い下着姿になってベットに横たわると、ものすごいディープキスをしながら抱き合ってしまった。彼女は唇を離すと、「ほしい」と言って、俺のパンツを下げると、トロンとした目でペニスを見つめ、
「見ちゃった・・・」
といい、激しくフェラを始めた。普段の彼女からは信じられないくらい、彼女のフェラは強烈に気持ちよくて、恥ずかしくなるくらい、声を出してしまった。彼女はペニスだけでなく、玉袋も唾液でべとべとにしながらほおばり、今度は俺のケツまでベロベロ舐め尽くした。
「ちょっと・・・そこまでしなくても」
しかし彼女は、尻を割り開く手にさらに力を込め、蟻の門渡りから肛門まで何度も舌で舐め上げてきた。その温かい舌の感触に、何度も声を上げてしまったので恥ずかしかった。
 気がつくと俺は道子のパンツを脱がし、結構毛深いオマンコにしゃぶりついていた。彼女のオマンコはもうずぶ濡れ状態で、クリトリスも皮が向け勃起してコリコリしていた。
「嗚呼・・んんん・・・」
彼女は何度も激しく喘いでくれた。そのまま69になると、彼女の尻に顔を埋め、オマンコに舌を突っ込んで舐め、クリトリスも激しく指で愛撫してやった。彼女は、
「もうダメ・・・イクイクイク????」
と言ってラブジュースでオマンコをべとべとにしてイッてしまった。ケツの穴がヒクヒクしている。それでも俺は何度も彼女のアソコを舐め、指を突っ込んでかき回し、愛撫を続けた。道子は、
「すごい・・・すごいわ・・・」
を何度も連発し、ペニスを咥えながら俺に尻を突き出して求めた。俺は今度は道子の尻肉を力いっぱい割り開き、
「丸見えだよ、ケツの穴まで見えまくりだぞ・」
と言ってやると、
「アアン・・・見て???もっと・・もっと舐めて???」
となんとも卑猥なことを言うので、今度はお互い風呂にも入っていないので、ちょっとはためらいながらも肛門まで舐めました。かなり毛深い肛門で、周りのケツ毛を舌でどかしながら、シワシワだけを舐め、たまにケツ穴の中心を舌で突いてやると彼女は狂ったようにもだえ、
「すごい・・・そこまでされるの初めて・・・」
と喜んでいました。俺も人のケツの穴をここまで見たり舐めたりしたのは初めてです。
道子のすべてを見てしまった俺はかなり感じてきて、
「もうダメ、入れる」
と言って、彼女を抱き起こし、一気に挿入しました。そのまま正上位で
キスしながら抱き合い、お互いに腰をリズムよく動かしながら、2分ほどで、快感が下腹部に走り、
「俺・・もうダメ・・・イク」
というと道子は
「飲ませてー」
というので、イキそうになるとズボッと彼女のオマンコからペニスを抜き、彼女の顔のほうへ持っていくと、彼女も口を大きく開け、舌を出して待ち構えてくれました。そのまま勢いよく精子が飛び出し、信じられないくらいの量の精子が彼女の口へ注がれました。彼女もゴクゴクと喉を鳴らして飲み干し、フェラまでしてくれました。

あまりの彼女のSEXの過激さに圧倒されながらもすぐに回復し、朝まで6回もしました。2回目には、彼女をバックにして、まずオマンコに挿入し、肛門には指を入れて2穴攻めにしました。道子も信じられないくらいに感じまくり、
「お尻もすごく気持ちいい・・・」
とまで言うので、ペニスをあてがい、初めてアナルSEXまでしました。彼女は経験があるのかどうかは知らないけど、痛がることもなく、すんなりと挿入できました。かなりの締め付けだったので、ものの2分ほどでイキそうになり、直腸の奥深くに精子を出しました。ペニスを抜く時に、肛門がキュッツキュッツと閉まり、残った精子を搾り出してくれるのがなんとも言えず気持ちよかったです。抜くと同時に、道子のケツの穴がぱっくりと開き、精子がドロドロと出てきてケツ毛まで精子まみれになっていたのが卑猥でした。その後も、今まで自分のケツに入っていたペニスを咥え、きれいにした後、うっとりとしながら何度も抱き合ってしまいました。

今までの彼女からは想像もつかないSEXで、正直びっくりしました。本当、女は見かけによらないものです。今ではお互い同じ会社で働いていますが、誰も俺たちの関係は知りません。というか、お互いカレシ彼女がいるので、それっきりしていません。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
隣の席の子と・・・

これは1年前(僕が6年)の話です。いつも遊んでいる友達3人といつものようにプールに行きました。そして友達が「先行くね」と言ってプールサイドまで走って行きました。そして僕が着替え終わって女子更衣室に1人の女子がいました。「誰かなぁ」と思っていたら隣の席のKでした。…

no image

女の子って本当に不思議だよね。心からそう思った、実話話を今回は書こうと思う。現在、18歳の大学一年生な俺が、高校時代から付き合っていた人のことについて・・・。—————————————————————-【2004年4月】当時、高校2年生になり…

no image
大人のおもちゃ~アリサ~

 俺達2人は、週末を利用して、福原に遊びに来ていました。 お目当ては、本番なしのヘルス店です。 中でもアリサちゃん(仮名)という風俗嬢に2人とも夢中になっていました。   店には、2人組だという事は知らせないで、それぞれが同じ時間帯にアリサちゃんを指名し…

no image
★お酒って良いですね!人妻上司とSEX

 職場の飲み会があって、酔った勢いで上司とラブホに行ってしまった。上司は40歳の人妻で、結構憧れの人だった。俺はその人になんだか気に入られてたみたいで、まあ仕事上お世話になっている人だった。 飲み会では下ネタもアリな感じで、それぞれの性事情なんか話したりしてた。で、その場にいた同僚が「もう○○さんホテルに誘っちゃえよw」って言い出して、最初はいやいや普通にダメでしょ、って言ってたけどもう皆盛り上がっ

no image
★風俗レビューの告白・・2/2

 残り10分ほどあったので、俺は戸惑いながらお礼を言った。「こんなに気持ち良いエッチは初めてだったよ、本当にありがとう」って。さおりは喜んで抱き付いてきて、また舌を絡ませるキスをしてきてた。「アタシね、月に1回あるかないかしか出勤してないんだぁ~」 「そっかぁ~じゃ俺は運が良かったんだね」 「先輩に感謝しなきゃだぞw」 「しとくwあとでゴチっとくw」 「メアド大丈夫?」 「え?俺の?大丈夫だけど」

no image
★思い出しながらオナニーする主婦です

 私は28歳のOLです。半年ほど前、主人の転勤で東京に引っ越してきました。仕事も決まって毎日電車で通勤をしてますが、嫌なことなのに、それを期待して電車に乗っている自分がいることに気付きました。 まだ子供はいないのですが、主人は会社の部長をやっていて毎日帰りが遅く、接待とかあれば、帰ってこない日もあります。だからエッチも月に1回くらいしかありません。ちょっとさみしい私は、ある日、電車の中で痴漢にあい

no image
★仕事で外国に行った時のエロ話

 仕事でイタリアを訪れたときのこと。レストランでひとりぽつんと食事しているときのことでした。「どちらからですか?」顔をあげると、品のある女性が笑顔で立っていました。彼女はイタリアに20年住んで、日本人向けの広告代理店を経営されているとのことでした。 派手な顔立ちに、品のある服装に内心心が動きました。年齢は「40過ぎよ。でもまだ若いのよ。」彼女の積極的なトークで始まった食事は大変楽しいものとなりました。

no image
ぺったんぺったん

営業主体の会社に勤めていたころの話ある日、出社して自分のデスクに座ったあまーいような女性特有の匂いがしますはて?どうしたのかなって思って、デスクを見てみるとま~るい模様のような汚れがいくつもついてるこれが原因かと思って、雑巾を持ってきてふいていると所長が…

no image
中二の時の変わった四人組の話

中二の時の話。中間試験が迫る中、学校で女子三人と話していた。四人ともペットにハムスターを飼っており、共通の話題だった。さゆり「新しくサファイアブルーの子が来たんだ」ゆかり「ねぇ、今度さゆりんちに見に行ってもいい?」かおり「いいね、四人で集まろうよ!」試験…

no image
浮気で念願の子供を授かりました

■浮気で念願の子供を授かりました(人妻の告白) この年でこんな投稿をするのは恥ずかしいのですが私の体験談をお話します。私は48歳の主婦、52歳の夫とは再婚同士で15年の結婚生活、子供は12歳の娘が一人。夫は婿養子です、一人っ子の私は父親の要望で家系を守るため養子が結婚の条件でした。最初の結婚は25歳の時、お見合いで探した人で8歳上の公務員。