エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

まさか妹と・・・

   

1 11月

2015年11月01日 10:05

カテゴリ

まさか妹と・・・

俺の家族は父、母、妹の4人家族です。
家族みんなすごく仲がいいほうだと思います。母と妹はよく似てて世話好きのおせっかいです。
俺が一人暮らしを始めようとして、実家から10数?はなれたところにアパートを借りました。
引越し初日の日は、父は仕事でいなかったんですが、妹が夏休みということもあって、母と妹
が手伝ってくれることになってました。
お金が余り無かったこともあり、引越し屋も頼まずに自分たちだけで終わらそうとしてたんで
す。朝からはじめたんですが、予想以上に時間が掛かってしまって、母は途中で父の食事の用
意で一時帰宅しました。そして、夜8時ごろだったか、母から電話があり今日はこれぐらいに
して、明日から再開しましょうということになりました。俺は妹を実家に送り届けなきゃと思
ったんですけど、妹がここに泊まると言い出し、母に電話をして、朝着替え届けてと電話した。
妹なりに気を使ったんだろうと思った。俺に送ってもらうのも悪し、母に迎えにきてとも言え
なかったと思った。俺はそんな妹にお酒でもごちそうしてやろうと聞いてみると、「お酒は
控えてる」というんです。「なんで?」って聞くと「失敗するから」と返答がありました。
「俺しかいないし、失敗してもいいやんか?」というと「そうだね」って返事が返ってきた
ので俺はコンビニにビールとチューハイを買ってきました。
帰ってくると妹はシャワーを使っていました。俺が部屋に入ったらお風呂場から妹が「服借
りるよ」って言っていたので「いいよ」って俺は返事をした。
数分後、妹はぶかぶかのTシャツにぶかぶかの俺の短パンを履いてでてきた。
二人で大爆笑しました。
俺は妹に「ご苦労さん。ありがとね」っていってビールを渡しました。
飲み初めてすぐに妹の失敗するっていうのがわかりました。
昔テレビでみた山田花子が酔っ払ってるのとそっくりな状態。
でもまぁいいかって思っていたら、やたらくっついてくるわ、同じ話を繰り返すからそろそ
ろ寝かせないとト思ったんだけど、なかなか手ごわい。。。。
そのあたりで気づいたんですが、妹はノーブラ。。。。
そんな妹はみたことなかったので俺は「下着つけてないやんか?」って聞くと「一度脱いだ
モノは着けたくない」というんです。「パンツもはいてないよ」って言い出しました。
俺は妹に今まで性欲の対象としてみたことはなかったんですが、妙にノーブラが気になって
しまってました。でも俺は妹が酔っ払うとこんなになってしまうのかとちょっと心配になり
まいした。「外でお酒飲むのはひかえたほうがいいな」っていうと「なんで?」っていうの
で「悪い男に襲われそうだ」っていうと「お兄ちゃんは悪い男じゃないから大丈夫」という
ので「俺だって男だぞ。襲っちゃうぞ」って冗談でいうと「襲う気もないのに」と、確か
にそうなんですが、妹に乳首が気になってたのもあるんですが「胸もむぞぉ」っていうと
「もまれるぐらいなら平気だもん」って意外な返事。「本当に触っていいのか?」ってい
うと俺も酔っ払っていたのもあったんですが。
妹は「どうぞどうぞ」っていうので妹の胸に触らせてもらいました。もんでみてわかった
んですが、付き合ってる彼女よりかは大きい。
つい本能がでてしまって妹の乳首をこりこりしてしまったら「あはは、きもちいい」と
妹はまったく動じない。
俺は妹に「胸みていいか?」っていうと「どうぞどうぞ」っていうのでTシャツをまくり
あげて妹の胸をみせてもらいました。
「下もみせてくれたりする?」っていうと「どうぞどうぞ」っていうので妹を全裸にして
いまいました。もうそこまでくると血のつながりなんて関係ないって感じになり
妹とセックスしてしまいました。一回戦が終わってから妹は俺のイチモツを離しません
ずっとフェラしてます。俺は妹に「フェラ好きなん?」ってきくと「大好き」といって
そして2回戦。
そして、終了して二人は寝てしまいました。
明け方ぐらいに妹が先に起きて俺を起こしました。
「私たちって昨日エッチしたよね」っていうと、俺は「どうだったか?」ととぼけて
みたんだけど「はっきりは覚えてないけど絶対した」と妹がいいました。
俺は「フェラ大好きっていってずっとなめてたやんか?」っていうと「私そんなこと
いったんだ・・・・」っというので「おまえってごっついすけべなんだな」っていう
と「ばれた?」と妹がいいました。「うん、もう一度お願いできるかな?」っていう
と「エッチ?」っていうので「口だけでもいいからさぁ」っていうと「誰にもいわ
ない?」っていうので「誰にもいわないよ」っていったら、「口でお願いできる?」
っていうと妹は無言のまま俺のイチモツをくわえました。俺はそっと妹の下半身
に手をのばしたんですが、嫌がるそぶりがないので3回戦に突入。
結局この一件がはじまりで、妹とはよくセックスをします。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
寝てる妹の~より その1

別のスレに少し書いたけど、スレタイから見てこっちがあってそうだから書くやってた?期間は俺15~18歳、妹12~15歳の間高一の5月の土曜に帰ってきたら居間で妹が制服のまま片足立てて足開いて寝てたパンツ丸見えだったけど「しょーがねーなーガキは」くらいしか思わなかった…

no image
中三の時

中三の時、教室に入ろうとしたら出るところだった女子委員長とぶつかって、手が乳に触れた。ていうか、思いっきり掴んだ状態になった。女子委員長はしゃがみこみ、しくしくと泣き出してしまった。俺は平謝りしたが、それを見ていた女子共に吊るしあげられ、卒業までハブられ…

no image
★友人の彼女をレイプしたい願望の妄想

 昔の話になるけど、友人の彼女の事がおれは好きだった。顔も声も身体も何から何までが好みで、オナニーに使うこともためらうくらいに好きになっていた。けどそれが叶うはずもなく、イチャつく2人を目の前にして、まるでお預けをくらっている飼い犬のような惨めな思いを重ねていた。それから数年も経つうちに、友人の彼女はおれのもっぱらの性欲の捌け口になっていた。 毎晩のようにPCに彼女の顔画像を広げては、オナニー。それ

no image
男性経験1人のまま結婚する事に悩んでいた美女

ネットで出会った人妻のリエの話メールで仲良くなって相談を受けるようになった。まぁエロい感じではなくて悩み相談みたいな感じ。リエの悩みはあと三ヶ月後結婚するんだけど男性経験がその人しかなく本当にこれでいいのかってことだった。いやぁ素敵なことやん?生涯旦那だ…

no image
★エロする時Sになる彼との体験談

 メル友といつもの通り、ホテルに行きました。久しぶりに会って、私はかなり欲求不満でした。気合いを入れて、かわいい水色のレースのTバックをはいていきました。「今日はTバックなんだ」と彼。「うん、エッチかな?」と私。「じゃーこのままいれようよ」と彼の言葉。彼はちょっとSなんです。 パンツをもっと、おまんこに食い込むように、引っ張られ、クリトリスを刺激されて、だんだんグチュグチュになってきます。ヌルヌルの

no image
帰省して?

こんばんは。恭子です。先週の3連休に地元に帰省したときの報告です。前日の露出行為の余韻が抜けていなかった私は、翌日にも同じ市営プールに行きました。前日、高校生の男の子に乳首を見せたときの興奮が忘れられず、この日は、最初から露出することが目的でプールに行き…

no image
少年サッカーのママさん

ジーンズやらパンツ姿がほぼ99%を占める少年サッカーの応援ママさん。でもいるんです、女神のような女性が。彼女は今まで5回見掛けたうちのなんと4回がミニスカ生脚。小柄で明るいカラーのロングヘアーでいつも高いヒールのサンダルかパンプスを履いて、化粧とネイルもばっち…

no image
★露出癖がある私に男の視線が・・

 朝に主人を送り出して、子供にはすぐに変えるからと留守番をさせ、大急ぎで私も着替えて駅に向かいました。下着は付けずに上は胸元の開いたブラウスを着て、そして上のボタンはハズして行きました。チョットかがんだり、上から覗いたりしたら、胸の谷間ははっきりと見える格好です。 下着を着けていないだけで、こんなにエッチな気分になるとは思いませんでした。前と同じ場所から電車に乗って、今回はクラブ活動に行く高校生と

no image
★カラオケボックスが初体験場所とは

 私の初体験は、カラオケボックスでのレイプでした。同級生の女の子3人と、その女の子が連れてきた男の子が8人で、まずは普通にカラオケを楽しんでいました。すると、同級生の女の子達が突然服を脱ぎ始め、オナニーを始めたんです。いきなりの事で、私は言葉を失っていたんですが、3人の男の子が私の制服を脱がせ始めました。「いや」って叫びたかったけど、誰かに気付かれるのもいやだったので、抵抗しつつも成すがままでした

no image
★妻の露出癖を告白します

 私の妻(加奈:27歳)は露出癖がある事が分かった。結婚2年を迎えた私達に子供はまだいない。大企業の受付窓口で働く妻は、常に人の目に曝され緊張の毎日だそうだ。そんな妻が露出癖がある事が分かったのは1年前だった。 付き合っていた当時から、Mっ気がある事は薄々気づいていたが、露出癖がある事は分からなかった。ある日の夜、妻を抱こうと考えていた私に妻は思わぬ事を言いだしたのだ。