エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

義弟のパンスト

   

俺には母の再婚相手が連れてきた小学校6年の義弟がいます、俺とは10歳以上も年が離れています。
特別仲が悪いということはないのですが、義弟はおとなしい性格なので普段はあまり話す機会はないです。
俺は半年ほど前に偶然その義弟には俺と同じ性癖があることを知ることになったのです、真夜中にトイレに行きたくなって下の階に降りると風呂の脱衣場に人の気配がしました、「泥棒?」と一瞬身構えたのだけど薄明かりの中でどうやらそれは義弟だとわかりました。「こんな夜中にしかも電気もつけずに、こんなところで何をやっているんだろう」とこっそり様子をうかがっていると、義弟は下半身を勃起させながら母が履いていたパンストを嗅いでいるではありませんか。
俺も同じ性癖があるので義弟の気持ちはわからないでもなかった、俺からすれば実の母親のパンストなんて興味もないけど、義弟にすれば他人でしかもまだ30過ぎの母親のパンストに興味を持つのも仕方がないはずです。
義弟の気持ちもわかるしこのまま見て見ぬふりをしようかとも思ったのですが、これを逆手にとって義弟にパンストを履かせてみたいと思ったんです、以前からどことなく女ぽくて女装させたら似合うだろうと思っていたんです。
俺はいきなりお風呂の電気をつけました、義弟は凍り付いたような顔で俺の顔を見ました。俺は「お前、母ちゃんのパンストで何やってたんだ」義弟は黙ったままでした、俺は優しい声で「安心しな、別に怒ってないよ、お前パンスト好きなのか?」それでも義弟は黙っていたので、「実は俺も好き、だからお前がそうしたくなる気持ちもわからないでもない」と言うと、「兄さんもこんなことするの?」と聞くので「さすがに母ちゃんのパンストはないけど、いつもオナニーの時は使ってる」と自分の性癖を暴露した。
義弟は同じ性癖を持ってるという安心感からか「僕もパンストが好きなんだ、匂いを嗅ぐのも好きだけど履くのも好き」と答えた、やはり思った通り義弟はパンストフェチだった、俺もパンストフェチになったのは小学校高学年で今でこそ母のパンストなんてと思うけど、当時は母のパンストをこっそりと履いてみたりもした。
とりあえず義弟を俺の部屋に来させて「これは2人だけの秘密だからな」と念を押し、セーラー服と黒いパンストを押入れの奥から取り出した、「これを着てパンストを履いてみてくれ、俺がオナニーしたパンストは嫌だろうから新しいパンストを履いて構わない」。義弟は言われた通りにパジャマを脱いでセーラー服を着た、「パンツどうするの?」と聞くので「パンツも脱いで直接履いていい」と言うと、新しいパンストを袋から取り出して履き始めた。妙に慣れた手つきでパンストを履く義弟を見て「こいつ小学生のくせにパンスト履いたの1度や2度じゃないな」と思った。
義弟はロン毛ではないが少し髪が長い方なので不自然さもなく、ショートカットの女の子と言うイメージだった、しかもそこそこ可愛い、すね毛もまだ生えてないのでパンストに包まれた脚もきれいだった。「可愛いじゃん」と言ってやると少し照れたような感じでそれを見た俺はキューンとなってしまった。
ベッドに座らせ俺も横に座る、早速パンストに包まれた脚を触った、温かく柔らかい、俺は童貞で女の子の脚さえ触ったことはない、自分以外のパンストを履いた脚を触るには初めてだった。そのままスカートの中に手を入れて股間に持っていくと義弟はすでに勃起してた、「お前もう立っちゃってるのか?」と聞くと「僕パンスト履くと立つんだ、それに黒いパンストは初めてだしセーラー服着てスカート履いたのも初めてで興奮しちゃってる」。
「いつもはどうしてるんだ?」と聞くと、「お母さんのパンストに匂い嗅いだり、部屋に持ってきて履いたりして射精してる」と答えた、「そうか、もう射精できるんだ」と聞くと「4年生の頃から」と答えた。
俺も興奮してきてもう一着持ってる夏用のセーラー服を着て黒いパンストも履いた、俺は義弟のような美形じゃないし筋肉質ですね毛もそのままだから、だからたぶんお世辞で言ってくれたのだと思うが「兄さんも似合うよ」と義弟は言った、そしてしばらくお互いパンストを履いた脚を触りあった。
しばらくして俺が「気持ちよくなりたいか?」と聞くと「なりたい」と言ったので俺は義弟のパンストを少し下げ勃起してるペニスを咥えた、「兄さん汚いよ」と言うが俺は構わずフェラチオした、不思議と何の抵抗もなかった。5分もしないうちに「出そう、兄さんやばいよ、このままだと口に・・・」と言うのも構わず咥え続けた、「出ちゃう」と言った瞬間ペニスが脈打って義弟の精液が俺の口にの中にドクドクと出た、「ごめんなさい」と謝りながらもドクドクと射精し続ける義弟、美味いものではなかったがセーラー服を着てパンストを履いた義弟のだと思ったら興奮してそのまま飲んでしまった。
俺は「お返ししてくれるか、嫌だったら強制はしないけど」と言うと「うまくできるかわかんないけど」と言いながら俺が義弟にしたのと同じように咥えた、しかし全然気持ちよくない、興奮はしてるし勃起もしてるけど歯があたったりしてとてもじゃないけどいけそうになかった。フェラチオは諦めて義弟のフトモモで挟んでもらった、ペニスにパンストがこすれてすごく興奮した、補助的に自分の手も使ってしごいて義弟のパンストに包まれたフトモモに思いっきり出した、快感だった。
それ以来ちょくちょく義弟とこんなことをしてる、お互いセーラー服を着てパンストを履きレズってる、今では義弟もフェラチオができるようになった、ただお互いパンストに出したり口に出すだけでアナルセックスまではしてない。

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
とまってしまったえれべーたー

とまってしまったえれべーたー  学校が休みの土曜日、リュウくんとマミちゃんは、カゼをひいてねこんでしまったタッくんのうちにお見まいに行きました。  タッくんの家は、十かい建てのマンションのいちばんてっぺんにあります。  タッくんの家には、ふだん、せ…

no image
★女性のパンティ収集マニア

 今回は新たに2人の女性からパンティを没収したので投稿します。まず1人目。27歳のバツイチ女性で某パチンコ店で親しくなりそのまま体の関係を持つまでに発展しました。見た目はケバい系のおねえさんですがかなりの美人でスタイルも良かったです。 私好みの女性だったのですかさず狙いを(パンティ)定めました。作戦決行の夜、私はラブホテル女性を連れ込みいよいよ待ちに待った時間に。ホテルの一室に入ると女性はまずシャワーを

no image
エロノートD

さあ、左の乳房が泣くなったぶん右の乳房は大切にしないといけないね。男はそういうと、しずかの右のおっぱいに注射を始めた。中身は生理食塩水だ。(しずかちゃん、1リットルの食塩水で乳房をおおきくしてあげるからね。)見る見る間に幼女に不似合いな乳房が出来上がった…

no image
楽しい事してお小遣い貰える私の体・・

 一般的な主婦(40代)ですけど、お小遣い稼ぎに男の人とつきあってます。ここ何年かは、年齢あがってきて今の人は60歳ちょっと過ぎ。これくらいの年齢ってお金持ってる人多いです。食事してホテルがいつものコース。お小遣いは1回3万円ぐらい。20近く離れてるから、すっごいかわいがってもらえるし、すごい解放感で、日ごろのストレス解消!って感じです。

no image
22歳超絶非リア童貞だけどソープ突撃してきたったwwwww

スペック22歳 大学院生 165cm55kg ブサメン2次オタ ただし抜くときはだいたい3次彼女いない歴=年齢物心ついてから女の子の体に触れた覚えなしそれどころか同年代の女の子と数年以上まともに日常会話した覚えなし俺は普通に暮らしてても女の子とHできる機会なんて一生な…

no image
元トラック運転手妻の過去

 数年前子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私の妻は本当にHが好きで帰ってくると必ずと言っていいほど毎度しました。そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。何事かと思い、見てみると妻からでした。電話に出ると電話の向こう側から「あ?ん…

no image
カラオケで

こないだ彼と初めてカラオケに行った。駅の近くのシダ○クスと云う大きなカラオケボックスで、迷路の様な廊下を通りやっと一つの部屋に通された。 大きなテーブルとソファー、カラオケの機械があるだけ。まるで密室(チョーヤバ!!)って思った。 スナックやマックは時々…

no image
★大都会の人妻って一味違いますね

 よくわかりませんが、出会い系サイトで人妻さんと何故か気が合い、人妻さんから悪くは言われませんし、何度も会う方もいます。で、偽装人妻は年齢だけ行ってるが実は独身。こんな奴からはもてなくていいですがもてません。さて、出会い系サイトで30代後半であった女性で大都会であった女性との事です。 マジで人妻ですわ。マーケットの駐車場で待ち合わせ買い物しているフリをして来ましたぁ~はい、どうぞ。ごめん、子供を迎え

no image
娘の制服を着せてH

もう十年前からの秘密ですがね。うちには3人子供が居て、皆女でね。留守の部屋に忍び込んで、制服とブラウスと靴下と+αを拝借して、デリヘルのねーちゃんに着て貰って遊んでます。数年前迄は自分の車へ呼ぶことが出来るデリヘルがあったので、夜中にカー○ッ○スの真似ごと…

no image
妻とK

● つい一昨日の事です・・久々の連休中だというのに俺はサービス業の為その日も当たり前のように仕事に行った。取引先との新規事業の綿密な打合せも終わり、何とか仕事も終えて明日が休み(交代制)の俺と同僚のKとで飲みに行った。 色々仕事のグチや上司の話をしながらワイ…