エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★露出癖のある彼女に困惑

   

.
.
.
.
.
2015/10/27(火)
 ウチの彼女は人に見られるのが大好きで、よく野外露出をします。エロい格好や全裸を他人に見られるのも大好きですし、外でセックスするのも物凄く興奮するようで、よくせがまれます。

 昨日は彼女が友人の結婚式の二次会に行っていて、仕事が終わった後に迎えに行ったのですが、酒も入っていたせいかもう既にエロモードに入っていて、車に乗るなり露出用の半尻になるぐらい丈の短い、背中がバックリ空いていてTバックが見える紫のワンピに着替えて、NBになり某繁華街で一通り露出して、地元に戻って野外セックスを楽しんでいました。
 いつもなら滅多に人も車も通らない場所でハメていたのですが、昨日はたまたま車が何台か通りました。向こうからこっちは丸見えなので、通る度に減速してこちらを見物して行くのですが、ある程度距離が離れるとそのまま走りさって行きます。

 二台目が通りすぎた時に彼女の口にバイブをくわえさせ更に続けていると、三台目の車が来ました。自分たちに気付いた様で例の如く減速をし、こちらを凝視しながら通って行きました。すると10メートル程先に車を止めました。何か言われるかな…と少し心配になったのですが、彼女は見られている興奮でイキまくっていました。

 車の方をよく見てみると、窓から顔を出してこちらをみています。 彼女に「見られてるよ。 興奮する?」と聞くと、いきなり「もっと見てぇ。 もっと近くで見てぇ。チンポハメられてる所知らない人に見られて感じてるのぉ。」とかなり大きな声でいいました。

 すると運転席から男性が降りてきました。男性はこちらに近づいてきて「見られるのが好きなんですか。なら近くで見ててもいいですか?」と聞いてきたので「あ、はい。見られて興奮する変態女なんで好きなだけ見てやって下さい。」と返しました。

 しばらくはただ見られているだけだったのですが、彼女が「乳首舐めてぇ。お願い。」と男性に向かって言いだしました。 男性もびっくりしたのか「いいんですか?」と言うので「もちろんですよ。」「じゃぁ遠慮なく。」 それから間もなく彼女が「あぁん 私でチンポ硬くなってる。

 オカズにされてる。精子いっぱいだしてぇ。」と、見てみると男性はアレを出してしごいています。彼女が続けて「本物がいいの。バイブじゃなくてお口にも本物チンポ頂戴。」と男性にせがんでいます。男性にアイコンタクトを送ると、硬くなったアレを彼女の鼻先に持ってきました。

 彼女は当然の様に「本物チンポおいしい。」と、いいながらしゃぶっています。男性がイキそうになると、「お口に出してぇ。精子お口に頂戴。」男性が、うっ と声をあげ「美味しいのいっぱい出たぁ。」と、出されたものを全部飲み干してさらにしゃぶり始めます。

 少しすると「またカチカチになったよ。」て言うと、自分のアレを引き抜き、男性に尻を差し出して「入れてぇ。ツルツルマンコにチンポ入れてぇ。こっちにも美味しいの出してぇ。」とせがんでいます。男性が自分の方を見たので、頷くと彼女にゆっくりと挿入しました。

 彼女は「外で知らない人のチンポ入ってるの。」「知らない人のチンポで感じてる所○○に見られてる。」「知らない人のチンポでイッちゃう。イクの○○に見られちゃう。イクっイクっ」と乱れに乱れ隠語を連発しています。

 しばらくピストンが続き、男性が「もう出るよ。どこに出して欲しい?」と、聞くと彼女「中に出して!いっぱい頂戴!」男性「じゃぁ中に出すよ!出る!出る!」彼女「出てる!知らない人の精子中出しされてる!知らない人の中出しでイッちゃう!イクぅ!」と、と二人同時にイキ果てていました。

 兼ねてより、他人と彼女のセックスを見たいと思っていたので、自分も大満足でした。最後は男性と連絡先を交換し、見知らぬ男数人と彼女がセックスしてるところを撮影したい、との旨を告げ向こうの快諾をいただいて別れました。まだ何も決まっていないのに、今から妄想を膨らまして勝手に興奮しています。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 社会人の体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★女性のパンティに魅かれる俺

 井上あさひ似の奥さん31歳のパンティを手に入れた!!いま、手も体も震えている。武者震いだ。夕べ同僚の家に遊びに行き、食事をして酒飲んで、そのまま寝て、俺が今朝がた体調くずして下痢しちまって、そしたら同僚は俺を心配しながら出勤「きょうはこのまま休んだらどうだ? 動けそうなら病院に行ったほうがいいと思う」との気遣いのセリフ。奥さんは「武さん、よかったらうちで休んでいって。熱もありそうだし無理しちゃだ

no image
★お堅い公務員女性のエロ話

 Yさん、32歳、独身、公務員、身長160cm。目がとても大きく、よく動くので表情豊かで、とてもチャーミングです。胸が大きいのですが、ぽっちゃりではなく、男性好きするタイプです。彼女は、公務員ということもありますがとても曲がったことが嫌いな性格です。それが災いしてか、現在の職場でも上司や同僚とぶつかることが多いようです。 確かに聞いてみると、セクハラと思われる行為を受けている一方で「過剰反応では?」と思わ

no image
★ストリップ小屋での体験談

 西船xのストリップ劇場に週3回は通ってました。舞台に上がる勇気の無い私は、もっぱら出番の終わった踊り子さんに個室で別料金で本番を楽しんでませてもらいました。確か1回、3000円位だったかな。若かったので最低2人の踊り子さんにお世話になってました。 場内の脇に個室が3つ位あって、ドアが閉まっていると使用中で、開いていて、中に踊り子さんがいれば、早い者順です。中に入ってお金を渡します。下半身だけ脱いで、せん

no image
★妻に浮気の代償をさせようとしました

 友人と魚釣りに行き、思わぬ釣果にクーラーボックスがいっぱいになりました。いつも中々釣れなくて粘るんですが、今日はいつもより早く引き上げる事が出来ました。友人は誰かに分けてやろうと言うので、未だ独身の友人K宅へ向かったんです。着くと見慣れた自転車があるんです、そうです妻の自転車に間違いないんです。 何でと思いながら呼び鈴を押しますが返事がないんです。友人は、携帯を鳴らすと家の中から聞こえるんです、

no image
★電車の席で隣に座った爺の企み

 これは嫁と嫁の母親と出掛けたことだった。嫁と嫁の母親は電車のベンチシートに座ってた時、母親がトイレに行った時、嫁の隣に80代前後ぐらいの爺Aが隣に座ってきた。そして同い年ぐらいの爺Bが吊革を握りながら、話をしてたことで、嫁はその吊革を握ってる爺に席を譲ってあげた。その爺Bが「若いもんありがとうな。君は年齢いつ?」嫁「29才」爺A「若い子はいいね。今からどこへ行くの?」嫁「お母さんとコンサート」爺B「親は

no image
★昼の清楚な装いは偽りか?

 憧れの大家の奥さん…。20代後半のおっとり、ぽややんとした清楚系お姉さんって感じで、しかも爆乳(100㎝超!!)。線は細いが優しそうな旦那(大家)と仲が良さそうで見てる回りも幸せな気分にしてくれる。そんな愛しの旦那が同業の会合だかで金~月は不在らしいのだが…。 早速ヤってくれちゃってました!。金曜夜いつもショートカットで通る大家の父親(いちおう地主)が住む離れ(平屋)の明かりが消えておらず、換気のため

no image
★不動産屋さんの枕営業を体験しました

 当時引っ越しに結構悩んでいて、何店舗か回っていた。ある渋谷の不動産屋だけは女性が威哥王担当になった。名前はMさん26歳ぐらい。身長は160CMぐらい髪は少し茶色でセミロング、Mさんにも3件ぐらい案内してもらったが… やはり自分が納得する値段・環境・設備などどれもそろえようとすると難しいものでなかなか決まらなかった。

no image
★年増のパンテーラインに興味津々  

 僕はおばさんの大きなお尻に小さいパンティーラインが大好きです! 僕はある小さな雑居ビルの2階にある居酒屋でバイトをしていますが、3階にはスナックが入っていて50歳ぐらいのママさんと30歳ぐらいの女性が働いていて、まあぼちぼちはやっているみたいで、いつも7時ごろ店にやって来ます。 その店の50歳ぐらいのママさんは、ややふっくらしていてお尻も大きく90センチ以上あってとても魅力的で、しかもいつも白いスラックスや

no image
★SMの虜になりすぎた挙句

 SMパートナー無料ID検索を使ってよくSM好きの女性と会うことが多かった。基本的にMな僕は言葉責めや軽く叩かれることに興奮を覚えていたのだが、ある日を境に僕は道を外してしまったのだ。そうあの日僕のアナルに異物が挿入されるまでは。 僕は今まで経験したことはなかったのだが、アナルビーズと言うものが世の中に存在する。お知りの穴に入りそうな、ボールがいくつも縦に一定の間隔で繋がっているのだ。要はアナルにそのボ

no image
★処女を奪って欲しいと言われた女性

 地元の友達と言うか、知り合いの方の妹さんとは言っても、れっきとした人妻さんなのだが。歳は3つ下の子で、この子が高校2年の時に告白と言うよりも、おかしな告白をされた。「処女を奪って欲しい」と言われて、俺は目が点になりながらも、公園の四阿で勝手に制服を脱ぎ始め、全裸になった彼女の処女を奪った。 当時、俺には彼女がいたのだが、それからしばらくは彼女とは会わずに、妹さんと毎日のようにHをしていた。落ち着い